*

2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】最終日(松戸-五井-大原-安房鴨川-松戸)その3-安房鴨川、江見、君津、千葉、西船橋(内房線/総武本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/23 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年9月23日・・・安房鴨川駅、江見駅、君津駅、千葉駅、西船橋駅(外房線/内房線/総武本線)
16:22 安房鴨川(あわかもがわ)駅(外房線/内房線 千葉県)
乗り換え時間13分。
駅を写してハイボールを買って戻る。

時刻表通りに事が運べば、これから約4時間後に家に着く。
鴨川に行くこととは静岡に行くのと同じ感覚だ。

隣の県とは言え、途方もなく遠い。
でもだからこそ、目指したくなる。

小湊鉄道、いすみ鉄道のある区間に存在したざわめきは消えて。

だけどオレは日常にいるのか。

16:39 江見(えみ)駅(内房線 千葉県)
4分の停車。

車窓に房総の海が現れると隣の母娘からちょっとした歓声があがる。
それぞれの背景があって、みんなここにいる。

ボックス席に足を投げ出している野球少年にも同じことが言える。
彼には是非かつての銚子商業や市立銚子、成東高校のように、中央にいる勢力を凪ぎ払って全国の舞台に上がることを望んでいる。

6年振りの駅前。
何も変わっちゃいないさ。


浴びた南風に、常夏であれと願う土地の匂いが香った。

気温は平年並みだが、夏の終わりよりもむしろ秋の終わりを感じさせるような空を見た。

18:30 君津(きみつ)駅(内房線 千葉県)
館山で席が埋まり眠ってしまった。

目が覚めたら虫がいるとかいないとか。
ちょっとした騒ぎがあり君津に着けば、始発の快速列車が出るので民族大移動。

やたらと長い跨線橋を渡って便所に入る頃に快速列車発車のベルが鳴る。

君津から東京が始まる。
今もその考えを変えるつもりはない。

それにしても、やけに何もない駅前だ。

19:32 千葉(ちば)駅(総武本線/外房線/内房線/成田線/横須賀・総武快速線/千葉都市モノレール1号線/千葉都市モノレール2号線 千葉県
ホームから階段を上がると迷ってしまった。

そう言えば、かつてはホームから階段を下っていた。

まるで東京駅のような人波の中を出口に向かい、長いエスカレーターを下りると視野の狭いかつての風景。

迷い道に誘われたような千葉の夜。
2、3思い出があった。

その場所はもうない。

構わないさ。
千葉に降りるまで忘れていたから。

20:08 西船橋(にしふなばし)駅(総武本線/武蔵野線/東京メトロ東西線/東葉高速鉄道東葉高速線 千葉県)
しばらく振りに降りた。
すべてが10年振りだ。

千葉の大動脈的役割を担うことに変わりはないが、より巨大化して、まるでこの地域に別の文化を創出せんばかりの流れを生み出している。

目を見張り、驚き、ただし「駅前風景は当時のままだ」と、たいして意味もなくスマホを向けて武蔵野線へ。

千葉県は大きいな。

房総の海岸風景を収められなかったのが心残りと言える。

【Facebookへの投稿より 9/22】
サンキューちばフリーパス
ご存知でしょうか?
路線に限りはございますが、二日間乗り降り自由3,900円。

小生の住まいから江戸川を越えてひと駅いけば、そこはもう千葉県でございます。

流山、成田、佐原~潮来の水郷地帯、そして銚子。
犬吠埼で岸辺に打ち寄せる波を見ておりますと、もう40年も前に黒潮打線で全国制覇を果たした銚子商業のことなどを思い出したりいたします。
地方でも都市部ばかりが注目されるようになった昨今。
かつてのように日本全国に活気が戻ることを望んでおります。

明日もまた房総にまいります。

【Facebookへの投稿より 9/23】
千葉旅二日目でございます。

東京駅から房総半島の先端、安房鴨川駅まで鈍行列車でまいりますと、約4時間を要します。
同じ時間を使い、仮に別の方角に向かえば、西は浜松、東は郡山、北は越後湯沢を過ぎて六日町まで行くことができます。
千葉県、そして房総半島とはかくも大きいのだと、あらためて思ったものでございます。

その房総半島を縦に繋ぐことがかつて計画され、実際に実行に移され、現在は過疎化に悩む鉄路がございます。
遠大な計画とも、採算度外視の計画ともとれるでしょう。
正否は問いません。

その鉄路は、素朴な里山風景をつなぐことが未来への貢献なのだと、強い意志を持っておりました。
賛成でございます。

江戸の民は「つくつくぼうし」の声を、夏の終わりが「つくづく惜しい」と聞いたそうでございます。
そんな夏の名残と初秋が同居した美しい一日でございました。

関連記事

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その5‐奇跡の一本松、陸前高田、大船渡(大船渡線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・奇跡の一本松駅、陸前高田駅、大船渡駅(大船渡線) 18:20 奇跡

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その2-神志山、賀田、九鬼、相賀、紀伊長島、多気、名古屋、豊田町、六合、由比(紀勢本線/東海道本線)

鉄旅日記2014年3月9日その2・・・神志山駅、賀田駅、九鬼駅、相賀駅、紀伊長島駅、多気駅、名古屋駅

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その2(宇治-東京)-水口、水口石橋、水口城南、八日市、近江八幡、高宮、多賀大社前、彦根(近江鉄道本線/近江鉄道八日市線/近江鉄道多賀線)

鉄旅日記2015年3月22日その2・・・水口駅、水口石橋駅、水口城南駅、八日市駅、近江八幡駅、高宮駅

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、新潟・みちのくひとり旅】初日(東京-横手)-郡山、津川、亀田、さつき野、水原、坂町、村上、あつみ温泉、鶴岡、余目、刈和野(東北本線、磐越西線、信越本線、羽越本線、陸羽西線、奥羽本線)

鉄旅日記2012年8月11日・・・郡山駅、津川駅、亀田駅、さつき野駅、水原駅、坂町駅、村上駅、あつみ

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】3日目(柳井-徳島)-柳井、大畠、西条、岡山、高松、高松築港、オレンジタウン、引田、池谷、鳴門、徳島(山陽本線/本四備讃線/高徳本線/鳴門線)

鉄旅日記2008年5月4日・・・柳井駅、大畠駅、西条駅、岡山駅、高松駅、高松築港駅、オレンジタウン駅

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日・・・羽咋駅、七尾駅、穴水駅、和倉温泉駅、北鉄金沢駅、内灘駅、粟ヶ崎駅、

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】最終日(新潟-五泉-弥彦-柏崎-長岡)走行距離246㎞ その2-青海川駅、安田駅、北条駅、長鳥駅、来迎寺駅、長岡駅、東京葛飾金町

車旅日記2005年7月18日 15:24 青海川駅(7月16日の長岡駅より893㎞) 日本一、海

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】2日目(徳山-南宮崎)その2-津久見、日代、浅海井、狩生、佐伯、直見、宗太郎、南延岡、南日向、東都農、佐土原、南宮崎(日豊本線)

鉄旅日記2013年8月11日その2・・・津久見駅、日代駅、浅海井駅、狩生駅、佐伯駅、直見駅、宗太郎駅

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】最終日(若松-東京)若松、折尾、黒崎、黒崎駅前、戸畑、小串、長門市、益田、津和野、山口、新山口(筑豊本線/鹿児島本線/山陰本線/山口線)

鉄旅日記2009年9月23日・・・若松駅、折尾駅、黒崎駅、黒崎駅前駅、戸畑駅、小串駅、長門市駅、益田

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】最終日(神島-鳥羽港-伊良湖岬-三河田原-豊橋-東京)その2-中之郷駅、伊勢湾フェリー乗場、道の駅伊良湖クリスタルボルト(伊勢湾フェリー)

鉄旅日記2018年12月24日・・・中之郷駅、伊勢湾フェリー乗場、道の駅伊良湖クリスタルボルト(伊勢

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑