*

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その1-金町、西桑名、楚原、阿下喜、麻生田、丹生川(常磐線/三岐鉄道北勢線/三岐鉄道三岐線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年12月22日・・・金町駅、西桑名駅、楚原駅、阿下喜駅、麻生田駅、丹生川駅(常磐線/三岐鉄道北勢線/三岐鉄道三岐線)
2018・12・22 4:31 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都)
いい月夜だ。

彼女が写真にして送ってくれた月夜は一昨日。
月が浮かんでいることに気づくと立ち止まり、しばらく眺め、祈りが湧き、微笑みが浮かび、そして視線を前へと移す。

明日、今年最後の満月が浮かび、神島でその時を過ごす。

満願成就の予感があるこの年の暮れ。
愛しいものを想い、まだ見ぬ愛する女性を想い、一番列車に乗り込んだ。

早朝の町を何度も駅に向かってきたが、四季の内で今朝に一番多くの人を見た。

12:04 西桑名(にしくわな)駅(三岐鉄道北勢線 三重県)
北千住、日暮里、東京、三島、静岡、浜松、名古屋、桑名。

浜松までは席を得て、一年の疲れをここで取り除くかのように眠る。

曇った窓から見えた風景で覚えているのは、湯河原から熱海にかけての海辺。
かつての記憶も蘇る。

浜松から名古屋までは立ち通しだった。

雨を確認したのはどのあたりだったか。
浜松ではいく分あたたかな雨が音を立てていた。

名古屋を出る頃は雨も上がる頃。
あおなみ線や近鉄線と並走するややこしく線路が配置された鉄道地帯。
あのあたりではいつも胸が踊る。

校庭に多くの水溜まりを作った東海を濡らした雨。
今頃はオレがいなくなった東京を濡らす頃。

桑名では完全に雨は上がり、雲間から太陽も覗く。
真冬の寒さはない。

これから私鉄4線区の終着駅を目指す。
まずは三岐鉄道北勢線。

1100円のフリー切符を購入して北勢線に乗り込んでいる。
車両の幅は驚くほど狭く、列車が大きく揺れると吊革が一斉に荷台に当たり、木琴の調べのような音が響き渡る。

線路幅の狭いナローゲージ。
オレが生まれる頃まではそんな狭い線路幅の鉄道があちこちで走っていたそうだが、行き残ったのは北勢線と、あとで乗る四日市あすなろう鉄道の2線区、黒部峡谷鉄道のみとのこと。

フリー切符購入の際についてきたパンフレットによれば、JRの線路幅1067mmに対して北勢線は762mm。
近鉄は1435mmと国際標準軌を採用していて、西桑名2号踏切では3種類の線路幅を踏み越えていく。
通な情報だ。

列車はJR、近鉄線を注意深く跨ぎ、冬枯れには遠い北勢の景色の中にいる。
若者達は概して薄着でいる。

12:47 楚原(そはら)駅(三岐鉄道北勢線 三重県)
列車行き違い8分の停車。

線路の先の雲かかる山々を写し、駅から続く一本道を写す。



居住していると思われる外国人の姿は地方に行くほど目立つ。
日本人より活動的なのかもしれない。
さっき見かけた5人組はブラジル系だろうか。

ひたすら田園地帯を往く北勢線。
楚原から下る眺めは絶景と言っていい。

13:17 阿下喜(あげき)駅(三岐鉄道北勢線 三重県)
いなべ綜合高校を甲子園で見たことがある。
そこの生徒が下りていった。

かつて寄った阿下喜駅は、燕が巣を作る味気ない駅だった。
駅舎に踏み込むと威嚇のために耳許を掠め飛んできたものだ。

当時は三岐鉄道ではなく、近鉄北勢線。
知らぬうちに失意と再生を味わった沿線。

駅の統廃合または廃止移転により17駅から13駅となったが、行き違い駅の増設や列車の高速化が果たされたという。

それから10年以上が経ち、この終着駅は漆黒に生まれ変わり、川辺には柳が揺れ、少し歩けば温泉がある。



以前の風景をまったく思い出せないが、この駅周辺の変化を気に入っている。

セブンイレブンでビールを購入して駅へ戻る。
脇には転車台と古い客車が残されている。

13:45 麻生田(おうだ)駅(三岐鉄道北勢線 三重県)にて

14:26 丹生川(にゅうがわ)駅(三岐鉄道三岐線 三重県)
西桑名に戻り、隣接する桑名駅から近鉄名古屋本線で近鉄富田駅に移動。
三岐線に乗り換えて終点の西藤原を目指す計画でいた。

でも西桑名でもらったパンフレットに載った地図を見ると、北勢線と三岐線は驚くほど近くを走っている。
最接近していると思われるのが、麻生田駅から三岐線丹生川駅間。

北勢線麻生田駅で降りて徒歩で移動。
およそ3kmほどだろうか。

坂を下りきり、振り返ると阿下喜に向かう黄色い列車が見えた。

員弁川を渡り途中コンビニに寄り、地神に敬意を払い、何気ない風景を写しながら気楽に歩いてきた。





駅を見つけて、引戸に手をかける時に小さな男の子が自転車に乗ってやってきた。
この静かな一帯で、彼の気を引く一番の場所がここで、そして彼も列車に乗りたいのだろう。
いじましく思えて、ほのぼのとした気持ちになる。

構内踏切を渡り、島式ホームに上がる風景に、この国が本来残さなければならない風景が何なのかが分かった。

貨物列車が走る三岐線。
龍が浮かぶ空を眺めながら、永遠に続けと願う。

いなべとは員弁と書くのだ。
確かに読めない。

関連記事

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】2日目(西舞鶴-魚津)その1-西舞鶴、東舞鶴、若狭高浜、小浜、上中、十村、木ノ本、余呉、高月、永原、敦賀(舞鶴線/小浜線/北陸本線/湖西線)

鉄旅日記2014年3月22日その1・・・西舞鶴駅、東舞鶴駅、若狭高浜駅、小浜駅、上中駅、十村駅、木ノ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日・・・会津若松駅、広田駅、野沢駅、徳沢駅、津川駅、五十島駅(磐越西線) 2

記事を読む

2020年如月【水上温泉につかりにいったある週末の記憶をSNSへの投稿より振り返ります。】-土合、水上、後閑、沼田(上越線)

鉄旅日記2020年2月8日~9日・・・土合駅、水上駅、後閑駅、沼田駅(上越線) 水上に投宿する前に土

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】初日(東京-三国峠-新潟)-町田、東福生駅、山田うどん、前橋市田口町、月夜野道路情報ターミナル、奥平温泉遊神館、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

車旅日記1997年8月13日 1997・8・13 10:30 東京町田 出発が遅れている。 急

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅(山陰本線) 10:03

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

車旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海SA 多少はスッキリしたんだ。 あれ

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その1-金町、水戸、上菅谷、常陸大子(常磐線/水郡線)

鉄旅日記2019年9月21日・・・金町駅、水戸駅、上菅谷駅、常陸大子駅(常磐線/水郡線) 2019・

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

車旅日記2006年7月16日・・・津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテル

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮かばない

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、甲斐駿河途中下車旅】その1-新宿、初狩、笹子、酒折、善光寺、甲斐岩間、波高島、内船、芝川、西富士宮(中央本線、身延線)

鉄旅日記2013年3月3日その1・・・新宿駅、初狩駅、笹子駅、酒折駅、善光寺駅、甲斐岩間駅、波高島駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑