*

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その3-笹川、外川、犬吠、犬吠埼、銚子、椎柴、松岸(成田線/銚子電鉄)

公開日: : 最終更新日:2023/06/06 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年9月22日・・・笹川駅、外川駅、犬吠駅、銚子駅、椎柴駅、松岸駅(成田線/銚子電鉄)
12:44 笹川(ささがわ)駅(成田線 千葉県)
上り列車の遅れで8分の停車。
思いがけず外に出る。

歓迎門が迎える町で、駅員さんの姿もある。
ただし電話対応に追われ見向きもしない。

やはり土地の言葉は訛り、概して声は大きい。

利根川に沿った平らな土地を眺め続けている。

下総豊里に近づき、とうとう利根川の水面が姿を現した。

13:29 外川(とかわ)駅(銚子電鉄 千葉県)
ここから歩いて犬吠までと思ったが、折り返し列車に乗ることにした。

3度目の銚子電鉄。
あれからも健闘していたようだ。

本銚子駅は、去年だったかに特番でタレントのヒロミさんがプロデュースして駅舎を改装する様を見た。

誰もいない駅に降りたかつてと違い、カメラを構えた大勢が駅の内外でざわめいている。

潮に焼けた家並に廃校跡。

「黒潮打線」で全国制覇した銚子商業の姿を甲子園で見なくなって久しい。


14:06 犬吠(いぬぼう)駅(銚子電鉄 千葉県)
犬吠埼へと至る道は、記憶通りにも違うようにも見えた。
黒潮が打ち寄せる様は雄々しく、遠目には氷河が浮かんでいるような荒々しさを感じた。



海辺のグランドホテルは閉鎖して、地球が丸く見えることを謳うマリンパークもまた閉鎖。
灯台下の広大なレストランも改装中で、現在の犬吠埼が直面している課題を想う。

遊園地だって潰れるんだ。
子供たちはゲームに夢中で、バーチャル世界は新しく、現実世界の銚子は廃れている。

オレも何を求めて3度も銚子電鉄に乗ったのかうまくは言えないが、あそこは非日常的場所で、普段とは違った気分になれることを知っているからだろう。

灯台を眺めるのは久しぶりだ。
ただわけもなく、いいものだな。


味のある犬吠駅で、またビール。
つまみは銚子電鉄名物「ぬれ煎餅」。



オレにつられて藪蚊も入ってきやがった。

14:57 銚子(ちょうし)駅(総武本線/成田線/銚子電鉄 千葉県)
まるで湧くように車が押し寄せる駅前に圧倒される思いで振り向けば、駅舎は生まれ変わっていた。

脇には懐かしい旧駅舎が小ぶりではあるけど保存されている。

利用者によっては、自分の歴史にケチがついたような気持ちにさせられるかもしれない。
オレも南国をイメージできたあの駅舎が好きだった。

たぶんこの駅前にいるのは5度目になる。

銚子は遠い街で、思う気持ちは望郷に近い。
もう来ることはないだろうなどといつも思いながら、こうしてまたやってきて銚子電鉄にも乗っている。

オレは伊勢志摩に縁が深いと複数の鑑定師が告げている。
思い当たるものがなくはないが、オレと銚子の縁も、こうとなれば並大抵のものじゃない。

15:47 椎柴(しいしば)駅(成田線 千葉県)
利根川を見たくて、銚子からきた道を2駅戻る。

利根川は河川敷に隠れ容易に近づけない。
柵に止まっていたカラスたちは威嚇するでもなく道を開け、やがて最接近を果たした。

それでもずいぶん向こうを流れている。
油っぽい道を歩きながら土地のご婦人に会釈する。



帰りは戦国の頃に創建された神錆びた神社を通り抜け、もう一度地酒屋に目を向け、戻る。

新しく始めたビジネスへの対応をしていても、体内に入れた6本のビールは邪魔をしない。
素晴らしい休日。


15:57 松岸(まつぎし)駅(総武本線/成田線 千葉県)
ここには2度目の下車。
総武本線に乗り換える。

懐かしさを誘う駅前に変化はなく、かつて食糧を調達したヤマザキのお店の看板はそのままだったが閉まっていた。

3分の滞在。

関連記事

2018年夏【SNSへの投稿より】秩父旅のご紹介でございます。-吾野駅、横瀬駅、秩父駅、皆野駅、西武秩父駅(西武秩父線/秩父鉄道)

鉄旅日記2018年8月26日・・・吾野駅、横瀬駅、秩父駅、皆野駅、西武秩父駅(西武秩父線/秩父鉄道)

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その4‐水上、高崎、籠原(上越線/高崎線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・水上駅、高崎駅、籠原駅(上越線/高崎線) 18:36 水上(みな

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その1-熱田、尾頭橋、八田、四日市、亀山、一身田、津、高茶屋、松阪(東海道本線、関西本線、紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月8日その1・・・熱田駅、尾頭橋駅、八田駅、四日市駅、亀山駅、一身田駅、津駅、高

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】4日目(鳴子温泉‐米沢‐猪苗代‐郡山)鳴子サンハイツ、道の駅むらやま、金渓ワイン、日布峠、こたかもりドライブイン、郡山スターホテル

車旅日記2000年5月6日 2000・5・6 7:19 鳴子サンハイツ 1011㎞ 低調な朝だ。

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】最終日(若松-東京)若松、折尾、黒崎、黒崎駅前、戸畑、小串、長門市、益田、津和野、山口、新山口(筑豊本線/鹿児島本線/山陰本線/山口線)

鉄旅日記2009年9月23日・・・若松駅、折尾駅、黒崎駅、黒崎駅前駅、戸畑駅、小串駅、長門市駅、益田

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】初日(佐賀空港-筑豊-別府)走行距離254㎞その2-田川後藤寺駅、豊前川崎駅、宝珠山駅、日田駅、豊前中村駅、鳥栖駅、別府・ホテル清風屋上ビヤガーデン

車旅日記2004年8月11日 14:42 田川後藤寺駅(佐賀空港より110km) かつて男たちが

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その2-会津荒海、会津田島、会津下郷、塔のへつり、湯野上温泉、西若松(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月2日・・・会津荒海駅、会津田島駅、会津下郷駅、塔のへつり駅、湯野上温泉駅、西

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】5日目(青森-八戸-気仙沼-女川-安達)その2-宮古駅、吉里吉里駅、盛駅、大船渡駅、気仙沼駅、女川駅、石巻駅、利府駅、あだち

車旅日記2006年5月6日 17:46 宮古駅(1,547㎞) 山田線と閉伊川に沿うように106

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その1-金町、水戸、上菅谷、常陸大子(常磐線/水郡線)

鉄旅日記2019年9月21日・・・金町駅、水戸駅、上菅谷駅、常陸大子駅(常磐線/水郡線) 2019

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、富山・岐阜途中下車旅】最終日(富山-東京)その2-美濃太田、可児、姫、下切、南木曽、田立、勝沼ぶどう郷(太多線、中央本線)

鉄旅日記2012年8月26日その2・・・美濃太田駅、可児駅、姫駅、下切駅、南木曽駅、田立駅、勝沼ぶど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その4‐宮古、陸中山田、釜石(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、陸中山田駅、釜石駅(三陸鉄道

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その3‐宮古、蟇目、茂市(山田線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、蟇目駅、茂市駅(山田線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その2‐平田、釜石、陸中山田(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・平田駅、釜石駅、陸中山田駅(三陸鉄道

→もっと見る

    PAGE TOP ↑