*

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】2日目(新山口-大分)その2-香春、田川伊田、田川後藤寺、日田、豊後森、豊後中村、野矢、由布院、大分(日田彦山線/久大本線)

公開日: : 最終更新日:2023/07/07 旅話, 旅話 2009年

鉄旅日記2009年9月19日・・・香春駅、田川伊田駅、田川後藤寺駅、日田駅、豊後森駅、豊後中村駅、野矢駅、由布院駅、大分駅(日田彦山線/久大本線)
2009・9・19 12:49 香春(かわら)駅(日田彦山線 福岡県)
広い駅構内にはかつての遺構と栄光が残る。

地肌を剥き出しにした香春岳一の岳。
二の岳、三の岳はこんもりとした姿をそのまま残している。

まだ蝉の声が残る静かな村。
炭鉱全盛当時を想像することはできない。

炭坑節に歌われ、万葉集にも詠われ、神がいる山としておとぎ話にも登場する香春岳。

古の人々が信仰した聖なる山は、近代文明の発展に身を削って貢献し、そして時代は過ぎた。
もう元には戻れない。
神もそして人も。
哲学するにはいい場所だ。

香春岳は鬼ヶ城という城跡でもあり、豊臣秀吉の九州征伐の件にも登場する。
当時の薩軍は、ほぼ九州一円をその勢力下に置いていたことが分かる。
そして今も日本セメントが巨大な腕で掴みかかっている。

鎮西八郎為朝の屋敷跡も残っているらしい。
あの豪傑はまず手始めに、このあたりの荒っぽい連中を制圧したのだろう。



13:48 田川伊田(たがわいた)駅(日田彦山線/平成筑豊鉄道伊田線/平成筑豊鉄道田川線 福岡県)
九州らしい、ごつごつとした景色になってきた。

筑豊炭田の中心地、田川。
ここも構内は広く、かつて線路が敷かれていた一帯に雑草がはびこっている。

平成筑豊鉄道とは、ここを経由して直方と行橋をつないでいる。

伊田商店街を歩く。
飲食店やスナックは路地に集まっていた。

盛は過ぎても祭がある。
風治八幡宮の川渡り祭。
田川で信仰を集め、大切にされていることを食堂で知った。

もはやボタ山も炭住跡もない筑豊。
数年前の旅でその事実は知っていたけれど。

このホームからの眺めがいい。
今日も暑くて、でも強い風に冷まされて、四国の山並に似た筑豊の山々を眺めている。

14:40 田川後藤寺(たがわごとうじ)駅(日田彦山線/後藤寺線/平成筑豊鉄道糸田線 福岡県)
5年前の夏だったよ。
便所を借りにこの駅に寄ったのは。

あの日に見た観光案内板は色褪せて真っ青になっていた。
伊田で触れた現在の筑豊の情報は、あの案内板に書かれていた内容が下地になっている。

銀天街を歩く。
伊田商店街によく似ていた。
スナックや酒場は発見できなかったが、子供が元気だ。

かつて筑豊には迷路のように多くの線路が敷かれていたが、その多くが剥がされた現在も、後藤寺は今も交通の要衝の地位を失っていない。

17:01 日田(ひた)駅(久大本線/日田彦山線 大分県)
彦山から眠ってしまった。
分岐駅の夜明は眠りの中で過ぎて、いつの間にか日田に着いていた。

5年前と同じように日田駅は西日を浴びて輝いていた。
日の当たる待合所で、みんな真っ黒な顔をして列車を待っている。

駅周辺を散策。
案外商圏は狭いものだと思いながら駅に戻り案内板を見ると、三隈川の畔に温泉街がある。
本物の日田がそこにあり、日田天領水の出所もそのあたりなのだろう。

車寅次郎も日田を訪れている。
祭の最中だった。
きれいな町だよ。

これから5年前と同じように大分に向かう。
強い風はまだ心地いいと言える。

18:21 豊後森(ぶんごもり)駅(久大本線 大分県)
断崖があり、豪快な滝が落ち、三隈川を縫うように進んでいる。
絶景の連続だった。

玖珠郡森町。
「童話の里」を謳う駅前に桃太郎がいる。

豊後牛の産地。
印象的な峰々。
伐株山の山頂が削れているのはグライダーの発着場だという。

行儀の悪い高校生連中をはじめ、大勢が降りたこの駅で32分の停車。

駅前通りを左に折れて、下り坂を信号がある交差点まで歩く。
そこまで商店街が続いている。
廃屋も見られたが、品のいい飲食店もある。
街灯の色もいい。
駅のイルミネーションもきれいだったな。

民話の里で迎える日暮れ。
このあたりには本物の闇が訪れる。

転車台跡が駅の片隅で壮絶な姿で残っていた。


18:55 豊後中村(ぶんごなかむら)駅(久大本線 大分県)
九重町中村。
ここで6分の停車。
九重連山の登山口で、日本一の大吊橋がここから11㎞の場所にあるらしい。

駅前ではスナックが一軒明かりを灯していた。

5年前にもここに寄っている。
確かオレはここで、子供が遊ぶ光景を眺めていた。

19:06 野矢(のや)駅(久大本線 大分県)
闇の中で4分の停車。
海抜534米の標柱がホームにある。

停車時間が明けて、走り出す。
そして闇。

19:39 由布院(ゆふいん)駅(久大本線 大分県)
右手に夜景が見えた。
灯の数は多くない。
だからこそきれいに見えたんだ。

到着した駅が由布院だった。

何ら仕切りのない、大きな窓を開け放ったような開放的な改札口で、かわいらしい声をした女性駅員がオレを待っていた。

最後に残った楽園のような町。
あたたかい灯が続く坂道に土産物屋、飲食店が並び、人々が穏やかな表情で歩いている。

温泉街がどこにあるのか知らないが、歓楽街は駅周辺にあった。
駅の灯も素敵だった。

猫と遊んでいた二人の少女はどこからきたのだろう。
大分まであと1時間。

23:21 東横イン大分駅前1207号
九州は美人が多い。

大分駅は改良工事中だった。
市内の混雑を考えて高架化を進めているとのこと。

構わない。
ただオレが知っている駅舎のままでいてほしかった。
でもどうにか間に合った。
懐かしい姿をこうして目にできている。

大分駅は3度目になる。
そうか、あれから5年も経つのか。

府内と呼ぶ中心街。
この街は大友宗麟が九州制圧に動いた頃が全盛だったのだろう。
当時は府中といっていた。
その名残りだろう。

城跡が街の中心とは言えないが、繁華街「府内五番街」はその近くにある。
えらく長いアーケード街があった。
店の多くは閉じていたが、駅まで続いている。

県庁も市庁も立派だが、大分は駅がシンボルの役目を果たしている。
オレはそう感じたよ。

昨日の新山口でもそうだったが、物価が安くて量が多い。
覗いたメニューに団子汁があったから入った店だが、団子汁まで行き着くことなく腹は膨れた。

関サバをはじめ、本物を食べて、美味い酒を飲んだ。
こうして酒を飲んでいる場所が、大分なのだと実感できる瞬間というのがある。
そこに感動が訪れる。

大分(おおいた)駅(日豊本線/久大本線/豊肥本線 大分県)にて

関連記事

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】最終日(石巻-東京)その2-久田野、新白河、豊原、白坂、黒磯、西那須野、那須塩原、矢板(東北本線)

鉄旅日記2016年3月21日その2・・・久田野駅、新白河駅、豊原駅、白坂駅、黒磯駅、西那須野駅、那須

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】初日(東京-新山口)その2-廿日市、広電廿日市、宮島口、広電宮島口、大竹、岩国、徳山、新山口(山陽本線/岩徳線)

鉄旅日記2009年9月18日・・・廿日市駅、広電廿日市駅、宮島口駅、広電宮島口駅、大竹駅、岩国駅、徳

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】初日(東京-新山口)その1-金町、北千住、東京、岡山、笠岡、尾道、糸崎、入野(常磐線/山手線/東海道山陽新幹線/山陽本線)

鉄旅日記2009年9月18日・・・金町駅、北千住駅、東京駅、岡山駅、笠岡駅、尾道駅、糸崎駅、入野駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】2日目(新山口-大分)その1-新山口、宇部、居能、雀田、長門本山、小野田、厚狭、新下関、下関、門司、小倉(山陽本線/宇部線/小野田線/長門本山支線/山陽本線/鹿児島本線)

鉄旅日記2009年9月19日・・・新山口駅、宇部駅、居能駅、雀田駅、長門本山駅、小野田駅、厚狭駅、新

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】4日目(鳴子温泉‐米沢‐猪苗代‐郡山)鳴子サンハイツ、道の駅むらやま、金渓ワイン、日布峠、こたかもりドライブイン、郡山スターホテル

車旅日記2000年5月6日 2000・5・6 7:19 鳴子サンハイツ 1011㎞ 低調な朝だ。

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】最終日(神島-鳥羽港-伊良湖岬-三河田原-豊橋-東京)その3-三河田原、新豊橋、豊橋、東静岡、沼津(豊橋鉄道渥美線/東海道本線)

鉄旅日記2018年12月24日・・・三河田原駅、新豊橋駅、豊橋駅、東静岡駅、沼津駅(豊橋鉄道渥美線/

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日・・・八色駅、浦佐駅、五日町駅、水上駅、後閑駅、上牧駅、八木原駅(上越線

記事を読む

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本線)15:32 置賜(おいたま

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その2-郡山、福島、曽根田、仙台、一ノ関(東北本線)

鉄旅日記2019年9月21日・・・郡山駅、福島駅、曽根田駅、仙台駅、一ノ関駅(東北本線) 11:08

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】最終日(鳴子温泉‐米沢‐東京) 鳴子サンハイツ、鳴子温泉駅、芦沢駅、赤湯駅、米沢郊外、磐梯、猪苗代湖、新白河駅、氏家、春日部、三軒茶屋、東京町田

車旅日記1996年11月3日 1996・11・3 9:09 鳴子サンハイツ 拝啓 その後、元気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑