*

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その2-大塚山古墳群、会津若松、芦ノ牧温泉、大川ダム公園、芦ノ牧温泉南(会津鉄道)

公開日: : 旅話, 旅話 2017年

鉄旅日記2017年12月3日
11:12 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越西線/只見線/会津鉄道 福島県)
休日限定じゃなく休日運休だ。
10:15に出る便はない。

白虎隊のお墓がある飯森山は遠い。
大塚山古墳群へ行こう。

白虎通りから千石通りへ。

モダンな外観の会津中高正門横には、全国大会出場などの華々しい足跡がところ狭しと並んでいる。

その脇にこんもりした山がある。
踏み入れると墓場。
天辺まで続いている。

前方後円墳の後方部分が墓地にあてられ、磐梯山がきれいに見える。
眼下は整然とした墓地だった。

福島県は浜通り、中通り、会津地方と、それぞれに地域性を持つ3つのブロックに分けられる。

中通りの石川町出身の友人から聞いた話だが、
彼は当時旅行代理店の営業をしていて、会津人の頑固さに手を焼いたらしい。

筋を通す。
そこに重きを置いて交渉にあたったとのこと。

その会津。
昨日からよく歩いた。

11:40 芦ノ牧温泉(あしのまきおんせん)駅(会津鉄道 福島県)
駅からは離れているけど、温泉街はとても立派なもののようだ。

錆びだらけのかつての駅名標の横には赤い郵便ポスト。

レトロな駅には猫の駅長さんがいて、ベンチにベッドが用意されているが、残念なことに不在だった。

駅舎内もレトロで、カメラを向ける者がいる。

行き違い待ちで4分の停車。

11:50 大川ダム公園(おおかわだむこうえん)駅(会津鉄道 福島県)
太陽光発電基地に、穏やかな鳥のさえずりのみが聞こえる。

よく晴れた空に全山の赤が映える。

何もないな、ここは。

次の駅まで歩いていこう。

12:38 芦ノ牧温泉南(あしのまきおんせんみなみ)駅(会津鉄道 福島県)
ダム公園に寄ってチワワに吠えかかられる。
なりは小さいけど、共通して戦闘的な犬種だ。

ダム湖を見下ろすように流れに沿って登り道。
熊に注意の看板が5%くらいの恐怖を与えてくる。

雪も降って冬眠に入っているだろうが、こうまで暖かくちゃ何が起きるか分かったものじゃない。

道は蛇行して、ダム湖は木々に隠れてよく見えない。
歩いていて決して楽しい行程ではない。

仕方がない。
これも修行。

20分ほどで視界が開ける。
かつての天領、桑原集落に入った。

入口に碑が立っている。
ダム湖建設で旧集落は湖底に沈み、現在地に越したのだと。

会津線も旧桑原駅が集落と運命を共にして、現在の線路はオレの目の前にある。

復刻した桑原駅の駅名標が鎮守の杜の脇に赤い郵便ポストを従えて立っていた。

この湖の底に集落が眠っている。
そこでは人々が何代にもわたって平和に暮らしていた。
夢のような悲しい話だ。

駅に入る際に駅横のお宅の老ご婦人と会釈を交わしたけれど、あの方ならきっと当時の写真をたくさん持っているのだろう。

ダムの歴史にはそんな話がいくつもあるのだろう。
渡哲也さんが主役を演じた映画「誘拐」に、似たような悲しい過去を背景に持つ事件を扱ったものがある。
それを思い出した。

そよかな風が葉を揺らす。
日差しは暖かく、空は青く澄んで、穏やかな時間が流れている。

ここで待つのもいいが、ちょっぴり退屈だ。
先にくる下りで芦ノ牧温泉まで戻って上りに乗り換えるか。

これで会津ともお別れ。

関連記事

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】初日(東京-新大宮)その1-近鉄富田、富田、近鉄四日市、湯の山温泉、伊勢若松、平田町、鈴鹿市、鳥羽、賢島(名古屋線/湯の山線/鈴鹿線/山田線/鳥羽線/志摩線)

鉄旅日記2017年3月18日 2017・3・18 12:06 近鉄富田(きんてつとみだ)駅

記事を読む

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その1-東長崎、本鵠沼、鵠沼海岸、藤沢、石上、柳小路、鵠沼、湘南海岸公園、鎌倉(西武池袋線/小田急電鉄江ノ島線/江ノ島電鉄)

鉄旅日記2017年11月12日 2017・11・12 8:52 東長崎(ひがしながさき)駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 9:47 八色(やいろ)駅(上越線 新潟県)にて

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

鉄旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を通過して塩尻峠を下りていく。

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)駅(飯田線 愛知県) 行き違

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その3-燕三条、北三条、三条、長岡、水上、高崎(弥彦線/信越本線/上越線)

鉄旅日記2018年3月4日 14:24 燕三条(つばめさんじょう)駅(上越新幹線/弥彦線 

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】最終日(JR難波-東京)その2-大曽根、勝川、春日井、中津川、上松、原野、広丘、みどり湖、相模湖、豊田(中央本線/篠ノ井線)

鉄旅日記2017年3月20日 12:42 大曽根(おおぞね)駅(中央本線/名鉄瀬戸線/名古

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】2日目-友人夫婦と過ごした一日

鉄旅日記1996年5月4日 1996年5月4日の記憶 一夜明けた。 友人夫婦はそこ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その3-谷田川、磐城石川、磐城塙、常陸大子、玉川村、常陸大宮、上菅谷、水戸(水郡線)

鉄旅日記2018年4月1日 17:09 谷田川(やたがわ)駅(水郡線 福島県) 行き違い

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その1-金町、上野、鹿沼、日光、東武日光、宇都宮、野崎(常磐線/東北本線/日光線)

鉄旅日記2018年4月1日 2018・4・1 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都) 4:

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日 15:00 日出塩(ひでしお)駅

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑