*

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】初日(東京-徳山)穂積、姫路、英賀保、金光、福山、天神川、徳山(東海道本線、山陽本線)

公開日: : 最終更新日:2023/06/24 旅話, 旅話 2013年

鉄旅日記2013年8月10日・・・穂積駅、姫路駅、英賀保駅、金光駅、福山駅、天神川駅、徳山駅(東海道本線、山陽本線)
2013・8・10 11:55 穂積(ほづみ)駅(東海道本線 岐阜県)
東京駅5:20発沼津行きの始発列車に乗り、静岡、浜松、豊橋で乗り継ぐ。

沼津から立ちっ放しで4時間にわたる苦行。
夏休み初日、オレも含めて東京からの連中は東海道沿線に前代未聞の混雑を巻き起こしたようだ。
「なんでこんなに混んでいるのか!」。
地元民の怨嗟の声をいくつか聞いた。

市橋屋が聳える穂積駅前に喫煙所はなく、線路が敷かれた高架からは何度も見てきた駅前風景だが、賑やかとも鄙びているとも言えず、長良川と揖斐川に挟まれたごくありふれた田舎町だった。
暑いし、4時間の苦行で疲れてビールを買ってしまったし、いつものように歩き回ることを止める理由があふれいて日陰を探してホームに上がったら、ごくささやかな商店街が見えた。

あそこはどこか涼しげだったよ。

15:26 姫路(ひめじ)駅(山陽新幹線/山陽本線/播但線/姫新線 兵庫県)
大垣で乗り継ぎ、米原で姫路行き新快速にさらに乗り継ぐ。

大垣米原間がまた苦行。
何度か屈伸運動をしないとしんどかった。
米原からは席を確保して、それからは夢の中。
愛すべき近畿の街並の記憶はない。

姫路城へと延びる駅前通りとバスの発着所に懐かしさを覚えた。
ここにも何度かいたことがある。

始発の線路も複数存在する姫路は出発の街。

暑さは東京で最悪の時と同程度のもので、街中が熱気にまとわりつかれている。

15:34 英賀保(あがほ)駅(山陽本線 兵庫県)
姫路の街中へと続く通り沿いに古い駅舎がある。

交通量は多いけど、通りにはところどころに空きがある。
人の数も少なくないが、ここは播州。
阪神の繁華さとは性質の違う賑やかさがある。
それを国柄と昔は言ったもんだが、今もその言葉は生きているのだろうか。

ともあれ暑熱にあぶられ、時に視界の先がおぼろになる。

17:48 金光(こんこう)駅(山陽本線 岡山県)
夕暮れの山陽本線の景色に目を見張り、幾度か眠りに落ちる。

あれは山陽道の橋だったか。
やけに高い場所に架かっていて、視界から一度消えた時は幻を見たのかと思った。
鄙びた山村に場違いのように架かるそれは、まるで天国へとつながっているかのような錯覚を呼び起こし、やがて潜り、消えた。

岡山で乗り継ぎ、少し過ぎたあたりでも目を開かれる風景に出会った。
ごく何気ないものだが、オレはいつもあんな場所で夕暮れを迎えたいんだってことを知ったよ。

ここは金光教が本部を構える町。
駅名が金色に輝いている。
小さな駅前だが本屋や小洒落たパン屋があり、清潔かつ文化的な印象を受ける。

駅構内には教団専用ホームが設けられているが、線路は剥がされ、正面改札とは反対側に位置する教団専用改札に至る通路も閉鎖されていた。
教団の詳細は知らない。

凪の瀬戸内にいるが、外はだいぶ涼しくなってきた。

18:24 福山(ふくやま)駅(山陽新幹線/山陽本線/福塩線 広島県)
しばらくの停車。

福山城、友人K、芦田川花火大会・・・。
かつての記憶がいくつか浮かんで、今日の福山の人波にまみれた。

大切な記憶だ。
しかし再びの地は、感傷だけで何ら新しいことを伴わない再訪を常に拒む。

街は生きている。
ましてや福山は大都会だ。
いつきても気持ちは昂ぶり、足も街へと向かうが、今回はそんな時間はとっていない。

気持ちを抑えてケータイに記憶されていた写真を更新し、この夏限定販売のビールを手にして列車に戻る。

20:25 天神川(てんじんがわ)駅(山陽本線/呉線 広島県)
ここはマツダスタジアムの最寄駅で、今夜は大盛り上りの巨人戦。
外野では只見の観客も出ていた。

駅は上下線ホームの間に車両基地を挟む構造で、オレが降りた下りホーム側に駅舎はなく、インターホンが有人改札の代わりをしていた。
大都会広島はひとつ先だ。

ホームの端から見る市内の夜景には背の高い建物が目立つが、案外ささやかな明かりだった。

多くの広島市民と同じ列車に乗り合わせている。
きっと被爆者の末裔も大勢いるのだろう。
8月にはそんなことを想う。

車窓から見える広島の明かりは五日市を過ぎても明るく、目を楽しませてくれる。

徳山(とくやま)駅(山陽新幹線/山陽本線/岩徳線 山口県)にて

23:31 ホテルクラウンヒルズ徳山
岩国で乗り継ぐ。

駅に着いた頃、街はもう眠っていた。
駅の立ち飲み屋に心を残して街へ出る。
ネオンを落としたこのホテルをなかなか探し出せず、結果的に街の半分を歩く羽目になった。

4年前は明かりに誘われてもう半分の方を歩いている。
でももう記憶も曖昧だ。
朝になったらあっちに行ってみようか。

徳山の夏宵は意外にも涼しい風が吹いていた。
そしてこの日、春夏連覇を目指す浦和学院が大味な試合の末に甲子園を去った。

独りの暮らしから解放されて3度目の夏。
今年もこうしている。

関連記事

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】3日目(北見-羅臼-根室-帯広)走行距離682㎞ -北見東急イン、美幌駅、摩周湖、知床斜里駅、羅臼、根室駅、納沙布岬、釧路駅

車旅日記2003年8月15日 2003・8・15 7:37 北見東急イン1122号室 朝靄の街に

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】4日目(佐賀-松浦)その2-大村、竹松、早岐、佐世保、佐世保中央、中佐世保、左石、佐々、たびら平戸口、松浦(大村線/佐世保線/松浦鉄道)

鉄旅日記2009年9月21日・・・大村駅、竹松駅、早岐駅、佐世保駅、佐世保中央駅、中佐世保駅、左石駅

記事を読む

「鉄旅日記」2005年初冬【鉄旅に目覚め、銚子へと向かったのでございます。】その1-松戸、我孫子、成田、銚子(常磐線/成田線/銚子電鉄)

鉄旅日記2005年12月10日 小さな旅に出た。 旅心はすぐにやってきた。 初めて気づいた。

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線) 2020・3・22 7:

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その4‐青森、新青森、津軽新城、鶴ヶ坂、浪岡(奥羽本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・青森駅、新青森駅、津軽新城駅、鶴ヶ坂駅、浪岡駅(奥羽本線) 19:

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その3-関駅、その後

車旅日記1996年5月3日 16:36 関駅 あれから2時間経ってようやくここに戻ってき

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】最終日(宮古-東京)その3‐白石、郡山、黒磯、宇都宮(東北本線)

鉄旅日記2019年9月23日・・・白石駅、郡山駅、黒磯駅、宇都宮駅(東北本線) 15:49 白石(し

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】4日目(高知-宇和島)-高知、朝倉、伊野、斗賀野、須崎、窪川、中村、宿毛、宇和島(土讃本線、土佐くろしお鉄道中村線/宿毛線、予土線)

鉄旅日記2009年5月4日・・・高知駅、朝倉駅、伊野駅、斗賀野駅、須崎駅、窪川駅、中村駅、宿毛駅、宇

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 成瀬センター前、東福生駅、籠原駅、北橘村、渋川、ドライブイン利根川、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、道の駅ゆのたに、堀之内パーキング

車旅日記1996年8月13日 1996・8・13 10:45 東京 ルートは決まった。 今まで

記事を読む

「車旅日記」1996年1月【旅を友として生きていくことにした27歳。年頭の誓いでございます。】-町田、伊勢原駅、山北駅、沼津駅、富士駅、道の駅富士川、吉原駅、田子の浦

車旅日記1996年1月1日 1996・1・1 20:43 東京町田 始動だ。 久し振りに動かし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑