*

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】最終日(和田山-東京)その1-和田山、福知山、丹波竹田、石生、篠山口、三田、神鉄三田、宝塚、阪急宝塚、川西池田、川西能勢口、伊丹、阪急伊丹(山陰本線/福知山線)

公開日: : 最終更新日:2023/07/04 旅話, 旅話 2009年

鉄旅日記2009年11月23日・・・和田山駅、福知山駅、丹波竹田駅、石生駅、篠山口駅、三田駅、神鉄三田駅、宝塚駅、阪急宝塚駅、川西池田駅、川西能勢口駅、伊丹駅、阪急伊丹駅(山陰本線/福知山線)
2009・11・23 6:09 和田山(わだやま)駅(山陰本線/播但線 兵庫県)
和田山駅前センター街は夜が続いている。

「道の宿」があった丘からは駅の空が赤く見えた。

あたたかいコーヒーと煙草。
いろいろ評判は悪いが、煙草があってよかったと思っている。

東京に帰ったら、やってやろう。

一番列車に乗る。
線路は播但線と分かれて次の梁瀬へ。

7:13 福知山(ふくちやま)駅(山陰本線/福知山線/舞鶴線/近畿タンゴ鉄道宮福線 京都府)
テレビ塔が白く煙っている。

マラソン参加者の到着はまだだが、1万人ものランナーが押し寄せるという。
この街一番の大変な騒ぎになるのだろう。

プロレスラー小橋建太さんの故郷。
どっこいせ福知山。
丹波の首都はこの街になる。

駅前通りから、あおい通り三丁目商店街、浮世小路。

浮世小路では、ここも京都と物思いにふける。

八坂神社石段下の小路はもっと狭かった。
去り際に彼女とキスをした記憶が蘇る。

列車が走り出す。

お城が見えて、土師川が去り、そして福知山を後にする。

7:31 丹波竹田(たんばたけだ)駅(福知山線 兵庫県)
ここは市島町。
すでに兵庫県に入っている。

昔懐かしい石造りの改札口に駅員の姿はなく、駅前商店もない。

「鉄道を守ろう」との標語がかかる小さな駅で、数分の停車。

7:49 石生(いそう)駅(福知山線 兵庫県)
3分の停車。

駅を出て突き当りには大きな古い家がある。
由緒を感じさせる、とても印象的な町角だった。

駅前の喫茶スナックは営業を続けているのだろうか。

8:30 篠山口(ささやまぐち)駅(福知山線 兵庫県)
霧に煙る篠山口。

天空の城跡がある中心地はここから離れていて、そこに行くにはバスが必要。
駅前には殺風景な大型店があるのみで、弁当屋は閉まっている。

霧が深くなる。

濃厚な山の気配があるが、霧で見えない。

木村拓哉さん演じる「華麗なる一族」に生まれた男は、篠山山中に分け入り、自ら命を絶った。

計画を変更して長駈木津まで走る快速列車に乗る。

8:39古市駅着。
この駅にもかつて寄った。

福知山マラソンの参加者の移動はピークを過ぎたようだ。
大阪からは専用列車も出ていた。

霧の中で太陽が顔を出した。

あの朧な光なら真正面から向き合える。

9:43 三田(さんだ)駅(福知山線 兵庫県)
霧は晴れていない。

日差しは戻った。

ここから福知山線の本数は増える。
阪神地域への入口のような街だが、この先にもまだ鄙はある。

阪急百貨店がある西口を武庫川まで歩く。
アーケード街も色街もあって、都会の面相も持つ街だった。

この国にはまだまだ知らない街がある。

神戸電鉄の終着駅がここにある。

霧が晴れた。

神鉄三田(しんてつさんだ)駅(神戸電鉄三田線 兵庫県)にて

10:29 宝塚(たからづか)駅(福知山線 兵庫県)
降りてみて驚いた。

格調高い街。
高台には高級住宅地が雛壇上に並び、品のない店の類は見当たらず、阪急の街であることが判る。

三田からは面相を変えた武庫川が川幅を広げて流れ、阪急電鉄はここ宝塚に始発駅を置いて、偉大なる街を造った。

JR駅はとても小さくて貧相だと振り返ると、その脇に阪急駅を意識したような新駅舎を建造中で、ほぼ出来上がっている。
ほんの少しだが、阪急駅への遠慮があるように思える。

宝塚大劇場は花の通りを抜けた川べりにあるようだ。
列車から見えるだろうか。

今までこんなにも優雅な街に降りたことはない。

阪急宝塚(はんきゅうたからづか)駅(阪急電鉄宝塚線/阪急電鉄今津線 兵庫県)にて

11:03 川西池田(かわにしいけだ)駅(福知山線 兵庫県)
何もないと思わせる駅だった。

今見えている眺めも何の変哲もない郊外風景だが、5分ほど歩いたところに阪急、ジャスコ、西友が固める街中に川西能勢口駅があった。
阪急と能勢電鉄が乗り入れていて、能勢電鉄はここが始発駅になる。

ここらあたりの関西とはまるで縁を持たなかった。
街の名も、そこを走る鉄道の存在も知識の中にはない。

関西にはこうして散発的に街が存在していて、東京には伝わらない底知れない実力を持っている。
彼等の話す言葉も含めて独立圏のように感じている。

改札前ですれ違おうとした爺さんが、大相撲でかつて舞の海関がよく見せた、横に大きく飛んで相手をかわす立ち合いのように、大袈裟に横に飛び、「ぶつかるがな!」と大きく叫び、驚いた表情を向ける。

ぶつからないような間合いで歩いていたのだが。

そんな経験もまた関西らしい。

川西能勢口(かわにしのせぐち)駅(阪急電鉄宝塚線/能勢電鉄 兵庫県)

11:48 伊丹(いたみ)駅(福知山線 兵庫県)
背後にアウトレットモールを持つ。
ここから阪急駅まで街は長かった。

阪神淡路大震災で駅が崩壊した阪急駅は終着駅だった。
私鉄王国関西の鉄道事情を熟知できるのはいつになるだろうか。

JR駅前に有岡城址が残る。
織田信長に叛いた荒木村重が籠り、滅ぼされた街。
開城にあたり、城内にいた者は老幼共に斬られる悲劇が起こった。

土産は酒蔵通りで揃えた。
酒屋ではトム・ウェイツの「トム・トラバーツ・ブルース」が流れていた。

彼女に連絡しよう。
最近はちょっと錯綜していて、いろいろなことがうまくいかず、彼女に対する気持ちも説明のつけられない状態に陥っていて、問題が片づく見込みも立たない。

でも土産は必要だった。

阪急伊丹(はんきゅういたみ)駅(阪急電鉄伊丹線 兵庫県)にて

関連記事

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その3-関駅、その後

車旅日記1996年5月3日 16:36 関駅 あれから2時間経ってようやくここに戻ってき

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】2日目(都城-鹿児島-川内-人吉)走行距離284㎞ その1-都城駅、西都城駅、財部駅、霧島神宮駅、国分駅、錦江駅、鹿児島駅

車旅日記2005年2月12日 2005・2・12 8:30 都城駅(2月11日の熊本空港より271

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その1-紀伊田辺、箕島、和歌山、伊太祈曽、貴志(紀勢本線/和歌山電鐵貴志川線)

鉄旅日記2019年3月3日・・・紀伊田辺駅、箕島駅、和歌山駅、伊太祈曽駅、貴志駅(紀勢本線/和歌山電

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】3日目(象潟‐秋田‐盛岡‐鳴子温泉)象潟海岸、秋田駅、角館花葉館、田沢湖駅、紫波SA、前沢SA、古川駅

車旅日記2000年5月5日 8:54 象潟海岸 636㎞ 朝、人気のない海もいい。 車を降

記事を読む

2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】最終日(松戸-五井-大原-安房鴨川-松戸)その2-養老渓谷、上総中野、大多喜、国吉、大原(小湊鉄道/いすみ鉄道)

鉄旅日記2018年9月23日・・・養老渓谷駅、上総中野駅、大多喜駅、国吉駅、大原駅(小湊鉄道/いすみ

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その1-新南陽、新山口、阿知須、宇部新川、小野田港、下関、八幡、陣原(山陽本線/宇部線/小野田線/鹿児島本線)

鉄旅日記2015年8月13日その1・・・新南陽駅、新山口駅、阿知須駅、宇部新川駅、小野田港駅、下関駅

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【女川を目指した旅。ここには震災前の女川の姿が残されております。】初日(東京-新庄)松戸、取手、友部、上菅谷、常陸太田、高萩、いわき、郡山、福島、米沢、山形、新庄(常磐線/水郡線/水郡線常陸太田支線/磐越東線/東北本線/奥羽本線)

鉄旅日記2009年10月10日・・・松戸駅、取手駅、友部駅、上菅谷駅、常陸太田駅、高萩駅、いわき駅、

記事を読む

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】最終日(桑名-揖斐-樽見-金城ふ頭-東京)その2-大垣、名古屋、金城ふ頭、豊橋、磐田、焼津(東海道本線/名古屋臨海高速鉄道あおなみ線)

鉄旅日記2018年9月16日・・・大垣駅、名古屋駅、金城ふ頭駅、豊橋駅、磐田駅、焼津駅(東海道本線/

記事を読む

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】初日(東京-一ノ関)その1-金町、上野、高崎、六日町、長岡、見附(常磐線/高崎線/上越線/信越本線)

鉄旅日記2019年1月5日・・・金町駅、上野駅、高崎駅、六日町駅、長岡駅、見附駅(常磐線/高崎線/上

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、ダム湖に水没する鉄路へ】その2-川原湯温泉、岩島、群馬藤岡、高麗川、拝島、昭島、中神、武蔵溝ノ口、武蔵中原、鹿島田、尻手(吾妻線、八高線、青梅線、南武線)

鉄旅日記2012年4月1日その2・・・川原湯温泉駅、岩島駅、群馬藤岡駅、高麗川駅、拝島駅、昭島駅、中

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑