*

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】3日目(大分-佐賀)その2-大牟田、銀水、西鉄銀水、瀬高、荒木、久留米、鳥栖、佐賀(鹿児島本線/長崎本線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/25 旅話, 旅話 2009年

鉄旅日記2009年9月20日・・・大牟田駅、銀水駅、西鉄銀水駅、瀬高駅、荒木駅、久留米駅、鳥栖駅、佐賀駅(鹿児島本線/長崎本線)

2009・9・20 17:52 大牟田(おおむた)駅(鹿児島本線/西鉄本線 福岡県)
5年前の雨がいったん上がった町。

当時はここから西鉄が出ていることは知らなかった。
ここ大牟田からJRと西鉄は博多まで寄り添うように進んでいく。

かつての炭鉱町、三池の繁栄は昔。
駅周辺に繁華街は見当たらない。

鹿児島本線はとても空いていた。

西鉄大牟田(にしてつおおむた)駅(西鉄本線 福岡県)にて

18:14 銀水(ぎんすい)駅(鹿児島本線 福岡県)
三池高校で蝉が鳴いた。
全国制覇の町をほんの少し歩く。

西鉄銀水駅までを往復。
途中、閉まっている焼鳥屋の他に商店はなく、大型スーパーに久留米ナンバーが殺到していた。

銀水という地名の由来を知りたいと思う。

そして夕暮れ。
久留米に着くのは19時前。

西鉄銀水(にしてつぎんすい)駅(西鉄本線 福岡県)にて

18:33 瀬高(せたか)駅(鹿児島本線 福岡県)
特急通過待ちで5分停車。
人の出入りはある。
酒場もありそうだ。

瀬高はかつてのターミナル駅。
ここから水郷柳川を通って佐賀駅に至る佐賀線が出ていた。

駅周辺にその痕跡を探す。
線路は剥がされているが、水郷に向かう廃線跡を見た。

今じゃオレも立派な鉄道オタクだ。

18:52 荒木(あらき)駅(鹿児島本線 福岡県)
この駅で快速列車に乗り換える。
完全に日は暮れた。

駅前に出てみる。
何もないとは言いたくないが、記憶できるほどのものは見られない。

新しい駅舎がまるでBARのような灯をかざしていた。

19:08 久留米(くるめ)駅(鹿児島本線/久大本線 福岡県)
新幹線化は久留米でも進んでいる。

熊本で呆然としたから、ここでも危ぶんだが、駅舎の外観は無事なようだ。
しっかりと目に収める。

次に降りることがあったら、変貌していることだろう。
できることなら、久留米駅を示す赤く輝く文字は残してほしい。

もう一度言うが、鹿児島本線はとても空いている。

大牟田と同じように駅前に街はなかった。
ここから西鉄駅は少し離れている。
おそらく街はそっちにあるのだろう。

かつてPWF王者として来日したビル・ロビンソンが前王者キラー・トーア・カマタを迎え撃った街、久留米。
豚骨ラーメンの本場でもあるようだ。

見事防衛を果たしたビル・ロビンソンは、その後宇都宮でアブドーラ・ザ・ブッチャーの前に屈して、王座を英国に持ち帰ることは叶わなかった。

19:32 鳥栖(とす)駅(鹿児島本線/長崎本線 佐賀県)
鳥栖駅は変わっていなかった。

鳥栖には九州新幹線は止まらないのだろうか。
駅舎も駅前の雑居ビルもそのままだった。

使い込まれた駅舎はいい味を出して、存在感は他を圧している。
鳥栖駅を示す文字もまた赤く輝いている。
構内も広い。
大鉄道駅だ。

列車は発車した。
乗り合わせているのは大半が佐賀人だろう。

5年前に肥前山口駅の階段でギターの練習をしていた青年は、まだ町に残っているだろうか。

23:25 佐賀シティホテル416号
駅前にはたいしたものがないことは知っていた。
ただ、5年前に初めて佐賀に下りた時は車だった。

よくよく歩けば飲み屋街くらい見つかるだろうと思っていたが、やはり途方に暮れる羽目になった。

駅前通りは官庁街の装いで、佐賀という街の格を持っていたが、しばらく歩いて駅前はダメだと悟り、先にチェックインしてホテルで繁華街の場所を聞いた。

愛敬町という酒場街があるが、歩くと20分ほどかかるという。
構わない。
それくらい歩くさ。

すれ違う者はなく、大通りを折れると都会らしい灯も消えて、疑心暗鬼にかられながら歩いた。
やがて細々とした灯が見えてきて、酒場街の入口にあたるところにキャバクラが現れ、客引き男とホステス。
女性の顔立ちはいい。

それにしても閑散としている。
すれ違うのはヤクザ者ばかり。
寿司屋に客の姿はなく、まるで町全体が場末で、新宿歌舞伎町を歩くよりよほど怖かった。
治安がよさそうにも見えない。

それでも勤め人たちが騒いでいる一角まで行き着いた。
そこは白山町というらしい。
角にきれいな女性が立っていた。
そうなんだ。
女性たちは誰もが美しかった。

選んだのは炉端焼きの大衆酒場。
元気なおかみさんと倅の大将が切り盛りしている店だった。

カウンターに座る。
少し離れたところには、滋賀からやってきたというお孫さんが所在無げに腰かけ、テレビじゃ「天地人」。
関ヶ原の場面で、小栗旬さん演じる石田三成が伊吹山中を彷徨っていた。

続いた番組は、王さん、長嶋さんの物語。
その話は途中で切られてしまった。

おでんにサバのごま和え。
酒が進む。

佐賀弁と標準語を織り交ぜて話すおかみさんは、いろいろな話を聞かせてくれた。
ここに店を出して32年になるという。
「いい加減きつかー」と笑いながら話す。

なぜ、ここに繁華街があるのかとの問いには満足できる回答はなかった。
「酒は好きか」と聞かれ、「そりゃそうだが、九州人に対して大きなことは言えない」と答えると、「以前は一升飲んでいた」と豪快に笑う。
そして今じゃ肝臓をやられて医者に止められているとのこと。

「よか?空いとう?」
常連客が入ってくる。

思えば、これまで方言丸出しで喋ってくれる街にいたことはなかったと、しばし思いにふけり店を出た。
愛敬町は通らなかった。
あの通りはヤバいよ。

関連記事

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】2日目(大垣-姫路)その1-大垣、能登川、栗東、草津、石部、三雲、甲南、油日、甲賀、柘植(東海道本線/草津線)

鉄旅日記2017年8月12日・・・大垣駅、能登川駅、栗東駅、草津駅、石部駅、三雲駅、甲南駅、油日駅、

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】2日目(岩手山SA-大間崎-青森駅)-岩手山SA、折爪PA、三沢市ドライブイン三陸、東通村レストラン潮騒、田名部駅、大間崎公営パーキング、大湊駅、陸奥横浜駅、青森駅

車旅日記1998年5月2日 1998・5・2 7:43 東北自動車道-岩手山SA 昨夜の強風が続

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】最終日(和田山-東京)その1-和田山、福知山、丹波竹田、石生、篠山口、三田、神鉄三田、宝塚、阪急宝塚、川西池田、川西能勢口、伊丹、阪急伊丹(山陰本線/福知山線)

鉄旅日記2009年11月23日・・・和田山駅、福知山駅、丹波竹田駅、石生駅、篠山口駅、三田駅、神鉄三

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】初日(東京-酒田)その3‐新潟、村上、羽後本荘(信越本線/白新線/羽越本線)

鉄旅日記2019年12月7日・・・新潟駅、村上駅、羽後本荘駅(信越本線/白新線/羽越本線) 11:4

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】最終日(人吉-天草-熊本空港)走行距離240㎞ その2-上天草、三角駅、肥後長浜駅、宇土駅、上熊本駅、肥後大津駅、熊本空港駅、東京葛飾金町

車旅日記2005年2月13日・・・上天草、三角駅、肥後長浜駅、宇土駅、上熊本駅、肥後大津駅、熊本空港

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】2日目(香住-東萩)その4‐出雲市、直江、五十猛、馬路(山陰本線)

鉄旅日記2024年7月24日・・・出雲市駅、直江駅、五十猛駅、馬路駅(山陰本線) 15:19

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その1-紋別港、サロマ湖三里浜オートキャンプ場、芭露駅跡、サロマ湖ワッカ原生花園、網走市鉄道記念館、網走監獄、網走駅、北浜駅、浜小清水駅

車旅日記2004年5月2日・・・紋別港、サロマ湖三里浜オートキャンプ場、芭露駅跡、サロマ湖ワッカ原生

記事を読む

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-東京)その1-一ノ関、陸中門崎、千厩、猊鼻渓、気仙沼(大船渡線)

鉄旅日記2019年1月6日・・・一ノ関駅、陸中門崎駅、千厩駅、猊鼻渓駅、気仙沼駅(大船渡線) 201

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】最終日(鳴子温泉‐米沢‐東京) 鳴子サンハイツ、鳴子温泉駅、芦沢駅、赤湯駅、米沢郊外、磐梯、猪苗代湖、新白河駅、氏家、春日部、三軒茶屋、東京町田

車旅日記1996年11月3日 1996・11・3 9:09 鳴子サンハイツ 拝啓 その後、元気

記事を読む

2020年水無月【緊急事態宣言から解放された週末。石和温泉につかりにいった記憶をSNS風に綴ります。】-甲府、善光寺、酒折、石和温泉、大月(中央本線/身延)

鉄旅日記2020年6月20日~21日・・・甲府駅、善光寺駅、酒折駅、石和温泉駅、大月駅(中央本線/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑