*

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】最終日(宮古-東京)その2‐陸前赤崎、大船渡、気仙沼、一ノ関(三陸鉄道リアス線/大船渡線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年9月23日・・・陸前赤崎駅、大船渡駅、気仙沼駅、一ノ関駅(三陸鉄道リアス線/大船渡線)
8:28 陸前赤崎(りくぜんあかさき)駅(三陸鉄道リアス線 岩手県)にて

9:17 大船渡(おおふなと)駅(大船渡線 岩手県)
大船渡を歩きたかった。
終点の盛駅のひとつ手前の陸前赤崎で降りる。

太平洋セメントの脇を通る。
貨物線が敷かれている。
線路は盛駅を通り越して長岩鉱山までをつなぎ、石灰石を運んでいる。

岩手開発鉄道。
現在は貨物専業だが、平成4年までは盛~岩手石橋間で旅客営業も行っていたとのこと。

当初は地域振興や林産資源の開発などを目的として、釜石線の平倉駅と盛駅をつなぐ計画で発足したが、第二次世界大戦をはさんで中断。
開業したのは戦後5年目のことだった。

大船渡湾を突っ切ってここまで歩いてきた。

東日本大震災による痛ましい傷痕はいくつも残され、茫漠たる眺めに何を思うべきか考える。

街を飲み込んだ津波の映像は今も記憶に鮮明で、たまたま手洗い所を借りに入った公共施設では当時の生々しい写真を展示していた。

なんだか妙な臭いがしたよ。
あるいはたんにそれは港の臭いだったのかもしれない。

ただ何度か突き上げる思いにかられて、いくつかの廃墟の前で黙礼していた。





大船渡にはもうホテルもできている。
もう泊まりにきてもいいんだよ。

10:46 気仙沼(けせんぬま)駅(大船渡線/気仙沼線 宮城県)
BRTは外観もバスだが、乗り心地もバスだった。
揺れが激しい。

BRT(bus rapid transit)とは、バスを基盤とした大量輸送システムのことで、道路も走れば線路も走ると思っていたオレは大きな勘違いをしながらここまで何度も乗ってきたことになる。

喪失の激しかった陸前高田に希望を見た。
BRT乗場に旧陸前高田駅を模した駅舎がたち、かつて寄った「道の駅高田松原」が再建されて、奇跡の一本松と新たな復興記念館をあわせて人を集めていた。
3年前にはBRTから見えた奇跡の一本松は、そうした様々な事情で車窓からは隠されてしまった。

大船渡に陸前高田。
やがてオレが行くべき街がある。

ここ気仙沼でBRTから乗り継いで普通列車に揺られている。

そして、盛~気仙沼間にはもう二度と鉄路が敷かれることはないという事実と、あの大震災から8年になるが、8年という歳月ができたことを、自分の人生に重ねて考えていた。

12:41 一ノ関(いちのせき)駅(東北・北海道新幹線/東北本線/大船渡線 岩手県)
乗り換え時間30分強。
1番ホームの駅そばで出してくれる美味しいラーメンは、また食べられると思うだけで幸せな気持ちにさせてくれる。

朝からウイスキーハイボールばかり飲んで喉が乾いていた。
今日は汁まで飲み干す。
高血圧を気にする身だが、よく歩いたし構わないさ。

小説「吉里吉里人」では、夜行列車「十和田3号」に乗った乗客が一ノ関手前の赤壁付近で、「吉里吉里人」と名乗る暴徒に連れ去られるところから物語が始まる。
赤壁ではないが、一ノ関の次の駅は有壁。
急行「十和田」は上野~青森間を常磐線経由で1985年まで走っていた。

12:44発小牛田行。
閑散区間らしく、まばらな客を乗せて発車した。

【Facebookeへの投稿より】
雨の宮古を出て、再び三陸旅を始めました。

浪板海岸から故井上ひさしさんの小説「吉里吉里人」のモデルになった吉里吉里(きりきり)へと歩きました。

小説「吉里吉里人」は、東北地方のある地域に忽然と「吉里吉里国」という独立国ができるお話でございます。

さらに大船渡へ。

吉里吉里がある大槌町も大船渡も、東日本大震災で深刻な被害を受けた地域でございます。

そんな復興へと向かう町を歩きたかったのでございます。

関連記事

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-松阪)その1-和歌山市、和歌山、海南、西御坊、御坊、紀伊田辺、白浜(紀勢本線/紀州鉄道)

鉄旅日記2008年7月20日・・・和歌山市駅、和歌山駅、海南駅、西御坊駅、御坊駅、紀伊田辺駅、白浜駅

記事を読む

「鉄旅日記」2005年秋【軽井沢で挙式する身内を祝うために、初めて鉄道で旅をいたしました。ここから鉄旅が始まったのでございます。】初日(東京-名古屋)-根府川、島田、豊橋、岡崎、名古屋(東海道本線)

鉄旅日記2005年11月5日 2005・11・5 紀州鉄道名古屋栄ホテル908号室 根府川、熱海

記事を読む

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にストーンズ

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その1-紀伊田辺、箕島、和歌山、伊太祈曽、貴志(紀勢本線/和歌山電鐵貴志川線)

鉄旅日記2019年3月3日・・・紀伊田辺駅、箕島駅、和歌山駅、伊太祈曽駅、貴志駅(紀勢本線/和歌山電

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】2日目(西舞鶴-魚津)その1-西舞鶴、東舞鶴、若狭高浜、小浜、上中、十村、木ノ本、余呉、高月、永原、敦賀(舞鶴線/小浜線/北陸本線/湖西線)

鉄旅日記2014年3月22日その1・・・西舞鶴駅、東舞鶴駅、若狭高浜駅、小浜駅、上中駅、十村駅、木ノ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】最終日(松本-辰野-天竜峡-岡谷-東京)その3-勝沼ぶどう郷、大月(中央本線)

鉄旅日記2018年10月8日・・・勝沼ぶどう郷駅、大月駅(中央本線) 17:25 勝沼ぶどう郷(か

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

鉄旅日記2006年7月16日 14:51 津駅(岐阜駅より150㎞) 変わっていない。 すぐ脇

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その1(宇治-東京)-宇治、山城多賀、玉水、上狛、木津、加茂、貴生川(奈良線/関西本線/草津線)

鉄旅日記2015年3月22日その1・・・宇治駅、山城多賀駅、玉水駅、上狛駅、木津駅、加茂駅、貴生川駅

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【東日本大震災被災地へ】初日(東京-水沢)その1-郡山、杉田、五百川、高城町、矢本、野蒜、陸前赤井、石巻、女川(東北本線/仙石線/石巻線)

鉄旅日記2016年3月5日その1・・・郡山駅、杉田駅、五百川駅、高城町駅、矢本駅、野蒜駅、陸前赤井駅

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ふらっと両毛 東武フリーパスで、両毛ローカル旅】-館林、佐野、葛生、西小泉、赤城、太田、伊勢崎、新伊勢崎、足利、足利市(東武佐野線/東武小泉線/東武桐生線/東武伊勢崎線)

鉄旅日記2014年4月6日・・・館林駅、佐野駅、葛生駅、西小泉駅、赤城駅、太田駅、伊勢崎駅、新伊勢崎

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑