*

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その2(東京-岩倉)-三河高浜、碧南、高浜港、亀崎、半田、知多半田、内海、富貴、河和(名鉄三河線/武豊線/名鉄河和線/名鉄知多新線)

公開日: : 最終更新日:2019/07/08 旅話 * 結婚後2015年

冒険家志望のあなたへ【1話】

 

鉄旅日記2015年3月7日その2
15:10 三河高浜(みかわたかはま)駅(名鉄三河線 愛知県)
豊田市から再び知立に戻り、碧南行きに乗り換える。
刈谷で東海道本線と合流し、さらに南へ下る。

列車に乗ると入口ドア近くに新聞の束が置いてある。
駅に到着する度に売店の店員さんと思われる人々が現れて下ろしていく。
合理的だが牧歌的なシステムだ。
名古屋近郊にまだこんな人間風景が残っているとは驚きだ。
あるいはオレが知らないだけで、東京や大阪でも例えば早朝などに同じような風景が見られるのだろうか。

ここで数分の停車。
駅前には坂道に沿った住宅街が広がっている。
駅はこれまで見てきたとおり名鉄特有の特徴のない造りで、蒲郡線に残っていた開業当時からの物と思われるレトロな造作の駅が懐しい。

古いものが見当たらなくなった風景に感じる違和感が消える頃とは、おそらくその特徴のない構造物群が古く見えるようになる頃なのだろう。

15:37 碧南(へきなん)駅(名鉄三河線 愛知県)
吉良吉田でも触れたが、碧南が終着駅になってから10年になる。
その10年は碧南駅とその周辺が終着駅の風情を身にまとうのに十分な時間であったらしい。
古い駅は旅情たっぷりで、降りだした小雨もこんな場所じゃ粋に感じる。
駅正面に構える旅館割烹大正館がまたいい。
子供の頃にテレビに映っていた風景を見ているようで何だか懐かしい。

碧南は醤油と味醂の街らしい。
待合室の特産品コーナーで白醤油という存在を初めて知った。

大浜通りの酒屋が閉まっていてビールは飲めず、駅横の煙草屋で一服。脇の古いうどん屋は開いている。
近くの下水管がヘタっているのかどことなく便所の臭いを感じるが、昭和の時代はどこでもそんな臭いがしたものだ。

これから高浜へ戻り、徒歩でJR武豊線亀崎駅に移動する。

高浜港(たかはまみなと)駅(名鉄三河線 愛知県)にて

衣浦大橋から見る衣浦湾

16:33 亀崎(かめざき)駅(武豊線 愛知県)
小雨が降っている。
市政が敷かれている高浜の港駅で降りて「鬼の道」をしばし歩く。
高浜は鬼瓦の街だという。

やがて大河のような衣浦湾を渡り半田に上陸。
しばらく歩いて何やら由緒書きが置かれた急な坂道を上ると小学校に出て右折する。
跨線橋らしきものを発見したのちに資生堂の看板、次いで菓子屋が並ぶ様を見てそこが駅前だと確信する。
約1時間でJR武豊線亀崎駅に到着。

古い駅舎があることは知っていた。
でも見えてきたのは駅と見紛う新しい跨線橋で、歴史的建造物はすでに撤去されたかと落胆したが、跨線橋の麓にちんまりと存在していた。

ここでもビールは飲めず煙草のみ。
しかしさすがに中京地帯。
どこへ行っても人の姿は絶えない。

半田(はんだ)駅(武豊線 愛知県)にて

16:54 知多半田(ちたはんだ)駅(名鉄河和線 愛知県)
半田駅からの乗り継ぎ時間にあてていた時間は7分。
半田駅の構造と、半田知多半田駅間が思いの外遠かったことで計画は小さく破綻した。
一本乗り遅れる。

半田は以前武豊線完乗の行き帰りに通ったが、大型ショッピングングモールがあった高架駅だと思い込んでいた。
あの駅はどこだったのだろう。
実際の半田駅前はグレーに廃れていた。
だけど計画通りに名鉄への乗り換えが叶わないことが分かっていたら、オレはあのJR半田駅の近くで待ちたかった。

半田はミツカンと蔵の街らしい。
衣浦湾へと注ぐ半田運河で待てたらよかった。
そこは映画の撮影でも使用された黒板囲いの蔵が並ぶ美しい一帯だという。
火灯し頃だ。
きっとレトロな灯が点るだろう。

仮に旅の果てに辿り着いた場所が半田であったとしても、オレなら満足できただろう。
なんだか懐かしい一帯だった。

衣浦湾はかつて中京地帯の開運の要で、武豊線の開業は東海道本線全通よりも早かったというが、今はその地位を名古屋港に譲り、活躍の場は過去の歴史の中に移してしまった。
知多半田駅前には名鉄インが構え、明るく新しい印象を受ける。

17:34 内海(うつみ)駅(名鉄知多新線 愛知県)
リゾートマンションが見える。
あそこが海。
その海まで民家がびっしりと軒を連ねている。

ビーチロードの酒屋は閉まり、駅の喫茶店も閉まっている。
南洋椰子は雨に濡れ、冬の雨にはそぐわない。
出迎えの人々が改札前に群れを作り、旅館の女将がオレを客と勘違いして視線を送ってきた。
こんな季節に誰がどんな用があって知多半島の果てまでやってきたのだろうか。

野間~内海間には住宅も見えず密林の中を往くようで秘境を思わせた。
内海から二つ目の知多奥田には日本福祉大学と付属高校があり、上り列車には多くの学生が乗り込んできた。

平治の乱で平清盛に敗れた源義朝は逃亡の果てに裏切りに遭い、織田信孝は豊臣秀吉、織田信雄との権謀術数に破れて幽閉の果てに、それぞれ内海を最期の地としている。

17:55 富貴(ふき)駅(名鉄河和線/名鉄知多新線 愛知県)
内海からターミナル駅の富貴へ戻る。

最果てのターミナル駅に街灯が点った。
雨降りの狭い駅前通りを車が行き交う。
大衆食堂とお洒落なカフェ&キッチン「ジジ」にも灯が点った駅前。
決して少なくない本数を運行する名鉄駅に人々が集まり、雨降りの中をどこかへと向かっていく。
多くはひとりだ。
オレもひとりで、そんな人々の営みを何だかいじらしく思う。

弥生尾張の雨は冷たくない。

18:17 河和(こうわ)駅(名鉄河和駅 愛知県)
知多半島のもうひとつの終着駅に近づくにつれて飲み屋の灯がちらほらと見えてきた。
改札口の先に寿司売場が見える。
「おっ」と思い、さらに外へと向かう脇にはスーパーと思しき入口がある。
オレの頭の中は一気にビールで埋まり、鶏の唐揚げと合わせて218円。
安い。
今は至福の時を過ごしている。

以上の買い物をする前に外に出る。
オレにとっちゃ傘が必要な降りではないが、それでもさっきより激しく降っている。
駅前はバス乗り場で人通りも多く、バスが消えていった先、駅舎に隠された先にも明かりが見えた。
そこは港だった。

ここは半島の先端ではなく、まだこの先に南知多町がある。
さらに先の三河湾に目を移せば佐久島、日間賀島、篠島の愛知三島と呼ばれる離島が浮かび、それぞれ100から1,000人規模の住民を抱えている。
薄々感づいていたが愛知県とは思いの外田舎だ。

河和と内海まで伸びていった名鉄線路は本当は半島の先端まで行ってそんな地域との一体化を図る目論見じゃなかったのか。
そんな想像が頭をもたげる。

知多半島の住民は名古屋との距離を近く感じているだろうか。
それとも遠く感じているだろうか。
そんなことが気になっている。

関連記事

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その1-新南陽、新山口、阿知須、宇部新川、小野田港、下関、八幡、陣原(山陽本線/宇部線/小野田線/鹿児島本線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2015年8月13日その1 201

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】4日目(西鉄柳川-広島)その2-田川後藤寺、糸田、糒、金田、門司港、厚狭、湯ノ峠、四郎ヶ原、南大嶺、美祢(平成筑豊鉄道糸田線、平成筑豊鉄道伊田線、鹿児島本線、美祢線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2015年8月15日その2 11:

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その2(東京-宇治)-香里園、寝屋川市、門真市、守口市、淀屋橋、天満橋、中之島、樟葉(京阪本線/京阪中之島線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2015年3月21日その2 17:

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その1(岩倉-東京)-岩倉、御嵩、犬山、新鵜沼、鵜沼、名電各務原、各務ヶ原、新那加、那珂、名鉄岐阜(名鉄犬山線/名鉄広見線/名鉄各務原線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2015年3月8日その1 2015

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その3(東京-宇治)-中書島、伏見桃山、桃山御陵前、桃山、JR藤森、木幡、黄檗、京阪黄檗、京阪宇治(京阪本線/奈良線/京阪宇治線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2015年3月21日その2 20:

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】初日(東京-新南陽)-はりま勝原、阿品、島田、新南陽(山陽本線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2015年8月12日 2015・8

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その2(宇治-東京)-水口、水口石橋、水口城南、八日市、近江八幡、高宮、多賀大社前、彦根(近江鉄道本線/近江鉄道八日市線/近江鉄道多賀線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2015年3月22日その2 水口(

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】3日目(鹿児島中央-西鉄柳川)その2-隼人、日当山、鶴丸、吉松、真幸、矢岳、大畑、人吉、坂本、玉名、西鉄柳川(肥薩線、鹿児島本線、西鉄本線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2015年8月14日その2 12:

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その1-掛川、掛川市役所前、西掛川、天竜二俣、西気賀、寸座、浜名湖佐久米、三ケ日、新所原(天竜浜名湖鉄道)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2015年3月28日その1 掛川(

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その1(東京-岩倉)-蒲郡、三河鳥羽、吉良吉田、西尾、桜町前、新安城、知立、猿投、赤池、豊田市、新豊田(名鉄蒲郡線/名鉄西尾線/名鉄本線/名鉄三河線/名鉄豊田線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2015年3月7日その1 2015

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その1-藤田観光ワシントンホテル、愛別駅、上川駅、白滝駅、丸瀬布駅、遠軽市太陽の丘公園 瞰望岩、遠軽駅、オホーツク氷紋の駅

冒険家志望のあなたへ【1話】   車旅日記200

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】3日目(釧路-旭川)走行距離533㎞-釧路パシフィックホテル、阿寒丹頂の里、阿寒湖、足寄駅、池田駅、十勝清水駅、樹海ロード日高、夕張駅、熊追橋付近、藤田観光ワシントンホテル旭川

冒険家志望のあなたへ【1話】   車旅日記200

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その2-止別駅、緑駅、裏摩周、摩周駅、塘路駅、釧路湿原駅、細岡駅、釧路パシフィックホテル

冒険家志望のあなたへ【1話】   車旅日記200

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その1-紋別港、サロマ湖三里浜オートキャンプ場、芭露駅跡、サロマ湖ワッカ原生花園、網走市鉄道記念館、網走監獄、網走駅、北浜駅、浜小清水駅

冒険家志望のあなたへ【1話】   車旅日記200

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】初日(東京-旭川-紋別)走行距離339㎞-深川駅、留萌駅、おひら鰊番屋、士別駅、にしおこっぺ花夢、紋別セントラルホテル

冒険家志望のあなたへ【1話】   車旅日記200

→もっと見る

    PAGE TOP ↑