*

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】最終日(宮古-東京)その3‐白石、郡山、黒磯、宇都宮(東北本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年9月23日・・・白石駅、郡山駅、黒磯駅、宇都宮駅(東北本線)
15:49 白石(しろいし)駅(東北本線 宮城県)
小牛田、仙台と乗り継ぐ。
どちらの区間も眠ってしまい、よくは覚えていない。

あるいは塩釜から白石まではいずれの駅にも降りたことがあり、普段東京を行き来している気分と大差ないことも挙げられる。

仙台空港線に乗ったのは1月。
今年も激動した。

来年もそうありたい。
安定は望みたいが、中途半端な安定なら動いている方がマシだ。

岩沼から先の上り東北本線は白石行か福島行。
これまでにも仙台で白石行が来れば、岩沼~白石間の駅に降りて次の上りを待った。

槻木、船岡、大河原、北白川、東白石。
もうすべて降りた。

白石に降りたのは8年振り。
オレにとっての新たな歴史に登場する街だが、それでも8年の歳月が経っている。

智者、賢者にして勇将の片倉小十郎の城下町。
幕末にはここ白石で仙台藩、米沢藩主導による奥羽列藩会議が開かれ、会津藩討伐を迫る新政府に対する対処策が議論された。
この動きがやがて奥羽越列藩同盟という軍事同盟に発展する。

古く由緒ある建築物が目につく街並をしばらく歩いた。
通りを歩く市民の姿はなく、駅前ではタクシー運転手が大声で話している。
穏やかな午後。



福島行の列車は現在福島盆地へと下っている。
絶景と言える風景にやがて霧がかかり車窓が曇る。

それも晴れて桑折駅に着いた。
福島盆地にもう下りきったのだ。

空に晴れ間が現れた。
恋人からは、東京は31度の晴天とのこと。

17:23 郡山(こおりやま)駅(東北・北海道新幹線/東北本線/磐越東線/磐越西線/水郡線 福島県)
福島で新白河行に乗り継ぎ、13分の停車。

まるで気候帯の違う場所に放り込まれたような暖かさだ。

みちのくとは、福島盆地から先を指すようになったのかと錯覚したくなる。

三陸から東京へ。
旅の醍醐味はこんなところにもある。

18:56 黒磯(くろいそ)駅(東北本線 栃木県)
途中、新白河で乗り継ぎ黒磯行へ。
ここでさらに宇都宮行に乗り継ぎ。

夜の黒磯駅を写すのは初めてだろう。
なかなかいい眺めだ。

一般的な知名度のほどは知らないが、各駅停車で旅する者には馴染みの駅だ。

ここで必ず乗り換えが必要になる。
東海道本線における大垣に似ている。

昭和にこの街で王座交代劇が起きている。
1977年にジャイアント馬場が大木金太郎を倒しPDFとアジアヘビーの2冠王者となり、1980年にはジャンボ鶴田が「狂犬」ディック・マードックから奪われたUN王座を奪還した。

王座交代劇が2度3度起きる街というのがある。
鹿児島、秋田そして黒磯。
今じゃ黒磯にプロレス興行が行くこともない。

例えば関ヶ原合戦のように、オレにとってそれは立派な歴史だ。

19:59 宇都宮(うつのみや)駅(東北・北海道新幹線/東北本線/日光線/烏山線 栃木県)
9分の滞在。
餃子の街だが、この街で餃子には縁を持たない。

去年縁を得た宇都宮在住の方を思い出していた。

新たなビジネスを立ち上げよう。
いくつかの会合を重ねた。
ここ宇都宮で。

最後にお会いしたのは出会いから4か月後の夏。
東京駅だった。

SNSでのつながりは残っている。
縁とは面白いものだ。

この旅で、オレはまたいくつもの縁を得た。

宇都宮でもひとつ王座交代劇が起きている。
1978年のPDF王座戦。

「呪術師」アブドーラ・ザ・ブッチャーが「人間風車」ビル・ロビンソンを倒して第4代王者になっている。

関連記事

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】3日目(小樽-富良野)その1-小樽、発寒中央、琴似、石狩当別、石狩月形、新十津川、滝川、茶志内、美唄(函館本線/学園都市線)

鉄旅日記2016年8月12日・・・小樽駅、発寒中央駅、琴似駅、石狩当別駅、石狩月形駅、新十津川駅、滝

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その2-西小坂井、三河三谷、愛知御津、三河安城、共和(東海道本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・西小坂井駅、三河三谷駅、愛知御津駅、三河安城駅、共和駅(東海道本線

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【東日本大震災被災地へ】最終日(水沢-東京)その1-水沢、花巻、遠野、陸中大橋、小佐野、釜石、恋し浜、盛(東北本線、釜石線、三陸鉄道南リアス線)

鉄旅日記2016年3月6日その1・・・水沢駅、花巻駅、遠野駅、陸中大橋駅、小佐野駅、釜石駅、恋し浜駅

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】4日目(鳴子温泉‐米沢‐猪苗代‐郡山)鳴子サンハイツ、道の駅むらやま、金渓ワイン、日布峠、こたかもりドライブイン、郡山スターホテル

車旅日記2000年5月6日 2000・5・6 7:19 鳴子サンハイツ 1011㎞ 低調な朝だ。

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.1【信濃、飛騨、そして能登島。帰りは北陸路。この国の美しさをあらためて感じました夏旅でございます。】3日目(能登島-氷見-小千谷)能登島、道の駅いおり、氷見港、道の駅ウェーブパークなめりかわ、朝日町栄食堂、親不知ピア・パーク、道の駅能生、長岡市宮本、道の駅おぢや

車旅日記2000年7月22日 2000・7・22 9:00 能登島某リゾートクラブ 昨夜は風の音

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【東日本大震災被災地へ】初日(東京-水沢)その1-郡山、杉田、五百川、高城町、矢本、野蒜、陸前赤井、石巻、女川(東北本線/仙石線/石巻線)

鉄旅日記2016年3月5日その1・・・郡山駅、杉田駅、五百川駅、高城町駅、矢本駅、野蒜駅、陸前赤井駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その3-盛岡、上米内、区界(東北本線/山田線)

鉄旅日記2019年9月21日・・・盛岡駅、上米内駅、区界駅(東北本線/山田線) 17:39 盛岡(も

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】2日目(札幌-旭川-網走-北見)走行距離431㎞ -岩見沢駅、砂川駅、旭川駅、白滝PA、遠軽駅、サロマ湖、網走刑務所、網走駅、北見東急イン

鉄旅日記2003年8月14日・・・岩見沢駅、砂川駅、旭川駅、白滝PA、遠軽駅、サロマ湖、網走刑務所、

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】3日目(姫路-十三)その2-新開地、湊川、鈴蘭台、三木上の丸、三木城址、三木、粟生、神鉄三田、ウッディタウン中央、横山、有馬口、有馬温泉、鵯越(神戸電鉄有馬線/粟生線/三田線/公園都市線)

鉄旅日記2017年8月13日・・・新開地駅、湊川駅、鈴蘭台駅、三木上の丸駅、三木駅、粟生駅、神鉄三田

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】2日目(出雲-柳井)-出雲市、大田市、益田、長門市、仙崎、阿川、小串、幡生、防府、柳井(山陰本線/仙崎支線/山陽本線)

鉄旅日記2008年5月3日・・・出雲市駅、大田市駅、益田駅、長門市駅、仙崎駅、阿川駅、小串駅、幡生駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その4‐浪江、いわき、常陸多賀、石岡(常磐線)

鉄旅日記20220年4月5日・・・浪江駅、いわき駅、常陸多賀駅、石岡駅

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

→もっと見る

    PAGE TOP ↑