*

「鉄旅日記」2009年秋【関東ぶらぶら旅その2-武蔵から相模へ】-川口、浦和、深谷、倉賀野、寄居、東飯能、飯能、寒川、茅ヶ崎、辻堂、新橋(京浜東北線/高崎線/八高線/相模線/東海道本線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/09 旅話, 旅話 2009年

鉄旅日記2009年10月27日・・・川口駅、浦和駅、深谷駅、倉賀野駅、寄居駅、東飯能駅、飯能駅、寒川駅、茅ヶ崎駅、辻堂駅、新橋駅(京浜東北線/高崎線/八高線/相模線/東海道本線)
2009・10・27 9:19 川口(かわぐち)駅(京浜東北線 埼玉県)
久々に乗る朝の常磐線は、都会口へ出るまでの距離を感じさせた。
葛飾下町から都会に出るには少なくともあれだけの時間と労力が必要らしい。

キューポラのある街、川口は大宮によく似ていた。

西口には劇場を思わせるロータリーと巨大構造物。
東口正面にSOGOを置いて、脇を固めるのはパチンコ屋が入った雑居ビル。
東北本線に並行して商店街が長く続いていた。

荒川を越えれば東京で、「駅そば」の屋号は「中山道」。

鋳物の街としての機能は現在も生きているのだろうか。
目にしたのはたんに都会風の街だった。

いつかここで酒を飲んでみたいと思う街ではあった。

9:58 浦和(うらわ)駅(東北本線/高崎線/京浜東北線 埼玉県)
繁華街は西口に移り、風格を持つ埼玉県庁に向けて大通りが延びている。
まるで太刀持ちのように脇を自民党と民主党が固め、手前の埼玉会館も人を集めていた。

西の伊勢丹、東のPARCO。
東口はまるで幕張のようだ。

PARCOが進出しても、一度できた人の流れは簡単に変えられるものじゃないようで、PARCOが滑稽なまでに立派に見える。
都会の一歩手前の街だった。

商店街でお年寄りがぼんやりと腰かけていた。
駅前広場でもお年寄りの一団が見られた。

都会を見たかったわけじゃない。
浦和がどんな顔をしているのか知りたかっただけだが、歩ききれない。

川口でもそうだったが、ここ浦和でも歓楽街は目に入らなかった。

11:04 深谷(ふかや)駅(高崎線 埼玉県)
東京駅を模した駅を出ると、キンカ堂がまず目に入る。

渋沢栄一生誕の地を謳う街には山の気が漂う。
関東の果てはまだ先で、街中から山は見えないが、川口や浦和には吹いていなかった風を肌に感じている。

台風20号が去った関東に強い日差しが降り注いでいる。
平野の端に秩父の山並が見えだした。

深谷にどんな用があるのか知らないが、ルートインをはじめビジネスホテルがいくつかある。
駅に並ぶ建物の中には、駅に倣ってレンガ造りのものがいくつかあって、笑いを誘った。

11:46 倉賀野(くらがの)駅(高崎線/八高線 埼玉県)
特徴のない駅舎に、商店を持たない駅前。
分岐駅だけあって構内は広く、長い跨線橋だけが印象に残る。

2両編成のディーゼル列車に乗って高麗川に向かっている。

旅情には期待していなかったが、ここは濃厚だ。
乗客にも鄙を感じる。

12:27 寄居(よりい)駅(八高線/東武東上線/秩父鉄道 埼玉県)
倉賀野と同じような駅で5分の停車。
構内は広く、外に出るのはよした。

東武線、秩父鉄道が乗り入れる大鉄道駅で、この旅で初めて山が迫り、景色がより田舎じみてきた。

発車して濁流の荒川を渡る。
ちょっとした絶景をそこに見た。

14:17 東飯能(ひがしはんのう)駅(八高線/西武秩父線 埼玉県)
甲子園で見かけた聖望学園脇を通り、列車は東飯能に着く。

西武鉄道の街とも言えるこの駅にはマルヒロが、飯能銀座の先にある飯能駅にはpepeが聳えている。

そうした街だが、マルヒロの高層階は閉鎖されている。
以前は飲食店街があったのに違いない。
この手の構造物に例外はない。

食事は飯能駅に近いラーメン屋で。
仕事の電話をかけて、明日の予定が2件決まった。

2つの駅をつなぐ街並に田舎の匂いはない。
無理に探せば、ここは関東平野の一番端の街で、秩父の山々が迫っていること。

いくつか渡った川には護岸工事がされておらず、その自然な様が喜ばしい。

それにしてもJRに比べて、西武鉄道の運賃が安いことには少し驚いた。

飯能(はんのう)駅(西武池袋線/西武秩父線 埼玉県)にて

16:42 寒川(さむかわ)駅(相模線 神奈川県)
八王子、橋本で乗り換えて、この沿線じゃ有名な町に降りる。

その寒川駅前は寂しいものだ。
空地が目立ち、誘われるような街の灯もない。

多くの者が降りたが、改札を抜けると人声は絶えて、ただただ強烈な西日に照らされていた。

寒川神社はあるいはここから遠いのだろうか。
橋本からずっと見えていた丹沢の山々はこの先もまだ見えるのだろうか。

次の列車がやってきて、次の香川駅に着く。
こっちの方が駅前の風情は優れている。

宮脇俊三さんの本で、寒川からはかつて西寒川に向かう支線が出ていたことを知ったが、その頃になってようやくその事実を思い出した。

17:15 茅ヶ崎(ちがさき)駅(東海道本線/相模線 神奈川県)
この街に着けば、大学時代に淡い想いを寄せた女友達を思い出す。

かつて彼女が水着姿で自転車に乗って駆け抜けた街。
近くを車で何度も通っているはずだが、見覚えはない。

この駅を記憶していると思い込んでいたが、脳裏に浮かぶ姿は幻だった。

別に構わない。
当時駅に用があったわけじゃなく、その女友達と海に用があった。
その記憶は鮮明だから。

湘南に向いた街並は歴史を感じさせる。
おそらく彼女と遊んでいた当時から変わっていないのだろう。

北口にはまったく覚えがない。
駅ビルをはじめとする新興勢力が台頭する未来型の造りで、少し歩くとすぐに商圏を外れる。

駅弁の中に鰺寿司があった。
彼女への手土産にすればよかったと後悔している。

17:38 辻堂(つじどう)駅(東海道本線 神奈川県)
広大な更地を目にしている。
そんなだだっ広い場所に吹く風が夕暮れ時を心地よくしている。

辻堂の商圏も狭かったが、クリスマスを想わせる素敵な灯が灯っていた。
そんな頃ももう近い。
線路際では湘南に似つかわしい、まったりとしたポップスが流れていた。

当時、茅ケ崎の女友達は辻堂を知らなかった。
彼女は今も茅ヶ崎で幸せに暮らしているが、辻堂は相変わらず通過しているだけなのかもしれない。

この町のどこかに珈琲館があったんだ。
オレにとっての辻堂とは、あの店が放つ灯がすべてだった。
ただ懐かしい。

そして当時とそうは変わらない姿で、こうしてひととき戻ってきた。
彼女にばったり会っても驚かれることはないだろう。
今のオレにとっちゃ、それが一番大切なことだ。

そして新橋に向かっている。
愛する女性に会いにいく。

23:22 新橋(しんばし)駅(東海道本線/山手線/京浜東北線/横須賀線快速/東京メトロ銀座線 東京都)
愛することってむずかしい。
かつて佐野元春は歌っていた。

でも分かったような気でいるよ。

都会を走っている。
そこに戻ってきた。

関連記事

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】2日目(盛岡-宮古)その1-盛岡、仙北町、花巻、遠野、足ヶ瀬(東北本線/釜石線)

鉄旅日記2019年9月22日・・・盛岡駅、仙北町駅、花巻駅、遠野駅、足ヶ瀬駅(東北本線/釜石線)

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】初日(函館-上ノ国-札幌)走行距離471㎞ -知内駅、道の駅上ノ国もんじゅ、瀬棚町、道の駅いわない、小樽駅、札幌東急イン

鉄旅日記2003年8月13日・・・知内駅、道の駅上ノ国もんじゅ、瀬棚町、道の駅いわない、小樽駅、札幌

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】5日目(松浦-若松)その2-宇美、西戸崎、香椎、福間、赤間、折尾、若松(鹿児島本線/香椎線/筑豊本線)

鉄旅日記2009年9月22日・・・宇美駅、西戸崎駅、香椎駅、福間駅、赤間駅、折尾駅、若松駅(鹿児島本

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その5‐並河、園部、胡麻、下山、福知山(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・並河駅、園部駅、胡麻駅、下山駅、福知山駅(山陰本線) 16

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮かばない

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【関東ぶらぶら旅その1-房総鄙の里へ】-東金、大網、大原、上総中野、上総牛久、五井(東金線/外房線/いすみ鐡道/小湊鉄道/内房線)

鉄旅日記2009年10月22日・・・東金駅、大網駅、大原駅、上総中野駅、上総牛久駅、五井駅(東金線/

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その1‐五所川原、津軽五所川原、津軽中里、鯵ヶ沢、東能代(津軽鉄道/五能線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・五所川原駅、津軽五所川原駅、津軽中里駅、鯵ヶ沢駅、東能代駅(津軽鉄

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】2日目(弘前-小樽)その2-赤井川、姫川、東森、渡島砂原、森、野田生、山越、八雲、長万部、ニセコ、小樽(函館本線/渡島砂原支線)

鉄旅日記2016年8月11日・・・赤井川駅、姫川駅、東森駅、渡島砂原駅、森駅、野田生駅、山越駅、八雲

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】最終日(郡山‐茂木‐下館‐東京)郡山スターホテル、新白河駅、黒羽くらしの館、茂木駅、下館駅、みつかいどうロードパーク、葛飾金町

車旅日記2000年5月7日 2000・5・7 8:35 郡山スターホテル510号室 最後の朝がやって

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、鶴見線・伊豆・駿河途中下車旅】その1-扇町、浅野、海芝浦、国道、大川、保土ヶ谷、東戸塚、網代、伊豆多賀、宇佐美、熱海(鶴見線、海芝浦支線、大川支線、東海道本線、伊東線)

鉄旅日記2012年4月8日その1・・・扇町駅、浅野駅、海芝浦駅、国道駅、大川駅、保土ヶ谷駅、東戸塚駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その6‐上川口、養父、豊岡、香住(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・上川口駅、養父駅、豊岡駅、香住駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その5‐並河、園部、胡麻、下山、福知山(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・並河駅、園部駅、胡麻駅、下山駅、福

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その4‐太秦、撮影所前、帷子ノ辻、保津峡、千代川(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・太秦駅、撮影所前駅、帷子ノ辻駅、保

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その3‐米原、京都、梅小路京都西、丹波口、花園(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・米原駅、京都駅、梅小路京都西駅、丹

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その2‐静岡、浜松、豊橋、名古屋、大垣(東海道本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・静岡駅、浜松駅、豊橋駅、名古屋駅、

→もっと見る

    PAGE TOP ↑