*

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

公開日: : 旅話, 旅話 1996年

鉄旅日記1996年5月5日
22:15 8号国道‐小矢部
恋する女よ。
あれからオレはまだ走っている。

駐車場を出る際に契約上のつまらない会話を交わして以来、ずっとひとりさ。
ねぐらは車だけれど、停止させる場所は決めたよ。
だからそこまで走るんだ。

大丈夫だよ。
最初からこんな旅になる計画だったからね。

月のない夜だよ。
初めてだな。
月のない夜は。

だけど寂しくないよ。
今夜きっと君はオレの無事を陽気に祈ってくれているんだろう。
その想いが今夜のオレには月の代わりになるよ。

目には見えていないけど、オレには見えるんだよ。
今夜の月がね。

さあ、まだオレは走るよ。

23:22 富山駅
恋する女よ、あれから走り続けてとうとう富山まで来たよ。

さすがにこのオレも疲れた。
だから今夜はもう国道に別れを告げようと思う。
確かすぐ近くをハイウェイが通っているはずなんだ。

空を見た。
月が昇っていた。
やっぱり今夜も月が昇った。

さっき高岡市街を通過した時、確かに月はオレを照らしてくれたんだ。
月はオレを忘れちゃいなかった。

思わずシャウトしたよ。
うれしくてさ。
そして道路標示は富山駅への距離を教えたんだ。

ブラザーと呼ぶ男とこのあたりをうろついたのは2年前の大晦日。

あの夜、オレは家族に電話を入れ、当時恋していた女性の電話番号を聞いた。
ブラザーはなすこともなく、オレの電話が早く終わらないものかとイライラしながら待っていた。

あの時に聞いた電話番号はそれから1年もの間、記憶の中にしっかり刻み続けられたけど、今じゃもう忘れてしまった。

あの大晦日の夜、富山駅には寄る辺なき者たちが束になって大声で騒いでいて、街は大きな明かりに包まれていたような印象を受けたが、今夜はごく普通の夜で、駅に集う人々に不穏なものはない。
だけどからまれないように注意深く車を出す。

さあハイウェイに乗ろう。
今夜の旅ももうすぐフィニッシュだ。

24:17 北陸自動車道-有磯海SA
恋する女よ、ここがオレの居場所なんだ。

かつて相棒と疲れ果ててたどり着き、新年を迎えた場所。
言ってみりゃ所縁の場所なんだ。

何となくここに決まったよ。
落ち着けるんだ。
ある意味で故郷とも言える。

実はあの夜もオレは何かを始めようとしていた。
車を止めた場所からは電話ボックスが見えたんだ。

ずっと考えていた。
そう、富山駅で聞いた電話番号にかけるかどうか。

ブラザーに言ったよ。
「もう少ししたら惚れた女に電話してこようと思うんだ」。

ヤツは尋ねたな。
「惚れた女とは?」
「誰でもない。お前の知らない女だ」。

オレの発言は、ビールを開けてじきに訪れる新年を祝おうとするヤツの気分に水を差してしまったようだった。

分かっていたよ。
ずっと野郎同士でタフにやるつもりでいたんだろう。
やがて言葉少なになり、ビールも底をついてきた。

そうだな兄弟。
やっぱり二人で終わらせよう。
外も寒いしな。

「さっきの電話のことだけど、やめたよ」。

その後オレとその女性は、少しの発展性を加えて、次に訪れた冬にすべてのストーリーを終えた。
その女性の名前は誰にも明かされることはなかった。

今回のツアーは今までと少し違ったよ。
うまく言えないけど、オレの心の内では確かにそうだった。

なぜオレはこんなところを走っているのか?
そんなことを思いながら国道を走っていたんだ。

だけど君がいる金沢に照準が合ってから、本当の意味でオレは国道の生活に戻れたんだ。
それからはいくつもの街を通り抜けながら、ハンドルを握る自分に誇りを感じ続けていたよ。

恋する女よ、たとえひと時でも今夜君に会えてうれしかった。
君に会えた時点でこのツアーも終わりだって思っていたけれど、その逆だったよ。

あれからオレはアクセルを踏みながらここまで来た。
ずっと君を感じ続けながらね。
そしてこの手記も君に宛てた手紙の形をとっている。

ビールを置いて、まるで東京でひとりの夜を送っている時のようにこれを書いている。
ずいぶん旅慣れたもんだろう。

そうそう、あれから月はもう一度姿を見せてくれたよ。
富山でハイウェイに乗るつもりでいたけれど、国道での夢を捨てきれずに8号国道に戻ったんだ。

そしたらその上空にね。

星はともかく、月はオレの友人だよ。
きっとこれからもオレを照らしてくれるさ。

君に教えてあげたい。
オレは何も持っていないけれど、オレと一緒にいれば月と友達になれるっていうことをね。

歯を磨いてきたよ。
オレの今日はこれで終わる。
深夜のサービスエリアにはマヌケな音楽が流れていたよ。

周りから見たオレはきっと変なヤツだろうけど、いいじゃないか。
好きなんだよ。
こういうスタイルがさ。

明日もこのまんまだよ。
家に帰り着くまでね。

ところで恋する女よ、君はもう眠りについただろうか。
初めて明かすわけじゃないけど、好きだよ。
とてもね。

おやすみ。

関連記事

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)駅(飯田線 愛知県) 行き違

記事を読む

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

鉄旅日記1997年3月11日 1997・3・11 羽田空港内カフェテリア 17:00を待

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 橋本、拝島、東松山、籠原駅、高崎、月夜野情報サービスセンター、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

鉄旅日記1996年11月1日 1996・11・1 12:13 東京町田 昨夜の決意は固か

記事を読む

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にス

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その2-土合、越後湯沢、大沢、上越国際スキー場前、越後堀之内、小出(上越線)

鉄旅日記2018年3月3日 9:09 土合(どあい)駅(上越線 群馬県) 「日本一のモグ

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その3-鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、上今市、今市、下今市、南栗橋(野岩鉄道/東武鬼怒川線/東武日光線)

鉄旅日記2017年12月3日 15:13 鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)駅(東武鬼怒川線 

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ浜パーキング 太陽光線で目が

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その2-大塚山古墳群、会津若松、芦ノ牧温泉、大川ダム公園、芦ノ牧温泉南(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月3日 11:12 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越西線/只見線/

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その3-谷田川、磐城石川、磐城塙、常陸大子、玉川村、常陸大宮、上菅谷、水戸(水郡線)

鉄旅日記2018年4月1日 17:09 谷田川(やたがわ)駅(水郡線 福島県) 行き違い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日 15:00 日出塩(ひでしお)駅

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑