*

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年4月7日
16:18 野田城(のだじょう)駅(飯田線 愛知県)
行き違い2分の停車。
停車位置の目の前に駅舎があり、駅前へと飛び出す。

攻城中の武田信玄が笛の音に誘われ、鉄砲で撃たれたという伝説が残る村。
落城後、武田軍は上洛の計画を捨てて甲斐へと引き返す。

その途中に武田信玄は生涯を終える。
撃たれた傷が原因であるとの説を信じる一定数は、いつの時代にもいるのだろう。

多くの乗客が降りて、列車に戻ると席を得た。

地図を見たら、野田城址はとても小さく記されていた。

16:49 長篠城(ながしのじょう)駅(飯田線 愛知県)
日が射して、垂れ桜が今年最後の時を迎えようとしている。
城を模した小さな駅舎に微笑む。

近くで「どーん」と音がする。
無敵の武田軍団を凋落の道へと落とした、長篠合戦での鉄砲の一斉射撃再演のサービスでもやっているのだろうか。

城址公園は整備され緑に覆われていた。
史跡地図を見ていて再訪を誓う。

設楽原の最寄り駅は三河東郷とのことだったが、さっき降りた駅前に古戦場への案内はなかった。

17:28 大海(おおみ)駅(飯田線 愛知県)
暮れなずむ古戦場でコンビニまで往復30分。

どこか肥え臭い匂いが漂い、上りホームで親子が列車を待っている。

子供の声が聞こえると、「パッパ」と呼ぶかわいい声を思い出す。
子供の姿が見えると、かわいらしく動き回る様が浮かぶ。

静かな里で「松平伊忠戦死の地」を記した碑に遇う。

長篠合戦に先立つ鳶ノ巣山砦急襲に加わった松平伊忠。
砦は落ち、余勢をかって急襲軍は長篠城の抑えとして残された武田軍へ向かう。
そこで小山田昌行勢の逆襲に遭い討死する。

武田勢では、「武田二十四将」に描かれた馬場信春、山県昌景、真田信綱・昌輝兄弟、土屋昌次、内藤修理、原隼人、三枝勘解由をはじめ、高名な多くの部将が戦死したが、織田・徳川連合軍での部将クラスの戦死者は彼ひとり。

そこにいる何の必然性を持たない夕暮れの地を歩く様は物悲しく、何をしているのかと自問する。

心の支えでもある女性の姿がスマホの待ち受けに小さく丸く存在する。
やるせない身に冷たい空気が馴染んでいく。

上り列車が遅れている。
どうも今日はそんな日だ。

17:52 三河大野(みかわおおの)駅(飯田線 愛知県)
上り特急通過待ちで3分停車。
ダイヤの遅れは1分まで縮まった。

ホームから階段を下りて外に出ると川の気配がする。
大橋の手前の風景が駅前風景。

三河とはこうまで里山か。
物静かな風情に今日は何度でも打たれる。

18:28 浦川(うらかわ)駅(飯田線 静岡県)
交換待ち4分停車。

ここは浜松市天竜区。
構内踏切を渡って古い駅舎を出ると、「鮎の町」を謳う歓迎門が迎えてくれる。

顔馴染みの人々が「おやすみ」と言って分かれていく里山風景。
天竜川の恵みが永遠であることを願う。

19:52 門島(かどしま)駅(飯田線 長野県)
闇に包まれた駅で瀬音を聞いた。
この駅で交換待ち3分の停車。

車窓に町の灯はなく、退屈してYouTubeでプロレスを見る。

1979年世界最強タッグ公式戦、ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田対ミル・マスカラス、ドス・カラス。
4人の千両役者が行った偉大なる消化試合だった。

20:33 桜町(さくらまち)駅(飯田線 長野県)にて

20:56 飯田(いいだ)駅(飯田線 長野県)にて

21:42 シルクホテル別館408
飯田駅を通りすぎて桜町駅で降りる。
トイレの外観は悪くなかったが、便器が壊れている様に時代と街を感じた。

駅は坂の上にあり、アーケードが坂の下から続いていた。
下りていくに従い明かりが増していく。

もう一つ大きな通りが右手から下りてきて交わるところが中央交差点。
そこが街の中心地。
出歩く姿は少ないが、大きな声が響く。



飯田駅へと向かう坂の途中に映画館があった。
映画館がある街は文化的に思えて、いつも記憶に残る。
吉永小百合さん主演の話題作の看板が架かっていた。

かつて飯田駅に寄ったことがある。
おそらく国道からあの道を上がったのだろう。

遠い記憶はおぼろ気な駅の姿しかなく、初めて降りた街という感覚が肌から伝わり、この夜この街にいることを喜んだ。
ずいぶんとお洒落なbarや飲食店がある街だった。

飯田はかつて日本一高齢化が進んだ街として取り上げられたことがある。
名前は忘れてしまったが、飯田出身の素敵な女性に30年近く前に出会っている。
オレの記憶が定かであれば、彼女は当時風呂なしのアパートに暮らしていた。

オレの中で飯田とは、そんな街だった。
でも今夜の街の灯に、平成を生き抜いてきた飯田を知り、うれしかった。
この街に宿を求めた旅が成功だったこともまた喜んでいる。

スマホが示す気温は4度。
春なのにな。

アメリカメジャーリーグに行った大谷選手が3試合連続本塁打を放った日。
寂しく感じていることを自分自身に隠せなかった。

でももう戻れない。
もはや叶わない願い。

そしてオレがしばらくいる場所はそんなところだと悟り、暗然となる。

この飯田で迎える夜明けに期待している。

関連記事

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日 2018・3・4 7:31 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その3-谷田川、磐城石川、磐城塙、常陸大子、玉川村、常陸大宮、上菅谷、水戸(水郡線)

鉄旅日記2018年4月1日 17:09 谷田川(やたがわ)駅(水郡線 福島県) 行き違い

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その1-保谷、代々木、都留市、富士山、河口湖(西武池袋線/山手線/中央本線/富士急行)

鉄旅日記2018年2月10日 2018・2・10 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海SA 多少はスッキリしたんだ。

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】2日目-友人夫婦と過ごした一日

鉄旅日記1996年5月4日 1996年5月4日の記憶 一夜明けた。 友人夫婦はそこ

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その1-会津若松、笈川、堂島、喜多方、会津若松(磐越西線)

鉄旅日記2017年12月3日 2017・12・3 6:39 会津若松(あいづわかまつ)駅(

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵琶湖ともお別れ。 8号国道を

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立(くにたち)駅(中央本線 東京

記事を読む

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

鉄旅日記1997年3月11日 1997・3・11 羽田空港内カフェテリア 17:00を待

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑