*

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その2-土合、越後湯沢、大沢、上越国際スキー場前、越後堀之内、小出(上越線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/02 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年3月3日・・・土合駅、越後湯沢駅、大沢駅、上越国際スキー場前駅、越後堀之内駅、小出駅(上越線)
9:09 土合(どあい)駅(上越線 群馬県)
「日本一のモグラ駅」。

この駅の構造は想像を絶した。
構内の面積では、あらゆる都市駅を凌駕するかもしれない。

462段の階段を2段ずつ上がりながら、ちょろいと思っていたら中腹で腰が重くなり、息は上がり、6分後にくる上り列車でひとつ手前の湯檜曽駅に戻る目論見を放棄した。

階段は左右に広く、脇を滝のように水が流れる。
自然現象だろうが、まるでオブジェだ。

黙々と上がっていく人の群れに、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」の話を思い出していた。
想像性が豊かになる空間だった。

青年となった子と父親が旅姿で並んで座っている。
よく似た面立ちをしている。

未来を想う。
離れていても、誇りある父親でいる。

旅館がある。
谷川岳ドライブインがある。
幅広の「ひもかわうどん」と「わさびチーズ」を土産に買う。

有名な秘境駅だが、一生に一度は訪れたい駅の1位らしい。

来てみるといいさ。
きっと期待を裏切らない。

日差しの下の土合駅はとてもあたたかい。

上りホームは地上にある。
そこは一面まっしろ。

国道脇を流れる小川を写した。
そこに下り地下ホームから駅舎へと渡る通路が架かる。

山岳部隊は三々五々に散り、この待合室にはオレともう一人の鉄道オタクのみとなった。
オレのように酒でも飲んでりゃ旅はもっと楽しくなるぜ。
そう言いたいが、発するオーラが会話を拒否している。

いいさ。
オレも進んで話がしたいわけじゃない。

これからあの蜘蛛の糸を下りていく。
その行為がワクワクさせる。
異空間にいるのは、実は楽しいことなのかもしれない。


10:28 越後湯沢(えちごゆざわ)駅(上越新幹線/上越線 新潟県)
上越国際スキー場へと誘うアナウンスが響く構内。

改札を抜けるとそこはまるで市場で、おびただしい人の流れができている。
まさしく有数のリゾート地だ。

長岡に向かう車内もにわかに人で埋まり、映像でしか再現できることのない、人であふれていたかつての鉄道風景を見る思いだ。

このあたりの雪の量は3週間前と変わらない。
ただ今日はとてもあたたかい。

10:45 大沢(おおさわ)駅(上越線 新潟県)
満員列車から開放され冷気にあたる。


吐く息はさすがに白い。
でも日差しに満ちた魚沼一帯はとてもあたたかく、足取りも軽い。

商店などのない生活の道を線路を見失わないように歩いていく。
10分も歩けばスキー場が見えてきた。

かつて雪山のてっぺんから眺めていた景色は麓から眺めても素晴らしい。
思い出すことはこれからの人生でもそうはないだろうが、このあたりでもずいぶんと生を謳歌してきた。
こんな形でひとり訪ねるのがおかしくもある。

でも望んでいた素晴らしい一日だ。

11:21 上越国際スキー場前(じょうえつこくさいすきーじょうまえ)駅(上越線 新潟県)
スキー場に流れているのはビートルズ・メドレー。
平昌のフィギュアでもこれをバックに舞っていたスケーターがいたっけ。

悪くないが、オレはストーンズが聴きたいよ。
心から。
そういう気分だし、彼等の楽曲はオレの中でそういう存在だ。

様々なスキー場に下りたが、ここには縁を持たなかった。
麓のリフト乗場が見える位置に駅のホームがある。

ベンチはなく、30分前から買い置きの酒を立ち飲みしている。
とてもあたたかい。

音楽がカントリー・ロードに変わっている。
ジョン・デンバーに思い入れはないが、結構じんとくる。

いろいろあったな。
これからもあるだろう。

それでいいさ。
それが人生ってもんだ。

悲しい事態から多少なりともオレを救ったのは、誰に教わったわけでもないそんな人生観だった。

12:11 越後堀之内(えちごほりのうち)駅(上越線 新潟県)
魚沼の町に列車が着く。

目覚めたら小出を過ぎていた。
いつしかスキー客の姿は消えて、車内は地元色が豊かになっている。

連れだった小学生の少女たちのきゃっきゃとした声が、幸せの場所を教えてくれるようで、時に切ない。

降りた駅に駅長さんの姿はあったけど、なぜか改札口に一瞥もくれず直立不動の姿を往来に晒していた。

12:53 小出(こいで)駅(上越線/只見線 新潟県)
あれから20分も歩けば魚沼のターミナル駅に着く。

道中特に目を引くものはなく、雪景色の中を黙々と歩く。

長渕剛さんの「夢破れて」、ストーンズの悲しい曲、ブルース・スプリングスティーンのロマンティックな曲。

カップ酒2本分の酔いに任せて、そんな楽曲を口ずさみながら白い山々を目指して歩いた。

小出駅前はこじんまりとしていた。
かつての記憶とは違った。

おそらく記憶の方に誤りがあるだろう。
旅館とビジネスホテル、日本酒を扱う店が2軒。

只見線のホームは改札口からは見えず、雪の壁のムコウにあった。

ここではビールが飲めると思っていたけど叶わず、3本目のワンカップ。

日差しとはこんなにもあたたかいのか。

関連記事

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】2日目(越前大野-福井-米原-名古屋-松本)その1-越前大野、南今庄、敦賀、武並(越美北線/北陸本線/東海道本線/中央本線)

鉄旅日記2018年10月7日・・・越前大野駅、南今庄駅、敦賀駅、武並駅(越美北線/北陸本線/東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】2日目(徳山-南宮崎)その1-徳山、長府、西小倉、城野、行橋、新田原、中津、中山香、高城、佐志生、熊崎、上臼杵、臼杵(山陽本線、日豊本線)

鉄旅日記2013年8月11日その1・・・徳山駅、長府駅、西小倉駅、城野駅、行橋駅、新田原駅、中津駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】2日目(三ノ宮-琴電琴平)-三ノ宮、元町、和田岬、兵庫、須磨、西明石、加古川、網干、上郡、和気、高松、志度、琴電屋島、瓦町、一宮、琴平(山陽本線、和田岬支線、瀬戸大橋線、予讃本線、高徳本線、琴平電鉄志度線、琴平電鉄琴平線)

鉄旅日記2009年5月2日・・・三ノ宮駅、元町駅、和田岬駅、兵庫駅、須磨駅、西明石駅、加古川駅、網干

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その1‐酒田、象潟、砂越(羽越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・酒田駅、象潟駅、砂越駅(羽越本線) 2019・12・8 5:34

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その1(東京-岩倉)-蒲郡、三河鳥羽、吉良吉田、西尾、桜町前、新安城、知立、猿投、赤池、豊田市、新豊田(名鉄蒲郡線/名鉄西尾線/名鉄本線/名鉄三河線/名鉄豊田線)

鉄旅日記2015年3月7日その1・・・蒲郡駅、三河鳥羽駅、吉良吉田駅、西尾駅、桜町前駅、新安城駅、知

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(山陰本線) 12:06&

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その1-東横イン名鉄岐阜、大垣駅、養老駅、阿下喜駅、西藤原駅、湯の山温泉駅、四日市駅、鈴鹿サーキット稲生駅

車旅日記2006年7月16日・・・東横イン名鉄岐阜、大垣駅、養老駅、阿下喜駅、西藤原駅、湯の山温泉駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.2【青春18きっぷ常磐旅。この当時、常磐線は富岡止まりでございます。そしてこの季節、臨時駅の偕楽園駅に列車が止まります。】その1-天王台、植田、泉、いわき、富岡(常磐線)

鉄旅日記2019年3月10日・・・天王台駅、植田駅、泉駅、いわき駅、富岡駅(常磐線) 2019・3・

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その4-古虎渓、釜戸、美乃坂本、多治見(中央本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・古虎渓駅、釜戸駅、美乃坂本駅、多治見駅(中央本線) 18:23 古

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その2-東雲、宮津、天橋立、豊岡、国府、和田山、梁瀬、福知山、西舞鶴(北近畿タンゴ鉄道宮津線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その2・・・東雲駅、宮津駅、天橋立駅、豊岡駅、国府駅、和田山駅、梁瀬駅、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑