*

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その4‐前谷地、志津川、南気仙沼、気仙沼(気仙沼線)

公開日: : 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年2月22日・・・前谷地駅、志津川駅、南気仙沼駅、気仙沼駅(気仙沼線)
14:21 前谷地(まえやち)駅(石巻線/気仙沼線 宮城県)
前谷地はアイヌ語に由来する駅名で、穏やかな湿地を意味するという。

アイヌ民族を敵視して、彼等の穏やかな暮らしを奪う最前線基地が多賀城だった。
平安時代当時、多賀城から先、現在の岩手県あたりから先の奥地は化外の地だった。

乗り換え時間11分。
今回は柳津まで列車で往くのではなく、前谷地駅前にもBRTの停車場ができていて、そこからBRTで往く。

柳津までの駅には止まらず、専用軌道もない。

前谷地駅前通りを突き当たりまで歩く。
途中品のいい割烹があった。
あの小さな駅前の夜を見たいと思う。


旧北上川を渡る。
雄大な眺めだ。

家督争いに巻き込まれる形で、わずか13歳で実兄伊達政宗の手により命を落とした小次郎が眠る地。

柳津から先は永遠に鉄道敷設を放棄した土地になる。

15:48 志津川(しづがわ)駅(気仙沼線 宮城県)
南三陸町の喪失。
これから町に止まる度にそのように記していくだろう。

ほんのわずかでしかないが、町にお金を落としたくて降りた。

「南三陸さんさん商店街」には、安倍首相をはじめ元横綱稀勢の里の荒磯親方など著名人が訪れ、写真でその消失を目の当たりにしている。


津波による被害はすさまじかった。
あのかつての町並が戻ることのない中で、商売を再開された人々には敬意しかなく、港の近くでスナックを一軒見つけた時には目頭が熱くなり、その港ではポンポン舟に乗った漁師たちの笑い声が聞こえていた。

南三陸町はタコの町。
恋人に、そして自分に蒲鉾を購入する。

用意していた25分ではとても足りなかった。

17:19 南気仙沼(みなみけせんぬま)駅(気仙沼線 宮城県)
こことは違う場所に駅があると、今も国道の道路標識は謳っている。
気仙沼の繁華街はそのあたりにある。
そしてそこはあの日の津波に飲まれてしまった。

歩いてみた。
川が横たわっている。
どうやらその先。

でも繁華街の明かりは見えず、人の姿も乏しく、大川に架かる橋の途中で引き返した。

気仙沼を知るのに20分じゃ足りない。
やがてオレは戻ってくるだろう。

停車場近くは品のいい灯をつけた食堂がいくつかあった。

17:50 気仙沼(けせんぬま)駅(大船渡線/気仙沼線 宮城県)
気仙沼駅とはすっかり馴染みになった。

駅構内に線路と道路がある駅。
先週放送NHKの「ブラタモリ」で同じ構造の盛駅を扱っていて、出演者は驚いていたが、確かにこの国に二つしかない貴重な駅とも言える。

南気仙沼からは途中に不動の沢を挟んで約10分の距離。
駅は町外れにある。

パールホテルに土産物屋さん。
変わらぬ駅前風景は人を安心させる。
あの待合室では酒場にいる時のように和んだこともあった。

すっかり日が暮れている。
盛行のBRTは発車した。

町の明かりが届かない場所に濃い闇を見た。

関連記事

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その2-西小坂井、三河三谷、愛知御津、三河安城、共和(東海道本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・西小坂井駅、三河三谷駅、愛知御津駅、三河安城駅、共和駅(東海道本線

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、甲信越途中下車旅】最終日(長野-東京)その1-長野、信州中野、湯田中、安茂里、戸倉、上田、別所温泉、西上田、田中(長野電鉄、信越本線、しなの鉄道、上田交通)

鉄旅日記2012年12月9日その1・・・長野駅、信州中野駅、湯田中駅、安茂里駅、戸倉駅、上田駅、別所

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】3日目(伊勢志摩-吉野-奈良-京都)走行距離239㎞ -大王崎、御座港、鵜方駅、飯高駅、天誅組終焉之地、吉野駅、吉野神宮駅、吉野口駅、京都ホーユウコンフォルト二条城

車旅日記2003年11月24日 2004・11・24 9:40 大王崎 薄曇り。 小雨が時に混

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-松阪)その2-串本、新宮、尾鷲、紀伊長島、三瀬谷、多気、松阪(紀勢本線)

鉄旅日記2008年7月20日・・・串本駅、新宮駅、尾鷲駅、紀伊長島駅、三瀬谷駅、多気駅、松阪駅(紀勢

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(釜石線/東北本線) 7:40

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

車旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海SA 多少はスッキリしたんだ。 あれ

記事を読む

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-東京)その2-本吉、柳津、前谷地、石巻、宮城野原、仙台空港(気仙沼線/石巻線/仙石線/仙台空港鉄道仙台空港線)

鉄旅日記2019年1月6日・・・本吉駅、柳津駅、前谷地駅、石巻駅、宮城野原駅、仙台空港駅(気仙沼線/

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】最終日(鳴子-米沢-東京)-鳴子サンハイツ、瀬見駅、羽前中山駅、萬世大路記念碑公園、栗子トンネル、松川駅、里白石駅、常陸大子駅、我孫子、東京町田

車旅日記1997年8月16日 1997・8・16 8:18 鳴子サンハイツ 拝啓 残暑お見舞い

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】4日目(宇部-東京町田)佐波川SA、宮島SA、久地PA、帝釈峡PA、美作追分PA、社PA、桂川PA、多賀SA、東郷PA、三方原PA、牧之原SA、駒門PA

車旅日記2000年8月15日~16日・・・佐波川SA、宮島SA、久地PA、帝釈峡PA、美作追分PA、

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】最終日(富山-岩瀬浜-糸魚川-松本)走行距離218㎞ その2-泊駅、越中宮崎駅、市振駅、糸魚川駅、頸城大野駅、小滝駅、平岩駅、白馬大池駅、安曇追分駅

車旅日記2005年4月30日 13:43 泊駅(4月29日の松本駅より392㎞) いよいよ県境の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その4‐宮古、陸中山田、釜石(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、陸中山田駅、釜石駅(三陸鉄道

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その3‐宮古、蟇目、茂市(山田線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、蟇目駅、茂市駅(山田線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その2‐平田、釜石、陸中山田(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・平田駅、釜石駅、陸中山田駅(三陸鉄道

→もっと見る

    PAGE TOP ↑