*

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】3日目(姫路-十三)その2-新開地、湊川、鈴蘭台、三木上の丸、三木城址、三木、粟生、神鉄三田、ウッディタウン中央、横山、有馬口、有馬温泉、鵯越(神戸電鉄有馬線/神戸電鉄粟生線/神戸電鉄三田線/神戸電鉄公園都市線)

公開日: : 最終更新日:2020/09/12 旅話 2017年

鉄旅日記2017年8月13日
8:25 新開地(しんかいち)駅(阪神電鉄神戸高速線/阪急電鉄神戸高速線/神戸電鉄神戸高速線 兵庫県)
神戸高速鉄道、神戸電鉄始発駅。

神戸の私鉄提携事情はよく分からないが、利便性はいいのだろう。

地上に出ると新開地交差点。
神戸駅まで1キロ地点。

神戸電鉄改札前に「駅そば」があった。
ハイカラうどん290円。

腰のない丸いうどんに、ネギと天かす。
うまくもまずくもなかったが、敬意を払って汁まで飲み干した。

新開地交差点

8:48 湊川(みなとがわ)駅(神戸電鉄有馬線 兵庫県)
湊川公園は地上にはなく、駅の真上にあった。

公園を囲むように商店街が形成されていて、新開地方向には新開地アーケード街が延びている。
さっきの交差点までつながっているのだろう。

大楠公の銅像は移設にからみ、囲いの中。

ここはかつての戦場。

楠木正成は絶望的な戦いの中で、自ら死ぬことで、戦いの日々が呆れるほど続いた時代に何かを訴えようとした。

その見事な人柄を悪く表現する書は見られない。

湊川駅周辺風景

湊川公園内、楠木正成公銅像

9:09 鈴蘭台(すずらんだい)駅(神戸鉄道有馬線/神戸鉄道粟生線 兵庫県)
スマホに目を落としているうちに列車は急坂を上り、風景が一変した。

足を踏み入れたことのない地域への旅が始まっている。

鈴蘭台はそんな坂の町。

どこからかラジオの音が聞こえ、ダイエーの営業も始まっていて、母親に連れられた小さな背中が階段を上がっていく。

9:42 三木上の丸(みきうえのまる)駅(神戸電鉄粟生線 兵庫県)
すさまじいまでのセミの声が三木城址から聞こえてくる。

線路はいつの間にか単線になっている。

関西は今日も涼しい。
この間に町歩き。

秀吉の「干し殺し」兵糧攻めに屈した、別所一族と城兵に敬意を。

三木城址にて


三木の町並

10:34 三木(みき)駅(神戸電鉄粟生線 兵庫県)
別所長治公夫妻は美しかったらしい。

町は今も悲劇の城主を慕い、金物と共に観光資源にあてている。

城跡に登り、町を眺める。

川が横切り、やがて往く線路が大きくカーブしている。
よく整った、いい町だ。

湯の山街道を通り、町中へ。
車通りも多く、衰退を感じさせない。

ただ、三木とJR加古川線厄神駅をつないでいた三木鉄道は廃線となり、記念公園ができている。
そこへ行こうと思っていたが、迷ってしまった。

コンビニで、レジの順番を譲った野球少年が丁寧に挨拶してくれた。
彼の資質と、この町の教育の賜物だ。

三木駅のレトロな外観を愛でる。

きっとこの駅も、地元民に愛されているだろう。

11:10 粟生(あお)駅(加古川線/北条鉄道/神戸電鉄粟生線 兵庫県)
ここは小野市。

粟生は8年ぶりになる。

JR、神戸電鉄、北条鉄道の3線が交わる駅で、南欧を連想させるエレガントな駅舎を持つが、そこに町はない。
大きな街道もない。

加古川を再び渡る。

車窓から眺める加古川

13:05 神鉄三田(しんてつさんだ)駅(神戸電鉄三田線 兵庫県)
六甲山を上下する神戸電鉄は、とてもダイナミックかつ過酷な運動を求められる。
驚いたよ。

鈴蘭台で乗り換えてから、人々の暮らしはつながっているが、街はなかった。

三田に下りてきたら、彩りが眩しかった。

8年ぶりの三田。
何も変わっていなくて、人の行き来も多い。

あの当時は、やがて神戸電鉄にまで目を向けるとは思っていなかった。

変わっていないのは仕事くらいで、あとはみんな変わった。

あの頃より断然よくなったよ。

三田駅前にて

13:23 ウッディタウン中央(うっでぃたうんちゅうおう)駅(神戸電鉄公園都市線 兵庫県)
どんな町かと思っていたよ。
ここに終着駅がある。

完成されたニュータウンだった。
この町のニュータウン計画は、成功していそうだ。

この線路は公園都市線で、住民はどこへ通っているのか。
神戸までは1時間ほどか。

巨大イオンが進出し、道は広く、走る車は例外なく飛ばしている。

ただ、駅に人の姿が欠けている。
おそらくこの街区ですべてが揃うのだろう。

こんな日曜日に、町への出入りは多くない。

ウッディタウン中央駅周辺風景

13:41 横山(よこやま)駅(神戸電鉄三田線/神戸電鉄公園都市線 兵庫県)
フラワータウンを過ぎると緑に囲まれ、やがて長いトンネルを潜る。

行きには、これから現れる町に何の予測も持たなかったが、こんな風景の先にあのニュータウンがあったのかと思う。

乗り換え駅の横山で降りて、有馬に戻る列車を待つ。

3分だけ滞在した横山。
なかなかステキな広場があったが、駅前にコンビニや商店はない。

14:01 有馬口(ありまぐち)駅(神戸電鉄有馬線/神戸電鉄三田線 兵庫県)
列車を降りると蜩の声。

天気のことはあまり気にしていなかったが、今日は一応晴れか。

三田じゃ暑かったが、今は涼しい。

駅にもあたりにも旅情があるが、降りてみると料理屋を一軒数えるのみ。

14:24 有馬温泉(ありまおんせん)駅(神戸電鉄有馬線 兵庫県)
日帰りで一風呂浴びにきた人も多い。

装いを見れば分かるよ。

どんな湯治場なのかに興味はあるが、湯にはたいして関心はない。
水風呂の冷たさについてはうるさいけどな。

太閤橋までの僅かな距離を往復。

有馬温泉を有名にしたのは、豊臣秀吉と寧々さんということなのだな。
ふたりの湯治旅行は、史書にもドラマにも描かれている。

たいした人出で、当然のように中国語が交じる。

コンビニでビールと焼き鳥を買って、有馬口行の出発を待つ。

ひとりのオレはこれでいい。

有馬温泉駅周辺風景


15:07 鵯越(ひよどりごえ)駅(神戸電鉄有馬線 兵庫県)
義経が降ってきた神戸。

神戸の海岸線に沿って横長に陣取っていた平家軍は、崖から忽然と現れた騎兵部隊に仰天して、多くの命や悲話を残して海上に去った。

その急坂がトンネルの先に見える。

鵯越の険を進んだという義経。
その鵯越が駅名として残っているとは思っていなかった。

集落の人口は僅かなように見えるが、高台に老人ホームらしき建物が見える。

鈴蘭台とここの間に廃駅があった。
秘境駅として取り上げられた駅だろう。
駅名は覚えていない。

今じゃ少なくなった酒を売っている自販機を見ると、120円の見慣れない第3ビールがある。
ドイツ製で味もいい。

やってきた列車に乗って、義経の道を往く。

見下ろす神戸の街が美しい。

鵯越駅前風景

関連記事

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その1-近鉄奈良、新田辺、三山木、JR三山木、狛田、下狛、新祝園、祝園、学園前、学研奈良登美ヶ丘(奈良線/京都線/けいはんな線)

鉄旅日記2017年3月18日 2017・3・19 5:45 近鉄奈良(きんてつなら)駅(近

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】3日目(姫路-十三)その1-山陽姫路、山陽網干、飾磨、大塩、高砂、山陽垂水、垂水、滝の茶屋、山陽塩屋、塩屋、山陽須磨(山陽電車本線/山陽電車網干線)

鉄旅日記2017年8月13日 5:03 山陽姫路(さんようひめじ)駅(山陽電車本線 兵庫県

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その3-鶴ヶ城、七日市、塩川、姥堂、会津若松(只見線/磐越西線)

鉄旅日記2017年12月2日 16:59 七日町(なぬかまち)駅(只見線/会津鉄道 福島県

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】初日(東京-新大宮)その2-宇治山田、東青山、青山町、名張、大和八木、大和西大寺、新大宮(山田線/大阪線/橿原線/奈良線)

鉄旅日記2017年3月18日 18:35 宇治山田(うじやまだ)駅(近鉄山田線/近鉄鳥羽線

記事を読む

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その3-腰越、龍ノ口寺、江ノ島、湘南江の島、片瀬江ノ島、新宿(江ノ島電鉄/小田急電鉄江ノ島線)

鉄旅日記2017年11月12日 16:18 腰越(こしごえ)駅(江ノ島電鉄 神奈川県)

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】最終日(十三-東京)その2-野洲、米原、神領、定光寺、中津川、塩尻、岡谷、日野(東海道本線/中央本線)

鉄旅日記2017年8月14日 9:44 野洲(やす)駅(東海道本線 滋賀) 車窓から好き

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】2日目(大垣-姫路)その2-新今宮、天下茶屋、堺東、三国ヶ丘、上野芝、百舌鳥、百舌鳥八幡、金剛、千早口、高野山、極楽橋、新今宮、大阪、姫路(南海本線/南海高野線/阪和線/高野山ケーブル/大阪環状線/山陽本線)

鉄旅日記2017年8月12日 12:48 新今宮(しんいまみや)駅(関西本線/大阪環状線/

記事を読む

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その1-東長崎、本鵠沼、鵠沼海岸、藤沢、石上、柳小路、鵠沼、湘南海岸公園、鎌倉(西武池袋線/小田急電鉄江ノ島線/江ノ島電鉄)

鉄旅日記2017年11月12日 2017・11・12 8:52 東長崎(ひがしながさき)駅

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その1-大泉学園、北千住、東武動物公園、上三依塩原温泉口、中三依温泉、会津高原尾瀬口、七ヶ岳登山口、会津山村道場(西武池袋線/東武伊勢崎線/東武鬼怒川線/野岩鉄道/会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月2日 2017・12・2 5:05 大泉学園(おおいずみがくえん)

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】初日(東京-新大宮)その1-近鉄富田、富田、近鉄四日市、湯の山温泉、伊勢若松、平田町、鈴鹿市、鳥羽、賢島(名古屋線/湯の山線/鈴鹿線/山田線/鳥羽線/志摩線)

鉄旅日記2017年3月18日 2017・3・18 12:06 近鉄富田(きんてつとみだ)駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑