*

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】3日目(仙台-山形-大曲)その2-羽前豊里駅、真室川駅、及位駅、院内駅、湯沢駅、横手駅、後三年駅、大曲グランドホテル

公開日: : 旅話 2006年

鉄旅日記2006年5月4日
14:15 羽前豊里駅(738㎞)
駅では少女たちが待っている。
広場では少年たちが縄跳び遊びをしている。
この村じゃオレが吸っている煙草は手に入らない。

奥羽本線は秘境に入っている。
単線の線路が果てしなく延び、平行する県道を往く車はない。

広場では桜木が対に植わり、実りある春を実感させる。
日差しに喜び、駅舎はあたりの家屋と同じような姿をしている。
壁が新しいから、開業当初のものではないだろうが、あるいはそうした駅舎なのだろうかと思わせる古風な姿だ。

少し先に城跡があるようだ。

14:33 真室川駅(742㎞)
駅名になっている川に沿って北上している。

ここは町だ。
観光用ポスターが貼られている。

梅の里、真室川には真室川音頭があり、昭和の初めには随分と流行ったという。

あたしゃ梅の花。
蕾のうちから男が奪いにやってくる。

そんな内容だ。

地主の家のような立派な駅舎内では物産展を開催していて、草餅を購入した。
これが昼飯になる。
たいしたものを求めちゃいなかった。
これでいい。

そしてやはりここでも、オレが吸う煙草の銘柄は売っていなかったよ。

15:13 及位駅(766㎞)
駅名は「のぞき」と読む。

大昔に山伏が崖の端から宙づりになり、中腹にある穴を覗くという修行をこの地で行ったことにちなむという。
その修行を終えて偉くなった者が京の都に上がり、天子様より位を授かったという。

それで位に及ぶか。

今でも奈良の方ではこの恐るべき修行を行っている一団がいるという話。

明治37年開業ということは、この簡素で味気ない駅舎は何代目にあたるのだろう。
自転車が置いてあるから利用者はいるのだろうが、人家はまばら。

駅には雪が残り、もう県境が近い。

15:38 院内駅(775㎞)
豊富な雪をかぶった鳥海山は彼方。
雄勝トンネルを抜けて秋田県に入った。

奥羽本線は新庄を出て以来、山深い地帯を通ってきた。
ここ院内には秋田藩の関所跡があり、縄文の発掘跡があり、院内銀山跡がある。

明治に入ってドイツ人技師を招き、住まわせた館を復元したものが、駅舎と一体となった院内銀山異人館。
明治を象徴するレンガ造りだ。
旧駅舎はそう遠くない過去に焼けてしまったという。

近くには城跡があり、キリシタン殉教碑があるという。

奥羽本線開業時は新庄院内間のみで、今も日に2本ほど院内止まりの列車がある。

雄物川に接したこの小さな町が持つ様々な歴史に惹かれた。

16:14 湯沢駅(793㎞)
街に着いた。
ずいぶん久し振りに街に着いたよ。
13号国道も奥羽本線も鄙びた一帯を走り抜いて、ようやく街に着いた。

国鉄文化を残す三角屋根の駅舎が建っている。
古びた跨線橋が、風雪に耐えて現代に至った様を体現している。

湯沢は、かつて秋田方面から鳴子温泉に向かう際に通った地点で、あの時は暗くなる頃で心細く、必要以上にあたりを暗く感じてしまったけど、明るい街だ。
商店もどうやら元気そうで、名店街という昭和の路地に湯沢が歩んできた歴史を想像する。

17:04 横手駅(813㎞)
今日もいよいよ終盤戦。
まだ日は暮れないが、大曲で前進行動を停止する。

かまくらの里、横手の駅は雪国特有の横長の鉄筋造りで、緑色をしている。
かまくらだけあって、豪雪地帯なのだろう。

街はなかなかのものだ。
きっと大曲でも失望せずに済むだろう。

ユニオンという百貨店が駅前にあり、人々が集まっているけど、ここは雪国。
ペラペラ喋る姿を見ない。

土産をここで買い込んだ。
横手は奥羽本線と北上線が交わるターミナル駅。
かつて車の旅で、ここから北上へ向かったことがあった。

城下町、横手。
駅舎の屋根に取り付けられた大きな看板がそのように謳う。

17:38 後三年駅(820㎞)
1,000年前の古戦場に、1,000年後の夕日が落ちようとしている。

親子がキャッチボールをしていて、駅にいた二人の少女の言葉に秋田訛はなく、東京人のようにラフな格好をしている。

何度かペンキを塗り替えたような駅舎は、古くも見えるが、案外新しくも見える。

後三年の役の最終決戦地、金沢の柵が近くにあり、駅名はその古事にちなむ。
この国最初の兵糧攻めが行われた戦いだったという。

東北人はこの戦争に対して、今もなお恨みを残しているという話を何かの本で目にしたことがある。
そして奥州藤原氏はこの地ではなく、岩手の平泉で繁栄を築いた。

無人の駅の周囲は秋田平野。
清原一族が最後の望みを託した地はのんびりとしたところだ。

雁の群れの乱れから伏兵の存在を知った「雁行の乱れ」。
剛に見える武者と臆病に見える武者を分けて、武者の健闘を煽った八幡太郎義家の「剛臆の座」。
鎌倉武士の象徴とも言えるような剛勇、若干16歳の鎌倉権五郎の奮戦。

多くの逸話と悲劇を残した古の古戦場に日が沈む。

20:47 大曲グランドホテル610号室(838㎞)
この街に着いてから3時間近くが経とうとしている。
湯沢、横手と辿ってきて、ここ大曲の活気のなさが信じられなかった。
何が基準なのか。
まさか地理的に東京から離れていることが原因ではないだろう。

大曲駅の現在の姿は秋田新幹線開通によるものだろう。
この街で一番の現代的な建築物と言える。

だけど大曲を故郷に持つ者を除けば、多くの旅行者はここを素通りして秋田に向かうのだろう。
オレも当初は秋田で今夜の宿を探した。

大曲の存在は20年前から知っている。
その10年前にこの街で、王者組ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田の最強師弟コンビに、挑戦者組テリー・ファンク、ディック・スレーターのテキサス師弟コンビが挑んだ王座戦が組まれたことを知った。

当時この街に何があったのだろう。
奥羽本線と田沢湖線が交わるターミナル駅としての事情は当時から変わりはないが。

かつて、プロレス一座が各地を巡って王座戦を組む地方都市は、多くは今じゃもう閉山して賑わいを失った炭鉱町だった。
他の理由ももちろんあるが、ここ大曲でもその後そうした興行は打たれていない。

変化を押しつけるわけじゃないが、秋田新幹線や秋田自動車道は大曲に何をもたらしたのだろう。
そう思うのは、そうしたルートから外された湯沢、横手の方が街道は賑わっていたから。

スローガンが街に貼られていたよ。
山形新幹線を新庄から大曲へ延伸せよと。
JR東日本で検討されたことはあるのだろうか。
実現する可能性は乏しいように感じる。

大曲は市町村合併により大仙市となった。
人口は10万人に満たない。

駅前通りのホテルのネオンは半端な光を放ち、飲み屋はどれもぱっとせず、久々に再会したといった背景を持つであろう男たちが入っていった店も覗いたが、結局は百貨店の蕎麦屋に入って酒を飲んだ。
客はオレひとりで、同じフロアーにある「美味しい生ビール」と謳う焼肉屋は早々に店を閉めていた。
ミュージック・バーという洒落た店も角にはあったけれど。

昨夜の仙台では空を見忘れた。
星がどれだけ見えるか本当は知りたかった。
ここ大曲の空に見える星はあるかなしか。

天気が少し崩れている。

関連記事

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】5日目(青森-八戸-気仙沼-女川-安達)その1-駅前ホテルニュー青森館、野辺地駅、三沢駅、十和田市駅、本八戸駅、陸中八木駅、久慈駅、岩泉駅、茂市駅

鉄旅日記2006年5月6日 2006・5・6 8:07 駅前ホテルニュー青森館311号室 夢

記事を読む

「鉄旅日記」2006年新春【雪の降った翌日。近くのローカル線に乗りに出かけました。】-馬橋、流山、幸谷、新松戸、佐貫、竜ケ崎(常磐線/総武流山電鉄/関東鉄道竜ヶ崎線)

鉄旅日記2006年1月22日 雪原だったよ。 この町に降った雪はだいぶ消えていたけど

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】3日目(仙台-山形-大曲)その1-ホテルイーストワン仙台、陸前落合駅、愛子駅、作並駅、山寺駅、高瀬駅、蔵王駅、北大石田駅、舟形駅

鉄旅日記2006年5月4日 2006・5・4 7:26 ホテルイーストワン仙台402号室

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】4日目(大曲-阿仁合-弘前-三厩-青森)その2-弘前駅、つるた、毘沙門駅、津軽中里駅、三厩駅、中小国駅、駅前ホテルニュー青森館

鉄旅日記2006年5月5日 14:21 弘前駅(1,046㎞) 津軽平野を横断する102

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】最終日(近江八幡-長浜-揖斐-岐阜)-ホテルはちまん、近江八幡駅、安土駅、彦根駅、長浜駅、垂井駅、美濃赤坂駅、揖斐駅、木知原駅

鉄旅日記2006年7月17日 2006・7・17 8:26 ホテルはちまん607号 昨日

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

鉄旅日記2006年7月16日 14:51 津駅(岐阜駅より150㎞) 変わっていない。

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩夏【ふと誘われるように、上州へ向かう列車に乗ったのでございます。】-伊勢崎、桐生、西桐生、下仁田、上州富岡、高崎(高崎線/両毛線/上信電鉄)

鉄旅日記2006年9月2日 空の色はよかったよ。 煙草を3本吸い終えると出かけた。

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】2日目(黒磯-郡山-いわき-仙台)その2-末続駅、双葉駅、原ノ町駅、相馬駅、亘理駅、岩沼駅、名取駅、ホテルイーストワン仙台

鉄旅日記2006年5月3日 13:26 末続駅(403㎞) 国道から見えたんだ。

記事を読む

「鉄旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】初日-平塚、国府津、沼津、掛川、三河大塚、尾張一宮、岐阜(東海道本線/御殿場線)

鉄旅日記2006年7月15日 2006・7・15 20:30 東横イン名鉄岐阜813号

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩秋【浜名湖へ。そして飯田線に乗って、友に会いにいったのでございます。】2日目・最終日-尾奈、新所原、豊橋、本長篠、鳥居、三河槇原、中部天竜、佐久間、大嵐、伊那小沢、天竜峡、松本(天竜浜名湖鉄道/東海道本線/飯田線/中央本線)

鉄旅日記2006年11月4日/11月5日 2006・11・5 東京葛飾金町 清々しい浜名

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その2-大塚山古墳群、会津若松、芦ノ牧温泉、大川ダム公園、芦ノ牧温泉南(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月3日 11:12 会津若松(あいづわ

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その1-会津若松、笈川、堂島、喜多方、会津若松(磐越西線)

鉄旅日記2017年12月3日 2017・12・3 6:39

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その3-鶴ヶ城、七日市、塩川、姥堂、会津若松(只見線/磐越西線)

鉄旅日記2017年12月2日 16:59 七日町(なぬかまち

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その2-会津荒海、会津田島、会津下郷、塔のへつり、湯野上温泉、西若松(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月2日 12:28 会津荒海(あいづあ

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その1-大泉学園、北千住、東武動物公園、上三依塩原温泉口、中三依温泉、会津高原尾瀬口、七ヶ岳登山口、会津山村道場(西武池袋線/東武伊勢崎線/東武鬼怒川線/野岩鉄道/会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月2日 2017・12・2 5:05

→もっと見る

    PAGE TOP ↑