*

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その5‐奇跡の一本松、陸前高田、大船渡(大船渡線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年2月22日・・・奇跡の一本松駅、陸前高田駅、大船渡駅(大船渡線)
18:20 奇跡の一本松(きせきのいっぽんまつ)駅(大船渡線 岩手県)にて



19:10 陸前高田居酒屋膳
奇跡の一本松は夜に隠れていた。

かつての高田松原。
当時の道の駅に寄ったことがある。

広い駐車場に車を止めた。
それだけを覚えている。

現在の陸前高田の町明かりはほんのわずかしかない。
あとは人々の暮らしの跡、更地。

おそらく旧駅舎を模したのであろう新駅舎が建っていた。
オレにはうれしい復興のひとこまだ。

次のBRTを待つ間、膳という居酒屋で一杯やっている。
このお金の落とし方はオレにとって理想的だ。

串焼きも何もかもが美味しい店だ。
看板にしているラーメンもきっといけるだろう。
理想的だ。

そしてお客も次々に入ってくる。
理想的だ。

オレはそろそろ出よう。

19:50 陸前高田(りくぜんたかだ)駅(大船渡線 岩手県)
濡れた街路にわずかな明かりが映り、初春のような風が吹いていた。

居酒屋から歩いて5分。
スーパーの付属施設のカフェや本屋は閉まり、行き交う車も最早少なく、BRTは無人の広野を行くがごとく盛へ向かう。

かつての町明かりを知る人々は今も悪い夢から覚めていないのかもしれない。
オレも悲しいよ。

だけど、あの居酒屋や並びの寿司屋があるんだ。

きっと陸前高田に泊まる旅を近々計画するだろう。

21:01 大船渡やきとり香善
かつての大船渡駅の写真や街の姿が貼られていた。

ここは夢横町。
美味しい焼鳥を出してくれる店でゆっくりしている。



店内からは大きな笑い声が聞こえてくる。
あの頃の町が戻ることはないが、そんなことはないのかもしれないとふと思う。

戦後の復興の方が険しかっただろう。
東京が形になったのは戦後何年のことだろう。
陸前高田も大船渡も、あれからまだ9年という言葉を投げてあげるべきなのかもしれない。

答えはない。
ただ、津波に飲まれた大船渡の映像は忘れられないし、忘れるべきじゃない。

星神「どんどろ」は、鑑定師の話じゃ岩手弁を話すという。
あの震災を悔い、見守っていることだろう。

そしてオレが得たこの地との縁を思う。
この地を巡る日は不思議と晴れないが、いつか晴れる日がくるだろう。

もしかしたら、その日に大願成就を感じるのかもしれない。

22:46 ルートイン大船渡711号
風を感じる大船渡。
7階の外を大風が掠めている。

昨年9月に真横から仰ぎ見たセメント工場の夜景がきれいだった。
あの日オレはあそこから歩いてきたんだよ。

大船渡の町中にちらほらと集合住宅が建ち始めていた。
当たり前だが、震災後初めて訪ねた4年前より町は回復を続けている。

余所者が多くを語る必要はない。
こうしてたまに訪ねて、見合うだけのお金を落としていけばいい。

オレは日本全国どこの町も愛しているよ。

【Facebookへの投稿より】
三陸を旅しております。
石巻、南三陸町、気仙沼、陸前高田、大船渡。

今夜は大船渡に宿泊いたしております。

9年前の大震災による津波は、人の暮らす土地を荒れ地に変え、その喪失を目の前にすると茫然となります。

でも人々は逞しい。
笑顔も素敵です。

三陸の土地土地で食したものは、たいへん美味しゅうございました。

関連記事

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その1-紀伊勝浦、太地、湯川、那智、三輪崎、新宮、丹鶴城公園、鵜殿(紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月9日その1・・・紀伊勝浦駅、太地駅、湯川駅、那智駅、三輪崎駅、新宮駅、鵜殿駅(

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【伊那、木曽から志賀高原へ。気乗りのしない旅で選んだ行き先は、初夏の信濃路でございました。】最終日(志賀高原湯田中-中込-東京)-湯田中、菅平湖、中込ローソン、竜王駅、道の駅甲斐大和、藤野駅、東京町田

車旅日記1998年7月20日 1998・7・20 7:25 湯田中‐某クラブ志賀高原 486㎞

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日・・・八色駅、浦佐駅、五日町駅、水上駅、後閑駅、上牧駅、八木原駅(上越線

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】最終日(郡山‐茂木‐下館‐東京)郡山スターホテル、新白河駅、黒羽くらしの館、茂木駅、下館駅、みつかいどうロードパーク、葛飾金町

車旅日記2000年5月7日 2000・5・7 8:35 郡山スターホテル510号室 最後の朝がやって

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、甲斐駿河途中下車旅】その1-新宿、初狩、笹子、酒折、善光寺、甲斐岩間、波高島、内船、芝川、西富士宮(中央本線、身延線)

鉄旅日記2013年3月3日その1・・・新宿駅、初狩駅、笹子駅、酒折駅、善光寺駅、甲斐岩間駅、波高島駅

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩秋【浜名湖へ。そして飯田線に乗って、友に会いにいったのでございます。】2日目・最終日-尾奈、新所原、豊橋、本長篠、鳥居、三河槇原、中部天竜、佐久間、大嵐、伊那小沢、天竜峡、松本(天竜浜名湖鉄道/東海道本線/飯田線/中央本線)

鉄旅日記2006年11月4日/11月5日・・・尾奈駅、新所原駅、豊橋駅、本長篠駅、鳥居駅、三河槇原駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】2日目(盛岡-宮古)その1-盛岡、仙北町、花巻、遠野、足ヶ瀬(東北本線/釜石線)

鉄旅日記2019年9月22日・・・盛岡駅、仙北町駅、花巻駅、遠野駅、足ヶ瀬駅(東北本線/釜石線)

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】2日目(西舞鶴-魚津)その1-西舞鶴、東舞鶴、若狭高浜、小浜、上中、十村、木ノ本、余呉、高月、永原、敦賀(舞鶴線/小浜線/北陸本線/湖西線)

鉄旅日記2014年3月22日その1・・・西舞鶴駅、東舞鶴駅、若狭高浜駅、小浜駅、上中駅、十村駅、木ノ

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【鉄道旅に目覚め、1泊2日で房総半島にまいりました。】最終日-安房勝山、君津、木更津、上総亀山、蘇我(内房線/久留里線/京葉線)

鉄旅日記2006年2月5日・・・安房勝山駅、君津駅、木更津駅、上総亀山駅、蘇我駅(内房線/久留里線/

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、ダム湖に水没する鉄路へ】その2-川原湯温泉、岩島、群馬藤岡、高麗川、拝島、昭島、中神、武蔵溝ノ口、武蔵中原、鹿島田、尻手(吾妻線、八高線、青梅線、南武線)

鉄旅日記2012年4月1日その2・・・川原湯温泉駅、岩島駅、群馬藤岡駅、高麗川駅、拝島駅、昭島駅、中

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その4‐浪江、いわき、常陸多賀、石岡(常磐線)

鉄旅日記20220年4月5日・・・浪江駅、いわき駅、常陸多賀駅、石岡駅

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

→もっと見る

    PAGE TOP ↑