*

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】最終日(桑名-揖斐-樽見-金城ふ頭-東京)その2-大垣、名古屋、金城ふ頭、豊橋、磐田、焼津(東海道本線/名古屋臨海高速鉄道あおなみ線)

公開日: : 最終更新日:2023/06/07 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年9月16日・・・大垣駅、名古屋駅、金城ふ頭駅、豊橋駅、磐田駅、焼津駅(東海道本線/名古屋臨海高速鉄道あおなみ線)
13:09 大垣(おおがき)駅(東海道本線/美濃赤坂支線/樽見鉄道/養老鉄道 岐阜県)
本日4度目の大垣。
初めて降りた頃には存在しなかった巨大モールがメイン出口の反対側にいつの頃からか出現して、人の流れは変わったようだ。

あそこに行けば望んでいた朝食が食べられたかもしれないが、オレの足はああいった施設には向かないようになっている。

去年の夏に宿泊した大垣。
あれからオレの人生は大きく変わり、今はすべてを受け止めて、人生における最終的な幸福を確信している。

一年前からすれば思ってもみなかった日々を生きているが、将来にわたる最大の悲しみを別にすれば、違和感なく生きているとも言える。

たった今、大垣にいる事実から導かれたこの感慨は、自宅にいても出てはこなかっただろう。

13:56 名古屋(なごや)駅(東海道新幹線/東海道本線/中央本線/関西本線/名古屋市営地下鉄東山線/名古屋市営地下鉄桜通線/名古屋臨海高速鉄道あおなみ線 愛知県)
あおなみ線に乗り換える。
東京じゃ名古屋臨海高速鉄道という呼称しか目にしなかったため、漠然と地下鉄を想像していたが、乗り場は地上のJRホームの一番端のさらに先っぽにあった。

太閤通口に出たのは初めてかもしれない。
豊臣秀吉の生地中村はこの先にある。

ツインタワーが聳える広小路口と変わらぬ人波と街が続いていた。

14:43 金城ふ頭(きんじょうふとう)駅(名古屋臨海高速鉄道あおなみ線 愛知県)
名古屋港にたたずむ。

名古屋にこんな場所があったのか。
高架から出荷前の車両の列や税関を見下ろし、港を跨ぐ高速道路橋の雄大さに目を見張る。

埠頭の先には巨大戦艦のような造船所が煙を上げている。



家族連れや若者たちは連絡橋でつながった施設を跳び跳ねるように進み、オレはひとり真っ正面の階段を下りて海に一番近い場所へと歩いた。

風はなく蒸し暑い広場にはなぜか年老いた男たちの姿しか見られず、一様にうつむいていた。

小さな子供たちが多く乗り込むこの高架線からの眺めはよく、名古屋駅を出て、列車は複雑に絡み合う線路の中を新たな道を見つけたかのように高い場所を進む。
気分もよかった。


16:22 豊橋(とよはし)駅(東海道新幹線/東海道本線/飯田線/名鉄本線 愛知県)
名古屋で新快速に乗り換え、豊橋で掛川行に乗り継ぐ。

秋雨に濡れた昨日の豊橋から一転、東京も曇天続きだったので今日は久々の晴れ。
暑く、空からは雲が消えつつある。

外には出ずにビールを購入。
ホームの向かいに停車していた23分発の岐阜行に座り、同じく23分発掛川行の入線を待つ。

この3連休は旅行シーズンを外しているらしい。
並ばずとも席は見つかり帰京。

名古屋方面に向かう線路を写す。
空に龍が姿を見せてくれた。

隣で酔っ払ってシャックリを連発する女を連れた男が困ったような嬉しそうな顔をしている。
熟女パブの常連がホステスを引っかけたという構図か。
ややこしそうなのは当人同士の勝手だが、公衆の面前では迷惑な話だ。
せめて近くに子供が乗っていないことだけが幸いだ。

子供好きというか、若者が好きな人生をオレは3年前から歩んでいる。

17:21 磐田(いわた)駅(東海道本線 静岡県)
まだ20代の頃、早朝にこの駅前に車を乗り付けたことがある。
目指したのは大阪茨木の友人宅だった。

まだ人の迷惑だのろくに考えられない愚かな時代で、関係する皆がオレを愛してくれていると思っていた。

駅は変わり、ロータリーのイメージは「確かにこんな感じだった」との感慨が湧くのみ。
あのロータリーを抜けると町の風景は終わってしまいそうた。

ゴンこと中山雅史選手がジュビロ磐田にいる頃はもう20年前になるのか。
フランスW杯のジャマイカ戦で日本人としてW杯初ゴールを決め、Jリーグ戦では3試合連続ハットトリックを決めてギネスブックにも載った偉大な男。
彼がいるジュビロと鹿島アントラーズのチャンピオンシップには燃えたよ。

この小さな町のどこかに2万人もの観客を収容するスタジアムがあり、実際に栄光の舞台でそれだけのサポーターを集めた実績がある。
リスペクトに価する。

ジュビロは現在のJリーグでどれほどの位置にいるのか。
残念に思うが詳しくない。

18:18 焼津(やいづ)駅(東海道本線 静岡県)
かつての土曜日の夕方、社員旅行で降り立った時の駅前は賑わっていた。

夏の帰りには花火大会の賑わいも見た。

今日は拍子抜けだった。
日暮れを迎えた町は静かで、アーケード街のシャッターはひとつ残らず下りていて、黒潮が流れる日本有数の港町の活気は見られなかった。

ロータリーを一巡して駅に戻る。


長い出張に出ていたと思われる父親を駅に迎えにきた幸せな家族の姿があった。
あの姿をこの身に照らしたことは一度としてないが、今生ではあの暮らしは叶わないのだと思う。

寂しいよ。
Facebookには、「やりたいことをやっていく」と投稿する。

【Facebookへの投稿より】
今日の東海地方はよく晴れて蒸し暑く、曇天続きの東京暮らしの身に久々に日差しを浴びました。

映画「男はつらいよ」で、車寅次郎が鄙びた駅で列車の到着を待つ場面が数多く見られますが、あれをしたいのでございます。

最後に降りた名古屋の金城ふ頭駅で、家族連れや若者たちが隣接する大型施設に向かう中、ひとり人気のない埠頭に足を向けますと、狭い広場に年老いた男たちが誰と話すわけでもなく、しんみりと座っております。

男とはそういう生き物かと、身に照らしてはみたものの違和感がございます。

やりたいことをして生きるのだ!と、手を振ってくれた小さな男の子に思いきり手を振り返して名古屋を後にいたしました。

現在、帰京中。
じきに富士に至ります。

関連記事

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その1-直江津、土底浜、犀潟、虫川大杉、六日町、塩沢(信越本線/北越急行ほくほく線/上越線)

鉄旅日記2018年2月11日・・・直江津駅、土底浜駅、犀潟駅、虫川大杉駅、六日町駅、塩沢駅(信越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2009年初夏【上信越ひとり旅】初日(東京-十日町)-上野、高崎、大前、渋川、沼田、水上、越後湯沢、六日町、越後川口、十日町(高崎線/吾妻線/上越線/飯山線)

鉄旅日記2009年7月18日・・・上野駅、高崎駅、大前駅、渋川駅、沼田駅、水上駅、越後湯沢駅、六日町

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】最終日(富山-岩瀬浜-糸魚川-松本)走行距離218㎞ その2-泊駅、越中宮崎駅、市振駅、糸魚川駅、頸城大野駅、小滝駅、平岩駅、白馬大池駅、安曇追分駅

車旅日記2005年4月30日 13:43 泊駅(4月29日の松本駅より392㎞) いよいよ県境の

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】3日目(姫路-十三)その2-新開地、湊川、鈴蘭台、三木上の丸、三木城址、三木、粟生、神鉄三田、ウッディタウン中央、横山、有馬口、有馬温泉、鵯越(神戸電鉄有馬線/神戸電鉄粟生線/神戸電鉄三田線/神戸電鉄公園都市線)

鉄旅日記2017年8月13日・・・新開地駅、湊川駅、鈴蘭台駅、三木上の丸駅、三木駅、粟生駅、神鉄三田

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その3-奈良、加茂、伊賀上野、亀山、静岡、沼津(関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2019年3月3日・・・奈良駅、加茂駅、伊賀上野駅、亀山駅、静岡駅、沼津駅(関西本線/東海道

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】4日目(鳴子温泉‐米沢‐猪苗代‐郡山)鳴子サンハイツ、道の駅むらやま、金渓ワイン、日布峠、こたかもりドライブイン、郡山スターホテル

車旅日記2000年5月6日 2000・5・6 7:19 鳴子サンハイツ 1011㎞ 低調な朝だ。

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】最終日(鳴子温泉‐米沢‐東京) 鳴子サンハイツ、鳴子温泉駅、芦沢駅、赤湯駅、米沢郊外、磐梯、猪苗代湖、新白河駅、氏家、春日部、三軒茶屋、東京町田

車旅日記1996年11月3日 1996・11・3 9:09 鳴子サンハイツ 拝啓 その後、元気

記事を読む

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】最終日(安中-東京)その2-屋代、坂城、小諸、三岡、中込、羽黒下、松原湖(しなの鉄道/小海線)

車旅日記2019年2月10日・・・屋代駅、坂城駅、小諸駅、三岡駅、中込駅、羽黒下駅、松原湖駅(しなの

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】5日目(宇和島-観音寺)-宇和島、卯之町、八幡浜、千丈、伊予大洲、伊予市、松山、伊予北条、今治、伊予小松、伊予西条、新居浜、関川、伊予土居、箕浦、観音寺(予讃本線)

鉄旅日記2009年5月5日・・・宇和島駅、卯之町駅、八幡浜駅、千丈駅、伊予大洲駅、伊予市駅、松山駅、

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

車旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵琶湖ともお別れ。 8号国道を飛ばした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その4‐宮古、陸中山田、釜石(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、陸中山田駅、釜石駅(三陸鉄道

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その3‐宮古、蟇目、茂市(山田線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、蟇目駅、茂市駅(山田線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その2‐平田、釜石、陸中山田(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・平田駅、釜石駅、陸中山田駅(三陸鉄道

→もっと見る

    PAGE TOP ↑