*

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】3日目(仙台-山形-大曲)その1-ホテルイーストワン仙台、陸前落合駅、愛子駅、作並駅、山寺駅、高瀬駅、蔵王駅、北大石田駅、舟形駅

公開日: : 旅話 2006年

鉄旅日記2006年5月4日
2006・5・4 7:26 ホテルイーストワン仙台402号室
いい朝が訪れている。

道幅の広い路面に街の大きさを感じ、空を見上げた。

「青葉城恋歌」に歌われた杜の都仙台。
青葉通り、香る葉みどり。
今はその季節。

その後に続く詩は、確かこうだった。

思い出は帰らず。

8:37 陸前落合駅(569㎞)
新緑の青葉通りから仙台城址をかすめ、4号県庁前通り。
広瀬川は2度越えた。

パーキングの管理をしていた優しい顔をしたオバチャンから、テレビ塔のことや仙台の素晴らしさについて聞いていた。

野球やサッカーには触れなかったが、プロのホームチームを持つ東北の雄都仙台。
その存在感は伊達政宗が街を拓いた頃から変わっていないのだろう。
清々しい都会だった。

新しい駅舎を持つ駅に寄った。
仙山線は電化されている。
山形まで通じている列車は1時間に1本しかないが、仙台へはほぼ1時間に3、4本出ている。

ここは仙台の郊外。
山が迫りつつあるけど、まだ都会の香りがどことなく残っている。

駅から48号バイパスに延びる大通りは、想像上での都大路のようで、あの道をオレはまた往く。

8:54 愛子駅(571㎞)
線路に沿ってひと駅。
この駅に寄った理由は、つまり駅名だ。

昨夜仙台駅で、各方面への発車時刻が表示された電光掲示板で見つけた存在だった。
初めて目にする駅名で、道理も何もなく惹かれて、寄ろうと決めた。

「あやし」と読む。
子をあやすところからきているらしい。
昔々の文献に由来する。

なかなか愛し気な小さな駅舎が建っている。
昭和2年に開業した仙山線は、当初仙台愛子間の往復だったようで、今も愛子を終点とする列車が何本かある。

駅前にめぼしい商店はない。
角の店と駅前のマンション1階の雑居店。

それでもまだ仙台の余韻は消えていない。

9:23 作並駅(586㎞)
都会の匂いは完全に消えて、幽谷を辿っている。

この駅に止まる列車は1時間に1本。
開業は昭和6年。
当時は愛子までが仙台圏だったわけだ。

清流広瀬川に沿って。
仙山線は電化されたまま作並から山中に姿を消す。
線路に沿う道はない。

かつて線路を敷いていった男たちが踏み入って以来、そこは1時間に1本通る列車以外、人跡まれな国境地帯のまま21世紀を迎えている。

この駅に着く数㎞手前に聳え立っていた鎌倉山の偉容に目を見張り、遥か下を流れる広瀬川に架かる鉄道橋の武骨さに感動する。
自然も人間も逞しい。

作並温泉の始まりは奈良時代の傑僧、行基の発見によるという。

温泉客を運んできた大型バスが数台止まり、駅前の枝垂桜はまだ散っていない。

2011年11月6日撮影

10:38 山寺駅(628㎞)
作並温泉の桜並木を過ぎると関山トンネル。
広瀬川はトンネルの手前で姿を消し、宮城県と山形県が山深い闇の中で交わる。

仙台は様々な市町村をかき集めて政令指定都市となった。
関山トンネルが抜ける県境まで、ずっと仙台市だったよ。

山形県に入った。
オレには馴染みの土地で、国境にかかる全山すべてが雪をかぶっている。
薄く靄が張ったような青空に浮かんで見えるその様は、中空に白い帯を引いたかのようだ。

サクランボ畑を抜けて、山寺へ。
最近になって知った場所だが、一大観光地となっている。

東京ナンバーの車が常に前にいる。
そして渋滞が始まった。

駅は想像していたとおりの風格を持ち、賑わいに圧倒された。
見上げた岩山に立石寺が突き出している。
自然と人間の崇高な仕業が調和した様はとても見事だ。

ここじゃまだ桜も満開。

2019年11月4日撮影

10:54 高瀬駅(632㎞)
山寺の賑わいを離れてひと駅。

あれは別の世界の話で、そんなことにはまるで興味はないといった風情の山里で、桜の花びらが一葉、車の中に舞い込んだ。
そよ風が奏でる音が気持ちを落ち着かせる。

山形仙台間は列車じゃ約1時間の距離らしい。

味もそっけもない新装の駅舎と広場に強い風が吹いて、桜が盛大に散った。
見渡せば周囲の人家も何だか新しい。

ここから北上を開始する。
仙山線沿線はとても楽しかったよ。

11:43 蔵王駅(651㎞)
山形市内に入ると気怠い気分になった。
道を間違えたことから、ある計画が頭に浮かび実行に移ったが、米沢方面に渋滞が発生していた。

計画とは米沢に出て、米坂線に沿って日本海に出て、そこから北上して余目まで。
余目から陸羽西線に沿って新庄まで。
つまり去年の7月に走ることを断念した区間に惹かれたわけだが、冷静に考えて再び断念した。

当初の計画通り奥羽本線に沿って北上して、まずは新庄まで。

天気もいい。
これでまたしばらくお別れになることだし、山形の山河を愛でよう。
楽しくて切ない気持ちでいる。

蔵王駅に寄った。
石造りの立派な駅。
宮脇俊三さんの本で読んだが、元々の駅名は蔵王じゃなかったはずだ。
蔵王はそこに見えてはいるが。

阿蘇もそうだったが、駅舎はその名に位負けはしていない。

12:56 北大石田駅(705㎞)
快走するという快感を忘れていた。
蔵王から13号バイパスはまるでハイウェイのように流れた。

気温は22度。
暖かくて最高といえる。

快走が滞る地点で休もうと決めて、尾花沢市内。
この駅をかつて眺めた記憶があるが、背後の山々に雪が乗っていた記憶はない。
もしくは消えたか。
見事な景観をしっかり記憶に残そうと車を止めた。

駅舎はない。
長いホームが段丘上に続いていて、その端まで歩いて気持ちのいい風にあたり、記憶に刻むべき景色を眺め続けた。

豊かな人里のたたずまいも含めて、しっかりと目に焼きつけた。
この国はやはり素晴らしい。

涼し気な墓地に桜が満開だ。
足に感じていた疲れが引いていく。

旅はどこを目指そうと正解だ。
今ここにいられることを素直に喜んでいる。

奥羽山脈、、、あの山を越えて、オレは仙台からやってきたのだと実感している。

13:28 舟形駅(714㎞)
最上川との再会。
思えば、オレの最初の旅は最上川を見に行くことだった。
雄大な流れに変化はなく、桜の木の下で人々が喜色を顕わにしている。

この国はいい。
どこに行っても桜がある。
駅前にも一本植わっていて、きれいな花を咲かせている。

東北へ6日間も何しに行ったの?と聞かれるようなことでもあれば、、、そうだな。
桜を見にいったのよ。
そう答えてやろう。

診療所と合わさったようなきれいな駅に人影はなく、観光物産センターに置かれた品数は少なかった。
駅前は静まりかえり、開いている店はトンカツを売る店が一軒のみ。

風だけが町の音を作っている。

この駅には止まらない山形新幹線「つばめ」が上下線とも通過していく。
上りは東京への長い旅。
下りは次の新庄で終わる旅。

関連記事

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】5日目(青森-八戸-気仙沼-女川-安達)その2-宮古駅、吉里吉里駅、盛駅、大船渡駅、気仙沼駅、女川駅、石巻駅、利府駅、あだち

鉄旅日記2006年5月6日 17:46 宮古駅(1,547㎞) 山田線と閉伊川に沿うよう

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

鉄旅日記2006年7月16日 14:51 津駅(岐阜駅より150㎞) 変わっていない。

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩秋【浜名湖へ。そして飯田線に乗って、友に会いにいったのでございます。】初日-掛川、尾奈、リステル浜名湖(東海道本線/天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2006年11月3日 2006・11・3 リステル浜名湖239号室 飲みすぎた翌

記事を読む

「鉄旅日記」2006年新春【雪の降った翌日。近くのローカル線に乗りに出かけました。】-馬橋、流山、幸谷、新松戸、佐貫、竜ケ崎(常磐線/総武流山電鉄/関東鉄道竜ヶ崎線)

鉄旅日記2006年1月22日 雪原だったよ。 この町に降った雪はだいぶ消えていたけど

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【鉄道旅に目覚め、1泊2日で房総半島にまいりました。】最終日-安房勝山、君津、木更津、上総亀山、蘇我(内房線/久留里線/京葉線)

鉄旅日記2006年2月5日 寒い朝だった。 海上は穏やかで、対岸の横須賀の街は白く、工場

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その1-東横イン名鉄岐阜、大垣駅、養老駅、阿下喜駅、西藤原駅、湯の山温泉駅、四日市駅、鈴鹿サーキット稲生駅

鉄旅日記2006年7月16日 2006・7・16 7:11 東横イン名鉄岐阜813号 予

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】5日目(青森-八戸-気仙沼-女川-安達)その1-駅前ホテルニュー青森館、野辺地駅、三沢駅、十和田市駅、本八戸駅、陸中八木駅、久慈駅、岩泉駅、茂市駅

鉄旅日記2006年5月6日 2006・5・6 8:07 駅前ホテルニュー青森館311号室 夢

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】4日目(大曲-阿仁合-弘前-三厩-青森)その2-弘前駅、つるた、毘沙門駅、津軽中里駅、三厩駅、中小国駅、駅前ホテルニュー青森館

鉄旅日記2006年5月5日 14:21 弘前駅(1,046㎞) 津軽平野を横断する102

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】2日目(黒磯-郡山-いわき-仙台)その1-明治の森黒磯、高久駅、黒田原駅、白河駅、安積永盛駅、三春駅、船引駅、磐城常葉駅、川前駅、小川郷駅、四ツ倉駅

鉄旅日記2006年5月3日 2006・5・3 4:56 枝室街道‐道の駅明治の森黒磯 清

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】3日目(仙台-山形-大曲)その2-羽前豊里駅、真室川駅、及位駅、院内駅、湯沢駅、横手駅、後三年駅、大曲グランドホテル

鉄旅日記2006年5月4日 14:15 羽前豊里駅(738㎞) 駅では少女たちが待ってい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑