*

「車旅日記」2003年晩秋・番外編【京都にて】-京都御所、宇治川公園、京都駅

公開日: : 旅話 2003年

車旅日記2003年11月25日
2003・11・25 10:57 京都御所
昨夜の雨は上がり今日は薄曇り。
ところどころに透き通った青空が覗く。

3連休に古都を訪ねた客たちも帰ってしまって、今日は穏やかな一日。
御苑の木々が鮮やかに色づいている。

どんな気分で今日を過ごすだろうか。
そう思っていたけど、昨夜のミチルさんのことが気になっている。

彼女に会いにいったけど、彼女の姿はなく、代わりにミチルさんがいた。
彼女と会えたなら、今度こそ気持ちにケリをつけて、しばらくは京都には降りないと決めていたけど、計画のすべてが狂い、オレはまたこの街で恋をしてしまいそうだ。

京都からは離れられない。
別にそれでも構わないけれど。

13:46 宇治川公園
丸太町から京阪電車で宇治へ。
宇治川の袂にある駅は現代的だった。

平等院へ。
源頼政の碑、宇治川。

冷たい風にあたって、しばらく川を眺めていた。

腰かける場所でもあれば、長いこといられる場所だ。
左手に赤い橋。
右手には艶やかな山々。
川の流れは早い。
忙しい現代とは一線を置く態度が街に見られる。

歴史の街に対する敬意は深く、白鷺が横切り、そしてミチルさんのことを相変わらず考えている。

日が暮れたら京都を離れる。

23:22 東京葛飾金町
いろいろなものを得て、愛しい人を失ったような気分で重い荷物を抱えて東京に戻ってきた。

こんな気持ちでいるはずじゃなかった。
京都での記憶をすべて清算して新しく始めるつもりでいたんだ。

京都は本当に素晴らしい。
宇治から清水への道。
適当にぶらぶら歩いた。

四条烏丸へ。
東洞院通りを左へ。
新明神社がそこにある。

あの街にいる時のオレの守り神は、あの小さな祠に降りてくる。

あと少しすればここも正月の準備で忙しくなるのだろう。
そんなことも思いながら約10秒の祈りを。

言うまでもないことだが、あの神様は今回会えなかった彼女のことも見守っている。
祈りには、彼女が無事で居続けることも確か含まれている。

烏丸通りを京都駅まで。
通りの風景は3年前から何も変わっていない。
右手に東本願寺が見えてくると同時に正面に京都タワーも覗く。

思えばオレの京都での日々はあのタワーホテルを予約することから始まった。
京都駅の在来線改札口で振り返れば、そこには最も愛する京都の風景がある。
昨夜そうしたように、また街へ出ていきたくなる。

こんなにも離れがたい街と、この先出会うことはないだろう。

振り切るように上がった新幹線ホーム。
次にきた「ひかり」はやけに空いていた。

関連記事

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶 天気はあまり覚えていない。

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】3日目(北見-羅臼-根室-帯広)走行距離682㎞ -北見東急イン、美幌駅、摩周湖、知床斜里駅、羅臼、根室駅、納沙布岬、釧路駅

車旅日記2003年8月15日 2003・8・15 7:37 北見東急イン1122号室 朝

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】最終日(札幌-苫小牧-室蘭-函館)走行距離366㎞ -札幌東急イン、支笏湖、苫小牧駅、室蘭駅、地球岬、豊浦駅、5号国道パーキング、函館駅、函館山、函館空港

車旅日記2003年8月17日 2003・8・17 7:56 札幌東急イン1240号室 東

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】初日(函館-上ノ国-札幌)走行距離471㎞ -知内駅、上ノ国もんじゅ、瀬棚町、いわない、小樽駅、札幌東急イン

鉄旅日記2003年8月13日 2003・8・13 10:30 知内駅(228号国道-道の駅

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】初日(奈良-高野山-南紀白浜)走行距離204㎞ -橿原かっぱ寿司、橋本駅、九度山駅、高野山大伽藍、高野山金剛峰寺、龍神、南紀白浜

車旅日記2003年11月22日 2003・11・22 14:07 24号国道橿原市かっぱ寿

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】2日目(南紀白浜-潮岬-新宮-十津川-伊勢志摩)走行距離421㎞ -白良浜、白浜駅、見老津駅、潮岬、紀伊大島樫野灯台、湯川駅、瀞峡街道・熊野川、十津川、熊野きのくに、紀伊長島駅、伊勢志摩

車旅日記2003年11月23日 2003・11・23 8:36 某リゾートクラブ南紀白浜

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶 門司港行の鹿児島本線に乗る。

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ博多フレックス21 507号

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】2日目(札幌-旭川-網走-北見)走行距離431㎞ -岩見沢駅、砂川駅、旭川駅、白滝PA、遠軽駅、サロマ湖、網走刑務所、網走駅、北見東急イン

鉄旅日記2003年8月14日 2003・8・14 10:23 岩見沢駅(8月13日の函館空

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】3日目(伊勢志摩-吉野-奈良-京都)走行距離239㎞ -大王崎、御座港、鵜方駅、飯高駅、天誅組終焉之地、吉野駅、吉野神宮駅、吉野口駅、京都ホーユウコンフォルト二条城

車旅日記2003年11月24日 2004・11・24 9:40 大王崎 薄曇り。 小雨

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日 15:00 日出塩(ひでしお)駅

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑