*

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】4日目(宇部-東京町田)佐波川SA、宮島SA、久地PA、帝釈峡PA、美作追分PA、社PA、桂川PA、多賀SA、東郷PA、三方原PA、牧之原SA、駒門PA

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2000年

車旅日記2000年8月15日~16日・・・佐波川SA、宮島SA、久地PA、帝釈峡PA、美作追分PA、社PA、桂川PA、多賀SA、東郷PA、三方原PA、牧之原SA、駒門PA
2000・8・15 9:02 宇部市友人宅 1,180㎞
長い旅もこれで終わり。

その最後の朝。
去りがたい。

とても名残惜しいよ。

10:32 山陽自動車道-佐波川サービスエリア 1,222㎞
友と別れ、4度山陽道へと。
これから最後の旅が始まる。

土産も買い込み、やり残したことはない。

11:52 山陽自動車道-宮島サービスエリア 1,323㎞
2000年の夏休み。
瀬戸内には良好な日差しが降り注いでいる。

江田島、厳島。
近くから眺めることは叶わなかったが、それでも十分だ。
昨日、友に連れられて眺めた小野田の海の記憶もある。

ハイウェイの旅もそれなりにいいものだと思える。

12:26 広島高速道-久地パーキングエリア 1,344㎞
中国道へ進路変更。
京阪地方の道路状況によっては日本海ルートへの変更も辞さない。
東京までの距離はまだ1,000㎞を保っている。

ラジオから聞こえたニュースじゃ大分の惨事。
音楽は古内東子。

この場所は広島県民に気持ちよく使用されている。

13:46 中国自動車道-帝釈峡パーキングエリア 1,448㎞
夏の混雑とは縁のないハイウェイを走っている。
山陽道も順調だろうが、こっちほど流れちゃいないだろう。

広大な中国山地を縫うように走るここからの風景に都市の匂いはない。
人家もまばら。

山陰勢との出会いも楽しみにしていたけど、彼等には日本海を離れたくない事情でもあるのだろう。
まったく見かけない。

今日もまたよく晴れている。

14:43 中国自動車道-美作追分パーキングエリア 1,524㎞
三次、庄原、新見。
いくつか街を抜け、宇部を出てから350㎞。

長い旅はまだ1/3の地点。

16:36 中国自動車道-社パーキングエリア 1,643㎞
ガス欠の心配をしながらの走行が少なからずのダメージを与えている。

気づけば2日間一緒だった岡山、広島、山口ナンバーの車は姿を消し、ほぼ関西勢の中に入った。
聞こえてくる方言もほぼ関西訛。

中国山地を抜け、兵庫県に入るとがぜん交通量が増し、この先また宝塚あたりで大規模な渋滞が発生しているようだ。
舞鶴道から北陸へ抜ける選択肢は少なくとも消滅している。

宇部から約500㎞。
さすがに疲れたよ。

19:19 名神自動車道-桂川パーキングエリア 1,723㎞
宝塚までの渋滞の原因は関西勢の行楽ラッシュのようで、どうやら帰省によるものじゃないらしい。

吹田ジャンクション、天王山トンネル。
どこも問題なかったよ。

何だか懐かしい気持ちで大阪を通過した。

今回宇部に訪ねた友はかつて大阪にいて、何度か遊びに寄った。
あの頃を思い出したよ。

20:28 名神自動車道-多賀サービスエリア 1,796㎞
得意先から一本連絡が入る。
そろそろ頭の中を切り替えていく必要がある。

これからまた渋滞。
今度のは中部版。

それにしても関東勢の数はスゴい。
どうやら名神までも関東のテリトリーのようだ。

天王山トンネルから京都までの明るいハイウェイは走っていて気分がいい。

琵琶湖沿いにかかると並行する8号国道のように暗くなる。
でも右手には月。
左には琵琶湖岸の夜景。
あれは和む。

月に照らされたあたりは神々しく、見上げた月では今夜も兎が餅をついている。
どこかの祭囃子が聞こえてくる。

22:15 東名自動車道-東郷パーキングエリア 1,897㎞
どうも名古屋とは合わない。
今夜もひとりのスイカみたいな頭の持主と、どこまでもせこい男の運転する車に気分を害した。

できれば早いところ静岡県内に入りたかったけど、あれから100㎞。
少し疲れている。

ハイウェイは上下線とも順調に流れている。
琵琶湖岸ではパトカーも出動して、大騒動でも起こっているかのような騒ぎだった。

23:30 東名自動車道-三方原パーキングエリア 1,981㎞
交通量は相変わらず多い。
検札所を過ぎて多少解消したようにも思えたが、追越車線は隙間なく流れ、事故が心配される。

東京の入口にも落とし穴が待っているかもしれない。

ここにきて、この夏休み中に遭遇することのなかった雨が降りてきている。

24:18 東名自動車道-牧之原サービスエリア 2,021㎞
雨が激しい。
眠気はないが、だいぶ疲れているようだ。

予想通り東名川崎あたりで渋滞が発生しているようだ。

25:33 東名自動車道-駒門パーキングエリア 2,127㎞
ハイウェイはここでおしまい。

ここは懐かしい。

今夜は町田の実家へ。
帰省もできる夏。

いい旅だった。

27:02 東京町田 2,206㎞
旅は明日も続く。
その中で一番長い日が終わろうとしている。

宇部を出てから1,000㎞。
その距離をひとりで走破したことを誇りのひとつに数えたい。

東名を上がってきて横浜町田で下りる。
あんまり懐かしくて出口を抜ける手はずを忘れていた。

牧之原からはずいぶん飛ばしたけど、無事でいられる自信と冷静さはあった。
そのあたりを解放したらすごく楽になれた。

これまでは遠慮していた。
そこにストレスも感じていた。

好きにしていいんだ。
迷惑がかからないのであれば。

連休中に起きた大分で起きた惨事は最悪だ。
少年による凶行。
この国が抱えた病も来るところまできた。

危険に満ちたハイウェイでは、1,000㎞もの距離をとんでもなく凶悪な連中と走っているような錯覚も起きた。
明日、誇りと自信を忘れずにいよう。

両親が用意してくれていたビールを飲んでいる。
金町の他にオレに帰れる場所があってよかったと思っている。

でもオレはもう葛飾の人間。
足立ナンバーがいい。

関連記事

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】初日(松本-飯山-富山)走行距離317㎞ その2-妙高高原駅、親不知駅、アパホテル富山駅前

車旅日記2005年4月29日・・・妙高高原駅、親不知駅、アパホテル富山駅前 16:44 妙高高原駅

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮かばない

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.1【信濃、飛騨、そして能登島。帰りは北陸路。この国の美しさをあらためて感じました夏旅でございます。】3日目(能登島-氷見-小千谷)能登島、道の駅いおり、氷見港、道の駅ウェーブパークなめりかわ、朝日町栄食堂、親不知ピア・パーク、道の駅能生、長岡市宮本、道の駅おぢや

車旅日記2000年7月22日 2000・7・22 9:00 能登島某リゾートクラブ 昨夜は風の音

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

車旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵琶湖ともお別れ。 8号国道を飛ばした

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】2日目(湯沢-鷹ノ巣)その4‐五所川原、川部、弘前、大館、鷹ノ巣(五能線/奥羽本線)

鉄旅日記2020年1月12日・・・五所川原駅、川部駅、弘前駅、大館駅、鷹ノ巣駅(五能線/奥羽本線)

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】最終日(多治見-東京)その1-多治見、瑞浪、明智、岩村、極楽、恵那(中央本線/明知鉄道)

鉄旅日記2019年3月24日・・・多治見駅、瑞浪駅、明智駅、岩村駅、極楽駅、恵那駅(中央本線/明知鉄

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】2日目(南紀白浜-潮岬-新宮-十津川-伊勢志摩)走行距離421㎞ -白良浜、白浜駅、見老津駅、潮岬、紀伊大島樫野灯台、湯川駅、瀞峡街道・熊野川、十津川、熊野きのくに、紀伊長島駅、伊勢志摩

車旅日記2003年11月23日・・・白良浜、白浜駅、見老津駅、潮岬、紀伊大島樫野灯台、湯川駅、瀞峡街

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】最終日(長崎-島原-唐津-福岡空港)走行距離291㎞その2-厳木駅、西唐津駅、唐津駅、筑前前原駅、葛飾金町

車旅日記2004年8月15日・・・厳木駅、西唐津駅、唐津駅、筑前前原駅、葛飾金町 2004・8・1

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】最終日(善通寺-東京)-善通寺、多度津、丸亀、坂出、岡山、京都、野洲、東京葛飾(土讃本線/予讃本線/本四備讃線/山陽本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年5月6日・・・善通寺駅、多度津駅、丸亀駅、坂出駅、岡山駅、京都駅、野洲駅(土讃本線

記事を読む

「鉄旅日記」2005年秋【軽井沢で挙式する身内を祝うために、初めて鉄道で旅をいたしました。ここから鉄旅が始まったのでございます。】2日目(名古屋-塩尻-小淵沢-小諸-中軽井沢)-名古屋、高蔵寺、多治見、中津川、木曽平沢、塩尻、小淵沢、中込、小諸、中軽井沢(中央本線/小海線/しなの鉄道)

鉄旅日記2005年11月6日・・・名古屋駅、高蔵寺駅、多治見駅、中津川駅、木曽平沢駅、塩尻駅、小淵沢

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その6‐上川口、養父、豊岡、香住(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・上川口駅、養父駅、豊岡駅、香住駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その5‐並河、園部、胡麻、下山、福知山(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・並河駅、園部駅、胡麻駅、下山駅、福

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その4‐太秦、撮影所前、帷子ノ辻、保津峡、千代川(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・太秦駅、撮影所前駅、帷子ノ辻駅、保

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その3‐米原、京都、梅小路京都西、丹波口、花園(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・米原駅、京都駅、梅小路京都西駅、丹

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その2‐静岡、浜松、豊橋、名古屋、大垣(東海道本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・静岡駅、浜松駅、豊橋駅、名古屋駅、

→もっと見る

    PAGE TOP ↑