*

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】最終日(神島-鳥羽港-伊良湖岬-三河田原-豊橋-東京)その2-中之郷駅、伊勢湾フェリー乗場、道の駅伊良湖クリスタルボルト(伊勢湾フェリー)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年12月24日
10:28 伊勢湾フェリー乗り場
旧鳥羽小学校を下りると鳥羽の片隅の街路。



近鉄中之郷駅(志摩線)がある。
カードが使える設備は施したものの、カバーをかぶり駅は無人で、単線の線路が伊勢志摩へと延びていた。



車を運べる伊勢湾フェリーだが、出港を待つ者は少ない。

やがて伊良湖からの客が降りてきて賑やかになる。

子供たちを「お帰り」と迎える父親の姿がある。

駅にも港にも、人が作る喜びや切なさがある。

そんな光景を愛している。

船内はがらがらの中、伊良湖に向けて出港している。

12:15 道の駅伊良湖クリスタルポルト
大型客船の揺れは少なく、快適な船内時間を過ごす。

菅島を過ぎて、右手に神島を見る。
あの島で何かが起きたのだと、魂が訴えている。

朝、出港に際して八代神社の鳥居を見つめていたら、山の隙間から太陽が顔を見せた。

昨夜の月と今朝の太陽と。
神秘の島がオレに見せてくれた愛だった。

昨夜は闇で見えなかったが、月を見ていた真下には八代神社がある。

伊良湖岬は風が強い。

伊勢湾は真っ青で、風は強く波は高い。
これが伊良湖関門の正体なのだろう。

ただ、神島から真っ直ぐに伊良湖に来ていたら現在の境地はない。
導きに感謝している。

伊良湖灯台に向かう道から神島が正面に見える。
スマホを向けるが、風が強くて焦点が合わない。

ただ、それでこそ祈りは深く、古くから伊良湖水道を行き来する海人たちの祈りの深さを思う。

神島との別れはつらかった。

伊良湖を出て豊橋に向かうバスに揺られている。
まるで禿げ山のような岬の景観は風によって造られたのであろう。

観光地には今昔があり、伊良湖で商売を考えた夢の跡が廃墟としていくつか残されている。

すべてあの風のせい。
神は古くからこの地域に何を訴えかけてきたのか。








【Facebookへの投稿より】
伊勢湾フェリーで愛知県渥美半島の伊良湖岬に上陸いたしました。

伊良湖水道は渦潮の鳴戸、瀬戸内の音戸と並び三大関門と称される海上の難所で、それはそれは凄まじい風を浴びたものでございます。

ですが、美しい岬でございました。

今朝出港いたしました神島を正面から見つめて、いい旅だったなと我ながら思うのでございます。

現在帰京中でございます。

皆さま、メリークリスマス!🎅

関連記事

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)駅(飯田線 愛知県) 行き違

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その3-只見、会津川口、会津本郷、南若松、会津若松(只見線/会津鉄道)

鉄旅日記2018年3月3日 14:32 只見(ただみ)駅(只見線 福島県) 集団就職で東

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】3日目(津軽SA-十和田湖-酒田駅-鳴子温泉)-津軽SA、温川、十和田湖休屋、長木渓谷、道の駅鷹巣、道の駅琴丘、道の駅西目、象潟駅、酒田駅、道の駅戸沢、鳴子サンハイツ

車旅日記1998年5月3日 1998・5・3 5:45 東北自動車道-津軽SA 1087k

記事を読む

2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】最終日(松戸-五井-大原-安房鴨川-松戸)その3-安房鴨川、江見、君津、千葉、西船橋(外房線/内房線/総武本線)

鉄旅日記2018年9月23日 16:22 安房鴨川(あわかもがわ)駅(外房線/内房線 千葉

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その1-町田、御殿場、道の駅富士川、静岡駅、掛川

鉄旅日記1996年5月3日 1996・5・3 0:36 東京町田 旅が始まる。 今はそ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その3-谷田川、磐城石川、磐城塙、常陸大子、玉川村、常陸大宮、上菅谷、水戸(水郡線)

鉄旅日記2018年4月1日 17:09 谷田川(やたがわ)駅(水郡線 福島県) 行き違い

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】2日目-友人夫婦と過ごした一日

鉄旅日記1996年5月4日 1996年5月4日の記憶 一夜明けた。 友人夫婦はそこ

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海SA 多少はスッキリしたんだ。

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その3-関駅、その後

鉄旅日記1996年5月3日 16:36 関駅 あれから2時間経ってようやくここに戻ってき

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】最終日(松本-辰野-天竜峡-岡谷-東京)その1-松本、辰野、北殿、伊那市、伊那福岡、伊那本郷、上片桐、飯田、天竜峡(篠ノ井線/中央本線辰野支線/飯田線)

鉄旅日記2018年10月8日 2018・10・8  5:45  松本(まつもと)駅(篠ノ井

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年睦月【SNSへの投稿より】年明けの心象風景を載せた4篇でございます。

【2019・1・13 Facebookへの投稿より】 昨日、

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-気仙沼-前谷地-石巻-仙台空港-東京)その3-名取、岩沼、福島、郡山、新白河、上野(東北本線)

鉄旅日記2019年1月6日 15:07 名取(なとり)駅(東

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-気仙沼-前谷地-石巻-仙台空港-東京)その2-本吉、柳津、前谷地、石巻、宮城野原、仙台空港(気仙沼線/石巻線/仙石線/仙台空港鉄道仙台空港線)

鉄旅日記2019年1月6日 10:00 本吉(もとよし)駅(

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-気仙沼-前谷地-石巻-仙台空港-東京)その1-一ノ関、陸中門崎、千厩、猊鼻渓、気仙沼(大船渡線)

鉄旅日記2019年1月6日 2019・1・6 5:47 一ノ

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】初日(東京-長岡-坂町-米沢-福島-一ノ関)その3-米沢、福島、仙台、一ノ関(奥羽本線/東北本線)

鉄旅日記2019年1月5日 17:34 米沢(よねざわ)駅(

→もっと見る

    PAGE TOP ↑