*

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】初日(東京‐足利‐鬼怒川‐会津若松‐新潟豊栄)その1‐葛飾金町、幸手駅、古河駅、渡良瀬遊水地北エントランス、藤岡駅、佐野厄除け大師、足利駅

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2000年

車旅日記2000年5月3日
2000・5・2 東京葛飾金町 前夜祭
旅に出る前夜。
これほどの胸の高鳴りを覚えたことはかつてない。

さっきまで持っていく音楽を選んでいた。
最初に選んだものから7、8枚が候補から外れ、その中からまた選んで今かけている。

荷物は少ない方がいい。
そう言うヤツがオレの中にいた。
仮に不測の事態が起こったとしたら、集めてきた宝物を失くすことに恐れおののいたヤツさ。

旅に不安は付きもの。
だけどその魅力は測り知れない。
路上に出ることをずっと待ち望んでいたよ。

今回の旅に連れていく意中の女性はいない。
いつもいないけど、心の中にはいたんだ。

それが今回はいない。

漠然と考えていることがある。
その中のどれが一番の議題に上がるのかに興味がある。

果てしない孤独の中で、オレは一体誰に拠り所を求めるのか。
それとも果てしない自由を感じて、ずっと晴れやかでいることになるのか。

どっちでもいい。
と言うより何でもいいんだ。

早く路上に戻りたい。
路上では自信がなくちゃやっていけない。
あの感覚を取り戻したい。

今日の仕事ぶりには満足できないが、結果に対してはOKという断を下した。

旅から戻ったら最低限こうなっていなければならないという目標がある。
それは自信さえ戻れば勝手についてくるものだと思っている。
懸念は不要。

見ていてほしい。
レベルを上げて、オレはここに戻ってくる。

2000・5・3 8:00 東京葛飾金町
イヤなニュースを目にはしたが、その後米国メジャーリーグ・ベースボールの夢に酔った。

目覚めた時は、窓から差し込んでくる光に狂喜した。

昨夜も記したが、不安はある。
雨の心配なんかしていないけど、いつものことでもある。

前回は2年前の夏。
それからずっと東京にいたんだ。

そしてその間にひとりで暮らし始め、今回はひとりの暮らしから旅立つ初めてのケースになる。

でもいつもと変わらない。
ここ以外の場所にいたい。

今日はどこまで行けるだろう。
どういうルートになるのか。

さあ、始まりだ。

10:20 幸手駅 43㎞
未だ東京圏内を走っている。

目の前の線路は浅草から日光へと通じている。
数人の同僚が通勤電車として利用もしている。

それでも東京の匂いはかなり薄れてきた。
やがて一掃されることになるだろう。

気分は何とも言えない。
ここに着くまではレンタカー屋からの事故に関する注意点や、今朝の新聞に載っていた高校生による主婦殺害について考えていた。

悪いニュースに接すると両親のことが心配になる。
そして両親の側にいないことを悔やんだりした。
オレの居ぬ間に、どこかの気ちがいに傷つけられたらと思うと、とてもやりきれない。

危害ということでいえば、オレもこの先どんな悪意を抱いたヤツと遭遇するか知れたものじゃない。
ふと、先日映画館で観た「グリーン・マイル」の主人公の言葉を思い出した。

「もう、たくさんだ」。
「悲しいことを見るのも聞くのも、もうたくさんなんだ」。

そんな心配をするために車を借りて、わざわざこんなところまでやってきたわけじゃないのに。

両親にはどこかで電話を入れてみようと思っている。

空は晴れている。
今日は初夏の陽気。
入道雲も浮かぶ。

旅に幸あれ。

11:32 古河駅 61㎞
この街に着いて日差しが戻り、また不安定な空模様になった。

オレの気分もまた不安定で、心ないタクシー・ドライバーのクラクションに気持ちを尖らせもした。

でも車を降りるとなぜか落ち着いた。
心配なのはロータリーに放置してきた車のことだけだった。

この駅には活気がある。
駅ビルには最新設備が施され、若者も集いやすいとてもきれいな場所だった。
1階の様子は原宿あたりの建物の内装と何ら変わりはない。

タクシーの往来も激しい。
それだけ人を集める街なのだろう。

したがって今オレがこうしているこの場所は、とても落ち着かない。

12:02 9号群馬県道-渡良瀬川遊水地北エントランス 69㎞
ようやく旅心が戻った。

目の前に広がる湿原。
遠くに見える遊水地。

多くの車が競ってここにやってくる。
そしてオレもまた。

見渡した風景はこれまでに見たこともないようなものだった。
鮮やかな緑の湿原。
このルートを選んだオレの直感を賛美したい。

そして古河から選んだ矢沢永吉がよかった。
矢沢、偉大な男だ。
今回に限って言えば、ストーンズにもできない作用をもたらしてくれた。

気分は乗った。
旅はこれから。

12:16 藤岡駅 71㎞
便所に寄ろうと思って立ち寄った。

こんな駅こそが求めていたものだった。

でも便所の使用はできなかった。
どこらあたりまで行けば便所は外につくようになるのだろう。

だいぶ寂れてきた。
心なしかこの駅に止まった浅草行の列車も寂れて見える。
おかしなものだ。

さて次の便所の候補地を探さないといけない。

最初の目的地が近づいている。

12:59 佐野厄除け大師 84㎞
ここに寄ることで、思いがけなくかつて犯した罪について考えた。

オレにも人には話したくない過去がある。

彼女を抱き寄せた時の悲しい気持ちは今も忘れていない。

供養の結果、オレがどうなるかなんてどうでもいい。

今のオレにできることだけはしなきゃいけなかった。

1000円で頼んだ蠟燭は明かりを灯す。

十分に頭を下げたかどうかは覚えていないが、しっかりと祈りはした。

ここに行き着いたことを幸運に思う。

14:15 足利駅 105㎞
ここに向かう50号国道で、とても美しい白い鳥が目の前を横切り、これから向かう街の方へと飛んでいった。

ある女性を思い出しながらこの街に着いた。
その女性が鳥に姿を変えて会いにきてくれたのかと思ったよ。

大きな期待を抱いて、この街にやってきた。

足利は歴史上の英雄を生み、かつてオレが想いを寄せた女性を生んだ。

色が白くて、脚線美を持つ上品な女性だった。

横浜から彼女を送る車の中。
六本木ジェイトリップバーで踊る彼女。
あれは聖夜でのことだった。

そして、オレは初めて「メリー・クリスマス」と口にして、彼女を含めて居合わせた人々とグラスを合わせた。

電話の前でその時が来るのをひたすら待っていたこと。
様々を思い出す。
その時とは、勇気を出して彼女に電話をかけることさ。

最後に会ったのは新宿センタービル53階のストーン・ヘンジ。
もう10年も前の話だ。

彼女がこの街の出身であることを知っているのは、もしかしたらオレだけかもしれない。
とても言いづらそうにしていたのを覚えている。

なぜ彼女はあの時そんな態度をとったのか。

街は祭の最中で、車を降りた時は興奮したが、路上で車座になって座っている品のない連中を見て興ざめした。
特攻服に身を包んだ暴走族。

そうした手合いが何組も集まって勢力を競っていた。
それも大通りの真ん中で。

なぜ街は真昼間にも関わらず彼等の思うがままにさせているのか。

その中でちょっとオレとぶつかって、後ろから田舎訛の品のない言葉をかけてきた少年がいたけど、無視して通り過ぎた。

案の定、追ってはこない。
粋がってはいても、たいていはその程度だということは経験上知っている。
どうでもいいことだ。

駅舎は歴史を持ちそうな建造物だった。

駅だけは是非見ておきたかった。
かつて制服に身を包んだ可愛らしい彼女が毎日のように通ったであろう駅を。

ホームには時代を超えた列車が止まり、とても素晴らしい雰囲気を持ち合わせていたけど、さっきの若者たちの姿から考えて、足利は発展から取り残されたのではないかという印象が拭えない。
彼等があの姿で東京に足を踏み入れたら、おそらくすぐに帰りたくなるだろう。
それもどうでもいい。

駅周辺には大人が入れる静かな喫茶店もない。

オレは確信した。
彼女はもうこの街には戻ってこないだろう。

そして彼女の面影を探すのはやめにした。

関連記事

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】2日目(倉敷-和田山)その2-郡家、若桜、智頭、京口、福崎、寺前、和田山(因美線/智頭急行/播但線)

鉄旅日記2009年11月22日・・・郡家駅、若桜駅、智頭駅、京口駅、福崎駅、寺前駅、和田山駅(因美線

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その3-河曲、富田浜、河原田、津(関西本線/伊勢鉄道)

鉄旅日記2018年12月22日・・・河曲駅、富田浜駅、河原田駅、津駅(関西本線/伊勢鉄道) 18:1

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、新潟・みちのくひとり旅】初日(東京-横手)-郡山、津川、亀田、さつき野、水原、坂町、村上、あつみ温泉、鶴岡、余目、刈和野(東北本線、磐越西線、信越本線、羽越本線、陸羽西線、奥羽本線)

鉄旅日記2012年8月11日・・・郡山駅、津川駅、亀田駅、さつき野駅、水原駅、坂町駅、村上駅、あつみ

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その2-生駒、鳥居前、宝山寺、生駒山上、布施、俊徳道、JR俊徳道、河内山本、信貴山口、高安山(生駒ケーブル/奈良線/大阪線/信貴線/西信貴ケーブル)

鉄旅日記2017年3月18日・・・生駒駅、鳥居前駅、宝山寺駅、生駒山上駅、布施駅、俊徳道駅、JR俊徳

記事を読む

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にストーンズ

記事を読む

「鉄旅日記」2011年夏【みちのくひとり旅】初日(東京-秋田)-保谷、高崎、長岡、新津、新発田、村上、鼠ヶ関、酒田、上浜、秋田(西武池袋線/高崎線/上越線/信越本線/羽越本線)

鉄旅日記2011年8月13日・・・保谷駅、高崎駅、長岡駅、新津駅、新発田駅、村上駅、鼠ヶ関駅、酒田駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その3-笠寺、熱田、熱田神宮、神宮前、大江、名古屋東港、金山(東海道本線/名鉄常滑線/名鉄築港線/名鉄名古屋本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・ 笠寺駅、熱田駅、神宮前駅、大江駅、名古屋東港駅、金山駅(東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶 門司港行の鹿児島本線に乗る。 門司港レトロ

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】2日目(湯沢-鷹ノ巣)その3‐驫木、風合瀬、大戸瀬、千畳敷、北金ヶ沢(五能線)

鉄旅日記2020年1月12日・・・驫木駅、風合瀬駅、大戸瀬駅、千畳敷駅、北金ヶ沢駅(五能線) 13:

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】2日目(黒磯-郡山-いわき-仙台)その1-道の駅明治の森黒磯、高久駅、黒田原駅、白河駅、安積永盛駅、三春駅、船引駅、磐城常葉駅、川前駅、小川郷駅、四ツ倉駅

車旅日記2006年5月3日・・・道の駅明治の森黒磯、高久駅、黒田原駅、白河駅、安積永盛駅、三春駅、船

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑