*

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】最終日(松阪-鳥羽-伊勢-東京)-松阪、鳥羽、伊勢市、宇治山田、亀山、名古屋、名古屋、豊橋、浜松、熱海(近鉄山田線/参宮線/紀勢本線/関西本線/東海道本線)

公開日: : 旅話 2008年

鉄旅日記2008年7月21日
2008・7・21 8:11 松阪(まつさか)駅(紀勢本線/参宮線/近鉄山田線 三重県)
鳥羽へは近鉄で行く。

賢島行がやってくる。

部活の子供たちが乗降する。
若者の心配などいらない。
こうして自分と闘う子供が育っている。
列車内での風景として好むものだ。

伊勢方面に向かう者はごくわずかで、駅に用を持つ者はたいていが名古屋方面のホームにいる。
あるいは大阪か。

この線は名張、桜井、大和八木を通って上本町までいく大阪線へとつながるようだ。
JRで行くよりもはるかに大阪が近い。
本数も多い。
車内にもローカル線が持つ独特な雰囲気はない。

2年前の紀伊半島を思い出す。
あの頃から彼女に惚れていて、今よりもまだうまくやっていた。
雨の多い旅だった。

彼女の気持ちは当時も分からず、今も分からない。

伊勢で酒を購入して彼女に会いに行こう。

あれからもうひと月になる。

9:31 鳥羽(とば)駅(参宮線/近鉄鳥羽線/近鉄志摩線 三重県)
今日は鈍い青空。
ケータイのカメラは青を感じていない。

ミキモトの総本山、真珠の街。
風景には見覚えがある。

あの時はJRや近鉄は、オレの中で意味を持っていなかった。

鳥羽湾を眺める。
この駅が海に面していたという記憶は削がれていた分、新鮮な気持ちでいられた。

どれくらいそうしていたのか。
満ち足りた時間だった。

あんな気分になりたくて、生きて、またここまできた。

土産物屋のお姉さんと親しく話した。
気分よくあれこれ買い込んだ。

「気ぃつけて。お元気で。」と見送ってくれる。
人情のいい終着駅だった。

近鉄はまだこの先も延びている。
そっちにも行きたいが、いずれまた。

長く生きられるのなら、そのうちまた。

幸せな気持ちでいる。

彼女に会いたくて。

11:11 伊勢市(いせし)駅(参宮線/近鉄山田線 三重県)
お伊勢さんのお守りを買いに降りた。


恋人と彼女に。
想いに甲乙をつけたくない。

好きな色のを二つ買ったよ。
きっとオレの想いに神が宿るだろう。

オレの想いが成就することは頼んでいない。

2人が健康で、幸せであればそれでいい。
「最強の神様が君の味方についたよ」と言って、二人に渡すさ。

伊勢神宮外宮へ。

かつて散々迷ったあたりをよく覚えていたよ。
駅から参道を歩く道すがら、ロッド・スチュワートの「胸につのる想い」を口ずさんでいた。


宇治山田駅に寄った。

威厳のある立派な駅舎は健在で、便所では心許なげな外人を見かけた。
彼はティッシュの自販機に興味を示していた。

明倫商店街へ。

よかった。
あの頃のままだ。

伊勢に行くことを決めると、真っ先に浮かんだのがそこだった。

当時は時代に取り残された一角のように見受けたけど、今の感じ方は違う。
これこそが伊勢なのだろう。

あの日にこの片隅で笑い転げていた少女たちも大人になっている。
そして今も友達でいられるのなら、とても素敵なことだ。

宮川を渡る。

2年前の旅で車から眺めた風景が蘇る。
あの川辺に人々は出ていた。

いろいろなものがつながった。

田園地帯を往く参宮線に旅情を感じたあの日。
オレは今その列車に乗っている。

多気に着くと大勢乗り込んできた。
運動をやっている少年少女にどうしても目がいく。

去年の宇治山田商業の甲子園での健闘。
優勝校の佐賀北との延長再試合は忘れていない。

11:46徳和駅着。
たくましい足をした二人の少女と、イケメン少年が二人降りていった。

12:39 亀山(かめやま)駅(紀勢本線/関西本線 三重県)
紀勢本線最終路線では、松阪と津で多くの乗降があった。

亀山まで乗ってきた者は多くない。

これから名古屋まで約70分。
関西本線とのターミナル駅の亀山のかつての姿を知る由もないが、駅弁も「駅そば」もない。

駅を出ると大鳥居が迎えてくれるが、商店はごくわずか。
食堂も見えるが、営業しているかどうか判別がつかない。

時代は、ここをはじめ多くの町を一度見捨てたが、細々とでも生き残っている町も多くある。

人間世界などいい加減なもので、昨今は原油高で、いずれ枯渇する。

また時代が振り向くこともあるかもしれないよ。

14:24 名古屋(なごや)駅(東海道新幹線/東海道本線/中央本線/関西本線/名古屋臨海高速鉄道/名古屋市営地下鉄桜通線/名古屋市営地下鉄東山線 愛知県)
関西本線に乗ったのは去年の2月。
亀山からの車窓風景をよく覚えていたよ。

鉄でできた風景の先に揖斐川、長良川、木曽川を渡る。

大名古屋温泉という名古屋らしいセンスに微笑む。

15:25 豊橋(とよはし)駅(東海道新幹線/東海道本線/飯田線/名鉄本線 愛知県)
目が覚めたのは蒲郡の手前。
三河湾は目に収めた。

この先の道中も長いけど、ずいぶんと帰ってきたような気分にさせてくれる。

豊橋はオレにとってそういう距離感を持つ街になった。

16:10 浜松(はままつ)駅(東海道新幹線/東海道本線 静岡県)
横に座っていた女性の優しい香りに気をよくしながら浜松へ。

次に乗るのは熱海行。

亀山からは5度の乗り継ぎで東京に着く。

18:50 熱海(あたみ)駅(東海道新幹線/東海道本線/伊東線 静岡県)
戻ってきた。
明らかにそんな気分でいる。

靴擦れによる痛みがひどい。

「駅そば」は売り切れとのこと。
仕方がない。
飯は家で。

伊豆方面をはじめ、この連休の人出は多かったようで、たくさんの乗客に囲まれている。

これじゃビールは飲めない。

24:43 東京葛飾金町
足の痛みは明日になれば忘れるだろう。
心配ない。

それにしても東京は暑い。
関西じゃ暑い中でも涼しさを運んでくれた風が吹かない。

仕方がない。
これが東京。

恋人に帰京挨拶の長いメールを送る。

元気を出せ。
オレは元気だ。
これからはお伊勢さんがついてる。

この3日間で腕が細くなったように感じている。
明日から元に戻していこう。

そして彼女に会いにいこう。

関連記事

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】初日(東京-京都-出雲)-静岡、豊橋、京都、亀岡、福知山、上夜久野、豊岡、浜坂、鳥取、青谷、倉吉、米子、出雲(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2008年5月2日 2008・5・2 1:59 静岡(しずおか)駅(東海道新幹線/

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日 2008・9・12 23:09 東京(とうきょう)駅(東海道

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-甲浦-徳島-善通寺)その1-徳島、中田、旧小松島駅、南小松島、阿南、牟岐、海部、甲浦(牟岐線/安佐海岸鉄道)

鉄旅日記2008年5月5日 2008・5・5 7:41 徳島(とくしま)駅(高徳本線/徳島

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】2日目(出雲-仙崎-下関-柳井)-出雲市、大田市、益田、長門市、仙崎、阿川、小串、幡生、防府、柳井(山陰本線/仙崎支線/山陽本線)

鉄旅日記2008年5月3日 2008・5・3 8:10 出雲市(いずもし)駅(山陰本線 島

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】最終日(善通寺-多度津-岡山-東京)-善通寺、多度津、丸亀、坂出、岡山、京都、野洲、東京葛飾(土讃本線/予讃本線/瀬戸大橋線/山陽本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年5月6日 2008・5・6 6:16 善通寺(ぜんつうじ)駅(土讃本線 

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-西御坊-松阪)その2-串本、新宮、尾鷲、紀伊長島、三瀬谷、多気、松阪(紀勢本線)

鉄旅日記2008年7月20日 14:37 串本(くしもと)駅(紀勢本線 和歌山県) 本州

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】3日目(柳井-岡山-高松-鳴門-徳島)-柳井、大畠、西条、岡山、高松、高松築港、オレンジタウン、引田、池谷、鳴門、徳島(山陽本線/瀬戸大橋線/高徳本線/鳴門線)

鉄旅日記2008年5月4日 2008・5・4 8:55 柳井(やない)駅(山陽本線 山口県

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その2-松任、小松、あわら湯のまち、三国港、福大前西福井、田原町、福井(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)

鉄旅日記2008年9月14日 13:03 松任(まっとう)駅(北陸本線 石川県) 金沢か

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日 2008・9・14 6:40 羽咋(はくい)駅(七尾線 石川

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-西御坊-松阪)その1-和歌山市、和歌山、海南、西御坊、御坊、紀伊田辺、白浜(紀勢本線/紀州鉄道)

鉄旅日記2008年7月20日 2008・7・20 7:51 和歌山市(わかやまし)駅(紀勢

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

鉄旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海S

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その1(R1→湖岸道路)伏見、山科西野、大津駅、瀬田駅、守山、彦根

鉄旅日記1996年5月5日 1996・5・5 11:36 1

→もっと見る

    PAGE TOP ↑