*

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】初日(東京‐足利‐鬼怒川‐会津若松‐新潟豊栄)その2‐足利郊外ポテチーノ、下今市駅、鬼怒川ホテルニュー岡部、上三依塩原駅、会津若松駅、津川町、道の駅豊栄

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2000年

車旅日記2000年5月3日
15:12 293号国道‐足利郊外ポテチーノ 108㎞
繁華街を抜けると文化的な匂いが漂い、足利はやはり歴史の重みを有していることを確認できて少し見直す気持ちになった。

この喫茶店を選んだのは、この街にいい印象を持って離れたかったから。

仮に彼女がこの街に戻っているのだとしたら、この店の女性のようにひっそりと慎ましく暮らしていてほしい。

でもやっぱり、彼女はこの街にはいないのだろう。

17:26 下今市駅 174㎞
黒い雨雲の下、関東平野をひたすら走った。
稲妻の光るサンダー・ロードを走ってきた。

日光杉並木は水捌けの悪い道で油断できない。
対向車のトラックが容赦なく撥ねた水を浴びせてくる。

ハンドルをしっかり握り、ただ前だけを見てここにたどり着いた。

雨雲はとうとう雨を落とし、代わりに空は明るくなった。

道中特に考えることもなく、状態の悪い路面とずっと闘っていた。
闘いはおそらく今夜いっぱい続くだろう。
ルートはこれから山間へと至る。

日光でのんびりするのも悪くないと思ったけど、この雨だ。
暗くならないうちに鬼怒川に着きたい。
温泉がオレの到着を待ちわびている。

それにしても栃木県もなかなか大きい。

佐野、足利、今市。
それぞれ別の顔を持っている。

18:50 鬼怒川ホテルニュー岡部 188㎞
今日の最大の懸案をクリアーした。
つまり入浴のことだ。

温泉地はどこも変わらないが、この鬼怒川には心なしか少しのゆとりを感じる。
道幅も広いし、湯も温い。

荷物の心配さえしなければ、もっと浸かっていたかった。
料金は少し高かったけれど。

ところで天気の予想がつかない。
ここに着いた時は確か晴れていたはずなのが、戻ってみれば雨。
雨との付き合いは明日まで続きそうだ。

これから会津まで。
ここまでは計画通りといっていい。

19:47 上三依塩原駅 221㎞
予想通りの難所だった。
地元の連中に煽られながら喘ぐようにここにたどり着いた。

まるでオアシスのように静かな明かりを灯しながら、山間に浮かぶように列車を待っている。
暗闇の中で駅らしきものを発見した時は狂喜した。

音楽は貴重だった。
忌野清志郎は最高だった。
旅に出る前に手に入れておいてホントによかった。

真っ暗だったけど肩の力を抜いていられたよ。
2年というブランクの中で経験したものも役立っていたのかもしれない。

だけどもうちょっと違う道を走りたい。
夜を走るにはこのルートはタフでハードだ。

あたりは暗闇に閉ざされている。
でも心細さは感じていない。

いずれ明るい時間帯にまたここを通って再評価したい。
いつになるかはもちろん分からない。

21:23 会津若松駅 292㎞
駅へと歩いていく気分はなぜかいいものだ。
かつて来たことがあるような、見覚えがあるような駅で、ごく自然に街に溶け込んでいた。

なんかほっとしたよ。
夜の走り方を知ったようで、特に疲れは感じていない。
大体時速70㎞で走っていれば誰も文句は言わない。

東北はやっぱりいい。
他の地域と比較して圧倒的に親しみを感じる。

駅は優しい明かりを放ち、見ているだけで安心する。
集まっている人々に悪意は感じられず、電話ボックスで泣き崩れていた女性は大丈夫だろうか。

かわいそうに。
よほど悲しいことを告げられたのだろう。
悪い男がいたものだ。

ところで今夜のオレだ。
まだ眠くない。
そりゃそうだろう。

時計の針は21:30を指している。
このまま新潟まで走らせよう。

眠る場所にアテがある。

22:32 49号国道‐津川町 346㎞
広大な会津圏内を抜けると予想通り車通りは少なくなり、後続車とのほぼ二人旅の様相を呈していた。

山間に来ると雨は激しくなり、一瞬霧が襲い、雹に見える雨が降った。

気温は9度。
にわかに寒くなった。

新潟まではそう遠くない。
日付が変わる前に到着できるだろう。

ここに車を止めたのは疲れてというよりも、音楽を変えたかったから。

25:13 7号国道‐豊栄(道の駅) 436㎞
ここに到着してビール2本とカロリーメイト。
それが今夜の食事。
まるで大残業した夜のような粗末なメニュー。

気分はずいぶん落ち着いている。
最後は新潟県という巨大な存在にはめられたかのような苛立ちを覚えながらの走行だった。

激しい雨だった。
目をくらませるほどの降りだった。

馴染みの場所には居心地の良さを感じる。

寝る時間になるとそこかしこにタフな人を見かける。
孤独なライダーはベンチでシェラフにくるまっている。
その横ではひとりじゃ何もできなさそうな連中が騒いでいる。

そうした手合いもまたそこかしこに見かける。
今いるここの少し後方にも、バカしか聞かないような音楽をかけた同じような連中が大声で喋っている。
困ったものだな。

49号国道は阿賀野川を横切ったり、寄り添ったりしながら続く思い出のルート。
いくつもの橋を渡る。

あれは5年前のことになる。
その時が初めてのツアーだった。
あの日のことはよく覚えている。

だからオレには見えた。
暗闇の中の阿賀野川の雄大な流れが。

おやすみ。
今日はよく走った。

関連記事

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その2-高屋駅、鶴岡駅、鼠ヶ関駅、村上駅、坂町駅、新潟駅、新潟東急イン

車旅日記2005年7月17日 14:40 高屋駅(7月16日の長岡駅より513㎞) 駅を出て、最

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その4‐米沢、福島、上野(奥羽本線/東北新幹線)

鉄旅日記2019年11月4日・・・米沢駅、福島駅、上野駅(奥羽本線/東北新幹線) 17:38 米沢(

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、甲信越途中下車旅】最終日(長野-東京)その1-長野、信州中野、湯田中、安茂里、戸倉、上田、別所温泉、西上田、田中(長野電鉄、信越本線、しなの鉄道、上田交通)

鉄旅日記2012年12月9日その1・・・長野駅、信州中野駅、湯田中駅、安茂里駅、戸倉駅、上田駅、別所

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】最終日(長崎-島原-唐津-福岡空港)走行距離291㎞その1-長崎ニューポート、島原駅、沖田畷古戦場(龍造寺隆信戦死の地)、大村駅、千綿駅、高橋駅

車旅日記2004年8月15日 2004・8・15 7:38 長崎ニューポート413号室 精霊流し

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋・番外編【京都にて】-京都御所、宇治川公園、京都駅

車旅日記2003年11月25日 2003・11・25 10:57 京都御所 昨夜の雨は上がり今日

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】初日(東京-米原-福井-越前大野)その1-金町、大垣、米原、近江塩津、王子保、湯尾(常磐線/東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2018年10月6日・・・金町駅、大垣駅、米原駅、近江塩津駅、王子保駅、湯尾駅(常磐線/東海

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】2日目(新潟-象潟-田沢湖付近)-道の駅豊栄、道の駅加治川、道の駅朝日、道の駅鳥海、蚶満寺、道の駅西目、八津駅

車旅日記1997年8月14日 1997・8・14 4:35 7号国道‐豊栄(道の駅) 出発。

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【20代最後の旅でございます。青森港から北海道上陸を目指して北へ向かったのでございますが・・・。】最終日(鳴子温泉-高畠ー郡山-東京)-鳴子サンハイツ、潟沼、瀬見駅、道の駅むらやま、羽前中山駅、高畠、道の駅七ヶ宿、道の駅安達、郡山文化センター前、須賀川駅、西那須野三島セブンイレブン、与板ラーメンとん太、築地電通前、東京町田

車旅日記1998年8月14日 1998・8・16 8:26 鳴子サンハイツ 5日目。 一番遅い

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】2日目(津-松阪-伊勢奥津-鳥羽-神島)その2-多気、伊勢神宮外宮、伊勢市、鳥羽、鳥羽マリンターミナル(参宮線/鳥羽市営定期船)

鉄旅日記2018年12月23日・・・多気駅、伊勢神宮外宮、伊勢市駅、鳥羽駅、鳥羽マリンターミナル(参

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その1-東横イン名鉄岐阜、大垣駅、養老駅、阿下喜駅、西藤原駅、湯の山温泉駅、四日市駅、鈴鹿サーキット稲生駅

鉄旅日記2006年7月16日 2006・7・16 7:11 東横イン名鉄岐阜813号 予想通りの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑