*

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その2(東京-宇治)-香里園、寝屋川市、門真市、守口市、淀屋橋、天満橋、中之島、樟葉(京阪本線/京阪中之島線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/31 旅話 * 結婚後2015年

鉄旅日記2015年3月21日その2
17:27 香里園(こうりえん)駅(京阪本線 大阪府)
「TSUTAYA」や「life」、それに途方もなくのっぽな高層住宅に取り巻かれた街。
今じゃ都会のありふれた風景だ。

JR学研都市線が平行して走っているが放出や住道あたりの下町っぽさはこのあたりにはない。
鉄道文化の違いだろう。

ここから見える山が生駒山だと分かるくらいまで、大阪での方向感覚は磨かれてきた。

17:45 寝屋川市(ねやがわし)駅(京阪本線 大阪府)
かつて赤字日本一を5年も続けた街と市長候補者が喋っていた。馬場☓ブッチャーの王座戦がこの街で組まれてからは40年の歳月が流れている。

「一番街」から続く狭いアーケード街はおそらく当時から変わっていないだろう。
大きな街だが特急、急行は停車しない。
ゆえに次の列車がなかなかやってこない。
市民の間じゃ、これは選挙の争点にはならないのだろうか。

どこからか歌声が聞こえてくる。
駅前には線路と平行してその名も寝屋川が流れていて憩いの空間として利用されている。
東京じゃあんな川は塞いでしまうが大阪はそうじゃない。
それが大阪の街の風景。


18:10 門真市(かどまし)駅(京阪本線 大阪府)
改札口がある高架橋からパナソニックの工場がある出口を見下ろすと小さな社が鎮座している。
反対側に行けば大阪空港へとつながる大阪モノレールの終着駅が駅前通りをまたいで長い防音壁に覆われている。
あれに乗れば20年前の茨木に戻れる。
当時、大切な友人夫婦が暮らしていて、何度お邪魔したことだろう。
今思えば随分厚かましいことをしていたものだ。

うどん屋とBARが撤退した駅前で、大きなスーパーだけが人を集めている。
土曜の夜に大阪中心部へと向かう列車は概ね空いている。

門真市(かどまし)駅(大阪モノレール 大阪府)にて

18:28 守口市(もりぐちし)駅(京阪本線 大阪府)
市民体育館、AGORA、京阪百貨店が建つ出口は閑散としている。
高架橋から見る駅前風景は淀川を挟んで隣町にあたる吹田駅前に似ている。

「大阪維新の会」に所属する若い候補者に聴衆はない。

駅の反対側出口には立ち飲み屋が埋め込まれていてオッサンたちの背中が見える。
彼等の帰る家に家族はいるのだろうか。

それにしても大阪は煙草に優しい街だ。
ああして東京では見られなくなった光景に接すると、いい意味で古くて大人の街だと思う。

18:49 淀屋橋(よどやばし)駅(京阪本線 大阪府)
二代目ゴジラは大阪湾に上陸した。
淀川は決壊し、当時から地下駅だった淀屋橋駅は踏み潰され水没した。
モノクロの光景に震えたよ。

水上バス口から地上に出る。
大阪にはやっぱりブルースが似合う。
街中を川が流れる光景に出くわすといつも何事かを思いたくなる。
それはたいていの場合、未来というより過去のことになる。

土佐堀交差点にいただけだけど、そこにはオレが今までに見て感じてきた大阪があって、川を眺めていたオレにほんの少しだけ酔った。
ここが京阪本線の終着駅。来た道を引き返す。


18:59 天満橋(てんまばし)駅(京阪本線/京阪中之島線 大阪府)
地下街が充実している。まるで東京の新橋を見るようだ。

週末だからか人の姿は少なく、この車両に乗っているのはオレとメガネ美人のみ。
彼女が大阪弁を喋り出すことを想像するとおかしくなる。

地上にいたのはほんの1、2分のことだ。
階段を上がると川辺の狭い道に出て、大阪ビッグリバーがきれいにライトアップされていた。


19:13 中之島(なかのしま)駅(京阪中之島線 大阪府)
天満橋から4駅。
中之島線の終着駅へ。

木目調の和風構内。
大阪国際会議場を意識した造りなのだろう。
そこで過去に何が行われたのか知らないが、2008年開業の駅はとても新しい。

ここも地下駅で、地上へと上がるとリーガロイヤルホテルの正面に出る。
紛れもなく都会のど真ん中にいる筈で、あたりの景観もその実感を裏切るものではないけれど、ぱっと見渡しても店の明かりは見当たらず、街で過ごすという視点から眺めると何かが抜け落ちている。
今はまだ夜間人口の少ない一帯なのだろう。

19:55 樟葉(くずは)駅(京阪本線 大阪府)
駅は淀川に面している。
川辺へ降りる出口は見当たらない。
改札を出て振り返ればとても巨大な駅であることを知る。

くずはモールもまた数棟に分かれていてとても巨大だ。
樟葉はいつからこんな街なのだろう。
継体天皇の根拠地だったというけれど。

京阪沿線に明かりが絶えることはなかった。
駅を通過する際には賑やかそうな商店街を見下ろし、分けても枚方の明かりは別格だった。
ここは枚方の最北端に当たるらしい。
そう言えば、オレが買い求めたフリー切符には沿線で見られた「ひらかたパーク」の入園料も含まれていた。

無料の特急車両も素晴らしい。
エレガント車両と銘打たれたものはグリーン車のようだった。
平行するJR2線とは文化も街並みも違う京阪大阪旅には衝撃的な楽しさがあった。
また帰ってきたいと思う。

許せないのはあの太った母親姉妹だ。
子供を放っておいてずっとスマホのゲームに夢中なんだ。

関連記事

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その3-宇土、松橋、八代、出水、牛ノ浜、草道、鹿児島中央(鹿児島本線/肥薩おれんじ鉄道)

鉄旅日記2015年8月13日その3 17:40 宇土(うと)駅(鹿児島本線/三角線 熊本県

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その3(東京-岩倉)-太田川、常滑、中部国際空港、上小田井、西春、岩倉(名鉄常滑線/名鉄空港線/名鉄犬山線)

鉄旅日記2015年3月7日その3 19:04 太田川(おおたがわ)駅(名鉄河和線/名鉄常滑

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】3日目(鹿児島中央-西鉄柳川)その1-指宿、枕崎、入野、開聞、山川、喜入、瀬々串、慈眼寺、南鹿児島、郡元(指宿枕崎線)

鉄旅日記2015年8月14日その1 2015・8・14 6:08 指宿(いぶすき)駅(指宿

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その1(岩倉-東京)-岩倉、御嵩、犬山、新鵜沼、鵜沼、名電各務原、各務ヶ原、新那加、那珂、名鉄岐阜(名鉄犬山線/名鉄広見線/名鉄各務原線)

鉄旅日記2015年3月8日その1 2015・3・8 5:41 岩倉(いわくら)駅(名鉄犬山

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】最終日(広島-東京)-広島、向洋、東岡山、高島、守山(山陽本線、東海道本線)

鉄旅日記2015年8月15日その2 2015・8・16 0:27 ホテル28広島7014号

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その2(宇治-東京)-水口、水口石橋、水口城南、八日市、近江八幡、高宮、多賀大社前、彦根(近江鉄道本線/近江鉄道八日市線/近江鉄道多賀線)

鉄旅日記2015年3月22日その2 水口(みなくち)駅(近江鉄道本線 滋賀県)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その3(東京-宇治)-中書島、伏見桃山、桃山御陵前、桃山、JR藤森、木幡、黄檗、京阪黄檗、京阪宇治(京阪本線/奈良線/京阪宇治線)

鉄旅日記2015年3月21日その2 20:15 中書島(ちゅうしょじま)駅(京阪本線/京阪

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その2-鷲津、新居町、浜松、新浜松、第一通り、西鹿島、遠州森、円田、遠江一宮、原谷、掛川、安倍川(東海道本線/遠州鉄道/天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その2 13:32 鷲津(わしづ)駅(東海道本線 静岡県)

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その1(宇治-東京)-宇治、山城多賀、玉水、上狛、木津、加茂、貴生川(奈良線/関西本線/草津線)

鉄旅日記2015年3月22日その1 2015・3・22 5:55 宇治(うじ)駅(奈良線 

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その1-掛川、掛川市役所前、西掛川、天竜二俣、西気賀、寸座、浜名湖佐久米、三ケ日、新所原(天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その1 掛川(かけがわ)駅(東海道新幹線/東海道本線/天竜浜名

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】初日(函館-上ノ国-札幌)走行距離471㎞ -知内駅、上ノ国もんじゅ、瀬棚町、いわない、小樽駅、札幌東急イン

鉄旅日記2003年8月13日 2003・8・13 10:30

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶

→もっと見る

    PAGE TOP ↑