*

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】最終日(和歌山-東京)その2-海老江、野田、吹田、摂津富田、向日町、西大路・・・(東西線、大阪環状線、東海道本線)

公開日: : 最終更新日:2023/06/27 旅話, 旅話 2013年

鉄旅日記2013年4月7日その2・・・海老江駅、野田駅、吹田駅、摂津富田駅、向日町駅、西大路駅(東西線、大阪環状線、東海道本線)
海老江(えびえ)駅(東西線 大阪府)にて

新橋筋入口にて

11:31 野田(のだ)駅(大阪環状線 大阪府)
京橋から地下を往く東西線で、北新地で降りて大阪駅まで歩くつもりでいたけど、予定を変更。尼崎へ。

爆弾低気圧は今日も東海道本線で騒ぎを巻き起こし、慌てて乗ったのは折り返しの京橋行。

海老江で降りて阪神駅を横目に新橋筋を抜けて野田駅まで歩く。
今回は味わうつもりのなかった大阪中心街と思いがけず再会した。

大阪の賑やかなあたりはたいてい上野浅草を想起させる。
銀座や丸の内をオレはまだ大阪の中に見たことはない。

大阪環状線を走る客車が懐かしい。
かつて都内を走っていた山手線や中央線と同型と思われるものだったりする。

そしてこのあとの計画がまたもや白紙になった。

12:00 吹田(すいた)駅(東海道本線 大阪府)
大阪駅で東海道本線に乗り換える。

「鉄道の街」に選ばれた街の駅は、格式ある駅舎の代表格のような代物だ。
歩道橋を下りると旭町商店街が続いている。

もう13年前。
当時恋人だった京都の女性を深夜の四条烏丸交差点で拾い、祇園でカラオケをやった後に埃っぽい朝の京都郊外に見放され、大阪大に勤めにいく彼女を送ったのがここ吹田駅だった。
車からしばらく眺めていたよ。
彼女の後ろ姿と駅を。

特別な時代だった。
でも、と思う。
今の生活こそオレの人生史上もっとも特別なものじゃないかと思う。

どんな時代を思い出しても、かつてどんなに愛した女性を思い出しても、そうなる。
そういう結論になる。

切なさと胸苦しさは残るし、特に新橋での事は最近のことだから尚更で、あれは確かに実際起こったことなんだと最近じゃ懐かしく思ったりもする。

でもこうして、オレの特別な時代はつづいていく。
なんて素晴らしいことなのろう。

12:20 摂津富田(せっつとんだ)駅(東海道本線 大阪府)
織田信長が「足利最後の将軍」15代義昭や、石山本願寺と事を構えた軍記物にこの地名が何度か登場したことを思い出している。

改札からの階段を下りると、たこ焼きぺちゃ焼きの「あほや」から阪急駅に向かって商店街が伸びている。
飾りのない庶民の町だった。

列車に乗り込むと、長大な貨物列車がまるで競争をするかのように横を走っている。
その競争は、この列車の高槻駅到着とともに勝負がついた。

12:42 向日町(むこうまち)駅(東海道本線 京都府)
平安京の外れに位置する町。
阪急駅とつかず離れずの距離をとり、駅前にはほぼ商店は見当たらない。

かつて世話になったエルメのマスターはこの町から祇園に通っていた。
今もお元気でいらっしゃるだろうか?
五山の送り火の日。
あの祇園の狭い路地を出たところから北を眺めていたお姿を思い出す。

恋人だった京都の女性ともあの日が最後だったか。
輝かしかった記憶も、今じゃすっかり曖昧なものになった。

12:51 西大路(にしおおじ)駅(東海道本線 京都府)
京都の街外れ。

オレのイメージの上での話だが、駅という存在がその周囲に持ち合わせているべき商店街などはここにはほぼ見当たらない。

ただ、オレの中で京都という街は広がりを見せ、この場所に京都という街が持つ寂しさを見た。
それはどの街にも分け隔てなく存在するもので、京都を貶める発言をしたとは思っていない。

何年もの歳月を愛し続けた女性がかつてこの街で暮らし、オレもまたこの街を愛した。
あれから、甲子園で行われる高校野球では春も夏も京都代表を真っ先に応援している。

彼女は今月15日で37歳になる筈だ。
幸せであってほしいと願っている。

東海道本線で米原、大垣で乗り継ぎ、豊橋まで進んだところで、爆弾低気圧の影響で上り下りとも在来線はストップ。
新幹線は動いているとのアナウンスを聞いて東海道新幹線へ乗り換え。
静岡から先は在来線も動いているとのことなので、静岡までの特急券を購入。

17:39 豊橋(とよはし)駅(東海道新幹線/東海道本線/飯田線/名鉄本線 愛知県)より新幹線内
強風によって澄み渡った空と景色を眺めている。
富士山は浜松の手前から見えて、浜名湖あたりはことのほか美しかった。
旅の最中もさまざまなことが起こる。
それが人生。

18:26 静岡(しずおか)駅(東海道新幹線/東海道本線 静岡県)
無風の中での狂騒曲。
ホームは人であふれ、希望は見えない。
人々は押し黙って表情に疲労を漂わせながら、整然と並んでいる。

新幹線での豊橋掛川間の眺めは素晴らしいものだった。
思えば新幹線であんなにも悠然と腰掛けて景色を眺めたことはなかった。
それこそ京都に通っていた時代には何度も利用したが、印象に残っていた景色が熱海の夜景だけだなんて、まるで笑い話だ。

新幹線は平時運行なのに、なぜ在来線利用者はこんな目に遭わなければならないのか。
乗り換えるまでは満足していたが、この状況下では一言必要だ。
動く動くと言うが、一体いつまで待てばいいのか。
なぜ新幹線車内で現在の在来線の運行状況を知らせてくれなかったのか。

こんなに晴れ渡った今、それほどまでに先行きの見通しとは立たないものなのか。。

21:11 平塚茅ヶ崎間
熱海で乗り継ぎ、平塚で池袋を通る湘南新宿ラインに乗り換える。

平塚まで乗っていた東京行が踏切に侵入した車と衝突、脱線。この列車もこの中途半端な地点でストップ。

一日の内にこうまでどうしようもない事態が東海道本線を襲ったことはかつてあったのだろうか。
ぶつけようのない怒りに震えて、読書をしようにも身が入らず、まったく何をする気にもなれない。
せっかく湘南新宿ラインに乗り換えてすべてがうまくいきかけていたのに。
予定よりほんの少しだけ早く帰り着いて一杯やるという、ささやかすぎる望みさえ失われた夜。
この憤りはしばらく収まりそうにない。

この列車はこれから平塚に戻るという。

平塚からJRが手配したバスで茅ヶ崎に移動して相模線で八王子へ。
八王子から中央線に乗り換えて三鷹で降りる。

三鷹では日付が変わっていた。

2013・4・8 1:41 自宅
三鷹から走って練馬の自宅に帰る。
約30分。
通行人も警官も振り向く中を脇目もふらず走る。

一向に動かない車中では、まだまだ心の修行が足りないことを思い知ったが、最後にこうして走って帰ったことで、誇れるようなものじゃないけど、物語にはなった。

爆弾低気圧の中を出かけた様はこのとおり。
明日は普通に仕事に出かける。

関連記事

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】3日目(宮崎-志布志-枕崎-鹿児島)走行距離382㎞その2-隼人駅、枕崎駅、開聞駅、指宿、鹿児島東急イン

車旅日記2004年8月13日 2004・8・13 14:15 隼人駅(8月11日の佐賀空港より79

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その1(R1→湖岸道路)伏見、山科西野、大津駅、瀬田駅、守山、彦根

車旅日記1996年5月5日 1996・5・5 11:36 1号国道‐伏見 黄金週間の混雑は古都の

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】最終日(宮古-東京)その1‐宮古、岩手船越、浪板海岸、吉里吉里(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2019年9月23日・・・宮古駅、岩手船越駅、浪板海岸駅、吉里吉里駅(三陸鉄道リアス線) 2

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【フリー切符で行く、両毛ローカル旅】最終日(桐生-東京)-間藤、足尾、通洞、神戸、水沼、大間々、相老、桐生、西桐生、新里、膳、大胡、江木、中央前橋、治良門橋、三枚橋、太田(わたらせ渓谷鐵道/上毛電鉄/東武伊勢崎線)

鉄旅日記2014年12月29日・・・間藤駅、足尾駅、通洞駅、神戸駅、水沼駅、大間々駅、相老駅、桐生駅

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-善通寺)その2-海部、桑野、阿南、穴吹、佃、琴平、善通寺(牟岐線/徳島本線/土讃本線)

鉄旅日記2008年5月5日・・・海部駅、桑野駅、阿南駅、穴吹駅、佃駅、琴平駅、善通寺駅(牟岐線/徳島

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】4日目(西鉄柳川-広島)その2-田川後藤寺、糸田、糒、金田、門司港、厚狭、湯ノ峠、四郎ヶ原、南大嶺、美祢(平成筑豊鉄道糸田線、平成筑豊鉄道伊田線、鹿児島本線、美祢線)

鉄旅日記2015年8月15日その2・・・田川後藤寺駅、糸田駅、糒駅、金田駅、門司港駅、厚狭駅、湯ノ峠

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その1(宇治-東京)-宇治、山城多賀、玉水、上狛、木津、加茂、貴生川(奈良線/関西本線/草津線)

鉄旅日記2015年3月22日その1・・・宇治駅、山城多賀駅、玉水駅、上狛駅、木津駅、加茂駅、貴生川駅

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その2-掛川、磐田駅、浜松、音羽町、岡崎、知立、名古屋渋滞、佐屋町、弥冨町

車旅日記1996年5月3日 6:25 1号国道‐掛川 あれから1時間か。 始まるよ、これか

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】2日目(都城-鹿児島-川内-人吉)走行距離284㎞ その1-都城駅、西都城駅、財部駅、霧島神宮駅、国分駅、錦江駅、鹿児島駅

車旅日記2005年2月12日 2005・2・12 8:30 都城駅(2月11日の熊本空港より271

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】最終日(安達-大洗-潮来-東京葛飾)-あだち、二本松駅、磐城石川駅、はなわ、常陸太田駅、大洗駅、潮来駅、十二橋駅、佐原駅、東京葛飾

鉄旅日記2006年5月7日 2006・5・7 6:13 4号国道‐道の駅あだち 最後の朝は本格的

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑