*

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】4日目(佐賀-長崎-諫早-佐世保-松浦)その1-佐賀、肥前竜王、里信号場、喜々津、浦上、浦上駅前、長崎駅前、長崎、長与、諫早(長崎本線/長崎電気軌道/長崎本線長与支線)

公開日: : 最終更新日:2020/09/12 旅話 2009年

鉄旅日記2009年9月21日
2009・9・21 6:53 佐賀(さが)駅(長崎本線 佐賀県)
ホームに恵比寿様が鎮座している。
洗面台がある。
鳥栖から来た長崎行が長いこと止まっている。

朝風呂に浸かったが、酔いは覚めていない。
夜中には吐いた。
そんなこともあるだろう。

朝の駅前通りに昨夜の印象はない。
有明佐賀空港に向けて真っすぐに道が延びている。
5年前に来た道だ。
そう、お城の脇を通ってさ。

西友がある。
だけどそれしかない。
お洒落に関する問題はすべて博多で解決してほしいいう態度だ。

可笑しいよな。
昨夜、店で大将にも同じことを言ったけど、いい意味でだ。
オレも地元葛飾じゃ、ちょっとしたものは手に入らないのと同じだ。

佐賀から博多は、近いといえば近い。

7:37 肥前竜王(ひぜんりゅうおう)駅(長崎本線 佐賀県)
12分の停車。
乗客が5名ほど増えた。
駅前に商店の類は見られない。

ここは白石町。
収穫に向けて稲田が朝日に輝いている。
思えば、東京では見られない風景で、オレにとってもありふれたものじゃない。
美しい。

自販機で缶コーヒーを購入して、煙草を吸う。
昨夜の酒が抜けない。
よくよく考えれば、よく飲んだ。
生ビール3杯、熱燗4合、ホテルで500缶1本。

列車はすでに発車していて、肥前鹿島着。
ここは町だ。
この先、有明海は見えるのだろうか。

今さらだが、長崎本線は電化されている。

8:11 里信号場(さとしんごうじょう)(長崎本線 佐賀県)
列車行き違いで3分停車。

月の引力が見える町、太良町。
有明海を前にしている。

5年前、207号国道を長崎に向けて爆走した記憶が蘇る。

竹崎城址展望台、白浜海水浴場の案内表示が見える。
車窓から空を見るのもおつだ。

次は肥前大浦。

8:55 喜々津(ききつ)駅(長崎本線/長与支線 長崎県)
途中に印象的な駅が2つ。
小長井駅は海際に位置していて、長里駅は狭い道を間において駅舎が立っていた。

ムツゴロウを死滅の危機にさらす悪名高い諫早湾の干拓地を過ぎる。
先入観を持つからか、悪魔の構造物に見える。

長崎本線はここから二手に分かれる。
小さいながらも駅前に商店を持つ駅だった。
ここで数分の停車。

案山子が動いたと思ったら、老農夫の姿だった。

浦上(うらかみ)駅(長崎本線/長与支線 長崎県)にて

9:23 浦上駅前(うらかみえきまえ)駅(長崎電気軌道 長崎県)
現川を過ぎて長いトンネルを抜けると長崎の街が見えてきた。

この駅前を3か月前、社員旅行で通ったよ。
5年前にも通った。
懐かしさは感じない。
下町で暮らすオレが、久し振りに新宿に降りたようなものだ。

オレの切符はここ浦上が終点。
東京下町葛飾から列車を乗り継いで、4日目の朝に着いたわけだ。

ここから市電に乗って長崎へ行く。
市電の乗車料金は100円だった。

長崎駅前(ながさきえきまえ)駅(長崎電気軌道 長崎県)にて

10:06 長崎(ながさき)駅(長崎本線 長崎県)
西国の終着駅、世界の長崎。
諫早からは、この街を目指す人々が徐々に増えて車内はいっぱいになった。

そして路面電車も街も、人でいっぱいだ。
来年の大河ドラマは坂本龍馬だから、海援隊の根拠地長崎はその舞台になる。

稲佐山を見上げる。
3か月前も、おそらく23年前の修学旅行の際もあの山の中腹にあるホテルに泊まった。
日本三大夜景のひとつ、長崎の夜景を見渡せるホテル。

その夜景も徐々に質を変えていると聞いた。
オレはそれを比較できる要素を持たない。

この街に着いて1時間も経たずに離れる者はそうはいないだろう。

もちろん名残りは惜しいが、先を急ぐ。


長崎の一風景

11:17 長与(ながよ)駅(長崎本線長与支線 長崎県)
ここはすでに長崎市内ではない。

これから乗る大村線での時刻表を睨み、この駅で1時間を費やすことにしていた。

近くの中尾城公園に登った。

オレみたいな男がひとりで行くようなところじゃないかもしれないが、登り甲斐がある。
大汗かいたよ。
今も引かない。

草スキーに巨大な螺旋状の滑り台。
親に連れられた子供たちが歓声を上げている。

展望所に上がったら遠く大村湾が見えた。
一番上まで上がらなきゃ海は見えない。
頂点を目指す明確な理由があることが素晴らしい。

長与川まで下りた県道沿いには眼鏡屋、焼鳥屋、ラーメン屋。
穏やかに時間が流れている。

この町に縁を持たない者が、これまでにこの駅にどれだけ降りてきただろう。
オレはそんな者のひとりになる。

行きは島原寄りのルートを通ったが、
この長与を経由していくルートは長崎本線の旧線にあたる。

喜々津で2線は再び合流する。

中尾城公園からの眺め

12:35 諫早(いさはや)駅(長崎本線/大村線/島原鉄道 長崎県)
喜々津までの区間は大村湾の波打ち際を走る。
絶景だ。
瀬戸内ほどじゃないが、大村湾にも島々が浮かぶ。

ターミナル駅の諫早は現代彫刻のような、どこかメルヘン的な色をしている。
素敵な駅だ。

本明川沿いに歓楽街がある。
写真として飾られたキャバクラ嬢たちが均しく可愛らしい。
V・ファーレン長崎というクラブがJリーグ参入を目指しているらしい。

5年前に提灯の灯に彩られていた町。
長崎へと急ぐオレの目に、諫早はそのように映っていた。

関連記事

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】初日(東京-新山口)その2-廿日市、広電廿日市、宮島口、広電宮島口、大竹、岩国、徳山、新山口(山陽本線/岩徳線)

鉄旅日記2009年9月18日 2009・9・18 15:46 廿日市(はつかいち)駅(山陽

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】3日目(琴平-高知)-琴平、讃岐財田、阿波池田、大歩危、土佐山田、後免、後免町、安芸、奈半利、高知、桟橋通五丁目(土讃本線、土佐くろしお鉄道阿佐線、土佐電気鉄道桟橋線)

鉄旅日記2009年5月3日 琴電琴平(ことでんことひら)駅(琴平電鉄琴平線 香川県)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】3日目(大分-熊本-佐賀)その2-大牟田、銀水、西鉄銀水、瀬高、荒木、久留米、鳥栖、佐賀シティホテル(鹿児島本線/長崎本線)

鉄旅日記2009年9月20日 2009・9・20 17:52 大牟田(おおむた)駅(鹿児島

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【女川を目指した旅。ここには震災前の女川の姿が残されております。】最終日(新庄-女川-仙台-東京)その2-女川、渡波、松島海岸、本塩釜、仙台、駒ヶ嶺、原ノ町、桃内、いわき、石岡(石巻線/仙石線/常磐線)

鉄旅日記2009年10月11日 2009・10・11 11:10 女川(おながわ)駅(石巻

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】4日目(佐賀-長崎-諫早-佐世保-松浦)その2-大村、竹松、早岐、佐世保、佐世保中央、中佐世保、左石、佐々、たびら平戸口、松浦シティホテル(大村線/佐世保線/松浦鉄道)

鉄旅日記2009年9月21日 2009・9・21 13:23 大村(おおむら)駅(大村

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩夏【近くまでぶらっと】金町、新松戸、西国分寺、立川、青梅、奥多摩、御岳、武蔵五日市、拝島、高麗川、川越、武蔵浦和、南浦和(常磐線、武蔵野線、青梅線、五日市線、八高線、川越線、埼京線)

鉄旅日記2009年9月5日 2009・9・5 8:53 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【関東ぶらぶら旅その2-武蔵から相模へ】-川口、浦和、深谷、倉賀野、寄居、東飯能、飯能、寒川、茅ヶ崎、辻堂、新橋(京浜東北線/高崎線/八高線/相模線/東海道本線)

鉄旅日記2009年10月27日 2009・10・27 9:19 川口(かわぐち)駅(京浜東

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】5日目(松浦-伊万里-唐津-若松)その1-松浦、有田、伊万里、唐津、筑前前原、姪浜、天神、西鉄福岡、博多(松浦鉄道/筑肥線/福岡市地下鉄空港線)

鉄旅日記2009年9月22日 2009・9・22 6:44 松浦(まつうら)駅(松浦鉄

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【関東ぶらぶら旅その3-武蔵国で遊ぶ日。7つの交差点へ。】-越生、坂戸、小川町、寄居、羽生、久喜、新越谷、南越谷(東武越生線/東武東上線/秩父鉄道/東武伊勢崎線/武蔵野線)

鉄旅日記2009年11月3日 2009・11・3 11:27 越生(おごせ)駅(八高線/東

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】最終日(若松-下関-益田-新山口-東京)若松、折尾、黒崎、黒崎駅前、戸畑、小串、長門市、益田、津和野、山口、新山口(筑豊本線/鹿児島本線/山陰本線/山口線)

鉄旅日記2009年9月23日 2009・9・23 6:09 若松(わかまつ)駅(筑豊本線 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑