*

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】初日(東京-和歌山)その2-和泉府中、東岸和田、日根野、熊取、りんくうタウン、関西空港、紀三井寺、黒江、紀伊中ノ島、和歌山(阪和線、関西空港支線、紀勢本線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/29 旅話 2013年

鉄旅日記2013年4月7日その2
17:42 和泉府中(いずみふちゅう)駅(阪和線 大阪府
数分の停車。

人と車であふれる街があった。
思わず歩き出したくなるアーケード街があった。
この国一番の喧嘩どころを自負する和泉の中心に、優しい雨が降っていた。

低気圧はまだ爆弾の投下をためらっている。

17:55 東岸和田(ひがしきしわだ)駅(阪和線 大阪府)
数分の停車。

ごく短い間だが、線路に沿って古くからの飲み屋街がある。

小説「岸和田少年愚連隊」に出てくる岸和田を体現するものは駅周辺にはなく、ただひとり、この電車に居合わせたオッサンが、ただならぬ威圧感を漂わせながら、ツレの男性との会話に顔を綻ばせていた。

今回オレが見た唯一の岸和田だった。

18:14 日根野(ひねの)駅(阪和線/関西空港支線 大阪府)
何もないターミナル駅にて駅を写して離れる。

真っ黒なものが一緒に写っているが、シティホテルのなかなか素敵な看板の裏側だ。

18:24 熊取(くまとり)駅(阪和線 大阪府)
何かありそうな明かりを行きに見て、熊取で降りなかったことを後悔した。

だが日根野で時間を要しなかったことで、ひと駅戻り降りてみた。

泉州のきれいな山並が見えた。
駅周辺に特筆すべきものは他に見当たらない。

18:47 りんくうタウン駅(阪和線関西空港支線/南海空港線 大阪府)

国際空港を目前に控えた遊園地都市。

今じゃ港町の巨大観覧車は珍しくないが、あるのとないのとじゃ印象が異なるだろう。
そしてここの場合、あの観覧車がなければ単に車の音が聞こえるだけの、ホテルとレストランが林立する無味乾燥な人口都市だ。

ここに吹く風は生暖かい。

19:08 関西空港(かんさいくうこう)駅(阪和線関西空港支線/南海空港線 大阪府)
爆弾低気圧は近江地方に矛先を持っていっているらしい。

ここには以前にTさん夫婦と一緒に来たことがある。
開港当初でもあり、阪神淡路大震災があった頃でもある。

オウム真理教がテロに走り、それを笑うメディアと社会があって、好きになれない時代だった。

そうか20年前だ。
20年前に時計の針を戻せば一度は結婚を約束して両親に挨拶までした女性と別れ、オレの中のひとつの時代が終わった頃。

この空港駅へは海上を往く。
りんくうタウン、泉佐野の夜景が海上から見渡せた。
車から眺めたらさぞかし絶景だったことだろう。

20:47 紀三井寺(きみいでら)駅(紀勢本線 和歌山県)
日根野に戻り、和歌山行きに乗り換え。
さらにその先へ。

闇の中でオレンジの灯を灯す西国第二番札所。
トンボ帰りをする計画が列車の遅れで足止めを食ったが、あの灯を拝めてよかった。

そしていよいよ爆弾が「きのくに」に投下されつつあるようだ。

国道の明かりにコンビニを見つけてビールと煙草を楽しむ。
騒がしい連中がやってきた。
どうやら列車の到着が近い。

街の灯が霞んで見える。
暴風の中、紀三井寺の参道もオレンジに染まっていた。

21:04 黒江(くろえ)駅(紀勢本線 和歌山県)
高架駅を降りたら葉桜の階段。

街の灯は遠く、すぐに上り列車がやってくる。

警笛を聞いてすぐに改札に走って戻る。

駅舎は拝んだけど、真っ暗で写真を撮ってもおそらく意味をなさない。
やむなく戻る。

これからどうしよう。
旅の虫が疼いている。

21:43 紀伊中ノ島(きいなかのしま)駅(阪和線 和歌山県)
和歌山で阪和線に乗り換えてひと駅戻る。

古い改札口の残る駅前旅館がある駅に降りた。
賢い犬に吠えられた。

紀勢本線の紀和駅まで歩くつもりでいたが、方向を誤った。

歩いて、さらに歩いて真っ暗な紀ノ川を見に行ったという形になった。
これはこれでいい。

そして再びの和歌山。

さっきビールを買ったキヨスクはすでに閉まっていた。
「構内アナウンスがやかましいわぁ」と笑うおもろいオバチャンがいた。
あぁ、関西だな。

23:06 シティイン和歌山912号
前回の和歌山泊が5年前だと知って新たな感慨を持つ。

お城に続くアーケードにあるラーメン屋は閉まっていた。
残念だ。
うまいラーメンを食わせてくれる店なんだ。

街に降りて見渡す限りではチェーン店以外の灯は消え、こんな天候ということもあってか擦れ違う者もまれな土曜の夜。
ただの南風とは異なる南国の風が吹いていた。

阪和線は楽しかったよ。
写真を眺め、今まで辿ったどことも違うものが写っていることに驚いた。
東京以外の都会に接した素直な感想だろう。

オレの帰る場所の練馬を遠く感じている。
旅心は最高潮にある。

関連記事

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】初日(東京-徳山)穂積、姫路、英賀保、金光、福山、天神川、徳山(東海道本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月10日 2013・8・10 11:55 穂積(ほづみ)駅(東海道本線

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その1-隼人、鹿児島、鹿児島中央、上伊集院、薩摩松元、川内、出水、新水俣、新八代(日豊本線、鹿児島本線、肥薩おれんじ鉄道)

鉄旅日記2013年8月13日その1 2013・8・13 5:04 隼人(はやと)駅(日豊本

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その2-熊本、久留米、鳥栖、吉塚、長者原、古賀、東郷、赤間、幡生(鹿児島本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月13日その2 13:00 熊本(くまもと)駅(九州新幹線/鹿児島本線

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、関東途中下車旅】その1-赤羽、岡本、烏山、大金、宝積寺、氏家、石橋、自治医大、小金井、小山(東北本線、烏山線)

鉄旅日記2013年3月31日その1 2013・3・31 5:20 赤羽(あかばね)駅(東北

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、房総途中下車旅】その1-検見川浜、大貫、保田、那古船形、富浦、安房勝山、館山、太海、江見、勝浦、行川アイランド、東浪見、御宿(京葉線、内房線、外房線)

鉄旅日記2013年3月9日その1 2013・3・9 6:43 検見川浜駅(京葉線 千葉県)

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】最終日(和歌山-東京)その1-打田、妙寺、高野口、橋本、五条、吉野口、法隆寺、平城山、木津、京田辺、四條畷、住道(和歌山線、関西本線、学研都市線)

鉄旅日記2013年4月7日その1 早朝、和歌山(わかやま)駅(紀勢本線/阪和線/和歌山線/

記事を読む

「鉄旅日記」2013年如月【休日おでかけパスで、上総下総途中下車旅】その2-久留里、上総亀山、横田、木更津、巌根、袖ヶ浦、長浦、姉ヶ崎、八幡宿、浜野(久留里線、外房線)

鉄旅日記2013年2月17日その2 17:32 久留里(くるり)駅(久留里線 千葉県)

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】最終日(岩国-東京)-岩国、海田市、岡山、西大寺、播州赤穂、山科、南草津、豊橋、愛野、菊川、熱海(山陽本線、赤穂線、東海道本線)

鉄旅日記2013年8月14日 2013・8・14 4:50 岩国(いわくに)駅(山陽本線/

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】3日目(南宮崎-隼人)その2-宮崎、清武、田野、山之口、西都城、餅原、都城、京町温泉、えびの、吉松(日豊本線、吉都線)

鉄旅日記2013年8月12日その2 13:30 宮崎(みやざき)駅(日豊本線/日南線/宮崎

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】初日(東京-和歌山)その1-米原、弁天町、大正、芦原橋、今宮、杉本町、堺市、東羽衣、鳳(東海道本線、大阪環状線、阪和線、東羽衣支線)

鉄旅日記2013年4月7日その1 2013・4・6 13:46 米原(まいばら)駅(東海道

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

鉄旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

鉄旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海S

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵

→もっと見る

    PAGE TOP ↑