*

「車旅日記」2003年晩秋・番外編【京都にて】-京都御所、宇治川公園、京都駅

公開日: : 最終更新日:2024/05/16 旅話, 旅話 2003年

車旅日記2003年11月25日・・・京都御所、宇治川公園、京都駅

2003・11・25 10:57 京都御所
昨夜の雨は上がり今日は薄曇り。
ところどころに透き通った青空が覗く。

3連休に古都を訪ねた客たちも帰ってしまって、今日は穏やかな一日。
御苑の木々が鮮やかに色づいている。

どんな気分で今日を過ごすだろうか。
そう思っていたけど、昨夜のミチルさんのことが気になっている。

彼女に会いにいったけど、彼女の姿はなく、代わりにミチルさんがいた。
彼女と会えたなら、今度こそ気持ちにケリをつけて、しばらくは京都には降りないと決めていたけど、計画のすべてが狂い、オレはまたこの街で恋をしてしまいそうだ。

京都からは離れられない。
別にそれでも構わないけれど。

13:46 宇治川公園
丸太町から京阪電車で宇治へ。
宇治川の袂にある駅は現代的だった。

平等院へ。
源頼政の碑、宇治川。

冷たい風にあたって、しばらく川を眺めていた。

腰かける場所でもあれば、長いこといられる場所だ。
左手に赤い橋。
右手には艶やかな山々。
川の流れは早い。
忙しい現代とは一線を置く態度が街に見られる。

歴史の街に対する敬意は深く、白鷺が横切り、そしてミチルさんのことを相変わらず考えている。

日が暮れたら京都を離れる。

23:22 東京葛飾金町
いろいろなものを得て、愛しい人を失ったような気分で重い荷物を抱えて東京に戻ってきた。

こんな気持ちでいるはずじゃなかった。
京都での記憶をすべて清算して新しく始めるつもりでいたんだ。

京都は本当に素晴らしい。
宇治から清水への道。
適当にぶらぶら歩いた。

四条烏丸へ。
東洞院通りを左へ。
新明神社がそこにある。

あの街にいる時のオレの守り神は、あの小さな祠に降りてくる。

あと少しすればここも正月の準備で忙しくなるのだろう。
そんなことも思いながら約10秒の祈りを。

言うまでもないことだが、あの神様は今回会えなかった彼女のことも見守っている。
祈りには、彼女が無事で居続けることも確か含まれている。

烏丸通りを京都駅まで。
通りの風景は3年前から何も変わっていない。
右手に東本願寺が見えてくると同時に正面に京都タワーも覗く。

思えばオレの京都での日々はあのタワーホテルを予約することから始まった。
京都駅の在来線改札口で振り返れば、そこには最も愛する京都の風景がある。
昨夜そうしたように、また街へ出ていきたくなる。

こんなにも離れがたい街と、この先出会うことはないだろう。

振り切るように上がった新幹線ホーム。
次にきた「ひかり」はやけに空いていた。

関連記事

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その2-掛川、磐田駅、浜松、音羽町、岡崎、知立、名古屋渋滞、佐屋町、弥冨町

車旅日記1996年5月3日 6:25 1号国道‐掛川 あれから1時間か。 始まるよ、これか

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】2日目(札幌-旭川-網走-北見)走行距離431㎞ -岩見沢駅、砂川駅、旭川駅、白滝PA、遠軽駅、サロマ湖、網走刑務所、網走駅、北見東急イン

鉄旅日記2003年8月14日・・・岩見沢駅、砂川駅、旭川駅、白滝PA、遠軽駅、サロマ湖、網走刑務所、

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】2日目(都城-鹿児島-川内-人吉)走行距離284㎞ その2-伊集院駅、串木野駅、川内駅、薩摩高城駅、大隅横川駅、吉松駅、人吉駅前ホテル

車旅日記2005年2月12日・・・伊集院駅、串木野駅、川内駅、薩摩高城駅、大隅横川駅、吉松駅、人吉駅

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】初日(東京-倉敷)その2-北条町、姫路、播州赤穂、日生、備前片上、西片上、倉敷(北条鉄道/加古川線/山陽本線/赤穂線)

鉄旅日記2009年11月21日・・・北条町駅、姫路駅、播州赤穂駅、日生駅、備前片上駅、西片上駅、倉敷

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その2-直方、新飯塚、彦山、豊前桝田、夜明、御井、川尻、住吉、三角(筑豊本線/後藤寺線/日田彦山線/久大本線/鹿児島本線/三角線)

鉄旅日記2015年8月13日その2・・・直方駅、新飯塚駅、彦山駅、豊前桝田駅、夜明駅、御井駅、川尻駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その2‐小波渡、五十川、府屋、あつみ温泉(羽越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・小波渡駅、五十川駅、府屋駅、あつみ温泉駅(羽越本線) 8:59 小

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】2日目(別府-阿蘇-宮崎)走行距離337㎞その1-別府日名子、大分駅、菅尾駅、三重町駅、豊後竹田駅、阿蘇駅

車旅日記2004年8月12日・・・別府日名子、大分駅、菅尾駅、三重町駅、豊後竹田駅、阿蘇駅 200

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線) 2020・7・26&nb

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その1-取手、竜ケ崎、佐貫、岩間、赤塚、大洗、鹿島神宮(常磐線/関東鉄道竜ヶ崎線/鹿島臨海鉄道)

鉄旅日記2018年4月25日・・・取手駅、竜ケ崎駅、佐貫駅、岩間駅、赤塚駅、大洗駅、鹿島神宮駅(常磐

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】2日目(湯沢-鷹ノ巣)その1‐湯沢、四ツ小屋、秋田、森岳(奥羽本線)

駅旅日記2020年1月12日・・・湯沢駅、四ツ小屋駅、秋田駅、森岳駅(奥羽本線) 2020・1・12

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑