*

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

公開日: : 最終更新日:2024/05/15 旅話, 旅話 2006年

車旅日記2006年7月16日・・・津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

14:51 津駅(岐阜駅より150㎞)
変わっていない。
すぐ脇に大きなホテルがあって。

JRと近鉄は、ここでは同じ駅舎を使用している。
Tシャツを汚してしまったが、「駅そば」の腰のない伊勢うどんはなかなか美味かった。

現在は最高潮に暑く、強い日差しに誘われて人々が街に出てきた。

かつての安濃津城を見に行こうか。
以前に津駅前を通ったのは4、5年前のことになるだろう。
あの時も繁華街を探したはずだ。

県庁を持つこの港町の実力は、ここからじゃ窺い知れない。

2014年3月8日撮影

16:26 伊勢奥津駅(岐阜駅より202㎞)
津の港に流れ込む川は清流だった。
市内の川辺で遊ぶ子供を見かけたよ。

城跡は見つけられず、テレビ塔だけが目立った。
繁華街らしきものはあったけど、街の中心をどこと見ればいいのか分からなかった。

今この駅に到着したワンマンカーは途中で何度か出会ったものか。
電化複線化された近鉄大阪線に比べて、1両のディーゼル車を走らせる名松線。

シンパシーを感じるのは名松線。
松阪を出ると、町を通っていくわけでもなく、延々と雲出川に沿う。

途中駅にも駅員の姿はないのだろう。
美杉の中心地では滑稽ともとれる風景を見た。
それまでほとんど人の姿を見ることなく進んできたところ、立派なプールに大勢の人々が繰り出していたんだ。

まるで村人すべてが動員されたかのような盛況ぶりだった。
アホらしいと思う元気な子供たちは川で裸になっている。

素朴な川辺のカントリーロードだった。

美杉の杉で建てられたと思われる新しい駅舎は集会所も兼ねているが、人の気配はない。

2018年12月23日撮影

名松線は材木列車なのだろう。
そして線名から推測すると、この先の名張と松阪をつなぐ計画だったのだろう。

涼しい風が吹いて、気づいていなかった蝉の声を聞いている。

また一雨くるかもしれない。

17:31 名張駅(岐阜駅より231㎞)
御杖峠では奈良の地を一瞬踏み、険しい山並を名張まで。

鈴鹿山脈を覆っていた雨雲が寄こした雨は、街はたいして濡らさないが、峠では難渋した。

そして雨が上がり峠に日が差した時、正式に夏を想い、彼女を想った。

遥かなる山並を背後に置き、ニュータウンのような街並に、ニュータウン駅のような近鉄駅がある。

2017年3月18日撮影

山並は暮色を帯び始めた。
名張は乗降客も多く、なかなか素敵な街だと感じている。

18:16 伊賀上野駅(岐阜駅より253㎞)
名張からバイパス快走路に乗って伊賀国へ。

近鉄線が走るごちゃごちゃとした街区を過ぎると忍者王国。

夕暮れ過ぎの伊賀国に人の気配はなく、この駅を通る関西本線の本数はとても少なく、駅を訪れる者もなく、ここじゃ近鉄線が乗り入れている表示もない。

2017年3月20日撮影

タクシー運転手はうつむいて、時に空を見上げる。

蒸し暑い日はもうじき終わり、蒸し暑い夜がやってくる。

鈴鹿山脈に雄大な雲がかかっている。

明日はまた雨か。

18:51 信楽駅(岐阜駅より271㎞)
伊賀越えの道にも、峠を越えると村が現れる。
様々な地に根づいた人々の偉大さを思う。
本来ならあの峠越えは難渋するのだろうが、広域農道が作られ、三重県と滋賀県は難なく握手した。

たぬきの置物の町、陶都信楽へ。
結構な山奥にあり、まさに山里。

ところどころに置物が見られる。
これがこの町の誇りで、ここは信楽高原鉄道の終着駅。
「関西の駅100選」に選ばれた駅では実直そうな駅長が机に向かっている。

駅前には巨大なたぬき。
ここのたぬきは皆同じ顔をしている。

観光小都市の日はじきに暮れ、空は厚い雲に覆われているが、まだ明るさを残している。

古代、この近くに都があったという。

19:07 紫香楽宮跡駅(277㎞)
古宮の跡にぽつんと無人の駅。

遥か昔の繁栄の跡。
その名を冠した駅に飾りは無用らしい。

こんな場所に都を置いた理由は何だったのか。
ある勢力から逃れるためだったのだろうか。
あるいは山岳でも信仰していたのだろうか。

毎年夏になるとこうした場所に出くわす。

去年は鹿児島開聞岳の麓でこうした駅に立ち寄った。

ここで油蝉とヒグラシの声を聞いている。

22:54 ホテルはちまん607号室(岐阜駅より317㎞)
水口、貴生川。
数年前に味わった1号国道の大渋滞を思い出し、水口という旧城下町を想った。

夜が迫っていて気が急いたわけじゃないが、あの時間帯は集中力が増す。
暗い近江路を飛ばし、途中で大がかりな夕立に遭い、名神自動車道を抜け、8号国道を抜け、やがて近江八幡。

もう道も乾く。
琵琶湖との再会は明日。
かつて対岸の志賀町をベースキャンプにしていた頃が懐かしい。

明日は琵琶湖で何を思うのか。
少しでも新しくなっているのなら、新しいことを思うだろう。

そうじゃなきゃ、古い友達を呼ぶさ。
呼ばれることを待っているヤツがいる。
オレの記憶の底に張りついている思い出たちよ。

かつて国際プロレスがやってきて、大木金太郎×上田馬之助の王座戦が組まれた街。
駅周辺は大型集合店に占められている。

ホテルに近い洒落た酒場に入った。
適当に気取っていられる店で、店員の関西弁が耳に心地よかった。

そして彼女にメールを送り、これから本格的にやてくる夏が素晴らしいものであるようにと祈った。

関連記事

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】最終日(石巻-東京)その1-石巻、西塩釜、下馬、塩釜、岩切、利府、伊達、郡山、白河(仙石線、東北本線、利府支線)

鉄旅日記2016年3月21日その1・・・石巻駅、西塩釜駅、下馬駅、塩釜駅、岩切駅、利府駅、伊達駅、郡

記事を読む

「鉄旅日記」2013年如月【休日おでかけパスで、上総下総途中下車旅&習志野シンフォニックブラス(NSB)演奏会】その1-我孫子、東我孫子、新木、湖北、布佐、小林、木下、安食、下総松崎、成田空港、酒々井、物井、東千葉、本千葉、西千葉、新検見川、幕張、東船橋、津田沼(成田線、総武本線)

鉄旅日記2013年2月17日その1・・・我孫子駅、東我孫子駅、新木駅、湖北駅、布佐駅、小林駅、木下駅

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】2日目(倉敷-和田山)その2-郡家、若桜、智頭、京口、福崎、寺前、和田山(因美線/智頭急行/播但線)

鉄旅日記2009年11月22日・・・郡家駅、若桜駅、智頭駅、京口駅、福崎駅、寺前駅、和田山駅(因美線

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【20代最後の旅でございます。青森港から北海道上陸を目指して北へ向かったのでございますが・・・。】初日(東京-青森フェリー埠頭)-東京町田、加平PA、千代田PA、東海PA、差塩PA、福島松川PA、泉PA、金成PA、北上金ヶ崎PA、岩手山SA、湯瀬PA、津軽SA、青森フェリー埠頭

車旅日記1998年8月12日 1998・8・12 7:21 東京町田 夏の第1ラウンドのツアーか

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その3-稚内サンホテル

車旅日記2004年5月4日・・・稚内サンホテルにて 21:39 稚内サンホテル325号 素敵な部屋

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】初日(東京-下北)その1-郡山、安達、苦竹、東仙台、花泉、石越(東北本線、仙石線)

鉄旅日記2016年3月19日その1・・・郡山駅、安達駅、苦竹駅、東仙台駅、花泉駅、石越駅(東北本線、

記事を読む

2020年水無月【緊急事態宣言から解放された週末。石和温泉につかりにいった記憶をSNS風に綴ります。】-甲府、善光寺、酒折、石和温泉、大月(中央本線/身延)

鉄旅日記2020年6月20日~21日・・・甲府駅、善光寺駅、酒折駅、石和温泉駅、大月駅(中央本線/

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日・・・羽咋駅、七尾駅、穴水駅、和倉温泉駅、北鉄金沢駅、内灘駅、粟ヶ崎駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その3-笠寺、熱田、熱田神宮、神宮前、大江、名古屋東港、金山(東海道本線/名鉄常滑線/名鉄築港線/名鉄名古屋本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・ 笠寺駅、熱田駅、神宮前駅、大江駅、名古屋東港駅、金山駅(東海道本

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その2-止別駅、緑駅、裏摩周、摩周駅、塘路駅、釧路湿原駅、細岡駅、釧路パシフィックホテル

車旅日記2004年5月2日・・・止別駅、緑駅、裏摩周、摩周駅、塘路駅、釧路湿原駅、細岡駅、釧路パシフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑