*

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】2日目(新潟‐象潟‐鳴子温泉) 道の駅豊栄、道の駅朝日、道の駅温海、象潟駅-茶房くにまつ、蚶満寺、九十九島、矢島、鳴子サンハイツ

公開日: : 旅話, 旅話 1996年

鉄旅日記1996年11月2日
1996・11・2 8:17 7号国道‐豊栄(道の駅)
よく眠れたよ。
ここは本当に最良のエリアだった。
ちゃんと朝食の用意もある。
ほぼ万全だ。

しかし雨は止んでいない。
じきに止みそうな気配もない。

けど失望はしない。
こうして路上で一晩明かすと自然と覚悟する。

このツアーは昨日まではあと2日だった。
それが今朝の話ではあと3日になっている。
これもごく自然な成り行きだ。

これから酒田を目指す。
その先はいろんなものとミーティングしながら決めていく。

9:48 7号国道‐朝日(道の駅)
雨は降り続いている。
相変わらずオレは移動している。

ここは静かなところだ。
しんしんと降りてくる雨音以外はすべて雑音に聞こえる。

クラクションを数度鳴らしたバカがいた。
心貧しく悲しいヤツがまたやってきた。

まあ、それはいい。
もうしばらくで海に出るはずだ。

5月以来の日本海。

11:09 7号国道‐温海(道の駅)
国境を越えて山形入り。

太陽も雨も関係ない。
やっぱり海はいいよ。

さっきまで絶えず波に洗われる巨岩の上にいた。
オレの前には海しかない。
その雄大さに素直に感動した。

この先しばらくは海岸線を走れることがうれしい。

ここは去年の5月に立ち寄った場所じゃないだろうか。
あの時は暗くてあたりの状況はよくつかめなかったけど、ふと空を見上げた時の星の多さに驚いた。

土産はここで揃えた。
素晴らしい物産品の数々だった。
選ぶのにあれほど慎重を期したことは今までになかった。

その中には彼女への土産も含まれている。
今の二人の関係にはそんな必然性などどこにもない。

でも小さなこけしを手にして、彼女に送ることに決めた。

渡せる渡せないは関係ない。
ツアーの最中で決断したことに異論を挟みたくなかった。

13:40 象潟駅-茶房くにまつ
とても上品な町に着いた。

駅前には松尾芭蕉の碑が立っている。
彼がここを最北の地として上方へ帰ったように、オレもここをツアー2日目の最北地として鳴子へ向かうことにした。

コーヒーとピザトーストを平らげて、2杯目のコーヒーを注文した。
駅に立ち寄って、この店に入ったことを幸運に思いたい。

1階は土産物屋で、おそらくこの店のおかみさんのお母上にあたる人が店を見ている。
オレが笑顔を向ければ笑顔を返してくれる。
そんなおかみさん。

2杯目のコーヒーが運ばれてきた。
久しぶりだよ。
こんな美味いコーヒーは。

この店には余計な音は存在しない。
人の穏やかな営みが奏でる音と、おかみさんが豆を挽く音だけがわずかに聞こえるだけ。
2杯目はさっきより量が増えていた。

象潟を知ったのはつい数日前のことだった。
最近愛読している紀行文に書かれていた。

司馬遼太郎さんは象潟を絶賛していた。
オレには彼のように方々を歩いている時間はない。
ただ、ここが素晴らしいところだという見解には賛成だ。

コーヒー豆を挽いているおかみさんを見れば分かる。
彼女や1階のお母上の姿勢に町の雰囲気が凝縮されている。

ここで土産の品を2つ増やした。
ひとつは「なまはげ」の鈴。

なぜだかオレは鬼とか、ああした面構えに惹かれる。
こいつは職場の机に飾る。

もうひとつは絵葉書。
今夜、この中のどれか1枚を選んで彼女に便りを出す。

タフなだけだと思っていたオレに、旅行者としてのゆとりを与えてくれたこの町に感謝したい。

2杯目のコーヒーもとても美味かったよ。

14:50 蚶満寺
素晴らしい場所にいる。
ここには九十九島という景勝地がある。

田園にいくつもの島が点在している。
ここは以前は海で、1804年に起きた大地震がこのような景観を作ったという。

自然の驚異。
そしてこの世界に存在する一番の芸術家とは大自然。

松尾芭蕉が眺めた象潟は大地震の前で、当時の景観は宮城県の松島のようだった。

あたりを歩き回った。
誰もいない。
かろうじて草むらの中に何か別な生き物が存在していたに過ぎない。

地上に隆起した島々。
きっと海にあっても陸にあっても景観は変わらないだろう。
オレに何らかの影響力があるのであれば、この地を最良の言葉で宣伝するだろう。

そして、この地を歩き回ってみて、朝からずっと降り続いている雨に感謝した。
田園に降り注ぐ細雨。
とても豊かな風景だと思うのはオレだけに限った話ではないだろう。

お寺の公衆トイレにはチップボックスなるものがある。
そこで集まったお金は清掃代金などにあてられるという。

なるほどよく掃き清められているし、花も活けられている。
それでオレも手持ちの小銭をすべて投じた。

242円か。
一茎の花くらいには換えられるだろう。

15:01 九十九島
象潟駅の観光案内の女性が紹介してくれたスポットに立っている。
彼女の好意的な態度には出会った時すでに感謝した。

そして今、彼女の眼力の確かさにあらためて感謝した。
ガードレールのムコウにススキが揺れ、背後には田園が広がり、その中に島が点在している。
素晴らしい眺めだ。

季節は秋。
この風景をずっと忘れないだろう。

16:46 108号国道‐矢島
貧しげな食料を揃えて鳴子温泉に向かう途中。

もうじき夜が訪れる。
そして今日一日オレの目を楽しませてくれた東北の山河も闇に包まれる。

宿へ急ごう。
温かい湯に浸かろう。
冷たいビールを飲もう。

21:10 鳴子サンハイツ
無事だ。
家族にも電話を入れた。
メジャーリーガーたちのスーパープレーも見ることができたし、あとは寝るだけだ。

ツアーはあと二日あるけど、明朝を期して東京へ向かう。

本荘からここまでのルートはとてつもなくハードだった。
さすがに疲れたよ。

今回のツアーは始終ひとり。
これまでのように行く手に友人が待っているわけじゃない。

ここから200㎞を南下すれば最良の友人が暮らしているが、彼とは連絡をとっていない。
つまり今回はまったくのひとりを味わいたかったのだろう。
そう理解している。

とにかく無事に着いて安心したのだろう。
ひどく酔った。

関連記事

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

鉄旅日記1997年3月11日 1997・3・11 羽田空港内カフェテリア 17:00を待

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海SA 多少はスッキリしたんだ。

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【秩父へ。西武線とのお別れでございます。】-練馬区役所、芦ヶ久保、西武秩父、御花畑、秩父、入間市(西武秩父線/秩父鉄道/西武池袋線)

鉄旅日記2018年3月24日 2018・3・24 12:17 練馬区役所 役場の薄暗い転

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その3-関駅、その後

鉄旅日記1996年5月3日 16:36 関駅 あれから2時間経ってようやくここに戻ってき

記事を読む

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にス

記事を読む

「車旅日記」1996年1月【旅を友として生きていくことにした27歳。年頭の誓いでございます。】-町田、伊勢原駅、山北駅、沼津駅、富士駅、道の駅富士川、吉原駅、田子の浦

車旅日記1996年1月1日 1996・1・1 20:43 東京町田 始動だ。 久し振り

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その1-直江津、土底浜、犀潟、虫川大杉、六日町、塩沢(信越本線/北越急行ほくほく線/上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 2018・2・11 6:25 直江津(なおえつ)駅(信越本線

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

鉄旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ、いつの間にか日本海とさよなら

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみくつかけ)駅(大糸線 長野県)

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その1-会津若松、笈川、堂島、喜多方、会津若松(磐越西線)

鉄旅日記2017年12月3日 2017・12・3 6:39 会津若松(あいづわかまつ)駅(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑