*

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】最終日(宮古-東京)その1‐宮古、岩手船越、浪板海岸、吉里吉里(三陸鉄道リアス線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年9月23日・・・宮古駅、岩手船越駅、浪板海岸駅、吉里吉里駅(三陸鉄道リアス線)
2019・9・23 4:56 宮古(みやこ)駅(山田線/三陸鉄道リアス線 岩手県)
幕末函館戦争の一局面。

新政府軍が持つ装甲艦「甲鉄」を奪い去ろうと、函館を出港した土方歳三をはじめとした旧幕府軍。

紆余曲折の末、旗艦「回天丸」単独で宮古港に進入。
「甲鉄」に接舷して甲板に飛び降りる旧幕府軍は撃たれ、「回天丸」艦長の甲賀源吾もこめこみを撃ち抜かれる。

作戦は失敗。
だが「回天丸」は危地を脱し、函館に帰り着く。

宮古湾海戦を伝えるポスターが街に貼られていた。

列車が走り出せばすぐに海は見えてくるだろうが、駅からは少し距離があるようだ。

そんな距離をあの津波は街中まで侵入してきて、駅前は水浸しになった。
昨夜飲んだ寿司屋で聞いたよ。

その海から恵みをもらった。
肉厚の刺身盛りはホントに美味しかったよ。

夜明け前の駅前は閑散としていた。

食事ができる店は多くなく、思えば宮古駅の「駅そば」は、かつて車旅で立ち寄ったオレのように、鉄道に乗るためにやってきた者以外にも重宝されているのではないかと思う。

三陸宮古は今日も雨。

5:02発の釜石行。
明るくなりだした空の下、海はまだ見えてこない。

5:55 岩手船越(いわてふなこし)駅(三陸鉄道リアス線 岩手県)
回送車両切り離しで12分の停車。

鮭と鯨の村だ。
駅前を写す。

宮古からオレともうひとりの男だけを乗せてここまできた。
途中駅での乗降もなかった。

沿線の中核の町、陸中山田駅前では東日本大震災からの復興が進み、更地にも区画整理が施されていたが、家屋が建つのはいつの日か。
ブルドーザーが点々と置かれる光景に復興はまだ先なのだと思う。

海が見えるとあの日を思い出す。

この駅で女子高生2名が乗客に加わった。

6:10 浪板海岸(なみいたかいがん)駅(三陸鉄道リアス線 岩手県)にて


6:57 吉里吉里(きりきり)駅(三陸鉄道リアス線 岩手県)
浪板海岸駅から歩いてきたよ。
2.9kmとのこと。

あの日、津波は駅まで押し寄せ、ここ大槌町では1,200もの方々が亡くなっている。

海岸は津波と地盤沈下で奥行き50メートルもの砂浜が消えたとある。
その海で、サーファーが雨の中ストレッチをしていた。


あの防波堤が役に立つのか。
津波の到達地点を思い茫茫となる。

天照大神を祀る天照御祖神社にお詣り。

参道を掃く紳士と挨拶を交わす。

「東京からきました。」
「上で祀られていたのは男根ですか?」
「大事なものだからね。笑」

コンビニで酒を調達。
念のため駅の場所を聞く。

答えはあやふやなもの。
駅や列車とは無縁に過ごしている人々。

吉里吉里国は近かった。

井上ひさしさんが書いた「吉里吉里人」。

日本からの分離独立を宣言した吉里吉里国がある日忽然と出現。
世界中に混乱をもたらし、数日のうちに儚く消滅してしまう独立国の悲喜劇。
夢中で読み進んだよ。

実際の吉里吉里国はここではなく、東北本線沿線の宮城岩手県境あたりの平野部が設定されているが、かつて訪ねた際には駅近くのお宅の門灯に「吉里吉里国」の文字を見かけた。

あの道、そしてホームへ上がる階段。
みんな覚えているよ。
2006年の5月だった。

あの階段を何度も登り降りしたものだ。
同じ夜、女川駅でもそうした。
ひとり旅の大切な思い出だ。

当時あった駅舎はあの日の津波で流され、階段は時代を生きた分だけ汚れていた。





海辺で遊んでいた雀や鳥、そしてこの階段。
すべてが愛しい。

列車がくるまで、階段の上からかつてオレがいた場所を眺めていた。

関連記事

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その3-梓橋、姨捨、北長野、三才、直江津(大糸線/篠ノ井線/しなの鉄道/えちごトキめき鉄道)

鉄旅日記2018年2月10日・・・梓橋駅、姨捨駅、北長野駅、三才駅、直江津駅(大糸線/篠ノ井線/しな

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】初日(東京-湯沢)その3‐小牛田、一ノ関、北上、柳原、江釣子(東北本線/北上線)

鉄旅日記2020年1月11日・・・小牛田駅、一ノ関駅、北上駅、柳原駅、江釣子駅(東北本線/北上線)

記事を読む

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にストーンズ

記事を読む

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その4-新瀬戸、瀬戸市、高蔵寺、新守山、勝川、枇杷島、蟹江、桑名(愛知環状鉄道/中央本線/東海交通事業常北線/東海道本線/関西本線)

鉄旅日記2018年9月15日・・・新瀬戸駅、瀬戸市駅、高蔵寺駅、新守山駅、勝川駅、枇杷島駅、蟹江駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】最終日(観音寺-東京)-観音寺、宇多津、岡山、瀬戸、高槻、山崎、名古屋、豊橋、掛川、熱海、金町(予讃本線/瀬戸大橋線/山陽本線/東海道本線)

鉄旅日記2009年5月6日・・・観音寺駅、宇多津駅、岡山駅、瀬戸駅、高槻駅、山崎駅、名古屋駅、豊橋駅

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その2-鷲津、新居町、浜松、新浜松、第一通り、西鹿島、遠州森、円田、遠江一宮、原谷、掛川、安倍川(東海道本線/遠州鉄道/天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その2・・・鷲津駅、新居町駅、浜松駅、新浜松駅、第一通り駅、西鹿島駅、遠

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その2-田原坂古戦場跡、大牟田駅、肥前山口駅、長崎ニューポート

車旅日記2004年8月14日・・・田原坂古戦場跡、大牟田駅、肥前山口駅、長崎ニューポート 2004

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】3日目(伊勢志摩-吉野-奈良-京都)走行距離239㎞ -大王崎、御座港、鵜方駅、飯高駅、天誅組終焉之地、吉野駅、吉野神宮駅、吉野口駅、京都ホーユウコンフォルト二条城

車旅日記2003年11月24日・・・大王崎、御座港、鵜方駅、飯高駅、天誅組終焉之地、吉野駅、吉野神宮

記事を読む

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本線)15:32 置賜(おいたま

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】2日目(弘前-小樽)その1-弘前、蟹田、津軽二股、奥津軽いまべつ、木古内、札苅、桔梗、新函館北斗、大中山(奥羽本線/津軽線/北海道新幹線/道南いさりび鉄道/函館本線)

鉄旅日記2016年8月11日・・・弘前駅、蟹田駅、津軽二股駅、奥津軽いまべつ駅、木古内駅、札苅駅、桔

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑