*

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その2-阿字ヶ浦、那珂湊、勝田、大津港、日立、常陸多賀(ひたちなか海浜鉄道湊線/常磐線)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年4月25日
13:17 阿字ヶ浦(あじがうら)駅(ひたちなか海浜鉄道湊線 茨城県)
今や海外からの観光客が年間2000万人を数える日本。
この路線にまでアジアの波は押し寄せ、肥満度の高い男たちが車内の温度を上げている。
隣には関西弁を話す若い男女までいる。

駅では食のイベントを開催中とのアナウンスが流れ、どれほどのものかと思ったがテントが4、5個。
たいして注意が払われることなく、人々は待っていたバスに乗り込んでいく。

ひとり歩きだし、ドンツキの神社を左に折れれば、そこは坂の上。
このあたりじゃ常に荒々しく見える太平洋。

かつては坂下まで下りていったけど、今日は時間がない。
駈けだしたくなる思いを抑えて途中の公園で停止。
やけに芝生がふかふかする公園だった。

14:04 那珂湊(なかみなと)駅(ひたちなか海浜鉄道湊線 茨城県)
待合室でギターを抱いた初老の男性が懐メロを奏でている。

ホームに移った今も松山千春さんの「恋」が聞こえてくる。

内外ともに多くが降りた那珂湊。
魚市場に向かう列の最後尾を歩き、本町通りで列から離れて地元道をしばし。
花屋のご主人を見て、余計なお世話だが那珂湊での花の需要はいかほどかと思う。

初夏の4月最終日。
魚市場に向けて車列もまた長い。

茨城空港がきっと努力したのだろう。
外国からの客はアジアの顔しか見られない。

那珂湊を出ると退屈な田園風景の中を走る。
かつて一度だけ乗って、その記憶が下り車中のオレを寝かせ、この上りでもうひと眠りと思っていたけど、今日は黄金週間前半最終日。

女性たちの楽しげな話し声が途切れることなく聞こえてくる。

14:38 勝田(かつた)駅(常磐線/ひたちなか海浜鉄道湊線 茨城県)
30年前にテレビカメラを従えたプロレス興行がやってきた町。
全日本プロレス×ジャパンプロレスの構図だった。

かつて乗った時は「茨城交通」と称していた鉄道は、覚えられないほど長い名称になり、終点勝田には鄙の中の都会を感じた。

ごくわずかな区間ではあったけど、形成された歓楽街を歩いて思いを強くした。
もっとも10分で回れるほどの規模でしかないが。

久慈川渡河へと至る開けた景観に新鮮さを感じた。
この区間でも以前は寝てばかりいたのだろう。

愛しきものを想えば、現在のオレがアホらしくなる。

でも他にできることは何もない。

15:39 大津港(おおつこう)駅(常磐線 茨城県)
向かいに座っていたサッカー少年たちが降りた頃、不意に眠りに落ちる。
未だ降りたことのない南中郷を目指していたが、気づくとひとつ先の磯原だった。

当初の計画では追憶の大津港で降りることも計画していた。
オレの中の潜在勢力がここへ導いたのだろう。
ここまで来れば海も見える。

小学生くらいの男児が父親に甘えていた。
あの光景は羨望でもあり救いでもあり、一月前の日曜日までは日常だった。

海鮮居酒屋、焼肉屋、セブンイレブンなどが並ぶ通りをひとめぐりして駅に戻る。
発車時刻よりも早く入線した水戸行きは、特急列車の通過待ちで数分の停車。

海岸には、太平洋を越えて北米大陸に達する風船爆弾を飛ばした跡地がある。

16:40 日立(ひたち)駅(常磐線 茨城県)
生まれ変わった日立駅。
そうなったことは6年前に知っていた。

計画の齟齬は10数年振りにオレをこの駅に近づけた。
世界的電機メーカーの城下町に相応しい造りと、硝子張りの近未来的な駅の造作に打たれた。


荒廃した景観だった海岸側には出口とロータリーが設けられていて、心の支えともいえる女性に送る写真が撮れた。



そこに行く前にローソンでビールと焼鳥を2本購入。
海岸口に下りて、バス停のベンチにどっかり腰を下ろして孤独を楽しみ、噛み締める。
愛しきものと彼女を想い焼鳥をかじる。

風はいつか冷たくなり、肌は「4月の終わりとはこんなもの」と防御体勢をとる。

大丈夫だよ。
ここは海辺だから風を感じるんだ。
次の町じゃ、たぶんそうはならない。

17:12 常陸多賀(ひたちたが)駅(常磐線 茨城県)
開業当時は下孫駅といったらしい。
昭和の初めに多賀町が誕生して、駅名は改められた。
風雨に晒された碑文の判読は困難らしいが、貴重な碑らしい。

かつて20年以上前の早朝、鳴子温泉に向かう途中に寄った駅。
明るい町だと当時感じ、海を見た気でいた。

海は幻だったけど、町はたいしたものだ。
勝田などよりよほど栄えている。

飲食店は充実し、町家を改良したシックなカフェがあり、ボーリング場がある。
町角で思わず立ち止まった。
横断歩道ではたいていの車が一時停車してくれる優しい町だった。

彼女に、今の孤独感をうまく伝えられるかやってみる。

そう言えば目覚めの時に晴れ渡っていた空は、すっかり灰色になっている。

関連記事

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】最終日(鳴子-米沢-東京)-鳴子サンハイツ、瀬見駅、羽前中山駅、萬世大路記念碑公園、栗子トンネル、松川駅、里白石駅、常陸大子駅、我孫子、東京町田

車旅日記1997年8月16日 1997・8・16 8:18 鳴子サンハイツ 拝啓 残暑

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その3-鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、上今市、今市、下今市、南栗橋(野岩鉄道/東武鬼怒川線/東武日光線)

鉄旅日記2017年12月3日 15:13 鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)駅(東武鬼怒川線 

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その1-保谷、代々木、都留市、富士山、河口湖(西武池袋線/山手線/中央本線/富士急行)

鉄旅日記2018年2月10日 2018・2・10 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】初日(東京-三国峠-新潟)-町田、東福生駅、山田うどん、前橋市田口町、月夜野道路情報ターミナル、奥平温泉遊神館、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

車旅日記1997年8月13日 1997・8・13 10:30 東京町田 出発が遅れている

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その3-金島、中之条、川原湯温泉、大前、羽根尾、高崎問屋町(吾妻線)

鉄旅日記2018年2月11日 15:43 金島(かなしま)駅(吾妻線 群馬県) 渋川を過

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵琶湖ともお別れ。 8号国道を

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ浜パーキング 太陽光線で目が

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】2日目-友人夫婦と過ごした一日

鉄旅日記1996年5月4日 1996年5月4日の記憶 一夜明けた。 友人夫婦はそこ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日 15:00 日出塩(ひでしお)駅(中央本線 長野県) 木曽の

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【秩父へ。西武線とのお別れでございます。】-練馬区役所、芦ヶ久保、西武秩父、御花畑、秩父、入間市(西武秩父線/秩父鉄道/西武池袋線)

鉄旅日記2018年3月24日 2018・3・24 12:17 練馬区役所 役場の薄暗い転

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑