*

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

公開日: : 旅話, 旅話 1996年

鉄旅日記1996年5月6日
6:58 直江津駅
恋する女よ、いつの間にか日本海とさよならしていたよ。
そしてもうすぐ8号国道ともおわかれだ。

君がまだ眠っているうちに北陸の道を通り過ぎたんだ。
最後まで海は荒れて、風が強かったよ。

人通りのない寂びた商店街を抜けると古い駅があった。
君がこの駅に着くのはどれくらい先なのだろう。

改札口から何本ものレールが見える。
やがて君はいずれかのレールを伝ってこの駅に降り立ち、また違うレールから東京へ向かう。

時刻表を見たけど、どの時刻に君がやってくるのか見当もつかない。
そこにいた神に、君の帰りの無事を祈ったよ。

次は東京で。
いつものように東京で会おう。

君と同じルートをたどるのもここまでだ。
この先オレはひと足先に家路を行く。

ここから南に延びる道をひたすら行けば東京に達する。
また会おう。

オレが通ってきた北陸路はとても寒かったが、彼女が往く頃は暖かくなっているだろう。

早朝じゃまだ冬も居残っているが、太陽が昇ればしっかりと春が息づいているだろう。

オレのように寒い思いをせずに済むだろう。

10:15 18号国道‐新井
ルートは18号へ。
道はまっすぐだった。

気の短い新潟の車がオレを追い抜いていく。
休息を欲しているオレを気にもかけず追い抜いていく。

朝が来れば路上はレースの時間になる。
日本海ルートでの幻想は途切れ、オレは本当に疲れていることを正確に感じとった。

越後路には田中角栄が首相だった頃に整備された休息場所がいくつか設けられている。
ひとつを過ぎてもまたすぐにそんな場所がある。

ダンプカーの隣に車を止める。
外は明かりにあふれ、気温もまずまず。

シートを倒して横になる。
眠りに落ちるのにそれほど時間はかからなかった。
大休止。

車の中にしちゃよく眠れたよ。
ただし夢の中でも同じシチュエーションだった。
連れがいたけど、夢の中でもオレは運転していたんだ。
あまりいい夢じゃなかったな。

連中に言わせれば、オレは鬼みたいな顔をして眠っていたんだろう。
でも仕方ないだろう。
このツアーがタフなものだってことは理解できるだろう。

だから東京まであと何㎞なんて聞くんじゃないよ。

11:15 18号国道‐豊野町
再び走り始める。
ろくに腹に飯を入れていなかったが、そのことは別段気にならなかった。

越後路から信濃路へ。
ある地点から路上は混み始めた。
スキー板を積んだ連中がレースに参入し始めたんだ。

このあたりにもまだ冬は残り、遠くの山並にもまだ白いものが見える。
風景は穏やかだ。
街に向かっているが、当分の間は行き着く街も穏やかな風景の中にあるだろう。

目標を失いかけたが、それはこの日の終着点が東京だったからに他ならない。
さらに走っているルートに問題があった。
その問題はやがて解消されたが、信濃路を知っているオレには新鮮さが感じられなかった。

そこはオレの祖先が暮らしてきた国。
そして一族がそこから遠からぬ場所で今も暮らしている。

ふとそこに寄って今夜の宿を提供してもらうことも考えた。
いい考えだと思ったが、すぐに思い直した。

新井で眠るより以前のことがすべて夢の中のことのように思えるよ。
日本海路は冬だった。
とても長くて寒くてタフな一日を生きた。

今18号の長い坂を長野市内へと下りていっている。
ブルース・スプリングスティーンの「ネブラスカ」がかかっていた。
そしてさっきまで横に居座っていた雪をかぶった山並も消えて、長野盆地に日が差している。

旅の途中ということを忘れかけていたよ。
ここはオレの故郷。
景色に見覚えがあるんだ。

そして日本海を後にすると、彼女の匂いが少しずつ消えていくのが分かった。

12:00 長野駅
昼時を間近に控えた長野市内には豊かな陽光が降り注ぎ、人々の出足も活発で、穏やかな街に着いたことを喜ぶべきかどうか考えていた。

ずっとタフな気持ちでいたかったんだ。
でも街の風景に文句を言うのは筋が違う。

土産を仕入れる場所はここになった。
大阪へ出かけるって言ってきたけど、土産は長野の饅頭。

体力が続く限りオレはどこにでも出没するんだ。
大阪も琵琶湖も、そして彼女がいた金沢もすべて通り過ぎて、長野盆地に現れたってわけだ。
旅はまだ終わっていないどころか、これから先のルートさえ決まっていない。

駅へ向かう道に車を止めて、駅へと歩いていく。
すれ違う人々がオレを見ているような気がした。

スタイルは昨日と変わらない。
帽子もシャツもズボンも下着ですら変わらない。
無精ひげだけが一日生きた分だけ伸びていた。

そんなオレを好奇に近い目で一瞥しながら人々は通り過ぎていく。
それでいい。
オレは旅の途中。

街の人間と呼吸を合わせるわけにはいかない。

12:58 19号国道‐信州新町(道の駅)
最後に信濃路を選んでよかったよ。
次に往く国道についた番号は19。
街を通ることもなく、道は山裾を縫うように敷かれている。

こういう景色。
どこにでもあるものだと思っていたけど、これは長野にしかない風景だってことにたった今気づいた。

旅の果てにたどり着いた場所。
いいところだ。
犀川が泥の河になっていることが気がかりで、ここで何が起こっているのか、人間社会と自然環境を少しだけ心配した。

そして信州新町に着く。
この道の駅でビールを飲んで、おやき食べて。
安っぽいけど、昼めしはこれでいい。
そしてまた車の中で横になった。

この町では、泥の川も本来の正常な色を取り戻していた。

14:14 19号国道‐大岡村(道の駅)
名の知らない鳥が飛んでいる。
鳥といえば最近はカラスくらいしか見ていなかったから、やけに新鮮だよ。

観光ガイドになんか出ちゃいないけど、ここだって立派な観光地だな。
山があって、川が流れている。
オレにはそれだけで十分だ。

こういう場所に来て風景が汚されている様を目の当たりにすると、民度の低い人間がいかに大勢いるかということに驚かされる。

そんな連中がオレと同じように、恋する人に愛の言葉を言おうとしているのか。
ふざけるんじゃないよ。
この世はとてつもなく安っぽい言葉にあふれている。

ここは素晴らしいと、ただそれだけを表現したかっただけなのに、余計な言葉があふれた。

街が近づいている。
追憶のルートが間近に迫った。

関連記事

「鉄旅日記」2018年弥生【秩父へ。西武線とのお別れでございます。】-練馬区役所、芦ヶ久保、西武秩父、御花畑、秩父、入間市(西武秩父線/秩父鉄道/西武池袋線)

鉄旅日記2018年3月24日 2018・3・24 12:17 練馬区役所 役場の薄暗い転

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その1-町田、御殿場、道の駅富士川、静岡駅、掛川

鉄旅日記1996年5月3日 1996・5・3 0:36 東京町田 旅が始まる。 今はそ

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】2日目-友人夫婦と過ごした一日

鉄旅日記1996年5月4日 1996年5月4日の記憶 一夜明けた。 友人夫婦はそこ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その3-金島、中之条、川原湯温泉、大前、羽根尾、高崎問屋町(吾妻線)

鉄旅日記2018年2月11日 15:43 金島(かなしま)駅(吾妻線 群馬県) 渋川を過

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日 2018・3・4 7:31 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その3-燕三条、北三条、三条、長岡、水上、高崎(弥彦線/信越本線/上越線)

鉄旅日記2018年3月4日 14:24 燕三条(つばめさんじょう)駅(上越新幹線/弥彦線 

記事を読む

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にス

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その3-鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、上今市、今市、下今市、南栗橋(野岩鉄道/東武鬼怒川線/東武日光線)

鉄旅日記2017年12月3日 15:13 鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)駅(東武鬼怒川線 

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 成瀬センター前、東福生駅、籠原駅、北橘村、渋川、ドライブイン利根川、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、道の駅ゆのたに、堀之内パーキング

車旅日記1996年8月13日 1996・8・13 10:45 東京 ルートは決まった。

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】最終日(鳴子温泉‐米沢‐東京) 鳴子サンハイツ、鳴子温泉駅、芦沢駅、赤湯駅、米沢郊外、磐梯、猪苗代湖、新白河駅、氏家、春日部、三軒茶屋、東京町田

鉄旅日記1996年11月3日 1996・11・3 9:09 鳴子サンハイツ 拝啓 その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑