*

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】最終日(広島-東京)-広島、向洋、東岡山、高島、守山(山陽本線、東海道本線)

公開日: : 最終更新日:2020/09/08 旅話 2015年

鉄旅日記2015年8月15日その2
2015・8・16 0:27 ホテル28広島7014号
広島の繁華街にいる。
平和大通りの脇だ。
この場所は想定外だが、望んではいた。

それにしても、この時間にも関わらず、この人の多さはどうだ。

街路は嬌声で溢れ、想像を絶した都会の夜に不意に放り込まれたような気分でいる。
今夜はカープの試合があったことも多少は影響しているのだろうが、広島という街をまったく理解していなかったことを深夜の光景を通して見せつけられた。

繁華街は妖しく危険な匂いに満ちて、広島ヤクザが闊歩し、呼び込み連中には浮わついたところはなく、近寄りがたいオーラを放っている。
思わず身の危険を感じたくなる街だった。

そんな街で迷い、未熟な若者のように事前準備の大切さを痛感した夜だった。

広島の街並


6:22 広島(ひろしま)駅(山陽新幹線/山陽本線/呉線/芸備線/可部線 広島県)
あれから数時間。
明け放たれた8月16日の朝にも数時間前の嬌声が残っていた。
こんなに朝早くにこれほどの往来がある街を他に知らない。
日曜日の街というのは、この時間じゃどこだってまだ眠ってるものだ。

通りで見かけた若い連中はたいてい朝まで騒いでいた輩で、危険なムードが体臭のように漂っている。
原爆ドーム周辺では連中の痴態が見られないことを願う。

そんな街で、本来の気質はどうか知らないが、大声を上げている手合を見れば、接近を避けて駅へ向かった。
8月の広島が喪に服しているという想像は馬鹿げたものだろうが、かつて同じ8月に原爆で焼かれた広島がこれなら、やはり今この国は平和なのだろう。

路面電車が走っていることもあって、道幅が広いことがよりこの街を大きく見せているが、それでなくても大きな街だった。

6:41 向洋(むかいなだ)駅(山陽本線/呉線 広島県)
どっしりとした古い駅舎だった。
駅の理想形を見た思いでいる。
人が集まる場所というのは、あのようにでっかくて、あたたかい構えじゃなきゃ。
オレはそう思うんだ。

駅前のこじんまりとした広場にはこれまた古い商店が並びレトロな景観を作っている。
駅と向かい合わせの雑貨屋はすでに店を開けていた。

車窓から(糸崎~尾道)


9:51 東岡山(ひがしおかやま)駅(山陽本線/赤穂線 岡山県)
住宅街が広がっている。
コンビニが一軒ある。

車窓から眺めたままの風景だ。
比較的大きな工場も見えた。

新装された町に残る昔ながらの日本家屋風駅舎に「岡山」という土地を感じている。
他に感慨めいたものが湧き上がってくることはなかった。

これまで眠っていることの多かった区間だが、ここで山陽本線と赤穂線は分岐する。

10:18 高島(たかしま)駅(山陽本線/赤穂線 岡山県)
ひと駅戻る。

団地と平屋家屋が並ぶ駅前。
ここに商店が適当な間隔で散らばっていれば昭和的な賑わいの風景にもなり得るが、何も見当たらず、たんに廃れて見える。

コンビニに寄って食糧を調達。

次にやってきた相生行の混雑ぶりに面食らっている。
ここから相生までは閑散区間で、乗降は多くない。
乗客の荷物の大きさから推し量ると、大半はこのまま阪神地区に雪崩れ込むことだろう。

並行する新幹線も相当な混雑が記録されているのだろう。

車窓から見る明石海峡大橋(舞子駅あたり)

13:54 守山(もりやま)駅(東海道本線 滋賀県)
関西地区上空に暗雲が垂れ込めている。

蝉の声に耳をとられていた。
空を眺め、オレはきっとこの同じ関西のどこか別の場所で、今と似たような感慨に耽ったことがある。
そう思いながらベンチに座っている。

オレの人生が京都を中心とする関西地区と馴染みになってからもう15年になる。
友達は作れなかったが、恋はした。
愛も交わしたんだ。

東京のどこかじゃなくて、こうして近江平野を眺めながら当時からのことを思い返せば、少なくともつまらない人生ではなかったと確信できる。

宿場町の風情を残す草津を挟んで、南草津、守山、野洲と同じような駅前風景が続く。

高層の集合住宅が天を衝き、住民の食を賄う総合雑貨屋が大きく場所を占める。
飲食店はほとんど見かけることはない。
関東では埼玉県の鴻巣、吹上、行田といったところが挙げられるベッドタウンの見本のような町並だ。

さて、これでどこに寄ることもなく東京に帰る。
広島を出てから8時間。
これからオレの家までもざっと8時間。

ちょうど中間点は米原あたりになる。

関連記事

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】4日目(西鉄柳川-広島)その1-西鉄柳川、西鉄久留米、西鉄甘木、甘木、基山、けやき台、原田、桂川(西鉄本線、西鉄甘木線、甘木鉄道、鹿児島本線、筑豊本線)

鉄旅日記2015年8月15日その1 2015・8・15 6:15 西鉄柳川(にしてつやなが

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その1(宇治-東京)-宇治、山城多賀、玉水、上狛、木津、加茂、貴生川(奈良線/関西本線/草津線)

鉄旅日記2015年3月22日その1 2015・3・22 5:55 宇治(うじ)駅(奈良線 

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その3(岩倉-東京)-津島、須ヶ口、神宮前、豊明、岡崎公園前、中岡崎、東岡崎、国府、豊川稲荷、豊川(名鉄津島線/名鉄本線/名鉄豊川線)

鉄旅日記2015年3月8日その3 13:12 津島(つしま)駅(名鉄尾西線/名鉄津島線 愛

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】初日(東京-新南陽)-はりま勝原、阿品、島田、新南陽(山陽本線)

鉄旅日記2015年8月12日 2015・8・12 16:10 はりま勝原(はりまかつはら

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】3日目(鹿児島中央-西鉄柳川)その1-指宿、枕崎、入野、開聞、山川、喜入、瀬々串、慈眼寺、南鹿児島、郡元(指宿枕崎線)

鉄旅日記2015年8月14日その1 2015・8・14 6:08 指宿(いぶすき)駅(指宿

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その1-新南陽、新山口、阿知須、宇部新川、小野田港、下関、八幡、陣原(山陽本線/宇部線/小野田線/鹿児島本線)

鉄旅日記2015年8月13日その1 2015・8・13 5:37 新南陽(しんなんよう)駅

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その2(岩倉-東京)-笠松、新羽島、岐阜羽島、羽島市役所前、西笠松、新木曽川、名鉄一宮、玉ノ井、萩原、日比野、弥富、近鉄弥富(名鉄本線/名鉄竹鼻線/名鉄羽島線/名鉄尾西線)

鉄旅日記2015年3月8日その2 9:38 笠松(かさまつ)駅(名鉄本線/名鉄竹鼻線 岐阜

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その3(東京-宇治)-中書島、伏見桃山、桃山御陵前、桃山、JR藤森、木幡、黄檗、京阪黄檗、京阪宇治(京阪本線/奈良線/京阪宇治線)

鉄旅日記2015年3月21日その2 20:15 中書島(ちゅうしょじま)駅(京阪本線/京阪

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】4日目(西鉄柳川-広島)その2-田川後藤寺、糸田、糒、金田、門司港、厚狭、湯ノ峠、四郎ヶ原、南大嶺、美祢(平成筑豊鉄道糸田線、平成筑豊鉄道伊田線、鹿児島本線、美祢線)

鉄旅日記2015年8月15日その2 11:18 田川後藤寺(たがわごとうじ)駅(日田彦山線

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】3日目(鹿児島中央-西鉄柳川)その2-隼人、日当山、鶴丸、吉松、真幸、矢岳、大畑、人吉、坂本、玉名、西鉄柳川(肥薩線、鹿児島本線、西鉄本線)

鉄旅日記2015年8月14日その2 12:00 隼人駅前まんさくラーメン 鹿児島の街は相

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑