*

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その3-奈良、加茂、伊賀上野、亀山、静岡、沼津(関西本線/東海道本線)

公開日: : 最終更新日:2023/06/25 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年3月3日・・・奈良駅、加茂駅、伊賀上野駅、亀山駅、静岡駅、沼津駅(関西本線/東海道本線)
12:22 奈良(なら)駅(関西本線/奈良線/桜井線 奈良県)
静かなる古都。

おそらく京都では、今日もいたるところに雑踏が生じていることと思うが、奈良には外国人の姿も少なく、閑散としている。

京都は世界の「Kyoto」になったが、「そうなれるよ」と奈良に持ち掛けても、おそらく手を上げなかったのだろう。

崇高なる田舎への道を選んだ奈良に、今日をはじまりとしてひかれ始めている。

滞在22分。
駅前を写してビールと昼食。

12:42 加茂(かも)駅(関西本線 京都府)
難波を出た大和路快速の終点は常にこの駅になる。

関西本線はこのまま名古屋まで通じているが、加茂~亀山間は電化されておらず、大阪奈良名古屋を結ぶ最短路線に特急の運行はない。

おそらく今後実現する見通しはなく、計画すらされていないだろう。

駅員の姿はなく、酒屋の自販機でウイスキーハイボールを購入して戻る。

学者然とした二人の紳士が姿勢を正して本を広げている。

見習いたいが、ハイボールを開ける。

13:19 伊賀上野(いがうえの)駅(関西本線/伊賀鉄道伊賀線 三重県)
行き違い4分の停車。

加茂を出て笠置、大河原、月ヶ瀬口、島ヶ原。
第一級の田舎風景が続く区間をいくぶん酔眼で眺めていた。

数日前に、伊賀鉄道の上野市駅の愛称として忍者市駅が公認され、駅舎に大書された報道を見た。
是非は言わない。

その上野城が見えた。
あの城に上がったのは2年前。

あれからまったく別の人生を歩んでいる。

測り知れない悲しみを経験したが、希望の大きさは現在が勝る。

14:17 亀山(かめやま)駅(関西本線/紀勢本線 三重県)
この駅に降りるのは何度目になるのだろうと思う。

駅を写した記憶は過去に2度ある。
つまり3度目なのだろうか。
もう少しありそうな気がする。

何もない巨大ターミナル駅だと断定した初回。

いやそんなことはない。
何もない中にもこれがあるじゃないかと感じた2回目。

いやいや、地図を見れば、ほんの少し歩けば城跡があるじゃないか。
キオスクもある。


駅前の大鳥居は能褒野神社の一の鳥居。
能褒野神社の御祭神は日本武尊とのこと。
駅からは相当離れている。

ここは東海道の宿場町。
今もこうして鉄道も走れば国道に流れはある。

次もいい旅ができる。

18:49 静岡(しずおか)駅(東海道新幹線/東海道本線 静岡県)
浜松でトイレ事情のため一本遅らせると、見送った一本に比べて格段に空いていた。

先を急ぐばかりが人生じゃない。

そもそもオレはそんな生き方をしている。

最終的に得るものは何も変わらない。

事情は知らないが9分の停車。
駅そばがあるホームを写す。

旅も終わりに差し掛かり、スマホの充電事情に悩んでいる。
オレの日常も実はこうして中毒化している。

ただひとつだけ言いたいのは、オレは単なる時間潰しとしてはスマホを使っていない。

どうせなら、今じゃ政令指定都市となった静岡の夜景でも収めておきたかったと思う。

19:49 沼津(ぬまづ)駅(東海道本線/御殿場線 静岡県)
ガランとしたホームを写す。

上屋を支える武骨な鉄組を目にするたびに、沼津駅がたどってきた歴史を想う。

この街でも、車寅次郎は恋をした。

関連記事

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その1(R1→湖岸道路)伏見、山科西野、大津駅、瀬田駅、守山、彦根

車旅日記1996年5月5日 1996・5・5 11:36 1号国道‐伏見 黄金週間の混雑は古都の

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その1-紀伊田辺、箕島、和歌山、伊太祈曽、貴志(紀勢本線/和歌山電鐵貴志川線)

鉄旅日記2019年3月3日・・・紀伊田辺駅、箕島駅、和歌山駅、伊太祈曽駅、貴志駅(紀勢本線/和歌山電

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その1-紀伊勝浦、太地、湯川、那智、三輪崎、新宮、丹鶴城公園、鵜殿(紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月9日その1・・・紀伊勝浦駅、太地駅、湯川駅、那智駅、三輪崎駅、新宮駅、鵜殿駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その1-掛川、掛川市役所前、西掛川、天竜二俣、西気賀、寸座、浜名湖佐久米、三ケ日、新所原(天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その1・・・掛川駅、掛川市役所前駅、西掛川駅、天竜二俣駅、西気賀駅、寸座

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】最終日(和田山-東京)その2-大阪、桜島、西九条、阪神西九条、久宝寺、放出、京橋、京阪京橋、近江舞子、近江今津、近江塩津、東京葛飾(大阪環状線/桜島線/関西本線/おおさか東線/学研都市線/湖西線)

鉄旅日記2009年11月23日・・・大阪駅、桜島駅、西九条駅、阪神西九条駅、久宝寺駅、放出駅、京橋駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その2-郡山、福島、曽根田、仙台、一ノ関(東北本線)

鉄旅日記2019年9月21日・・・郡山駅、福島駅、曽根田駅、仙台駅、一ノ関駅(東北本線) 11:0

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その1-アパホテル山形駅前大通、羽前山辺駅、寒河江駅、左沢駅、柴橋駅、天童駅、村山駅、新庄駅、羽前前波駅

車旅日記2005年7月17日 2005・7・17 8:51 アパホテル山形駅前大通802号室

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】最終日(城崎-豊岡-舞鶴-京都)走行距離256㎞-レイセニット城崎、城崎駅、豊岡駅、久美浜駅、宮津駅、西舞鶴駅、東舞鶴駅、福知山駅、京都駅

車旅日記2004年11月21日 2004・11・22 8:57 レイセニット城崎413号室 強い

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】3日目(南宮崎-隼人)その2-宮崎、清武、田野、山之口、西都城、餅原、都城、京町温泉、えびの、吉松(日豊本線、吉都線)

鉄旅日記2013年8月12日その2・・・宮崎駅、清武駅、田野駅、山之口駅、西都城駅、餅原駅、都城駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】最終日(JR難波-東京)その1-JR難波、八尾、奈良、笠置、伊賀上野、上野市、伊賀神戸、伊勢中川、近鉄長島、長島(関西本線/伊賀鉄道/近鉄大阪線/近鉄名古屋線)

鉄旅日記2017年3月20日・・・JR難波駅、八尾駅、奈良駅、笠置駅、伊賀上野駅、上野市駅、伊賀神戸

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その4‐宮古、陸中山田、釜石(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、陸中山田駅、釜石駅(三陸鉄道

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その3‐宮古、蟇目、茂市(山田線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、蟇目駅、茂市駅(山田線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その2‐平田、釜石、陸中山田(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・平田駅、釜石駅、陸中山田駅(三陸鉄道

→もっと見る

    PAGE TOP ↑