*

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】3日目(大分-熊本-佐賀)その1-大分、中判田、豊後竹田、宮地、肥後大津、水前寺、辛島町、熊電上熊本、上熊本(豊肥本線/熊本市電)

公開日: : 最終更新日:2020/09/12 旅話 2009年

鉄旅日記2009年9月20日
2009・9・20 7:48 大分(おおいた)駅(日豊本線/久大本線/豊肥本線 大分県)
去りがたい街の上空は日本晴れ。

車で旅をしていた頃、駅に寄った際に改札を行き来する人々を眺めて、そっちの住人になりたいと思ったのが、ここ大分駅。
そして徳島の阿波池田駅。

大分川を渡ると日豊本線と分かれ、街とも別れる。

大分の街並

8:37 中判田(なかはんだ)駅(豊肥本線 大分県)
JR九州の車両はどれも様子がいい。
まるで特急列車に乗ってるみたいだ。

今日も強烈な日差しが照りつけている。
つくづく西の国に来たのだと思う。

ここを終点にする列車に乗った。

大分の次の駅は駅舎のない無人駅。
ここは4駅目。
駅前商店街などない田舎駅。

川の気配を感じたのでそこまで歩く。
大野川という。
どうということもない眺めとも言えるが、心は動いた。

近くにいくつか城跡があるようだが、どこも歩いては行かれない。

駅に戻り、強烈な日差しに焼かれながらベンチに座って次の列車を待っている。

大野川の眺め

10:31 豊後竹田(ぶんごたけた)駅(豊肥本線 大分県)
水のまちを謳う涼しげな城下町に着いた。
稲葉川の流れはとても優雅だ。

「荒城の月」が駅に流れている。
その荒れ城、岡城址はそう遠くない。

いつかこんな町で月を眺めてみたい。
そんなことを5年前にも記したはずだ。

観音寺、十六羅漢、円通閣、愛染堂を巡って、町を歩く。
白壁の道が続いていた。

倉敷には行ったことはないが、いつか行ってこの町と比べてみたい。
この竹田の町を丸ごと文化財に指定する動きがあるとするなら、喜んで票を投じよう。

朽ち果てた能楽堂がある小高い神社から町を眺めた。

しきりに彼女の顔が浮かぶ。
素敵な場所に来ると彼女を想う。

宇多田ヒカルさんの楽曲「Automatic」は、確かそんな作用を歌っていた。

豊後竹田の町並





11:58 宮地(みやじ)駅(豊肥本線 熊本県)
赤とんぼが迷い込んだ。
秋なんだな。

日本晴れの下、阿蘇にいる。

願成就トンネルを抜けると阿蘇火山帯に入り、北外輪山が右手に見える。
車内にため息のようなものが漏れる。

阿蘇とは、そして日本とはかくも美しい。
どこか女性的な竹田から男っぽい阿蘇へ。
豊肥本線の旅は素晴らしい。

渋滞している豊後街道こと57号国道を5年前に通っている。
サングラスをかけた肥後娘が「Superfly」を大音量でかけながら苛立っていた。
お寺のような豪快な宮地駅に寄らなかったことを後悔したものだ。

駅に着いたら人懐こい猫が人々を驚かせ、北外輪山がよく見える場所を探して歩いたけど、うまく探せそうにない。

ビールと煙草を購入して駅に戻った。
阿蘇五岳の偉容は見てて飽きない。

阿蘇の全容は実はよく分かっちゃいないが、今ここにいること。
それだけで十分だ。



宮地駅前風景

13:43 肥後大津(ひごおおづ)駅(豊肥本線 熊本県)
阿蘇は彼方。
この駅も懐かしい。

和食の店に入ってカツ丼とビールを注文。
お通しに食後のコーヒーまでついてきた。

テレビで流れていたNHKのお笑い番組も笑えた。
人のいい小さなおばあちゃんがかわいらしい。
大事にしたいと心から思える方だったよ。

宮地を出る普通列車は、たいてい肥後大津行。
でもホームには乗り継ぎ列車が待っているため、誰もこの駅に降りない。

オレは違うんだ。
肥後大津での思い出を増やせてうれしく思ってるよ。

阿蘇外輪山の姿がとうとう視界から消えてしまった。

14:32 水前寺(すいぜんじ)駅(豊肥本線 熊本県)
その駅名を聞いて思いが湧き、降りてみた。
肥後大津からは僅かな距離と言える。

熊本と阿蘇は近い。
でも都市型の駅を見て、通りを眺めて、やはり阿蘇は過ぎてしまったのだと思う。

駅の1階にはシックな美容室が入り、背後にはマンション。
周辺の商店の数は少なかった。

5分ほど歩いた通りを市電が走っている。
全日本プロレスがいくつかの王座戦を組んだ水前寺体育館は、そこから3つ目の電停で降りるようだ。

背後から自転車を猛スピードで走らせてきた少年が、おそらく自ら作ったのであろう焼物を落として割った。
拾う手助けをしたんだ。
きちんとした敬語を使う少年だったよ。

16:13 上熊本(かみくまもと)駅(鹿児島本線 熊本県)
衝撃を受けた。

上熊本駅舎、あの歴史的建造物が解体されていた。。

熊本駅も改装中だった。
九州新幹線開通に伴う高架化が大切なものを奪ってしまった。

旧上熊本駅舎は一部が保存され、市電の終着駅の上屋に転用されている。
だけど悲しいよ。
2006年のことだったそうだ。
あの勇壮な姿は、オレの記憶にしか残していない。

熊本に降りて同じように嘆いたあと、市電に乗った。
乗換の辛島町まで。

繁華街はそこにあった。
サンロード新市街、上通り、下通り。
そこから西銀座通り、酒場通りといった枝通りが熊本城や市役所に向かって延びている。

凄まじい人通りで、大阪御堂筋や神戸元町を思わせる。
駅前しか知らずにいたオレは、街の大きさに仰天したよ。

この上熊本を始発にして熊本電鉄が出ていて、聞いたことのないところを通って、聞いたことのないところで終点を迎える。

ホームで待つ。
博多行のリレー特急が停車した。

熊本の街並(辛島町周辺)


市電乗場

熊電上熊本(くまでんかみくまもと)駅(熊本電鉄)にて

関連記事

「鉄旅日記」2009年初夏【上信越ひとり旅】最終日(長岡-東京)-長岡、東三条、吉田、新潟、新津、会津若松、郡山、磐城石川、磐城塙、玉川村、常陸大宮、金町(信越本線/弥彦線/越後線/磐越西線/水郡線/常磐線)

鉄旅日記2009年7月20日 2009・7・20 6:23 長岡(ながおか)駅(上越新幹線

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】初日(東京-新山口)その1-金町、北千住、東京、岡山、笠岡、尾道、糸崎、入野(常磐線/山手線/東海道山陽新幹線/山陽本線)

鉄旅日記2009年9月18日 2009・9・18 4:50 金町(かなまち)駅(常磐線 東

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】5日目(宇和島-観音寺)-宇和島、卯之町、八幡浜、千丈、伊予大洲、伊予市、松山、伊予北条、今治、伊予小松、伊予西条、新居浜、関川、伊予土居、箕浦、観音寺(予讃本線)

鉄旅日記2009年5月5日 2009・5・5 6:53 宇和島(うわじま)駅(予讃本線/予

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】最終日(和田山-福知山-大阪-近江塩津-東京)その1-和田山、福知山、丹波竹田、石生、篠山口、三田、神鉄三田、宝塚、阪急宝塚、川西池田、川西能勢口、伊丹、阪急伊丹(山陰本線/福知山線)

鉄旅日記2009年11月23日 2009・11・23 6:09 和田山(わだやま)駅(山陰

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】3日目(大分-熊本-佐賀)その2-大牟田、銀水、西鉄銀水、瀬高、荒木、久留米、鳥栖、佐賀シティホテル(鹿児島本線/長崎本線)

鉄旅日記2009年9月20日 2009・9・20 17:52 大牟田(おおむた)駅(鹿児島

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】初日(東京-三ノ宮)-金町、東京、静岡、浜松、弁天島、大垣、美濃赤坂、石山寺、膳所、尼崎、西宮、芦屋、三ノ宮(東海道本線、東海道本線美濃赤坂支線、京阪石山坂本線)

鉄旅日記2009年5月1日 2009・5・1 4 :26 金町(かなまち)駅(常磐線 東京

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】4日目(高知-宇和島)-高知、朝倉、伊野、斗賀野、須崎、窪川、中村、宿毛、宇和島(土讃本線、土佐くろしお鉄道中村線/宿毛線、予土線)

鉄旅日記2009年5月4日 2009・5・4 7:32 高知(こうち)駅(土讃本線 高知県

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【関東ぶらぶら旅その1-房総鄙の里へ】-東金、大網、大原、上総中野、上総牛久、五井(東金線/外房線/いすみ鐡道/小湊鉄道/内房線)

鉄旅日記2009年10月22日 2009・10・22 12:51 東金(とうがね)駅(東金

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【関東ぶらぶら旅その2-武蔵から相模へ】-川口、浦和、深谷、倉賀野、寄居、東飯能、飯能、寒川、茅ヶ崎、辻堂、新橋(京浜東北線/高崎線/八高線/相模線/東海道本線)

鉄旅日記2009年10月27日 2009・10・27 9:19 川口(かわぐち)駅(京浜東

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【女川を目指した旅。ここには震災前の女川の姿が残されております。】最終日(新庄-女川-仙台-東京)その2-女川、渡波、松島海岸、本塩釜、仙台、駒ヶ嶺、原ノ町、桃内、いわき、石岡(石巻線/仙石線/常磐線)

鉄旅日記2009年10月11日 2009・10・11 11:10 女川(おながわ)駅(石巻

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑