*

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】2日目(大垣-姫路)その1-大垣、能登川、栗東、草津、石部、三雲、甲南、油日、甲賀、柘植(東海道本線/草津線)

公開日: : 最終更新日:2020/09/12 旅話 2017年

鉄旅日記2017年8月12日
6:50 大垣(おおがき)駅(東海道本線//美濃赤坂支線/養老鉄道養老線/樽見鉄道 岐阜県)
何度も通りすぎてきた大垣。
でも駅前しか知らずにいた。
お城はちらっとだけ。

西軍はここにいた。
そして美濃赤坂に陣取った東軍とにらみ合う。

関ヶ原合戦でしか歴史上目にしない街だが、鉄道を利用するようになって大垣の存在は強く意識されるようになる。

日付が変わる頃に東京駅を出る夜行列車が毎日走っていた頃。
「ムーンライトながら」号。
その終点が大垣だった。

22:00の繁華街に人の姿はなく、街も夏休み。
それでいいんだ。

大垣日大はもう甲子園に登場したのか?

橋の袂にちいさな子どもの石像があった。
とても愛らしい。

大垣の街並




8:00 能登川(のとがわ)駅(東海道本線 滋賀県)
近江路は雨。
蒸してはいるが涼しい。

東近江市を謳う町に、雨が似合う古い家並みが見える。

写真にしてしまうとつまらないものだが、実際に目にすると旅情に包まれる。

予定を変更して、しばらくここにいようかと思ったよ。

8:36 栗東(りっとう)駅(東海道本線 滋賀県)
ここらあたりにいると、いつも関東では聞かない蝉の声に気づく。
とても静かだから。

栗東に新幹線駅ができる話しが持ち上がり、女性知事が白紙に戻したことがある。
そして「もったいない」という言葉が流行った。

ボーリング場、ジムが入ったビルが駅前にある。
その中に町が収まっていた。

8:56 草津(くさつ)駅(東海道本線/草津線 滋賀県)
街道の交差点に降りた。
東海道と中山道はここで交わる。

草津宿。
駅の両側の出口とも賑わう街。

守山、栗東の静けさは消えて、かつて歩いたアーケード街は姿を変えようとしていた。

草津線へ。

久しぶりにカミキリ虫を目にした。
ホームで踏み潰されていた。

雨が上がり蒸してきた。


9:09 石部(いしべ)駅(草津線 滋賀県)
近江富士的な山を左に見る。
野洲川の堤防が覗いている。

セメント工場の脇に列車は止まり、行き違い3分の停車。

駅前に商店の類いは見られなかったが、乗降客は多く、若い駅長さんが汗をかいている。

9:22 三雲(みくも)駅(草津線 滋賀県)
乗ったのは貴生川行で、以前降りたことのある貴生川ではなく、ここで次の柘植行を待つ。

中東の女性もまたお洒落だ。
新しい駅舎の木製腰掛けに座る姿は絵画的だった。

宝石店などがある小さな町角の先に車通りの多そうな高架が見える。
あれは1号国道か。

かつての車旅では1号国道を上下することがよくあった。
このあたりに差し掛かる頃は、下りでは疲れ果てていて、上りでは先を急いでいて、何も記録されていない。

9:34 甲南(こうなん)駅(草津線 滋賀県)
甲賀路に日が戻る。

行き違い3分の停車。
水溜まりをよけて狭い駅前へ。

改札前は人で埋まっている。

9:51 油日(あぶらひ)駅(草津線 滋賀県)
駅で改札業務を行っていらっしゃる方が忍者の姿をしている。
写真を撮らせてほしいとお願いすると快く収まっていただいた。

甲賀路にはタヌキの置物が付き物。
その脇に立たれた。

FMラジオが大音量で流れ、若者達が騒いでいる。
若いっていうのは、うるさいってことなんだな。
オレもそうだった。

電車好きの男の子を連れたじい様がやってきた。
何でも、お孫さんが駅が好きで、近くの駅を巡っているとのこと。

オレと同じじゃないか。
もっともオレはあの時分にはたいして鉄道は好きじゃなかった。

発着のメロディーが「春がきた」で、思わず口ずさむ。

油日駅前風景

10:18 甲賀(こうか)駅(草津線 滋賀県)
ひと駅戻る。

母親を呼ぶ小さな女の子のかわいらしい声がする。
その声に反応して振り向いた女子高生が微笑んだ。

その光景を眺めてオレも微笑んだ。

オレのことはおいておいて、人が作る優しい光景だった。

新しい駅舎には忍者を描いた壁画が2点。
忍者の里、甲賀をアピールする姿勢が徹底していていい。

駅前商店街では、歴史的な建物が最早使用されることもなく、町の古さだけを伝えていた。



甲賀駅前風景

10:41 柘植(つげ)駅(関西本線/草津線 三重県)
随分色褪せていたけど、駅は変わっていなかった。

旅行者が多く見られる日は、駅の印象も違って見える。

駅前の軽食喫茶中村屋さんでビールを買って軽食。
周囲の見えかたもかつてここに降りた日と違った。

あれは確か2月だった。
冬と夏での感じ方が同じなわけがないか。

駅の案内板で目につくのは松尾芭蕉生誕地のみ。

3月の近鉄旅の際にも記したが、伊賀とはそういうところだ。

未だに全貌は解明されていないのではと思わせる神秘性を有している。

関連記事

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その3-橿原神宮前、六田、吉野、近鉄御所、御所、尺土、二上山(吉野線/御所線/南大阪線)

鉄旅日記2017年3月18日 13:28 橿原神宮前(かしはらじんぐうまえ)駅(近鉄橿原線

記事を読む

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その1-東長崎、本鵠沼、鵠沼海岸、藤沢、石上、柳小路、鵠沼、湘南海岸公園、鎌倉(西武池袋線/小田急電鉄江ノ島線/江ノ島電鉄)

鉄旅日記2017年11月12日 2017・11・12 8:52 東長崎(ひがしながさき)駅

記事を読む

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その3-腰越、龍ノ口寺、江ノ島、湘南江の島、片瀬江ノ島、新宿(江ノ島電鉄/小田急電鉄江ノ島線)

鉄旅日記2017年11月12日 16:18 腰越(こしごえ)駅(江ノ島電鉄 神奈川県)

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その2-生駒、鳥居前、宝山寺、生駒山上、布施、俊徳道、JR俊徳道、河内山本、信貴山口、高安山(生駒ケーブル/奈良線/大阪線/信貴線/西信貴ケーブル)

鉄旅日記2017年3月18日 8:36 鳥居前(とりいまえ)駅(生駒ケーブル 奈良県)

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】3日目(姫路-十三)その1-山陽姫路、山陽網干、飾磨、大塩、高砂、山陽垂水、垂水、滝の茶屋、山陽塩屋、塩屋、山陽須磨(山陽電車本線/山陽電車網干線)

鉄旅日記2017年8月13日 5:03 山陽姫路(さんようひめじ)駅(山陽電車本線 兵庫県

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その4-柏原、道明寺、河内長野、古市、畝傍御陵前、田原本、西田原本、新王寺、近鉄王寺(道明寺線/長野線/南大阪線/橿原線/田原本線/生駒線)

鉄旅日記2017年3月18日 17:35 柏原(かしわら)駅(関西本線/近鉄道明寺線 大阪

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】3日目(姫路-十三)その3-高速神戸、湊川神社、神戸三宮、甲陽園、夙川、西宮北口、宝塚、箕面、石橋、北千里、十三(阪急電鉄神戸高速線/阪急電鉄神戸本線/阪急電鉄甲陽線/阪急電鉄今津線/阪急電鉄宝塚本線/阪急電鉄箕面線/阪急電鉄千里線)

鉄旅日記2017年8月12日 15:54 高速神戸(こうそくこうべ)駅(阪神電鉄神戸高速線

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その2-会津荒海、会津田島、会津下郷、塔のへつり、湯野上温泉、西若松(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月2日 12:28 会津荒海(あいづあらかい)駅(会津鉄道 福島県)

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その1-大泉学園、北千住、東武動物公園、上三依塩原温泉口、中三依温泉、会津高原尾瀬口、七ヶ岳登山口、会津山村道場(西武池袋線/東武伊勢崎線/東武鬼怒川線/野岩鉄道/会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月2日 2017・12・2 5:05 大泉学園(おおいずみがくえん)

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その1-近鉄奈良、新田辺、三山木、JR三山木、狛田、下狛、新祝園、祝園、学園前、学研奈良登美ヶ丘(奈良線/京都線/けいはんな線)

鉄旅日記2017年3月18日 2017・3・19 5:45 近鉄奈良(きんてつなら)駅(近

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日 15:00 日出塩(ひでしお)駅

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑