*

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-松阪)その2-串本、新宮、尾鷲、紀伊長島、三瀬谷、多気、松阪(紀勢本線)

公開日: : 最終更新日:2023/07/24 旅話, 旅話 2008年

鉄旅日記2008年7月20日・・・串本駅、新宮駅、尾鷲駅、紀伊長島駅、三瀬谷駅、多気駅、松阪駅(紀勢本線)
14:37 串本(くしもと)駅(紀勢本線 和歌山県)
本州最南端串本。
ここで数分の停車。

この町に着くのは3度目になる。

ここらで雨に降られたことはなく、南海は今日も美しい。

16:03 新宮(しんぐう)駅(紀勢本線 和歌山県)
田辺から3時間。
和歌山県もまた大きい。

串本からはずっと海沿いを往き、景色は素晴らしい。

新宮で土産でもと思っていたが、乗り継ぎ時間はなく、ここで待てば次の発車まで2時間待たなきゃならない。
ここからは閑散区間となるようだ。

座り疲れていたけど、このまま行くことにした。

紀伊勝浦ではずいぶん人が降りた。
ここも観光地か。

いつの間にか電化区間ではなくなっていた。

17:30 尾鷲(おわせ)駅(紀勢本線 三重県)
紀勢本線の旅は長く、多気に着くのは20:00前。
新宮からは4時間弱ということになる。

途中長い停車もなく、たんたんと先へ進んでいる。
景色は素晴らしい。

九鬼水軍の根拠地でもあった入江が続く。

そして広い海岸線。

山側に目を移せば、天に向かって延びる畑。
わずかに景観を損ねたのは採石場くらいのもの。

熊野も尾鷲も、街の規模は想像以上に小さいようだ。

尾鷲に工場群があることを、かつて通った際に見て知っていたから、もう少し大きな駅を描いていた。

このあたりは東京はおろか大阪、名古屋からも遠い。
特急の運行もごくわずか。

線路は海辺を離れた。

18:11 紀伊長島(きいながしま)駅(紀勢本線 三重県)
養殖網が見られる入江がまた近づき、かつて険しい道を走り、疲れ果て、たどり着いたこの駅で10分以上の停車。

便所と煙草。
夕暮れが近づいている。

あの時は暗くて分からなかったが、駅前に商店はなく、タクシーが列車の到着を待つ光景もあの時と変わらない。

停車時間を終えて列車は動く。

高所を走っている。
あたりは杉山で、相当な標高。

人家などはなく、トンネルが続く。

海辺を離れるとこんなにも険しい。

日本の多様さを思う。

そしてこの地域の発展を願う。

19:02 三瀬谷(みせだに)駅(紀勢本線 三重県)
名古屋行の特急がやってきて、一緒だった電車男がひとり去った。

車内は似たような者ばかりで、もちろんオレもそのひとり。

涼しくなった。
風景もまたそう感じさせる。
素敵な夕暮れだ。

こんな時間に、思いがけなくこんな駅にいられることがうれしい。
大きな街を基準にすべてを語るものじゃない。

この町も山は削られ、トンネルが掘られ、高速道路が開通した。

そんな夕暮れ風景を眺めていた。

20:01 多気(たき)駅(紀勢本線/参宮線 三重県)
寂しいターミナル駅。
駅前に商店はなく、町は静まりかえっている。

星がきれいに見えている。
だいぶ涼しくなった。

ホームに置かれた待合室で高校生たちが騒いでいる。
昨日の和歌山で接した高校生とはちょっと違うけど、人や器物を傷つけない限り寛大でいてやろう。

コンビニのオバチャンは人格者だった。
素敵な大人がいる町では安心していていい。

階段の下では、昨日の高校生たちと同じ分類の坊主頭が二人いる。
共感するのはもちろんこっち。
オレもそうだったから。

どうやら亀山行は遅れている。

松阪で牛肉は食えるだろうか。

23:23 スーパーホテル松阪501号
松阪牛を扱う専門店の店じまいは早い。
どこも開いていない。

入った寿司屋で松阪牛の刺身を。
話のネタにはなるが、浅草で食べた牛鍋の方が感激できる。

対応はよく、気持ちよく店を出た。

駅はターミナル駅としての格を持ち、表通りもいい。
街の灯もいい。

ただ残念なのは、オレが着いたのは祭が終わったあとだったことだ。

いい街だよ。
人情も。

関連記事

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その3‐仙台、国見、愛子、山形(仙山線)

鉄旅日記2019年11月4日・・・仙台駅、国見駅、愛子駅、山形駅(仙山線) 14:39 仙台(せん

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】4日目(大曲-阿仁合-弘前-三厩-青森)その1-大曲グランドホテル、角館駅、羽後中里駅、阿仁合駅、鷹ノ巣駅、大館駅、碇ヶ関駅、大鰐温泉駅、黒石駅

車旅日記2006年5月5日 2006・5・5 7:00 大曲グランドホテル610号室 山々は見え

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その1-紀伊勝浦、太地、湯川、那智、三輪崎、新宮、丹鶴城公園、鵜殿(紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月9日その1・・・紀伊勝浦駅、太地駅、湯川駅、那智駅、三輪崎駅、新宮駅、鵜殿駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その1-金町、新宿、新松田、松田、沼津(常磐線/山手線/小田急小田原線/御殿場線/東海道本線)

鉄旅日記2018年9月15日・・・金町駅、新宿駅、新松田駅、松田駅、沼津駅(常磐線/山手線/小田急小

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】初日(東京-弘前)-福島、仙台、北山形、新庄、秋田、井川さくら、大館、弘前(東北本線/仙山線/奥羽本線)

鉄旅日記2016年8月10日・・・福島駅、仙台駅、北山形駅、新庄駅、秋田駅、井川さくら駅、大館駅、弘

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その3‐宮古、蟇目、茂市(山田線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、蟇目駅、茂市駅(山田線) 13:25 宮古蛇の目寿司

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【関東ぶらぶら旅その3-武蔵国で遊ぶ日。7つの交差点へ。】-越生、坂戸、小川町、寄居、羽生、久喜、新越谷、南越谷(東武越生線/東武東上線/秩父鉄道/東武伊勢崎線/武蔵野線)

鉄旅日記2009年11月3日・・・越生駅、坂戸駅、小川町駅、寄居駅、羽生駅、久喜駅、新越谷駅、南越谷

記事を読む

「鉄旅日記」2009年初夏【上信越ひとり旅】2日目(十日町-長岡)-十日町、戸狩野沢温泉、長野、松本、信濃大町、南小谷、直江津、柿崎、長岡(飯山線/篠ノ井線/大糸線/北陸本線/信越本線)

鉄旅日記2009年7月19日・・・十日町駅、戸狩野沢温泉駅、長野駅、松本駅、信濃大町駅、南小谷駅、直

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着いた。

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】最終日(東京町田-東京葛飾)

車旅日記2000年8月16日 2000・8・16 23:09 東京葛飾金町 旅が終わってほっとし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その4‐宮古、陸中山田、釜石(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、陸中山田駅、釜石駅(三陸鉄道

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その3‐宮古、蟇目、茂市(山田線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、蟇目駅、茂市駅(山田線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その2‐平田、釜石、陸中山田(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・平田駅、釜石駅、陸中山田駅(三陸鉄道

→もっと見る

    PAGE TOP ↑