*

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その4‐安積永盛、鏡石、須賀川、新白河、黒磯、宇都宮(東北本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年2月24日・・・安積永盛駅、鏡石駅、須賀川駅、新白河駅、黒磯駅、宇都宮駅(東北本線)
17:00 安積永盛(あさかながもり)駅(東北本線/水郡線 福島県)
郡山からひと駅。
郡山の貨物駅を眺めているうちに到着した。

この古めかしい駅舎を写したかった。
以前も同じことをしたが、もう日が暮れていて、満足な姿を残していない。

郡山という都会と比較すれば駅前風景に大きな差はあり、商店も見当たらないが、酒の広告看板が掛かったこの古風な駅舎は好きだ。



やってきた列車に乗る。
郡山まで乗っていた新白河行。

このまま2つ先の鏡石までいく。

17:18 鏡石(かがみいし)駅(東北本線 福島県)
到着後3分で下り列車がやってくる。
その列車で須賀川までひと駅戻るため滞在時間は3分。

駅は地域の役割も担っていて、併設された施設には売店もある。
駅前からは放射状に道が伸びていて、広々とした風景を目にした。

安積永盛も鏡石も夕暮れが似合う。

17:42 須賀川(すかがわ)駅(東北本線 福島県)
20年以上振りにこの駅に寄った。
壁の塗り替えくらいはしただろうが、駅舎は変わっていないのだろう。
便所のドア付近を見てそう思った。

繁華街は駅から遠く、わずかな時間ではとても行き来できない。
17:30の時報は「帰ってきたウルトラマン」の主題歌だった。

須賀川は円谷英二さん所縁の地で、繁華街にはウルトラマンや怪獣の像が至るところにあると聞いた。
駅には須賀川と、ウルトラマンが住まうM78星雲が姉妹都市として提携したとある。

大人の真面目な冗談だ。
たいして関心はないが、スマホは向けた。

昨年の台風で釈迦堂川が溢れて被害が出たと聞いて、心を痛めた。
去年はそんな報せが多かった。

もうたくさんだ。

18:14 新白河(しんしらかわ)駅(東北・北海道新幹線/東北本線 福島県)
乗り継ぎ時間4分。
同じホームの先に止まっている黒磯行へと歩いていく。

新白河~黒磯間は、間に4駅を挟むに過ぎない。
以前は郡山から黒磯行だったのが、上り下りとも新白河で乗り換えが必要になった。
鉄道好きにはその理由は明確だろうが、オレは興味がない。

ただ、便利になっていく世の中で、以前より明らかに不便になったことに新鮮な気持ちになった。

この新白河での乗り換えをもう何度も行っているが、未だにこの事実はオレには当たり前のことではない。

18:57 黒磯(くろいそ)駅(東北本線 栃木県)
乗り換え時間19分。
かつて駅そばがあった場所はただの壁になっていた。

すでに一日を終えたかのような黒磯駅前。
風の冷たさを感じた。

ジャンボ鶴田がディック・マードックからUN王座を奪回し、ジャイアント馬場が大木金太郎とのW王座戦に勝利した街。
黒磯は日本プロレス史に燦然とした地位を得ている。

今日7本目の酒と夕食の惣菜パンを2つ。
そんな時間を過ごしていた。

19:59 宇都宮(うつのみや)駅(東北・北海道新幹線/東北本線/日光線/烏山線 栃木県)
乗り継ぎ時間9分。
この列車は熱海までいく。

熱海到着は日付が変わろうとする約4時間後。
客は何度も入れ替わるだろう。
大層な行程だ。

宇都宮は餃子の街であり、大谷石の街であり、カクテルの街だという。

宇都宮と縁を持ったのは2年前。
この旅でオレは遠く三陸との縁を深めてきた。

関連記事

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】2日目(湯沢-鷹ノ巣)その4‐五所川原、川部、弘前、大館、鷹ノ巣(五能線/奥羽本線)

鉄旅日記2020年1月12日・・・五所川原駅、川部駅、弘前駅、大館駅、鷹ノ巣駅(五能線/奥羽本線)

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ふらっと両毛 東武フリーパスで、両毛ローカル旅】-館林、佐野、葛生、西小泉、赤城、太田、伊勢崎、新伊勢崎、足利、足利市(東武佐野線/東武小泉線/東武桐生線/東武伊勢崎線)

鉄旅日記2014年4月6日・・・館林駅、佐野駅、葛生駅、西小泉駅、赤城駅、太田駅、伊勢崎駅、新伊勢崎

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【関東ぶらぶら旅その1-房総鄙の里へ】-東金、大網、大原、上総中野、上総牛久、五井(東金線/外房線/いすみ鐡道/小湊鉄道/内房線)

鉄旅日記2009年10月22日・・・東金駅、大網駅、大原駅、上総中野駅、上総牛久駅、五井駅(東金線/

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】初日(東京-大垣)その1-保谷、品川、三島、静岡、浜松、鷲津、豊橋、岐阜、蘇原、美濃太田(東海道本線/高山本線)

鉄旅日記2017年8月11日・・・保谷駅、品川駅、三島駅、静岡駅、浜松駅、鷲津駅、豊橋駅、岐阜駅、蘇

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】初日(東京-高山)その5‐飛騨金山、下呂、禅昌寺、飛騨萩原、上呂(高山本線)

鉄旅日記2020年3月20日・・・飛騨金山駅、下呂駅、禅昌寺駅、飛騨萩原駅、上呂駅(高山本線) 16

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】2日目(都城-鹿児島-川内-人吉)走行距離284㎞ その2-伊集院駅、串木野駅、川内駅、薩摩高城駅、大隅横川駅、吉松駅、人吉駅前ホテル

車旅日記2005年2月12日 14:11 伊集院駅(2月11日の熊本空港より385㎞) 桜島フェ

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】最終日(宮古-東京)その1‐宮古、岩手船越、浪板海岸、吉里吉里(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2019年9月23日・・・宮古駅、岩手船越駅、浪板海岸駅、吉里吉里駅(三陸鉄道リアス線) 2

記事を読む

「鉄旅日記」2005年秋【軽井沢で挙式する身内を祝うために、初めて鉄道で旅をいたしました。ここから鉄旅が始まったのでございます。】初日(東京-名古屋)-根府川、島田、豊橋、岡崎、名古屋(東海道本線)

鉄旅日記2005年11月5日 2005・11・5 紀州鉄道名古屋栄ホテル908号室 根府川、熱海

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その2(東京-岩倉)-三河高浜、碧南、高浜港、亀崎、半田、知多半田、内海、富貴、河和(名鉄三河線/武豊線/名鉄河和線/名鉄知多新線)

鉄旅日記2015年3月7日その2・・・三河高浜駅、碧南駅、高浜港駅、亀崎駅、半田駅、知多半田駅、内海

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】最終日(鳴子-米沢-東京)-鳴子サンハイツ、瀬見駅、羽前中山駅、萬世大路記念碑公園、栗子トンネル、松川駅、里白石駅、常陸大子駅、我孫子、東京町田

車旅日記1997年8月16日 1997・8・16 8:18 鳴子サンハイツ 拝啓 残暑お見舞い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑