*

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】4日目(米子-呉)その1-米子、安来、来待、西出雲、弘南、温泉津、波子、浜田、石見川本(山陰本線/三江線)

公開日: : 最終更新日:2020/09/05 旅話 * 結婚後2014年

鉄旅日記2014年8月16日その1
米子(よなご)駅(山陰本線/伯備線/境線 鳥取県)にて

2014・8・16 6:43 安来(やすぎ)駅(山陰本線 島根県)
雷鳴轟く安来の空。
駅の背後に陣取る住友金属は一部の明かりを残し静止している。
壁に描かれた「どじょうすくい」のオッサンは満面の笑み。
アホ面だ。

戦国時代の山陰の覇者、尼子市の本拠だった月山富田城はこの街にあったのだな。
3日前に立ち寄った尼子氏滅亡の地、上月は同じ中国地方にあるとは言えここから遠い。
人間の執念が引き起こしてきた数々の事件をふと想う。

安来の由来は古人がこの地で安らかな心になれることを願ったことに拠るという。
そう言えばこのあたりじゃ駅の観光案内板は難読の漢字にあふれている。

しばらく歩いて中海安来港へ。
提灯が軒先にぶら下がった家並みに夏の風情があふれる。

十神山は富士に似た象徴的な姿で雨に打たれていた。


7:39 来待(きまち)駅(山陰本線 島根県)
数分の停車。
宍道湖はまだ見えている。

来待とはステキな駅名だ。
9号国道に面してログハウス風の小さな駅舎が仄かな灯を点し、オレが来るのを待っていた。

8:23 西出雲(にしいずも)駅(山陰本線 島根県)
大雨は米子で収まったけど、日本海側は荒れているようだ。

列車の運行が大幅に狂い、ここ西出雲で緊急停車。
何分止まるのか知らないが、外に出てみる。

西出雲という響きに旅情を感じていたが、現代的な駅舎で、清掃が行き届いているような清潔な印象を受ける。

旧駅名が刻まれた知井宮駅開業100周年の碑があった。

出雲路ビールレストラン、ホテル、ホール。
歩道を広くとった整然とした駅前だ。

ただ、雨ということもあるのだろうが人気はなく、閑散としていた。

8:40 江南(こうなん)駅(山陰本線 島根県)
列車の遅れは深刻だ。
続いてこの駅でも緊急停車。
タクシーの運転手も怪訝な様子でホームを窺っている。

駅前には旅館だけがある。
「喜劇駅前旅館」という渥美清主演の映画を思い出す。

何分の停車になるのか案内はなく、急いで列車に戻る。
車内に目を移すと、2ボックス先に20年前の恋人によく似た子供連れの女性が座っている。

世界にはよく似た人間が最低5人はいると言うが、彼女はそのうちの一人に数えられていい。
表情もよく似ていてとても驚いた。

10:33 温泉津(ゆのつ)駅(山陰本線 島根県)
列車の遅れは随分持ち直したようだ。
日本海が見えて温泉津が近づき雨も上がり夏が戻った。

目の前の学校からは祭り囃子が聞こえてくる。
かつて世田谷で暮らしていたことがあるという男性とちょっとした会話を残して温泉街へと歩いて行く。

「男はつらいよ」第13作で、車寅次郎がしばらく暮らした温泉津。
失恋したけれど相手の女性の幸せな顔を見て、妹のさくらとよかったねと頷き合って離れた町。

映画の頃には重厚だった駅も今じゃ特徴を失っている。
二人がタクシーを走らせた町並みを過ぎて、石見銀山と併せて世界遺産に登録された温泉街は古く、また美しい。
日本が世界に発信する「美」はああいう姿をしている。
そしてそうあり続けてほしいと願う。



11:10 波子(はし)駅(山陰本線 島根県)
数分の停車。

しまね海洋館アクアスの玄関口。
そこに何がいるのか知らないが、若いカップルが降りていった。
高台にある駅からは日本海に寄り添う海洋館と思しき箱が見えた。

定時運行に戻った山陰本線だが、約1時間後に戻ってくる際にまたダイヤが狂ったとしたら、最悪あそこに行けば飯にはありつける。
そんなことを考えながら列車に戻った。

夏空が広がっている。

11:55 浜田(はまだ)駅(山陰本線 島根県)
「どんちっち銀天街」か。
浜田市営球場のことは覚えていたけど、この商店街の記憶はなかった。
かつての浜田の街に対する印象はもっと淋しいものだった。

商店街を歩く人の姿はあまり見かけなかったが、駅には人があふれていた。
ワシントンホテルに弱小ビジネスホテルと、宿泊施設は充実している。

駅は変わっていた。
どこかの物好きがアップしていたホームページで、浜田に「駅そば」があることを知って楽しみにしていたけど、津山、津、長府と同じように鉄道文化の後退をここでも見せつけられた。
失望したが仕方がない。

ビールに合う食料を揃えて涼しい風が届くホームのベンチで若干急ぎ目に昼食を済ませたら、今度は益田からの列車が遅れている。
ここから江津まで戻り、そのまま三江線へ入る列車を待っているが、これじゃ江津で予定されている数分の停車はなくなるかもしれない。

今日は江津の祭で江の川に花火が上がるという。
そう言えば、さっきテントが張られた川辺にたくさんの人が集まり、駅前には提灯がぶら下がる光景を目にしていた。

ようやく列車が動き出し浜田が遠ざかる。
かつて寄った浜田城址が懐しい。

13:59 石見川本(いわみかわもと)駅(三江線 島根県)
10数分の停車。

江津を出て江の川に沿うと、廃止された江差線を彷彿とさせる密林地帯を這うように進んでいく。

先月約一月ぶりに台風被害からの復旧を果たした三江線。
ここまで半分以上の区間を徐行運転していた。
乗客は疎らで周囲の道の状態も悪く、よくこんな場所に住居を構えているものだと驚嘆する。

いくつか集落を過ぎて、江津から1時間の距離の川本は町だった。
ビールも買えて商店も多く、高台には学校が聳え、団地もある。
秘境探訪の末に辿り着いたオアシスみたいな町だった。
四国高知での中村という街の出現の仕方を思わせる。

電器屋からは高校野球のラジオ放送が流れてくる。
どうやら雨で試合の開始が遅れているらしい。

川本を離れると列車はまた徐行を繰り返す。

関連記事

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その1-熱田、尾頭橋、八田、四日市、亀山、一身田、津、高茶屋、松阪(東海道本線、関西本線、紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月8日その1 2014・3・8 11:16 熱田(あつた)駅(東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その1-西岐阜、京都、二条、日吉、胡麻、下山、和知、綾部、高津(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その1 2014・3・21 11:54 西岐阜(にしぎふ)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】初日(東京-津山)-尾張一宮、播磨高岡、太市、余部、播磨新宮、三日月、西栗栖、美作江見、林野、上月、津山口、津山(東海道本線、山陽本線、姫新線)

<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/r

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】3日目(鳥取-米子)その2-電鉄出雲市、川跡、旧大社駅、出雲大社前、雲州平田、松江しんじ湖温泉、松江、乃木、東松江、玉造温泉、揖屋、荒島、米子(一畑電車北松江線/一畑電車大社線/山陰本線)

鉄旅日記2014年8月15日その2 15:09 電鉄出雲市(でんてついずもし)駅(一畑電車

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】4日目(米子-呉)その2-浜原、粕淵、明塚、石見簗瀬、口羽、宇都井、伊賀和志、三次、矢賀、水尻、かるが浜、呉(三江線/芸備線/呉線)

鉄旅日記2014年8月16日その2 浜原~石見簗瀬間(徒歩) 浜原(はまはら)駅(三江線

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【ふらっと両毛 東武フリーパスで、両毛ローカル旅】初日(東京-桐生)-小菅、五反野、梅島、田島、渡瀬、県、東武和泉、福居、野州山辺、韮川、東小泉、藪塚、阿左美、岩宿、新桐生、下新田(東武スカイツリーライン/東武佐野線/東武伊勢崎線/東武桐生線)

鉄旅日記2014年12月28日 小菅(こすげ)駅(東武スカイツリーライン 東京都)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】最終日(呉-東京)-呉、広、竹原、安芸幸崎、松永、東尾道、相生、西相生、比叡山坂本、用宗、富士、沼津(呉線/山陽本線/赤穂線/湖西線/東海道本線)

鉄旅日記2014年8月17日 5:31 呉(くれ)駅(呉線 広島県) 堺川公園の説明によ

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】最終日(魚津-東京)その1-魚津、生地、黒部、電鉄黒部、泊、親不知、越中宮崎、糸魚川、能生、梶屋敷、浦本(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月23日その1 2014・3・23 6:02 魚津(うおづ)駅(北陸本

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その2-神志山、賀田、九鬼、相賀、紀伊長島、多気、名古屋、豊田町、六合、由比(紀勢本線/東海道本線)

鉄旅日記2014年3月9日その2 11:19 神志山(こうしやま)駅(紀勢本線 三重県)

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】2日目(西舞鶴-魚津)その2-南条、今庄、北鯖江、鯖江、大土呂、福井、春江、丸岡、芦原温泉、動橋、石動、小杉、越中大門、魚津(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月22日その2 13:31 南条(なんじょう)駅(北陸本線 福井県)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶

「鉄旅日記」2005年聖夜【廃線となった鹿島鉄道に乗った記録が残されておりました。】-鹿島神宮、新鉾田、鉾田、石岡(鹿島線/鹿島臨海鉄道/鹿島鉄道/常磐線)

鉄旅日記2005年12月24日 記憶には残るだろう。

→もっと見る

    PAGE TOP ↑