*

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】初日(東京-新山口)その1-金町、北千住、東京、岡山、笠岡、尾道、糸崎、入野(常磐線/山手線/東海道・山陽新幹線/山陽本線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/25 旅話, 旅話 2009年

鉄旅日記2009年9月18日・・・金町駅、北千住駅、東京駅、岡山駅、笠岡駅、尾道駅、糸崎駅、入野駅(常磐線/山手線/東海道・山陽新幹線/山陽本線)

2009・9・18 4:50 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都)
夜明け前。
星が輝く空が群青色のグラデーションを見せている。
美しい。

京成ホームにも人影があり、JRホームの待ち人の多さに驚いている。
葛飾下町もまた、新宿や渋谷のように浅い眠りを日々繰り返しているようだ。

いい気分だ。
昨日の帰り際、愛していると言えなかったけど、心に曇りはない。

5:08 北千住(きたせんじゅ)駅(常磐線/東京メトロ/東武伊勢崎線/つくばエクスプレス 東京都)
早くも計画に齟齬が生じた。
乗換時間が2分しかないことを忘れていた。
でもまだ東海道新幹線の始発には間に合う。
落ち着きを失うことはないじゃないか。

彼女が暮らす街、北千住。

今朝早く、花束を抱えた美しい女性がこの街に帰ってきたはずだ。

そう、昨日は彼女の誕生日だったんだ。

5:45 東京(とうきょう)駅(東海道・山陽新幹線/東北・秋田・山形新幹線/上越・長野新幹線/東海道本線/中央本線/総武本線/山手線/京浜東北線/横須賀線/京葉線/東京メトロ 東京都)
朝一番の「のぞみ1号」自由席に乗り込んでいる。
岡山まで。

今日は平日。
ビジネス客と旅行者が半々だ。
思わずビールを購入。

上天気。
台風の心配もいらない。

乗客が増えてきた。
東京の朝は早い。

9:32 岡山(おかやま)駅(山陽新幹線/山陽本線/赤穂線/津山線/吉備線/伯備線/宇野線/瀬戸大橋線 岡山県)
この駅を経由するのは今年3度目。
すっかり馴染みの街になった。

発着音は「桃太郎」。

「駅そば」は薄味で、オバチャンが話しかけてくる。

空は薄曇り。

10:50 笠岡(かさおか)駅(山陽本線 岡山県)
かつての県庁の町。
当時は小田県といったらしい。

明治を迎えるまでは天領。
県庁跡は代官所跡でもある。
現在は小学校の校門に転用されている立派な門がこの町のシンボル。

そして港。
笠岡港は瀬戸内海につながる狭い水路の先にある。
瀬戸内の島影はこの町からは遠い。

古い町並に歓楽街は見当たらず、県庁通りを行きつ戻りつして駅に戻る。

再び車中。
大門駅着。

「麻生がやる」。
自民党の古いポスターが何枚も貼られている。

皮肉とは見えなかったが、自民党はここでも負けたのだろう。

ここ岡山で、前回の参院選で現職の片山虎之助氏が「姫の虎退治」に遭ってから、この流れは始まった。

大きな街に入ってきた。
じきに福山に着く。

12:32 尾道(おのみち)駅(山陽本線 広島県)
ここから尾道城が見える。
あのあたりまで登れば尾道水道も見えるだろう。
映画「さびしんぼう」で見た風景だ。

かつて訪れた際も今回も、あの風景を求めて古寺巡り道を上がったけど、すぐに下りてしまった。
ひとりきりだ。
下の世界を歩こう。

レトロな商店街を歩き、尾道水道沿いを行き来して、しまなみ海道の大橋を遠くに望む。
かつてあの橋を渡った際にストーンズをかけていたことを覚えている。

女性旅行者を多く見かけるこの町を、2週間前に彼女も訪れている。
彼女はこの町に何を感じたのだろう。

造船所のある町には昭和の匂いが香る。
そんな町が好きだよ。

ここから瀬戸内に沿って。





13:06 糸崎(いとざき)駅(山陽本線 広島県)
廃れてしまったかつての大鉄道駅周辺に旅行者の目を引くものはない。
駅員の姿は見当たらず、構内だけがやたらに広い。

この駅に降りてみたいと思った理由が、かつて通った際に、いくつもの線路が敷かれたその広大な駅構内の偉容に打たれたからだ。

人気のない駅前で、駅を写していたら交番の巡査に職務質問を受けた。
「なぜ?」と聞けば、駅を撮っていたからとのこと。

この駅に重要な機密でも隠されているとでもいうのか?
オレはスパイか?

不愉快な記憶だが、この町のせいじゃない。

13:57 入野(にゅうの)駅(山陽本線 広島県)
ここらあたりじゃ、まだ蝉の声が聞ける。

長大な貨物列車が通り過ぎる。

普段仕事で世話になっている代議士先生の事務所に電話をかけた。

視線の先には幅の狭い川と、灰皿の脇に座り込んでタクシー会社に電話をかける男。

向かいの幼稚園からお遊戯の歌が聞こえてくる。

鰯雲が浮かび、たまに降り注ぐ日差しは強い。

関連記事

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その5‐撫牛子、川部、五所川原、津軽五所川原(五能線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・撫牛子駅、川部駅、五所川原駅、津軽五所川原駅(五能線) 19:59

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】初日(東京-徳山)穂積、姫路、英賀保、金光、福山、天神川、徳山(東海道本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月10日・・・穂積駅、姫路駅、英賀保駅、金光駅、福山駅、天神川駅、徳山駅(東海道

記事を読む

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その3-腰越、龍ノ口寺、江ノ島、湘南江の島、片瀬江ノ島、新宿(江ノ島電鉄/小田急電鉄江ノ島線)

鉄旅日記2017年11月12日・・・腰越駅、江ノ島駅、湘南江の島駅、片瀬江ノ島駅、新宿駅(江ノ島電鉄

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】初日(東京-湯沢)その4‐ゆだ錦秋湖、ほっとゆだ、横手、湯沢(北上線/奥羽本線)

鉄旅日記2020年1月11日・・・ゆだ錦秋湖駅、ほっとゆだ駅、横手駅、湯沢駅(北上線/奥羽本線) 1

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日・・・会津若松駅、広田駅、野沢駅、徳沢駅、津川駅、五十島駅(磐越西線) 2

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【東日本大震災被災地へ】最終日(水沢-東京)その2-気仙沼、一ノ関、小牛田、大河原、福島、安積永盛、久喜(大船渡線、東北本線)

鉄旅日記2016年3月6日その2・・・気仙沼駅、一ノ関駅、小牛田駅、大河原駅、福島駅、安積永盛駅、久

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その2-吉野口、高田、畝傍、桜井、柳本(和歌山線/桜井線)

鉄旅日記2019年3月3日・・・吉野口駅、高田駅、畝傍駅、桜井駅、柳本駅(和歌山線/桜井線) 10:

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日・・・羽咋駅、七尾駅、穴水駅、和倉温泉駅、北鉄金沢駅、内灘駅、粟ヶ崎駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】最終日(鷹ノ巣-東京)その3‐余目、三瀬、羽前水沢、間島(陸羽西線/羽越本線)

鉄旅日記2020年1月13日・・・余目駅、三瀬駅、羽前水沢駅、間島駅(陸羽西線/羽越本線) 14:0

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-松阪)その2-串本、新宮、尾鷲、紀伊長島、三瀬谷、多気、松阪(紀勢本線)

鉄旅日記2008年7月20日・・・串本駅、新宮駅、尾鷲駅、紀伊長島駅、三瀬谷駅、多気駅、松阪駅(紀勢

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑