*

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その3-只見、会津川口、会津本郷、南若松、会津若松(只見線/会津鉄道)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年3月3日
14:32 只見(ただみ)駅(只見線 福島県)
集団就職で東京に向かう少年少女を、車寅次郎が涙まじりに見送った駅も今や昔。
当時の姿はなく、高い雪の壁に隠れている。

そんな光景が続き、いつしか眠りに落ち、目を開ければ果てしない雪原がまぶしく、やがて時刻表への掲載が途絶えた田子倉駅を通過する。

風景に変化はない。
果てしない雪の世界。

嘆息を洩らした男性に一声かける。
「ボクもこんな世界に身を置いた経験はありません」と。

只見で強制的に下ろされ、駅舎へと進む。

かつての7月に駅前に車を止めたことがあるが、果たして同じ場所へと誘導されるのかと思いきや、同じ場所だった。

幕末の長岡戦争で前線に立った長岡藩家老、河井継之介が負傷した後に会津に向かった険しい道を、代行バスに揺られている。

15:29 会津川口(あいづかわぐち)駅(只見線 福島県)
只見川が鏡面のように輝いている。

不通となった鉄路に積まれた雪は壁となり、台風被害からの復旧の見通しは後回しにされ、列車が走らなくなってからずいぶん経つ。


その区間、只見会津川口間をバスに揺られてきた。

行き交う車もなく、忘れ去られたような地帯を走ってきた。

言わば手つかずの真冬の世界。
誰もが嘆息を洩らし、緑色の川面にカメラを向ける。

17:23 会津本郷(あいづほんごう)駅(只見線 福島県)
美しい景色だった。
だけど眠りに落ちる。

会津坂下へと至る高所から見る会津盆地は絶景だった。
知ってか知らずか車内の大半が立ち上がり、カメラを向ける。

雪原に磐梯山をはじめ山々が映える。
只見線の旅とはかくも美しいものか。

かつて車寅次郎がいたことがある、ひとつ手前の会津高田駅は、ここ本郷駅と同じ構造に造り変わっていた。

駅前風景はたぶん変わっていない。
その映画を見たのはつい最近のことだ。

駅で降りて列車を見送る。
先に磐梯山がある。
雪原が広がる風景を前にしばし茫々とする。



海を眺めているような、離れがたい場所だった。

18:11 南若松(みなみわかまつ)駅(会津鉄道 福島県)
先客に遠慮して外にいた。

たいして寒くはないんだ。
ビールと唐揚げ棒も手にしていた。
はばかりがある。

コンビニでは老会津婦人が親切にしてくれた。

美しい会津盆地に下ってきて、この町にかつて新政府軍という地獄の軍団がやってきたのかと、周囲に視線を巡らした。

どこで待ち受ければいいのか分からないほど、会津盆地は広かった。

会津本郷駅から徒歩で移動中にスマホが電池切れとなり、会津盆地のマジックアワーと、本郷大橋からの景色を撮り損ねた。
痛恨だが仕方がない。
スマホとのベストなつきあい方を明日模索する。

芦ノ牧温泉方面に4名が乗車して、若松方面への客はオレのみ。

会津はもはや他人じゃない。

20:48 駅前フジグランドホテル819号室
12月と同じホテルにいる。

ここはいい。
近くの温泉施設の無料券をつけてくれるし、美味しい朝食の用意もある。
気に入って今回も選んだ。

でもラーメンはいい。
今日はそんな気分じゃない。

3ヶ月前は磐梯山と一部を除いて雪のなかった会津盆地も、一面の雪景色。
あれからの日々にオレにも大きな変化があった。

世は無常。
SMAPの「夜空のムコウ」がリフレインする中を若松駅に降りた。

少し疲れてしまった。
FacebooKへの投稿はよして、すべてを伝えたい人にメッセンジャーを送る。

もう眠いよ。
明るい時間の日本酒1/2升がきっと効いたんだな。

汽笛が聞こえる。
土合で見かけた父子をここ会津若松で見た。

どんな旅路だったのか。
やがてオレもきっと。

関連記事

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ浜パーキング 太陽光線で目が

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【秩父へ。西武線とのお別れでございます。】-練馬区役所、芦ヶ久保、西武秩父、御花畑、秩父、入間市(西武秩父線/秩父鉄道/西武池袋線)

鉄旅日記2018年3月24日 2018・3・24 12:17 練馬区役所 役場の薄暗い転

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】2日目(新潟‐象潟‐鳴子温泉) 道の駅豊栄、道の駅朝日、道の駅温海、象潟駅-茶房くにまつ、蚶満寺、九十九島、矢島、鳴子サンハイツ

鉄旅日記1996年11月2日 1996・11・2 8:17 7号国道‐豊栄(道の駅) よ

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

鉄旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ、いつの間にか日本海とさよなら

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その2-掛川、磐田駅、浜松、音羽町、岡崎、知立、名古屋渋滞、佐屋町、弥冨町

鉄旅日記1996年5月3日 6:25 1号国道‐掛川 あれから1時間か。 始まるよ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日 2018・3・4 7:31 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 9:47 八色(やいろ)駅(上越線 新潟県)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その1-会津若松、笈川、堂島、喜多方、会津若松(磐越西線)

鉄旅日記2017年12月3日 2017・12・3 6:39 会津若松(あいづわかまつ)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その3-燕三条、北三条、三条、長岡、水上、高崎(弥彦線/信越本線/上越線)

鉄旅日記2018年3月4日 14:24 燕三条(つばめさんじょう)駅(上越新幹線/弥彦線 

記事を読む

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑