*

「車旅日記」2000年夏Part.1【信濃、飛騨、そして能登島。帰りは北陸路。この国の美しさをあらためて感じました夏旅でございます。】2日目(諏訪-飯田-飛騨古川-能登島)上諏訪、辰野駅、駒ヶ根駅、飯田駅、道の駅賤母、ドライブイン飛騨花工場、道の駅飛騨古川、能登島

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2000年

車旅日記2000年7月21日
2000・7・21 7:55 上諏訪某リゾートクラブ
朝湯につかりさっぱりする。
諏訪湖が美しい。

部屋に戻り野菜ジュースとバナナの朝食。
なぜか焦りに似たものがぶり返してきている。

心は安寧とは言えない。
何に不安を覚えているのか。
この先に支障がなければいいが。

考えられるのは音のないところにいることと、やっぱりひとりでいること。

ただしひとりでいることの方が要素的には少ない。
強がりじゃない。
本当のことだ。

また汗まみれの車中に戻れば、すべてが元通りになるだろう。

どうでもいいが、この野菜ジュースはすごくまずかったよ。

9:22 辰野駅 256㎞
諏訪湖は霞がかり、幻想のように、浮かぶように存在していた。

様々な仲間たちと立ち寄った湖畔のあの場所を、もう迷うことはない。

そこから湖岸道路を約半周。
辰野へ抜ける険しい峠の名を見て狂喜した。

標高955m。
そこは有賀峠。

ルーツを思わないわけにはいかない。
とうとうたどり着いた。
そんな大袈裟な感情まで湧いた。

会社のみんなは出勤日。
何だかおかしな気分だ。

この先のルートはまだ定まっていない。

10:46 駒ヶ根駅 288㎞
南信へ。

どうも調子が優れないと思っていたら、どうやら腹を空かしていたようだ。
飯を腹に入れたらいくらか気分が違う。

今日は金曜日。
普段の日だが、休日の町を走っているような気になる。
あまり人を見かけることもなく、のんびりした印象を受けるからだろう。

駅のスタンド定食屋には、東京ではあまり見かけない風体の男たちばかりが入ってくる。
こういうロードを往く甲斐ならいくらもあるものだ。

諏訪では、車中にビリー・ジョエルが歌う「蛍の光」が流れた時に心がしびれた。

優しいメロディが流れると、冷たい水を飲んだ時のような爽やかな気分になる。

天竜川沿いのカントリーロードは、そこにいるだけで楽しめる。

11:55 飯田駅 325㎞
過疎の街とは聞いていた。
そんな街の出身者もかつての知り合いの中にはいた。

測り知れない思い出が時空を越えて蘇る。

赤い屋根の駅はとてもきれいで、澄んだ印象を持つ街。
道幅も広く走りやすい。

南信の街は、描いていたイメージと大差ない。

これから木曽山脈越え。

どうでもいいことだが、地方都市の自販機はコカ・コーラ勢にその多くを占拠されている。

13:31 19号国道‐賤母(道の駅) 374㎞
飯田から南進行動を続け256号国道。

清内路峠までは快調。

峠道は難航を極めた。
木曽の山深さに敬意を。

宿場風の建屋を持つここは、国道を挟んで木曽川と向き合う。

車から降りると蝉の声が暑さを誘い、子供の時分にかいだカブトムシの匂いがした。

理由もなくうれしい気持ちでいる。

土産はここで済ませた。

15:37 41号国道‐ドライブイン飛騨花工場 443㎞
木曽川を越えると岐阜県。
しばらくひどい道を走らされたが、このルートに出ると気分も変わった。

飛騨川は郷愁を連れて、飛騨山脈は濃厚に夏をまとう。

暑くて涼しげなルートで、四方の眺めはとても素晴らしい。

ツクツクホーシは休みなく鳴き、青い空と山々。
懐かしい日本の夏。

子供の時分。
悩みの少なかった時代を思い出す。
長かった夏休みを思い出す。
この国が誇るべき夏の一場面がここにある。

少し疲れているようだ。

高山までもまだそこそこ距離がある。
日本海へは100㎞以上。

思ったより長い一日を生きることになりそうだ。

17:07 41号国道‐飛騨古川(道の駅) 492㎞
高山の街並と賑わいはさすがだった。
できればのんびりしたかった。

今回は仕方ない。
十分満喫している。

気温はまだまだ30度。
今年の夏は暑そうだ。

急げば日本海の夕日が見られるかもしれない。
元気だよオレは。
ただ暑いだけさ。
購入した地ビールを飲む時が楽しみだ。

ここはアメリカ映画に出てくるフリーウェイのドライブインに似ている。
西部劇の登場人物のような男がひょいと現れてもおかしくない。

道はどこまでも続いている。

素晴らしい夏の夕暮れ。

23:00 能登島某リゾートクラブ 667㎞
どれくらいテラスにいたのだろう。

今は雲に隠れてしまったけれど、最初に見上げた時に見えた星の数は怖いほどった。

そう感じたのは2度目になる。
最初は初めて旅に出た最上川の畔。

あれから5年。
いろいろな経験をしたよ。

こんな素敵な場所にいると誰かを想いたいが、そんな女性がいないことが残念だ。

これで分かった。
彼女はもうオレの中から出ていったのだと。

古川から何の記録も残せなかったこともまた残念だけど、41号国道は記憶に残る素晴らしいルートだった。

いつの頃からか横を流れるのは神通川に変わり、富山県に入るまで郷愁に満ちたカントリーロードだった。

暗くなった時には富山入りしていたけれど、街は賑やかで車通りも激しい。
でも氷見から七尾にかけては10台くらいしか見ていない。

どこかに境界線があるのだろう。
地域性といってもいいし、文化といってもいい。

車をこすった記憶は今も忌々しい。
3台連なったあの富山ナンバーを思い出すと歯ぎしりしたくなる。

でももう恨むのはよそう。
それが賢いとかではなく、この旅をいい思い出にするために。

あれがなければよかったけど、あったところでこんな気分でいる。
最高だ。
とにかく最高だ。

こんなだだっ広い海が見える部屋にいることもそうだけど、今日のすべての記憶も。

そして少し大きなことを考えたくなったオレのことも。

関連記事

「鉄旅日記」2007年皐月【夜汽車に乗って東京を離れ、山陰山陽へ。鉄旅最初の長旅でございました。】最終日(岡山-東京)-岡山、長船、明石、米原、大垣、沼津、平塚、北千住、東京葛飾(山陽本線/赤穂線/東海道本線)

鉄旅日記2007年5月6日・・・岡山駅、長船駅、明石駅、米原駅、大垣駅、沼津駅、平塚駅、北千住駅(山

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その3-梓橋、姨捨、北長野、三才、直江津(大糸線/篠ノ井線/しなの鉄道/えちごトキめき鉄道)

鉄旅日記2018年2月10日・・・梓橋駅、姨捨駅、北長野駅、三才駅、直江津駅(大糸線/篠ノ井線/しな

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【伊那、木曽から志賀高原へ。気乗りのしない旅で選んだ行き先は、初夏の信濃路でございました。】最終日(志賀高原湯田中-中込-東京)-湯田中、菅平湖、中込ローソン、竜王駅、道の駅甲斐大和、藤野駅、東京町田

車旅日記1998年7月20日 1998・7・20 7:25 湯田中‐某クラブ志賀高原 486㎞

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その2-直方、新飯塚、彦山、豊前桝田、夜明、御井、川尻、住吉、三角(筑豊本線/後藤寺線/日田彦山線/久大本線/鹿児島本線/三角線)

鉄旅日記2015年8月13日その2・・・直方駅、新飯塚駅、彦山駅、豊前桝田駅、夜明駅、御井駅、川尻駅

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、みちのく・北海道途中下車旅】2日目(横手-室蘭)-横手、土崎、八郎潟、大館、弘前、青森、泉沢、久根別、七飯、仁山、渡島沼尻、森、八雲、長万部、伊達紋別(奥羽本線、江差線、函館本線、渡島砂原支線、室蘭本線、室蘭支線)

鉄旅日記2012年8月12日・・・横手駅、土崎駅、八郎潟駅、大館駅、弘前駅、青森駅、泉沢駅、久根別駅

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】最終日(呉-東京)-呉、広、竹原、安芸幸崎、松永、東尾道、相生、西相生、比叡山坂本、用宗、富士、沼津(呉線/山陽本線/赤穂線/湖西線/東海道本線)

鉄旅日記2014年8月17日・・・呉駅、広駅、竹原駅、安芸幸崎駅、松永駅、東尾道駅、相生駅、西相生駅

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その2(東京-岩倉)-三河高浜、碧南、高浜港、亀崎、半田、知多半田、内海、富貴、河和(名鉄三河線/武豊線/名鉄河和線/名鉄知多新線)

鉄旅日記2015年3月7日その2・・・三河高浜駅、碧南駅、高浜港駅、亀崎駅、半田駅、知多半田駅、内海

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】3日目(小樽-富良野)その1-小樽、発寒中央、琴似、石狩当別、石狩月形、新十津川、滝川、茶志内、美唄(函館本線/学園都市線)

鉄旅日記2016年8月12日・・・小樽駅、発寒中央駅、琴似駅、石狩当別駅、石狩月形駅、新十津川駅、滝

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、北海道途中下車旅】3日目(室蘭-岩見沢)-室蘭、苫小牧、鵡川、静内、様似、追分、夕張、新夕張、清水沢(室蘭支線、室蘭本線、日高本線、石勝線、夕張支線)

鉄旅日記2012年8月13日・・・室蘭駅、苫小牧駅、鵡川駅、静内駅、様似駅、追分駅、夕張駅、新夕張駅

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】初日(松本-飯山-富山)走行距離317㎞ その2-妙高高原駅、親不知駅、アパホテル富山駅前

車旅日記2005年4月29日・・・妙高高原駅、親不知駅、アパホテル富山駅前 16:44 妙高高原駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑