*

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その1-松戸、北松戸、馬橋、萬満寺、流山、近藤勇陣屋跡、小金城趾、幸谷、新松戸、北小金、南柏、北柏、我孫子(常磐線/流鉄流山線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/24 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年9月22日・・・松戸駅、北松戸駅、馬橋駅、流山駅、小金城趾駅、幸谷駅、新松戸駅、北小金駅、南柏駅、北柏駅、我孫子駅(常磐線/流鉄流山線)/近藤勇陣屋跡
2018・9・22 5:15 松戸(まつど)駅(常磐線/新京成線 千葉県)
夜を明かした男たちの雄叫びが響く金町からひと駅。

まだ夏が始まる前に新京成の旅で降りた松戸に再び。

昨日は晩秋を思わせる雨に濡れた東京。
今日も雨の予報が出ていたが、今朝は上がっていて、まだ夏の装いでいる。

「サンキューちばフリーパス」を購入。
ホームに立つオレに風を浴びせ、大きな烏が羽音も雄々しく飛び回る。

5時過ぎの街に、人々が動き出す音が大きくなってきた。

それぞれの大切な朝が始まる音。
その大きさに新鮮な思いでいる。

5:44 北松戸(きたまつど)駅(常磐線 千葉県
西口に出てみる。
ロータリーからは松戸を流れる川の堤防が見えた。

川辺にいくと松戸の川辺と寸分違わない。
すぐに引き返して東口への跨線橋を渡る視界に光の固まりが見えた。

再び川辺に戻ると松戸競輪場だった。
手前には薄汚れたラブホテルがある。

ギャンブル街には独特の臭気がある。
荒んだ男と女がタバコをふかし、裾が擦りきれたズボンをはく黒づくめの男が気だるげに駅に向かう。

東口は水戸街道に面している。
町の奥行きは深くない。

我孫子方面に向かう席はほぼ塞がっている。

6:23 馬橋(まばし)駅(常磐線/流鉄流山線 千葉県)
10年前に酒を飲んだ店はもうなくなっていたのだろうか。
特定はできなかった。

でも「確かにこんな町だった」と歩いていくと立派な山門に行き当たった。
鎌倉時代に小金城主千葉介頼胤が建立した萬満寺。

掃き清められた寺内に線香の香りが漂い、風格溢れる御堂に頭を垂れる。
山門の先に見えたのは確かに俗界だった。


西口広場の水は枯れ、電線には鳩の列が並び、古ぼけた工場の屋根が見える。

自動改札化には永遠に着手しそうにない流鉄改札脇の事務室で駅員さんは眠っている。

数時代前の便所から出て階段を上がった先に見えた朝には、晴れを予感させる空があった。

6:52 流山(ながれやま)駅(流鉄流山線 千葉県)
わずかに6駅を結ぶ流鉄。
開業から100年を越えて未来を歩く流山本町には、「半旅」と印された仄かな灯籠があちこちに置かれ、街道を雅なものに見せている。


案内に従って角を入ると土産物屋や倉が並ぶ趣のある通りで、狭い一郭に近藤勇陣屋跡がある。

彼の闘争はここで終わり、尚も闘いを止めない土方歳三は東に去り、彼等の二人三脚の人生の旅路もここで終わった。

京都を震撼させてきた時代の鬼たちの終幕の地。
多摩で生まれた彼等は何かに導かれるようにこの地まで敗亡の道をたどり、そして永遠に別れた。

そんなことを思いながら聞く烏の声。
物悲しい気分になる。

7:17 小金城趾(こがねじょうし)駅(流鉄流山線 千葉県)
秋を迎えた町に烏の声がこだまするように聞こえる。

隣の男は鼻をすすり、商店が見られない町の空はなぜかいつも鈍い。

城跡には行き着けず駅に戻る。
列車が行き違うこの駅で降りると、上りと下りに同時に別れていく、どことなく切ない旅を意識する光景が見える。

7:27 幸谷(こうや)駅(流鉄流山線 千葉県)にて


7:31 新松戸(しんまつど)駅(常磐線/武蔵野線 千葉県)
幸谷駅で降りて踏切の先にはもう新松戸駅が見える。

ロッテリアの脇を通ると、赤い鳥居の連なりを思わせるオブジェが改札口へと続く。
徒歩1分。

ホームに上がると学生たちで狭いホームは混みあっていた。

7:41 北小金(きたこがね)駅(常磐線 千葉県)
水戸街道小金宿。

小金城の存在も謳う駅前。

旅の途中にここで降りたのはオレだけで、足早に駅を通りすぎていく人々の日常に紛れた。
滞在時間6分。

7:50 南柏(みなみかしわ)駅(常磐線 千葉県)
北小金と似たような町。
ロータリーは背丈の揃った現代建築に取り巻かれ、人々が駅へと階段を上がってくる。

西口ロータリーは狭く、町の歴史を感じさせてくれる。
ここも滞在6分。

すでに次の柏駅に入線している。
柏で半数以上が降りて、最早車内に学生の姿は見えない。

8:02 北柏(きたかしわ)駅(常磐線 千葉県)
柏を過ぎると湿気が少なくなり、吹く風に冷たさを感じた。

人々の絶対数は減り、駅前には郊外を感じた。
かえって柏駅周辺の大きさを思うこととなる。

下り列車をホームで待つ目の前を、時に常磐線快速列車が文字通り快速で通りすぎ、水戸街道の車の流れもまた早い。
滞在時間10分。

8:23 我孫子(あびこ)駅(常磐線/成田線我孫子支線 千葉県)
北口に降りてみる。
南口には小さな繁華街があるが、ひとめぐりしてコンビニでビールと肉まんを購入。

肉まんの美味しい季節への入口を感じた時に夏が去った切なさなどはなく、ただただ幸福感に包まれる。

馬橋で晴れを予感させた空は南柏で鼻を一滴濡らし、ここ我孫子では油断のできない色になった。
傘を持つ者はいない。

常磐路旅で気づいた高台の住宅地を思い、足が向いた北口でのひととき。

関連記事

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、関東途中下車旅】その1-赤羽、岡本、烏山、大金、宝積寺、氏家、石橋、自治医大、小金井、小山(東北本線、烏山線)

鉄旅日記2013年3月31日その1・・・赤羽駅、岡本駅、烏山駅、大金駅、宝積寺駅、氏家駅、石橋駅、自

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】最終日(和田山-東京)その2-大阪、桜島、西九条、阪神西九条、久宝寺、放出、京橋、京阪京橋、近江舞子、近江今津、近江塩津、東京葛飾(大阪環状線/桜島線/関西本線/おおさか東線/学研都市線/湖西線)

鉄旅日記2009年11月23日・・・大阪駅、桜島駅、西九条駅、阪神西九条駅、久宝寺駅、放出駅、京橋駅

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、福井・石川途中下車旅】初日(東京-富山)-大垣、田村、近江塩津、敦賀、越前花堂、美山、九頭竜湖、越前大野、福井、美川、金沢、津幡(東海道本線、北陸本線、越美北線)

鉄旅日記2012年8月25日・・・大垣駅、田村駅、近江塩津駅、敦賀駅、越前花堂駅、美山駅、九頭竜湖駅

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩秋【浜名湖へ。そして飯田線に乗って、友に会いにいったのでございます。】初日-掛川、尾奈、リステル浜名湖(東海道本線/天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2006年11月3日・・・掛川駅、尾奈駅(東海道本線/天竜浜名湖鉄道) 2006・11・3

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【女川を目指した旅。ここには震災前の女川の姿が残されております。】最終日(新庄-東京)その2-女川、渡波、松島海岸、本塩釜、仙台、駒ヶ嶺、原ノ町、桃内、いわき、石岡(石巻線/仙石線/常磐線)

鉄旅日記2009年10月11日・・・女川駅、渡波駅、松島海岸駅、本塩釜駅、仙台駅、駒ヶ嶺駅、原ノ町駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】初日(東京-米原-福井-越前大野)その1-金町、大垣、米原、近江塩津、王子保、湯尾(常磐線/東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2018年10月6日・・・金町駅、大垣駅、米原駅、近江塩津駅、王子保駅、湯尾駅(常磐線/東海

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その1-新南陽、新山口、阿知須、宇部新川、小野田港、下関、八幡、陣原(山陽本線/宇部線/小野田線/鹿児島本線)

鉄旅日記2015年8月13日その1・・・新南陽駅、新山口駅、阿知須駅、宇部新川駅、小野田港駅、下関駅

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】5日目(宇和島-観音寺)-宇和島、卯之町、八幡浜、千丈、伊予大洲、伊予市、松山、伊予北条、今治、伊予小松、伊予西条、新居浜、関川、伊予土居、箕浦、観音寺(予讃本線)

鉄旅日記2009年5月5日・・・宇和島駅、卯之町駅、八幡浜駅、千丈駅、伊予大洲駅、伊予市駅、松山駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】2日目(津山-鳥取)その2-金川、弓削、亀甲、美作滝尾、三浦、美作加茂、知和、智頭、用瀬、津ノ井、大岩、岩美、鳥取(津山線、因美線、山陰本線)

鉄旅日記2014年8月14日その2・・・金川駅、弓削駅、亀甲駅、美作滝尾駅、三浦駅、美作加茂駅、知和

記事を読む

「車旅日記」1995年秋【恋に病んで・・・西へ。1号国道をひたすら、大阪の友に会いにいく。】その2-東寺、五条大橋、琵琶湖湖岸道路、米原、関ヶ原・・・・-

車旅日記1995年11月5日 1996・11・5 9:19 1号国道-東寺 京都乱入。 晴

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑