*

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】最終日(桑名-揖斐-樽見-金城ふ頭-東京)その1-桑名、養老、大垣、揖斐、垂井、美江寺、本巣、樽見(養老鉄道/東海道本線/樽見鉄道)

公開日: : 最終更新日:2024/04/24 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年9月16日・・・桑名駅、養老駅、大垣駅、揖斐駅、垂井駅、美江寺駅、本巣駅、樽見駅(養老鉄道/東海道本線/樽見鉄道)
2018・9・16 6:10 桑名(くわな)駅(関西本線/近鉄名古屋本線/養老鉄道 三重県)
朝6:00前。
歓楽街を歩く男たちが大声で歌っていた。
この通りは、羽目をはずすにはちょっぴり狭い。

桑名藩は松平家。
戊辰戦争で城は無血開城したが、立見鑑三郎率いる雷神隊は北越、会津、庄内と転戦して硬骨ぶりを満天下に示した。

JR、近鉄、養老、三岐4線が合流する駅構内は広く、若者を中心にホームには列ができている。

壬申の乱で大海人皇子が率いる東軍が不破の関へと向かった道を往く。

久々に顔を見せた太陽。
涼しかった昨日を懐かしむような暑さを今日は経験しそうだ。

7:19 養老(ようろう)駅(養老鉄道 岐阜県)
雲間から日差しが洩れた車内はまぶしく、向かいで笑い合うオジサンを眺めながら「人はああして年をとるのだ」と思い、しかしオレはそうはいかないと、しばらく到来することのなかった自由な身を喜んだ。

自動改札などは一生無縁であろう養老駅の涼しげで立派な造りは一見に価する。
由緒ある額が飾られた壁に、電飾看板が不自然でなく共存する様に温泉旅館を思い浮かべた。






こうして座っている静かな時間が愛しい。
心の恋人を思い浮かべている。


養老の滝は実際に存在する。
養老時代の天皇行幸も実際にあったようだ。

滝を示す坂道の両側には豪邸が並んでいる。
酒が湧き、親孝行を尊ぶ伝説の地は豊かなのだろう。

かつて寄った際に冷たい飲み物を出してくれて、土産も購入できた味のある店は今はもうなくて、スタジオになっていた。

腹が空いてきた。
この和風の空間では味噌汁と白飯、焼き海苔、納豆、焼き鮭といった朝食に焦がれる。

8:04 大垣(おおがき)駅(東海道本線/美濃赤坂支線/樽見鉄道/養老鉄道 岐阜県)にて

8:51 揖斐(いび)駅(養老鉄道 岐阜県)
川を見に行った。
鉄路はその手前で止まっている。



古めかしい駅舎は健在。
駅前通りは古街道を思わせるたたずまいを見せ、すぐに立ち去った前回ではこの道を来たのかとの感慨をもつ。

車内への自転車の持ち込みが許された日曜日だが、揖斐まで乗ってきたのはオレを含めて5人。

赤坂の削られた山が風景の中で印象を残したが、これといった特徴の見当たらない線区だった。

9:47 垂井(たるい)駅(東海道本線 岐阜県)
大垣に戻り、ビールとおにぎり。
養老で思い浮かべた朝食セットを提供してくれる吉野家系の店はなかった。

時間潰しに米原方面へひと駅。

様々な線路が行き交うとても好きな区間で、ここでの滞在時間は4分。
駅前では竹中半兵衛が迎えてくれる。

水運でも栄えたという中仙道垂井宿。
揖斐に寄った日にここにも車を止めて川辺まで歩き、宿場町の風情を愛でた。

今日もそんな時間があればとも思ったが仕方がない。

10:36 美江寺(みえじ)駅(樽見鉄道 岐阜県)
大垣に戻り、樽見鉄道に乗り換える。
10:05発は途中の本巣行。

駅名に惹かれて降りてみたら、思いがけずそこは中仙道の宿場町だった。

案内に沿って美江寺神社まで歩く。
高札場跡や当時の高札場を再現したものなど興味深く、旧中仙道の穏やかな風情にも心は踊った。



曇天の蒸し暑い一日。
やはり昨日が懐かしい。

今は気持ちのいい二人の運動少年と共に次の樽見行を待っている。
そこにとても清潔な少女が加わった。

あたりは民家で、大きな家も並ぶが、こうした鄙びた駅で次の列車を待つのは旅の醍醐味であろうと思う。
車寅次郎はいつもそうしていた。

さっきの本巣行は満載の人を乗せていたが、次のはどうだろうか。

11:14 本巣(もとす)駅(樽見鉄道 岐阜県)
本巣行にも増して満載でやっきた樽見行。

多くの青少年たちはふたつ手前のモレラ岐阜で降りていった。
とてつもなく巨大なアウトレットモールで、美江寺から一緒に乗った彼等もその中に含まれている。

ここで7分の停車。
本巣には樽見鉄道の本社がある。
改札は昔のままだった。

次の駅は織部で、茶人であり、戦国武将でもあった古田織部生誕の地とのこと。
彼は大坂夏の陣で豊臣方への内通の嫌疑を受け、落城後に切腹を命じられている。

11:57 樽見(たるみ)駅(樽見鉄道 岐阜県)
すでに折り返し車両に身を置いている。

終着駅には8名が降り、迎えのバスに揺られて温泉地に向かう者か、オレと同じように折り返す者に分かれた。

鉄路はまだしばらく続いていた。
宮脇俊三さんの著書では途中の神海までだった線は予定通りに延びて、そしてなぜここで止まったのか。
樽見鉄道前身の国鉄樽見線は、越美北線の越前大野を通って金沢に至ることを計画されて発足している。

越美線も北線と南線に分かれたまま、越前美濃国境を越えることはなく、北線はJRとして残り、南線は長良川鉄道として再生した。

駅前ロータリーぶらぶらしただけで、おそらく再訪はムズカシイであろう終着駅を後にしている。

根尾川の急流と鉄橋が織り成す景観は見事であろう。
根尾には濃尾地震の際にできた断層が残り、谷汲口、木知原にもまた名所があるようで、行きでは多くが降りている。

谷汲口にはかつて名鉄も走り、木知原からは川中に滝状になっている箇所があり、車内では歓声が上がった。

ひどい雨の中、あの駅にも寄ったことがある。

関連記事

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その2(東京-宇治)-香里園、寝屋川市、門真市、守口市、淀屋橋、天満橋、中之島、樟葉(京阪本線/京阪中之島線)

鉄旅日記2015年3月21日その2・・・香里園駅、寝屋川市駅、門真市駅、守口市駅、淀屋橋駅、天満橋駅

記事を読む

「車旅日記」1996年1月【旅を友として生きていくことにした27歳。年頭の誓いでございます。】-町田、伊勢原駅、山北駅、沼津駅、富士駅、道の駅富士川、吉原駅、田子の浦

車旅日記1996年1月1日 1996・1・1 20:43 東京町田 始動だ。 久し振りに動かし

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】2日目(黒磯-郡山-いわき-仙台)その1-道の駅明治の森黒磯、高久駅、黒田原駅、白河駅、安積永盛駅、三春駅、船引駅、磐城常葉駅、川前駅、小川郷駅、四ツ倉駅

車旅日記2006年5月3日・・・道の駅明治の森黒磯、高久駅、黒田原駅、白河駅、安積永盛駅、三春駅、船

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その1-アパホテル山形駅前大通、羽前山辺駅、寒河江駅、左沢駅、柴橋駅、天童駅、村山駅、新庄駅、羽前前波駅

車旅日記2005年7月17日・・・アパホテル山形駅前大通、羽前山辺駅、寒河江駅、左沢駅、柴橋駅、天童

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その3-橿原神宮前、六田、吉野、近鉄御所、御所、尺土、二上山(吉野線/御所線/南大阪線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・橿原神宮前駅、六田駅、吉野駅、近鉄御所駅、御所駅、尺土駅、二上山駅

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ときわ路パスで、常陸ローカル旅】その1-水海道、三妻、下妻、大田郷、下館、久下田、茂木、真岡、大和、新治、水戸(関東鉄道常総線/真岡鐵道/水戸線)

鉄旅日記2014年4月27日その1・・・水海道駅、三妻駅、下妻駅、大田郷駅、下館駅、久下田駅、茂木駅

記事を読む

「鉄旅日記」2006年新春【雪の降った翌日。近くのローカル線に乗りに出かけました。】-馬橋、流山、幸谷、新松戸、佐貫、竜ケ崎(常磐線/総武流山電鉄/関東鉄道竜ヶ崎線)

鉄旅日記2006年1月22日・・・馬橋駅、流山駅、幸谷駅、新松戸駅、佐貫駅、竜ケ崎駅(常磐線/総武流

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】2日目(南紀白浜-潮岬-新宮-十津川-伊勢志摩)走行距離421㎞ -白良浜、白浜駅、見老津駅、潮岬、紀伊大島樫野灯台、湯川駅、瀞峡街道・熊野川、十津川、熊野きのくに、紀伊長島駅、伊勢志摩

車旅日記2003年11月23日・・・白良浜、白浜駅、見老津駅、潮岬、紀伊大島樫野灯台、湯川駅、瀞峡街

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その1-掛川、掛川市役所前、西掛川、天竜二俣、西気賀、寸座、浜名湖佐久米、三ケ日、新所原(天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その1・・・掛川駅、掛川市役所前駅、西掛川駅、天竜二俣駅、西気賀駅、寸座

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その2-直方、新飯塚、彦山、豊前桝田、夜明、御井、川尻、住吉、三角(筑豊本線/後藤寺線/日田彦山線/久大本線/鹿児島本線/三角線)

鉄旅日記2015年8月13日その2・・・直方駅、新飯塚駅、彦山駅、豊前桝田駅、夜明駅、御井駅、川尻駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑