*

「鉄旅日記」2000年晩秋【京都の女性に恋をしていた頃がございました。その京都時代のはじまりでございます。】-京都タワーホテル

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2000年

鉄旅日記2000年11月23日~24日
2000・11・23 0:03 京都タワーホテル924号室
昨日まで。
いや今日ここ京都に来るまでにあった不安は解消し、今は穏やかな気持ちというより、喜びの中で在阪ラジオ局が流す楽曲を聴きながら、この時間にしては酒じゃなく、お茶を飲んでいる。

初めてに等しい京都は、限りなくオレに対して好意的だった。
詳しくは明日金町に帰ってから落ち着いて記すだろう。

たぶん明日になっても今日のことは輝きを失わず、ましてや夢であったなどということもなく、より価値あるものになっているだろう。

頑張っていたオレにとって最高のご褒美。
そう思うようにしている。

最近は拾ってくれる神様によく出会っていた。
彼女もその仲間であってくれるならうれしい。

でも今夜の彼女は紛れもなく女神だったし、天使だった。

時刻不明 東京葛飾金町
不安だった大阪から京都への出張がこのような形をとるとは。

帰りの新幹線の中。
豊橋から東京までの景色一部始終を眺めながら、できることなら定期的にこの景色を眺めることになれればいいと思っていた。

今日は京都の一部分に深く分け入った。

オレをあれだけ疲労させる街も珍しい。
いくつもの名所を渡り歩き、やがて足は棒になった。

鴨川に戻ると、昨夜の記憶が生まれた場所との距離を想った。
八坂の石段下に近づく時は胸が高鳴った。
すれ違う京女たちもオレに好意的な視線を向けてくれているように感じていた。

疲労やら喜びやら舌鼓をうったりしながら、高瀬川を千鳥足で歩く白鳥を見たりしながら、地下鉄で多くの京都人と交わりながら、京都という街がオレの中で特別な居場所を見つけていくのを感じていた。

同時にこの人波じゃ、少なくとも彼女を見つけることはできないことを理解した。

やがて訪れる日を期待しながら土産を買い込み、京都駅新幹線ホームの待合室で帰りの便を待った。

得意先のお連れはうたた寝をしている。
ムリもない。
オレがあれほど参ったわけだから。

初老と言ってもいい彼の歩速の遅さには苛立ちもあったが、感謝の気持ちを忘れてはいけないと意志的でいることを課した。
彼の思い付きがなければ今回の出張はなく、彼が以前接待されたという店にオレを連れていかなければ、今こんな気分でいない。

祇園にあるその店で、オレは運命的な出会いをした。
すべてが偶然とは思えない中で、何が必然だったのかを考えた。
そして彼女を正確に思い出そうとしていた。

髪を短くまとめて、きれいな顔立ちで、きれいな京都弁を話す23歳の女性。
声を聞くことができたらすべてを思い出せるだろう。

仕事はこのままいけばいい。
でも愛はやり直し。

不要に思うものがあるなら、この際捨ててしまおう。

彼女に電話するまで。
思い出したくてもすぐには思い出せない大切な思いは、そのまま大切に封印しておこう。

彼女に電話するまで。
昨夜彼女が話してくれたことは忘れたくても忘れられない。
少なくとも彼女に電話するまでは。

さっきまでこの部屋を這い回っていた虫が、気づくと虫の息になっていた。
彼を手に乗せ、本来彼が住む世界に放ってあげた。

手は洗っていない。
同じ世界に生きた彼に対する敬意がそうさせた。

彼女がオレに示してくれた優しさが作用したのかもしれない。
もしかしたら、明日になればオレはもっと優しくなれるのかもしれないと思ったりもした。

さっきからここに座り続けているが、一向に昨日の細部を記そうとしないのは、今夜で記し尽くしてしまいたくないからなのだろう。

今夜はこれでいい。
でも本当はそうじゃない。

さっき言った。
愛はやり直し。

これまでの人生で最高のクリスマスがやってくるかもしれない。
例えば、すべてがうまくいくのなら。

関連記事

「鉄旅日記」2011年夏【みちのくひとり旅】4日目(鹿角花輪-花巻)-鹿角花輪、荒屋新町、盛岡、北上、和賀仙人、横手、大曲、角館、田沢湖、雫石、小岩井、花巻空港、新花巻、花巻(花輪線/東北本線/北上線/田沢湖線/釜石線)

鉄旅日記2011年8月16日・・・鹿角花輪駅、荒屋新町駅、盛岡駅、北上駅、和賀仙人駅、横手駅、大曲駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.2【青春18きっぷ常磐旅。この当時、常磐線は富岡止まりでございます。そしてこの季節、臨時駅の偕楽園駅に列車が止まります。】その3-常陸太田、東海、大甕、南中郷、石岡(水郡線常陸太田支線/常磐線)

鉄旅日記2019年3月10日・・・常陸太田駅、東海駅、大甕駅、南中郷駅、石岡駅(水郡線常陸太田支線/

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その2-西小坂井、三河三谷、愛知御津、三河安城、共和(東海道本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・西小坂井駅、三河三谷駅、愛知御津駅、三河安城駅、共和駅(東海道本線

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

車旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵琶湖ともお別れ。 8号国道を飛ばした

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】初日(東京-岩手山SA)-町田、蓮田SA、都賀西方PA、黒磯PA、阿武隈PA、吾妻PA、菅生PA、前沢PA、岩手山SA

車旅日記1998年5月1日 1998・5・1 11:53 東京町田 出発を前にして空が晴れてきた

記事を読む

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】初日(東京-一ノ関)その1-金町、上野、高崎、六日町、長岡、見附(常磐線/高崎線/上越線/信越本線)

鉄旅日記2019年1月5日・・・金町駅、上野駅、高崎駅、六日町駅、長岡駅、見附駅(常磐線/高崎線/上

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その1-鹿児島東急イン、城山公園、鹿児島中央駅、出水駅、八代駅、熊本駅

車旅日記2004年8月14日・・・鹿児島東急イン、城山公園、鹿児島中央駅、出水駅、八代駅、熊本駅

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】初日(東京葛飾-黒磯)-天王台駅、水海道駅、下妻駅、真岡駅、益子駅、烏山駅、黒磯駅、道の駅明治の森黒磯

車旅日記2006年5月2日・・・天王台駅、水海道駅、下妻駅、真岡駅、益子駅、烏山駅、黒磯駅、道の駅明

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】初日(東京-高山)その6‐渚、高山(高山本線)

鉄旅日記2020年3月20日・・・渚駅、高山駅(高山本線) 17:54 渚(なぎさ)駅(高山本線 

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その2-吉野口、高田、畝傍、桜井、柳本(和歌山線/桜井線)

鉄旅日記2019年3月3日・・・吉野口駅、高田駅、畝傍駅、桜井駅、柳本駅(和歌山線/桜井線) 10:

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑