*

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】初日(長岡-会津-福島-山形)走行距離388㎞ その2-福島駅、峠駅、今泉駅、荒砥駅、アパホテル山形駅前大通

公開日: : 旅話 2005年

車旅日記2005年7月16日
17:00 福島駅(7月16日の長岡駅より255㎞)
あれから10年だったな。
信夫山のことは忘れていた。

礼儀正しい磐城人が通り過ぎていく。
郡山で暮らす友人夫婦のように、磐城国の人々は穏やかそうだ。

東北に足を踏み入れるのは5年ぶりになる。
たぶん変わっていないのだろう。
そう、何もかもが。

福島盆地は東京のような蒸し暑さに見舞われている。
夕立でもくれば、また歴史の雨ともなるが、そうはなりそうもなく、またそれでいい。

5月の富山以来、大きな街に着いた。
いい街だな。
今日はまったく歩いていないが、オレは東口の繁華街を知っている。

福島入りの前には土湯温泉を抜けてきた。
あそこだろ。
子供の頃の記憶に残っている温泉街は。
近くの川が錆び色をしていたよ。

2016年3月6日撮影

18:03 峠駅(7月16日の長岡駅より288㎞)
峠を上り山形県へ。
そして峠の駅へ。

峠で雨が降った。
少し大粒の雨が峠駅上空から落ちてきた。
でも駅は濡れない。

長いトンネルをくぐってきた奥羽本線。
山形新幹線はここで格納庫に収まるように停車する。

この木柵の向こうに何があるのか。
まさか駅があるとは誰も思わない。
駅名に魅かれて寄ってみたが、こんな想像を絶するような面白さを持つ駅であることに驚いた。

歴史の雨はこの峠で降った。
もっとも、よく降るのだろう。
峠とはそういうものだ。

こんな場所にわざわざやってくるのは、オレみたいなもの好きだけだろう。
暗いトンネルの中に照らされたホームはとても幻想的だった。

19:35 今泉駅(7月16日の長岡駅より337㎞)
峠で赤い真ん円の夕日を見た。

米沢を抜けて13号国道を迂回して、287号国道。
今泉駅はJR米坂線と山形鉄道が乗り入れる風情のある駅だった。

駅前で迎えの車を待つオッサンと少女。
空はまだ明るさを残している。
東北の空がこんなにも暮れないことを知らずにいた。

今はもう夏か。
蝉の声が小さくなり、蛙をはじめとした地下や地上の虫たちがさわさわと動き出す音が聞こえる。
田舎の夏の音だ。
気温はまだ20度以上を残している。

今になって東北の山河に包まれている喜びが湧いてきた。

昔ながらの駅舎に灯がついている。
京都では今夜が祇園祭の宵々々山にあたるはずだ。

2019年1月5日撮影

20:00 荒砥駅(7月16日の長岡駅より354㎞)
山形鉄道の終着駅は廃れちゃいない。
まるで結婚式場のようなきれいな駅舎が、闇夜に浮かぶように建っている。
今日の仕事はすべて終えているけど、きれいな灯をともして、「よかったら使ってくれ」と言ってくれている。

この先にも線路は延ばせるが、ここでおしまい。
今日のオレもそうだ。
これで思い残すことなく山形で眠れる。

煙草が吸える粋な駅だった。
夏の夜の風情は、人気のないこのあたりにも濃厚に漂っている。

2011年11月6日撮影

23:38 アパホテル山形駅前大通302号室(7月16日の長岡駅より388㎞)
サクランボ娘はいかしていた。
東北のラッパーのスタイルは東京と同じだが、敵対心はなさそうで、ギター弾きは地下道で夢を見ている。

山形牛に里芋鍋。
美味かったよ。
美味いものを食べたのは富山以来だな。

東京での暮らしに疲れて、今日はそんな心の疲労を引きずっていた。
山形の街が案外狭くてよかった。
今日のオレじゃあちこち歩いて回れないから。

10年前の記憶は今も鮮明で、人のいい山形人に救われたことを覚えている。
オレにできる借りの返し方は山形県で金を使うこと。
でも悪いな。。
せいぜいあの程度だ。
あとは明日ガソリンでも入れて、昼飯を鶴岡あたりでと思っている。

今日のオレは10年前のオレでもなく、旅人でもなく、何となく車を転がしていただけの男のようだった。
どことなく冴えなくて。
それでも400㎞近く車を転がしてここまできた。
やりたいことはしている。

彼女の顔は何度も浮かんだ。
でもとどめておこうとは思わなかった。
ひとり旅だ。
それでいい。

相変わらず明日のルートは明確じゃない。
早く路上に出たいけど、今夜はゆっくり眠りたい。

こんなに静かな夜。
山形がせっかく差しだしてくれている。

関連記事

「鉄旅日記」2005年秋【軽井沢で挙式する身内を祝うために、初めて鉄道で旅をいたしました。ここから鉄旅が始まったのでございます。】最終日(小諸-軽井沢-高崎-水戸-東京)その1-小諸、軽井沢、横川(しなの鉄道)

鉄旅日記2005年11月7日 2005・11・7 東京葛飾金町 昨夜の雨は上がり、霧に煙

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】4日目(帯広-襟裳岬-苫小牧-札幌)走行距離374㎞ -帯広東急イン、帯広緑ヶ丘公園、忠類、襟裳岬、様似駅、静内駅、恵庭中島公園、札幌東急イン

車旅日記2003年8月16日 2003・8・16 帯広東急イン826号室(8月13日の函館

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】初日(松本-飯山-富山)走行距離317㎞ その1-新宿駅、松本駅、明科駅、聖高原駅、冠着駅、姨捨駅、篠ノ井駅、川中島駅、飯山駅

車旅日記2005年4月29日 2005・4・29 6:06 新宿駅9番ホーム 中央線は山

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】初日(松本-飯山-富山)走行距離317㎞ その2-妙高高原駅、親不知駅、アパホテル富山駅前

車旅日記2005年4月29日 16:44 妙高高原駅(松本駅より156㎞) このあたりに

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】最終日(人吉-天草-熊本空港)走行距離240㎞ その2-上天草、三角駅、肥後長浜駅、宇土駅、上熊本駅、肥後大津駅、熊本空港駅、東京葛飾金町

車旅日記2005年2月13日 14:31 107号県道 上天草市大矢野島旅館大国横空地(2

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】最終日(富山-岩瀬浜-糸魚川-松本)走行距離218㎞ その1-アパホテル富山駅前、城川原駅、岩瀬浜駅、東富山駅、中滑川駅、滑川駅、魚津駅、石田駅、電鉄黒部駅、入善駅

車旅日記2005年4月30日 2005・4・30 9:10 アパホテル富山駅前1107号室

記事を読む

「鉄旅日記」2005年秋【軽井沢で挙式する身内を祝うために、初めて鉄道で旅をいたしました。ここから鉄旅が始まったのでございます。】初日(東京-名古屋)-根府川、島田、豊橋、岡崎、名古屋(東海道本線)

鉄旅日記2005年11月5日 2005・11・5 紀州鉄道名古屋栄ホテル908号室 根府

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】初日(熊本空港-高森-湯前-都城)走行距離270㎞-羽田空港、熊本空港、立野駅、高森駅、湯前駅、小林駅、都城グリーンホテル

車旅日記2005年2月11日 2005・2・11 8:11 羽田空港58番ゲート 眠って

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】最終日(富山-岩瀬浜-糸魚川-松本)走行距離218㎞ その2-泊駅、越中宮崎駅、市振駅、糸魚川駅、頸城大野駅、小滝駅、平岩駅、白馬大池駅、安曇追分駅

車旅日記2005年4月30日 13:43 泊駅(4月29日の松本駅より392㎞) いよい

記事を読む

「鉄旅日記」2005年初冬【鉄旅に目覚め、銚子へと向かったのでございます。】その1-松戸、我孫子、成田、銚子(常磐線/成田線/銚子電鉄)

鉄旅日記2005年12月10日 小さな旅に出た。 旅心はすぐにやってきた。 初めて気づ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その2-松任、小松、あわら湯のまち、三国港、福大前西福井、田原町、福井(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)

鉄旅日記2008年9月14日 13:03 松任(まっとう)駅

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日 2008・9・14 6:40 

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日 15:19 新西金沢(しんにし

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日 2008・9・12 23:09

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】最終日(松阪-鳥羽-伊勢-東京)-松阪、鳥羽、伊勢市、宇治山田、亀山、名古屋、名古屋、豊橋、浜松、熱海(近鉄山田線/参宮線/紀勢本線/関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年7月21日 2008・7・21 8:11 

→もっと見る

    PAGE TOP ↑